コピー完了

記事TOP

基幹系システムとは | 情報系システムとの違い・注目のERPシステム比較

最終更新日:
記事の情報は最終更新日時点のものです。
基幹システムとは、企業がビジネスを行う際に根幹となる業務システムのことを指します。ボクシルではその基幹システムの特徴や概要、基幹システムとよく比較される「情報系システム」との違いを解説し、人気の高いクラウド気管支システムを比較して紹介します。

本記事では、基幹システムの概要や機能を掘り下げ、情報系システムとの違いについても解説します。後半では、注目されているERPのサービスもピックアップして載せています。ぜひご一読ください。

基幹システムとは

基幹システムとは、企業がビジネスを行う際に根幹となる業務をコンピューターで管理するシステムのことを指します。

主に、企業が製品の生産〜販売、最終的な納品や請求書発行の業務部分を指します。 「生産〜請求書」まで基幹業務すべての機能が揃ったシステムはERPと呼ばれることもあります。

基幹システムは企業の活動に必要不可欠な部分を支援する業務システムのことです。「基幹システム」は「基幹系システム」ともいいますが、ここでは表現を統一するために基幹システムとしています。

ERPについて詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

>>ERPとは | 導入形態やメリットはこちら

基幹システムの定義

まずは、基幹システムの定義を引用して説明します。

基幹系システム 【 mission-critical system 】 業務系システム / 基幹業務システム
別名: 業務系アプリケーション業務アプリケーション
 
基幹系システムとは、企業の情報システムのうち、業務内容と直接に関わる販売や在庫管理、財務などを扱うもの。あるいは、単に、業務やサービスの中核となる重要なシステム。
 
扱うデータの大半は定型的なもので、扱う人間も事務員や発注担当者など操作に慣れている者が多いため、複雑なインターフェースや出力の柔軟性よりも安定性と正確さが要求される。
 
利用開始後の改良が行われることは少なく、最初から十分な完成度を要求されるシステムである。業務内容に大幅な変更があった場合などを除いて、一度完成されたシステムは長期に渡ってそのまま使われ続けることが多い。
(出典:「IT用語辞典」より引用)

「基幹」になるわけですから、システムが動かなくなると企業活動そのものが止まってしまうことになります。

基幹システムの分類

より具体的な機能に分けると、次のようなシステムに分かれます。各システムの詳しい説明記事は次のテキストリンクからご覧ください。

上記のいずれかが止まってしまうと、「製造ができない」「請求書が出せない」「会計処理ができない」など企業活動において致命的な状態になってしまいます。

つまり基幹系システムは、仮に止まると「企業活動が停止する」という部分が一番大きな特徴です。そのため、システムが止まらないようセキュリティ面は重要な要素となります。

そして、この基幹システムを統合し情報の一元化を図るシステムがERPです。

【関連記事】
ERPパッケージとは
ERPの比較
ERPの導入事例
ERPのシェアや市場規模

「業務システム」という単体の言葉の場合は生産管理・販売・在庫管理・会計システム以外にも、顧客管理・SFAシステムなどの営業支援ツールを指す場合もあります。

基幹システムのメリット

企業が基幹システムを導入するメリットは次のとおりです。

  • 経営情報の管理・可視化
  • 業務の効率化・標準化
  • データベースの統合管理

それぞれのメリットについて説明します。

経営情報の管理・可視化

変化の早いビジネス環境ではリアルタイムに情報を管理し、可視化するのが大切になります。基幹システムを利用すると、売上状況や債務状況、在庫などの経営関する状況を一元化し可視化できます。

業務の効率化・標準化

属人的になりがちな日々の業務や会計処理の順番などを会社全体で標準化し、限られた人数でも効率的にこなせます。

データベースの統合管理

企業活動における生産〜販売、受注、会計といった一連の業務は連動している方が望ましいといえます。総合型の基幹システム(ERP)を活用すれば、経営に関する情報(ヒト・モノ・カネ)を一元的に管理し、効率化を図れます。

情報系システムとの違い

情報系システムの場合は、基幹系システムと比較したときの特徴としては、仮に止まったとしても「不便ではあるが何とかなる」というところです。情報システムの主なものとしては、次のようなツールです。

上記のように情報システムに該当するものとしては、社内や社外とのコミュニケーションツールです。もちろん、「連絡が取れない」「商談状況がわからない」など困った状態にはなりますが、企業活動自体はなんとか維持ができます。

