在庫管理システム16選 - おすすめソフト | ECサイトや倉庫管理向けツールも

最終更新日:
ボクシルおすすめの在庫管理システムを16個解説!各サービスの特徴や機能、価格を比較して紹介します。Excelで自作するより早くて便利な在庫管理システムをチェックしませんか?
ECサイト在庫管理システム

本記事で掲載している在庫管理システムや、紹介しきれなかった在庫管理システムの機能・価格をもっと詳しく比較したい方はこちらからご覧になれます。ぜひシステム選定の参考にしてみてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
在庫管理システムの資料を無料で一括DL


あなたが現在利用中の在庫管理システムは、本当に自社にマッチしているでしょうか? 在庫管理システムと一言にいっても機能や用途はさまざまです。倉庫の管理を重点的に行うものから、ECサイトでの受発注や表示変更に強いものまで実に多種多様です。

おすすめの在庫管理システムを比較・紹介します。どのサービスが本当に自分の会社とマッチしたシステムなのか選定しましょう。また、在庫管理システムで何ができるかについても解説します。

在庫管理システムのメリット

在庫管理システムとは、主に倉庫などに保管されている在庫が適正な数量を保っているかチェックするシステムを指します。

”在庫を管理するだけ”と聞くと一見さほど重要でないかのように思われがちですが、在庫管理をいい加減にしてしまうと会社そのものが傾いてしまうことすらありえます。ここでは、在庫管理システムがなぜ重要なのかをあらためて確認しましょう。

資金繰りの安定化

在庫を多く持つと、その分だけ余剰資金が少なくなるというケースが多いです。もしもの状況に対応するために、すぐに現金化できない余計な在庫を抱えるべきではありません。在庫管理システムできちんと在庫管理をすることで、資金繰りの安定化につながります

管理コストの削減

在庫があるということは、それを管理するコストもかかります。
在庫の棚卸しや欠品の発生など、見えない部分で費用はかかります。不必要なコストを削減するには、適切な在庫数を保つはことが重要です。
在庫管理システムで在庫数の管理を徹底することで、コストの削減につながります

在庫管理システム紹介16選!

在庫管理システムは大きく分けて「倉庫管理型」「ECサイト型」のに2つに分類されます。

「倉庫管理型」は倉庫内の在庫をデータで管理してくことに特化したシステムです。
「ECサイト型」は上記の在庫を管理するシステムに加え、在庫のデータを複数のECサイトをまたいで管理するシステムです。倉庫管理型について詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考ください。

WMS(倉庫管理システム)とは?必要性やメリット・デメリット、厳選12サービスを紹介 | ボクシルマガジン
WMS(倉庫管理システム)を導入すべき理由・導入することで解決できること・失敗しない選び方から、代表的なサービスま...

ここではそれぞれの型ごとに分けてサービスを紹介していきます。

在庫管理・倉庫管理型システム

eee CLOUD 在庫管理システム


  • 全業種で利用できる豊富な機能を装備
  • 複数の倉庫や店舗の在庫管理が可能
  • 2週間無料トライアルあり
初期費用 月額費用 お試し利用
100,000円 30,000円 要問い合わせ

eee CLOUD 在庫管理システムは、シンプルでわかりやすい在庫管理システムです。受発注、入出荷管理や棚卸登録、賞味期限管理などの管理機能を標準装備。卸・小売業から製造業まで全業種で利用できます。ブラウザ上で使用するクラウド型サービスなので、グループ会社の在庫を含む複数倉庫の管理も場所を問わず実現。多拠点管理を検討している方におすすめです。創業30年以上のシステム会社ならではの柔軟なカスタマイズ対応も魅力。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
eee CLOUD 在庫管理システムの資料を無料DL

アラジンオフィス(在庫管理システム)

  • あらゆる業種・業態に対応
  • 柔軟なカスタマイズ性
  • 各種ソリューションとシームレスに連携
初期費用 月額費用 お試し利用
要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ

アラジンオフィスは、導入実績5,000社以上、「高性能」「柔軟性」「コストパフォーマンス」に優れた在庫管理パッケージです。

必要な機能がコンパクトにまとめられた無駄のないシステムで、カスタマイズも柔軟に対応。基本パッケージを元に自社の業種や業態にフィットさせるイージーオーダーパッケージになっており、最低限必要な機能だけ追加できます。Webとリアル全領域をカバーする独自の「CROSS-OVERソリューション」の各種ソリューションとシームレスな連携が可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
アラジンオフィス(在庫管理システム)の資料を無料DL

FA-CUBE

  • バーコードの管理で在庫不足を予防
  • ハンディ端末の使用でミスの少ない管理
  • お客さま向けに合わせた多様なカスタマイズ
初期費用 月額費用 お試し利用
300,000円~ 3,800円~

FA-CUBEは、機器による管理とカスタマイズされたパッケージ利用が特徴の在庫管理システムです。バーコードとハンディ端末の利用でより正確に過不足なく在庫を調整できます。一般的な機能の他に、導入企業によってさまざまなオプションを加えられるので、多くの企業に対応できるシステムです。

クラウドSaaSのERP・在庫管理 CAM MACS

  • 初めての導入でも安心の低価格
  • 自社開発ができる高い拡張性
  • 豊富な導入実績とノウハウを集結
初期費用 月額費用 お試し利用
35,000円~ 35,000円~

