コピー完了

記事TOP

ERP(基幹システム)は無料で利用できる?おすすめクラウドERP3選

公開日時:
記事公開時点での情報です。
ERPは経営で必要な情報を一元管理するシステムです。導入にかかる費用はシステムによるものの無料のERPも存在します。ただし、運用コストを考えるとクラウド型のほうが良いケースもあるため注意が必要です。ボクシルおすすめのERPとあわせて紹介します。

ERPとは

ERPとは、Enterprise Resource Planning(企業資源計画)の頭文字をとった略称です。一般的には基幹業務に使うシステム群を指し、「基幹系情報システム」「統合基幹業務システム」または単に「基幹システム」と呼ぶもあります。

大企業だけはなく中小企業にとっても有益なシステムで、自社の経営に関わるあらゆるデータを集約し経営状態を定量的に把握することで、現場の課題を解決していきます。

無料(オープンソース)で利用できるERPもある

ERPにはライセンス費用のかからないオープンソースERPが存在します。ADempiere(エイデンピエール)やApache OFBiz(アパッチオフビズ)が代表としてあげられます。

しかし、ライセンス費用が無料であってもインフラ整備にかかるコストやサーバー費用、運用コストが無料になるわけではありません。ERPを導入するにあたっては社内リソースや導入後の運用をあらかじめ想定しながら選定しましょう。

クラウド型のERPがおすすめ

クラウドで利用するERPならば、自社で用意したサーバーにインストールするオンプレミスに比べて低コストかつスムーズに導入が可能です。また、テレワークに対応しやすいメリットもあります。

無料トライアル実施のおすすめERP比較3選

無料トライアルを実施しているおすすめERP3選を紹介します。データを一元管理すれば経営者も情報にアクセスしやすくなり、経営戦略や経営判断に役立ちます。オープンソースに比べてサポートを受けられるメリットがあるので、無料トライアルやデモを活用して使用感を試してみると良いでしょう。

Reforma PSA - 株式会社オロ

Reforma PSA(レフォルマ ピーエスエー) - 株式会社オロ 画像出典:Reforma PSA(レフォルマ ピーエスエー)公式サイト

  • 顧客管理やプロジェクト管理などさまざまな機能
  • プロジェクトごとの経費や利益をひと目で確認できる
  • 初期費用0円、月額6000円から利用できる

Reforma PSA(レフォルマ ピーエスエー)は、ITやWeb、広告などのクリエイティブ業に適したERPです。業務で必要な顧客管理やプロジェクト管理、経費精算などさまざまな業務を包括的に行えます。プロジェクトごとの経費や利益をひと目で確認できるため、1つのERPツールで効率的に売上につなげたい企業にはおすすめです。さらに初期費用0円、月額料金6,000円からと中小企業でも導入しやすく低コストなのも魅力の一つです。

機能 詳細
連携サービス 要問い合わせ
管理会計
会計システム・ソフトとの連携 要問い合わせ
無料トライアル 〇(期間は要問い合わせ)

デジタルスフィア Assembly ERP - 株式会社デジタルスフィア

デジタルスフィア Assembly ERP - 株式会社デジタルスフィア 画像出典:デジタルスフィア Assembly ERP

  • 現場に合わせた機能を選択しERPを構築
  • 最小限のコストで適した組み合わせも可能
  • サービスの機能を横断してデータ分析が可能

デジタルスフィア Assembly ERPは、さまざまなクラウドサービス製品を組み合わせることで最小限のコストで適したERPを構築できるシステムです。現場が希望する機能を取り入れ会社のフェーズに合わせてシステムを切り替えられます。勤怠管理や会計ソフトなどの個別機能のみの利用からはじめても、最終的にERPとして包括的に利用可能です。

機能 詳細
連携サービス 要問い合わせ
管理会計
会計システム・ソフトとの連携 要問い合わせ
無料トライアル 〇(期間は要問い合わせ)

クラウドERP「ZAC」 - 株式会社オロ

クラウドERP ZAC - 株式会社オロ 画像出典:ZAC公式サイト

  • 案件・契約・プロジェクト単位で進行する業種に最適
  • 会計ソフトとの連携で会計管理も効率化
  • セミナーや講座でERPの使い方を支援

クラウドERP ZACは、プロジェクト管理・勤怠管理・販売管理などをベースに、管理会計や経営モニタリングの機能を搭載しているERPです。プロジェクト収支や部門収支の状況を常にモニタリングでき、財務会計システムとの連携で売上や経費のデータを会計ソフトに取り込めます。サポートとしてセミナーや講座も提供しています。

機能 詳細
連携サービス 楽楽明細、奉行シリーズなど
管理会計
会計システム・ソフトとの連携
無料トライアル 〇(期間は要問い合わせ)


無料で使えるオープンソースERP一覧

無料で利用できるオープンソースのERPを一覧で紹介します。

  • ADempiere
  • ERP Next
  • Apache OFBiz
  • Compiere
  • iDempiere

無料のERPは英語表記で日本語対応していないツールが多く、またプログラミングの知識が必要になるケースも多いので、本格的に導入したいのであれば、有料のクラウドERPをおすすめします。

クラウドERPなら低コストで導入が可能に

ライセンス費用が無料のオープンソースもありますが、サーバーや社内インフラの整備、導入後の運用など完全に無料とはなりません。また日本語対応していない、プログラミングの専門知識が必要などのデメリットもあります。

クラウドならば柔軟にカスタマイズすれば、企業の成長フェーズにあわせて導入できます。また、パッケージやオンプレミスに比べてクラウドは低コストなだけでなく、短期間で導入できる以外にもスムーズに運用できるメリットがあります。

ERPの導入を検討する際は自社に必要な機能を洗い出し、各サービスの料金や特徴などの情報収集を念入りに行いましょう。

\ 失敗しないシステム導入のために! /

関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

ERP(基幹システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
ERP(基幹システム)の最近更新された記事