基幹システムと情報系システムの違い一覧

基幹システム 情報系システム
主なツール ERP、生産・販売・在庫管理、人事・会計システム グループウェア、スケジュール管理ツール、社内SNS(ビジネスチャット)
利用範囲 全社的 部門単位
性質 止まると大打撃 止まっても何とかなる
用途・目的 経営情報の管理、業務の標準化 社内外の情報共有・コミュニケーション

漢字で記載すると意味がぼやけていましたが、用途や性質などを比較してみるとハッキリわかりますね。ここからはボクシルおすすめの基幹系システムについて、総合型(ERP)・生産管理・販売、在庫管理、会計などシステム別に分けて紹介していきます。

注目のERP(基幹システム)、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめERP(基幹システム)をまとめてチェック!

ERP(基幹システム)のサービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。販売管理、在庫管理、生産管理の効率向上などさまざまな目的で導入されるERPの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

注目のERPシステム12選を比較

ERPとは基幹となる業務を統合し、情報を一元管理するシステムです。経理・人事・営業・販売・物流など、部門ごとに行われていた業務を一つのシステムで行えます。

そのため、システム同士の連携による業務効率化迅速な意思決定が可能になります。

また、ERPは導入により業務フローの見直しや可視化が行えるため、内部統制を進めることにも役立ちます。そのため、上場を目指すベンチャー企業やスタートアップが内部統制強化を目的にERPを導入する事例が増えています。

おすすめクラウドERPシステム

クラウドERP「ZAC」 - 株式会社オロ

クラウドERP ZAC - 株式会社オロ 画像出典:ZAC公式サイト

  • 見える化される収支・工数管理
  • 経営予測・状況を常に把握
  • 市販の財務会計サービスと連携

クラウドERP ZACは販売・在庫・勤怠・経費などの業務管理機能をベースに管理会計や経営モニタリングの機能を持ったクラウドERPシステムです。

売上・仕入れ・外注費・勤怠・経費を一元管理するので、プロジェクト収支を可視化でき、利益がひと目で把握できます。また、さまざまな管理会計レポートを出力でき、リアルタイムに経営数値をモニタリングできるので、堅実な経営判断や経営管理が可能となります。

請求や支払管理をシステム化しているので、入力ミスや請求漏れなどがなくなり、効率化できるでしょう。

料金プラン・価格

要問い合わせ
無料トライアルあり

デジタルスフィア Assembly ERP

デジタルスフィア Assembly ERP - デジタルフィア 画像出典:デジタルスフィア Assembly ERP公式サイト

  • 現場に合わせたクラウドサービスを選択しERPを構築
  • 投資予算に合わせた柔軟なクラウドの組み合わせ
  • 各サービスの機能を横断してデータ分析が可能

デジタルスフィア Assembly ERPは、さまざまなクラウドサービス製品を組み合わせ、最小限のコストで最適なERPの構築ができるシステムです。

現場が希望するクラウドサービスを導入でき、会社の成長に合わせて新たなクラウドサービスに変更も可能。勤怠管理や会計ソフトなどの個別機能からスタートしても、最終的にERPとしての拡張性を保持できます。あらゆるクラウドサービスを一元管理することで、基幹情報や経営資源を統合的・リアルタイムに処理する基幹業務システムを構築し、効率的な経営を実現します。

料金プラン・価格

初期費用:要問い合わせ
月額:要問い合わせ

Reforma PSA - 株式会社オロ

Reforma PSA(レフォルマ ピーエスエー) - 株式会社オロ 画像出典:Reforma PSA(レフォルマ ピーエスエー)公式サイト

  • 紙で行ってきた申請・承認を電子化
  • 「販売管理業務」と「購買管理業務」をひとまとめで管理
  • プロジェクトの情報を一元管理し、リアルタイムで更新・把握

Reforma PSA(レフォルマ ピーエスエー)は、案件・プロジェクト別の収支管理を中心に、可視化や業績予想を可能にするクラウド型ERPシステムです。日々の業務に電子ワークフローを導入することにより、作業の見える化、業務のスピードアップ、ミスの防止が期待できます。

業務フローに基づいて、請求・見積・精算書などのすべての帳票を作成でき、売上・利益レポートもボタン1つで出力可能です。また、リード(引合)情報の管理もできるので、未来の売上や収益見込みも把握できます。導入コストも抑えられるので起業してすぐに使えるERPです。

料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額利用料
販売ライセンス 無料 6,000円-/月
購買ライセンス 無料 2,000円-/月
勤怠ライセンス 無料 300円-/月

※無料トライアルあり

クラウドERP freee - freee株式会社

クラウドERP freee - freee株式会社 画像出典:クラウドERP freee公式サイト

  • バックオフィス業務を効率化
  • 管理業務を一元化し、経営データの見える化を促進
  • 業務効率化と内部統制強化を同時に実現

クラウドERP freeeは、社内情報の管理とバックオフィス業務を一元化するクラウド型のERPシステムです。会計と人事労務領域のデータを一元管理することも可能。

業務と会計を分断させないシングルインプットにより、経理部門だけではなく全社で経理・会計の情報を共有し、業務そのものと情報管理を効率化します。また、情報ごとのアクセス権限やワークフローは細かく管理でき、異常な動きの検知、監査ログといった上場企業の内部統制にも対応。ミスや業務負担を減らしながら、内部統制強化も促進します。

勤怠管理や給与計算、年末調整などの機能に加え、入退社手続き、マイナンバー管理などの人事労務管理にも対応しています。リアルタイムで経営情報を把握し、業務のペーパーレス化、効率化を実現できます。

料金プラン・価格

要問い合わせ

Oracle NetSuite - 日本オラクル株式会社

Oracle NetSuite(オラクル ネットスイート) - 日本オラクル株式会社 画像出典:Oracle NetSuite(オラクル ネットスイート)公式サイト

  • 全世界24,000社以上の導入実績を誇るクラウドERP
  • 会社経営に必要な業務アプリケーションを一元管理
  • リアルタイムなBIで「経営の今を見える化」

Oracle NetSuite(オラクル ネットスイート)は、2020年12月時点で全世界24,000社以上の導入実績を誇る世界最大級のクラウドERPシステムです。財務会計および顧客管理、Eコマースなど、会社経営に必要な業務アプリケーション機能を単一のシステムで管理できるため、業務プロセスの一元化が可能です。

業務全体の最適化を通して、成長戦略や経営改革を支援する「経営」にフォーカスした業務基盤を実現します。経営に必要なすべての機能が一つのソフトウェアで統合されているNetSuiteは、さまざまな経営指標をリアルタイムに反映するBIを標準装備しており、「経営の今」を現在進行形で「見える化」します。

料金プラン・価格

要問い合わせ

EAST2 - 株式会社キューキエンジニアリング

EAST2 - 株式会社キューキエンジニアリング 画像出典:EAST2公式サイト

  • 充実した業務管理機能
  • 自社の要件に沿ったカスタマイズ開発
  • さまざまなシステムと連携可能

EAST2は、中堅・中小企業向けのプロジェクト原価管理型ERPソリューションです。「引合受注管理」「作業管理」「勤務管理」など管理機能が充実しており、対象業務に応じて一部機能からでも導入が可能です。また受注組立生産方式で、顧客の固有業務へ細かく柔軟に対応できます。経理給与ソフト・グループウェア・タブレットシステムなどとの連携により、シームレスな業務運営を実現します。

料金プラン・価格

要問い合わせ

SAP Business ByDesign(R)- 株式会社Minori ソリューションズ

SAP Business ByDesign(R)(エスエーピー ビジネス バイデザイン) - 株式会社Minori ソリューションズ 画像出典:SAP Business ByDesign(R)公式サイト

  • 社内のあらゆる部門のプロセスや情報を一元管理
  • シンプルな操作で社内の業務効率化
  • ビジネスの成長を目的に構築された機能

SAP Business ByDesign(R)(エスエーピー ビジネス バイデザイン)は、財務や人事、顧客管理やプロジェクト管理など、社内のあらゆる業務プロセスと情報を一元管理できるERPシステムです。

Webから利用できるクラウド型のシステムのため、インターネット通信とPCやタブレット、スマートフォンなどの端末があれば、いつでもどこでも使えます。リモートワークや複数拠点で活用する場合でも、各従業員の行った処理がリアルタイムで反映され、分析により即座に収益化の向上や業務改善につながります。各機能はビジネスの成長を目的に構築されているのでシンプルな操作性です。管理業務を効率化し、ビジネスそのものに集中できる環境を実現します。

料金プラン・価格

要問い合わせ

MA-EYESnc - 株式会社ビーブレイクシステムズ

MA-EYESnc システム開発業向けクラウドERPシステム - 株式会社ビーブレイクシステムズ 画像出典:MA-EYESnc(システム開発業界向け)公式サイト

  • 商習慣に合わせたさまざまな契約形態に対応
  • SES事業における支払・請求管理
  • リアルタイムなプロジェクト予実把握

MA-EYESnc システム開発業向けクラウドERPシステムは、案件~工数管理~入金支払まで、システム開発業に必要な業務を一元管理できるERPシステムです。システム開発業特有の商習慣に合わせた機能を備えており、豊富な導入経験を活かした機能設計で、低コストで質の高い管理を実現します。

また、契約条件とプロジェクト毎の作業時間から、請求額および支払額を自動で計算する機能も搭載しているため、担当者の業務が効率化。プロジェクト毎に設定した予算に対して、工数登録や経費、外注費など日々の業務実績を登録することにより、リアルタイムで予実を可視化できます。

料金プラン・価格

プラン名 初期費用 月額利用料
ご利用人数6名の場合 無料 40,000円-/月
ご利用人数25名の場合 無料 78,000円-/月

※無料トライアルあり

GEN クラウドERP - GEN株式会社

GENクラウドERP - GEN株式会社 画像出典:GENクラウドERP公式サイト

  • ノンプラグラミングで自由にカスタマイズ
  • 誰もが使いやすい機能と洗練されたUI/UX
  • 業種に合わせた7つのクラウドサービス

GEN(ジェン)は、バックオフィス業務を効率化する中小向けのクラウドERPです。

AI技術がノンプログラミングでのカスタマイズを可能にし、管理体系の変化や帳票の仕様変更も柔軟に対応できます。管理レベルは高く、運用ハードルは低くなるように複雑な仕様を一掃したことに加え、ECサイトのような親しみやすいUIを採用し、多くのユーザーが満足する高い定着度を実現しました。現在は7つの業種にフィットするクラウドERPを提供しており、どんな業種でもほぼ思いどおりに利用できます。

料金プラン・価格

プラン名 初期費用 プラン価格
GEN PRODUCTS 24,300円-/月
GEN TRADING 23,500円-/月
GEN WEAR 24,000円-/月

※無料トライアルあり

NetSuite - Shearwater Japan

NetSuite - Shearwater Japan 画像出典:NetSuite公式サイト

  • 世界でトップクラスシェアのクラウドERPソリューション
  • 総合ソフトウェアパッケージ
  • CRMやEコマースとも連携

NetSuite(ネットスイート)は、世界最大級に利用されているクラウドERPサービスです。世界規模で利用されているERPサービスということもあって、海外拠点を含めた多拠点の同時管理が可能になっています。これにより、それぞれの拠点ごとに見ていた指標が、企業全体で見られるので、より俯瞰的に効率的な管理ができます。

ERPのみならず、CRMやEコマースといった周辺のシステムと連携できるので、より流動的に管理を行えます。各システム間で異なるサービスを使っていたときと比較すれば、よりスムーズにデータのやりとりができ、管理もシンプルに、早くなります。

料金プラン・価格

要問い合わせ
無料トライアルあり

NetSuiteの詳細については次の記事で詳しく解説しています。

iDempiere(アイデンピエレ) - 株式会社ネオシステム

iDempiere - 株式会社ネオシステム 画像出典:iDempiere公式サイト

  • 低コスト経営ができるERP
  • 必要な機能を標準装備
  • 多言語、多通貨対応のグローバルシステム

iDempiere(アイデンピエレ)は、低コストで導入可能なオープンソースのERPパッケージです。企業経営に必要な、販売・在庫・購買・顧客・会計管理まですべての機能を標準搭載しています。また、「在庫管理」だけ利用したい場合にも、機能を部分的に使うことも可能です。

オープンソースのためライセンス費用は無料で、他のERP・基幹システム製品と比較して非常に安く導入できるのもポイントです。世界中で利用されており、プラグイン構造の拡張性・開発の柔軟性も高く企業に合わせてカスタマイズ実装ができます。

「オープンソース」と聞くと、少しマニアックな印象も受けますが世界利用・低コスト経営を推進する企業の中ではスタンダードになっていくでしょう。(利用料金は、個別カスタマイズ・開発時に相談です。)

料金プラン・価格

要問い合わせ
無料トライアルあり

Odoo

Odoo 画像出典:Odoo公式サイト

  • 海外で5万社の導入実績
  • 販売・購買・製造・在庫管理のすべてが可能
  • 78の言語・169の通貨に対応でグローバルでも安心

Odooは、2020年12月時点で海外5万社以上の導入実績を誇り、機能を絞ってスモールスタートすることでコストを抑えられるERPです。必要に応じて徐々に機能を追加することで業務のシステム化を実現し、業務改革にもつながります。販売管理・購買管理・製造管理・在庫管理のすべてに対応しているので、業務を一元管理できます。

料金プラン・価格

要問い合わせ
無料トライアルあり


こちらからはERPの各サービスの料金や機能、評判・口コミをチェックできます。人気の基幹系システムをまとめて比較したい方は無料でダウンロードできる一括資料請求をご利用ください。

サービス名
ZAC
Reforma PSA
クラウドERP freee
MA-EYESnc
デジタルスフィア Assembly ERP
EAST2
Oracle NetSuite
SAP Business ByDesign
満足度
3.75
4.0
0.0
0.0
0.0
0.0
0.0
5.0
口コミ・評価
2.0点
ERPパッケージとして、管理向けに作られているせいか、UIが洗練されておらず非常に入力しづらい。 ブラウザもスマホのUIに対応していなかったり、アプリをダウンロードするも営業担当から「そのアプリは使えない」と言われるなど、入力する側のことを考えておらず、その対応者を専任でおくなど、社内業務が非常に非効率になった。
4.0点
業界特化の設計だから案件の販売管理と工数が連携しプロジェクト損益管理がコストパフォーマンスを抑えながら実現されるため私個人の評価は非常に高いです。導入支援を受けら入支援を受けらます。
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
まだ口コミはありません
5.0点
SAP世界各国の中堅・中小企業の業務プロセスをベースとしたベストプラクティスへの高い信頼度があった。 事前定義済みのビジネスシナリオを有効活用した、標準導入を実現できると確信した。 新たな販売チャネル、新規ビジネス立上げなど、ビジネス変化に対し、柔軟に対応できるクラウドERP。 一気通貫したシステムとデータの一元管理。業務効率化、経営情報や財務状況のリアルタイムな把握の実現。
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
管理会計
連結会計
外貨管理
税務申告
経費精算
勤怠・就業管理
工数管理
電子稟議
在庫管理
販売/仕入管理
コックピット
BIツール
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
管理会計
連結会計
外貨管理
税務申告
経費精算
勤怠・就業管理
工数管理
電子稟議
在庫管理
販売/仕入管理
コックピット
BIツール
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
管理会計
連結会計
外貨管理
税務申告
経費精算
勤怠・就業管理
工数管理
電子稟議
在庫管理
販売/仕入管理
コックピット
BIツール
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
管理会計
連結会計
外貨管理
税務申告
経費精算
勤怠・就業管理
工数管理
電子稟議
在庫管理
販売/仕入管理
コックピット
BIツール
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
管理会計
連結会計
外貨管理
税務申告
経費精算
勤怠・就業管理
工数管理
電子稟議
在庫管理
販売/仕入管理
コックピット
BIツール
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
管理会計
連結会計
外貨管理
税務申告
経費精算
勤怠・就業管理
工数管理
電子稟議
在庫管理
販売/仕入管理
コックピット
BIツール
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
管理会計
連結会計
外貨管理
税務申告
経費精算
勤怠・就業管理
工数管理
電子稟議
在庫管理
販売/仕入管理
コックピット
BIツール
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
管理会計
連結会計
外貨管理
税務申告
経費精算
勤怠・就業管理
工数管理
電子稟議
在庫管理
販売/仕入管理
コックピット
BIツール
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
0-
利用料
(月)
6,000-
月額/ユーザー
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
0-
利用料
(月)
40,000-
月額/ユーザー
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
利用料
月額/ユーザー
初期費用
利用料
月額/ユーザー
サービス資料
ZACの資料
Reforma PSAの資料
クラウドERP freeeの資料
MA-EYESncの資料
デジタルスフィア Assembly ERPの資料
EAST2の資料
Oracle NetSuiteの資料
SAP Business ByDesignの資料

基幹系システムの導入で失敗しないために

基幹システムにもさまざまシステムがあり、用途や目的に応じて検討するシステムが変わってきます。基幹系システムの導入で失敗しないためにも、事前に必要な機能やコスト感を把握しておきましょう。

気になるサービスがある場合は資料請求をして、他サービスとの料金や機能の違いを比較してください。

また、サービス紹介の中でも触れていますが、基幹システムの寿命や老朽化などによって、クラウド化する動きも強まっています。

クラウド型の基幹システムをまとめて比較したい方は無料でダウンロードできる一括資料請求がおすすめです。

基幹システムの関連記事

ボクシルではその他にも、基幹系システムに関する記事をいくつか紹介しております。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

ERP(基幹システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
ERP(基幹システム)の最近更新された記事