CAM MACSは、入出荷/在庫移動/棚卸/在庫管理など在庫に関するあらゆる作業を効率化するサービスです。ERPなので、その他の機能と組み合わせて利用することができるので、製造〜販売まで一元管理することも可能です。
1機能から導入が可能なため、利用しない機能の料金や高額なカスタマイズ費用を支払う必要もなし。スタートアップ企業のためのLiteプランは30日間の無料プランがあるので気軽に試せます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
CAM MACSの資料を無料DL

ロジクラ

  • 商品画像を見ながらピッキング
  • ECカートとのAPI連携
  • 全ての物流データをクラウドで管理
初期費用 月額費用 お試し利用
- 10,000円~

ロジクラは、ECの受注からピッキング、検品、送り状の発行まで全ての作業をクラウドで一元管理。 アナログな物流作業の70%を削減できる、スモールEC向けのソリューションです。

ロジクラの専用アプリを使って商品画像を見ながらピッキング作業できます。それによって、作業スピードが速くなります。また、ロジクラはShopity、カラーミーショップSTORES.jpと提携しているので、これまでのようにピッキングリストを印刷する必要がなくなりました。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ロジクラの資料を無料DL

iDempiere(在庫管理)

  • 低コスト経営ができるERP
  • 必要な機能を標準装備
  • 多言語、多通貨対応のグローバルシステム

iDempiere(アイデンピエレ)は、低コストで導入可能なオープンソースのERPパッケージです。企業経営に必要な、販売・在庫・購買・顧客・会計管理まですべての機能を標準搭載しています。また、「在庫管理」だけ利用したいという場合にも、機能を部分的に使うことも可能です。オープンソースのためライセンス費用は無料になり、他のERP・基幹システム製品と比較して非常に安く導入できるのもポイントです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
iDempiere(在庫管理)の資料を無料DL

Odoo

  • 海外で5万社の導入実績
  • 販売・購買・製造・在庫管理のすべてが可能
  • 78の言語・169の通貨に対応でグローバルでも安心
初期費用 月額費用 お試し利用
要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ

Odooは、海外で5万社以上の導入実績を誇り、78の言語・169の通貨に対応しているクラウドERPです。グローバル対応のため、導入・運用において内部統制や一元管理が実現できます。また、45もの機能を標準搭載しており、必要に応じて機能を追加することもできるため、自社にマッチしたERPにすることが可能です。新機能も日々開発されています。

GLOVIA きらら

  • 大手の富士通が提供している在庫管理システム
  • オンプレミスとクラウドが選べて管理が容易
  • 操作性に優れたデザイン、表示設計

ソフトウェア販売大手の富士通による在庫管理システムです。在庫管理のみならず生産管理や人事給与、会計などもオプションで付け足せるので広範囲で利用できます。オンプレミス、クラウド、その両方を用いたハイブリッドが選択できるので、自社にあった製品の導入が行えます。

初期費用 月額費用 お試し利用
要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ

@wms

  • 導入が簡単で低価格のクラウド型
  • 入荷から出荷までの倉庫管理も一括で
  • ECサイトにも対応可能

倉庫管理を中心としながらECサイトまで対応できるクラウド型の在庫管理システムです。クラウド型なので、どこの倉庫で管理していてもデータにアクセスできます。ハンディターミナルを利用しての検品や棚卸し機能もあり、よりスムーズな管理が実現できます。

初期費用 月額費用 お試し利用
要問い合わせ 39,800円~ あり

楽商

  • データ入力や書類作成といった機能が標準装備
  • 受発注やロットなどの管理を機能が追加可能
  • その他カスタマイズも幅広く対応

1971年から現場を支えている販売管理システム。盛りだくさんの機能に加え、カスタマイズも可能です。業種ごとの既製品もあるのでまずはそちらをご覧になってもよいと思います。

初期費用 月額費用 お試し利用
400,000円~ - あり

ECサイト型在庫管理システム

TEMPOSTAR(テンポスター)

  • 3,500社以上の導入実績
  • Amazon、楽天…をまとめて自動管理
  • 豊富なカスタマイズで理想のECサイトへ

3,500社以上の導入実績をもつ信頼のサービスです。複数モール(ECサイト)の同時管理はもちろん、豊富なカスタマイズであなたの会社にぴったりの運営ができます。クラウド型なので、細かなバージョンアップも頻繁にかつ無料で行われます。

初期費用 月額費用 お試し利用
0円 10,000円~ あり(30日間)

ユビレジ

  • 全世界2万店舗以上で導入
  • 飲食店・小売店で多く利用
  • 商品情報の一斉管理

ユビレジは、世界初のiPadレジシステムでありながら、顧客管理システム、在庫管理システムなどの機能も備えています。商品・メニューを更新する際に管理画面から各iPadへ配信し、確実にメニュー更新をすることができます。店舗ごとの売れ筋や顧客の嗜好などから在庫状況を調整することが可能です。

初期費用 月額費用 お試し利用
- 0円~ あり(30日間)

CROSS MALL(クロスモール)

  • 在庫管理、受注管理、発注…をまとめて自動化
  • 楽天、Yahooなどを一元管理
  • セキュリティも任せて安心

商品登録・在庫管理・受注管理・発注・仕入れといったECサイト運営に欠かせない作業を一括管理します。また、いくつかのモールをまたいで管理できます。それもただ管理するだけでなく、モールの仕様変更への対応、全体のセキュリティなども柔軟に対応します。

初期費用 月額費用 お試し利用
0円 5,000円~ あり

アシスト店長

  • 12のECサイトに対応
  • CRMでリピート顧客が増加
  • 在庫管理、受注管理はまるっとおまかせ

リピート顧客を作り出したいのならアシスト店長がよいでしょう。サイト運営や物流業務といった一般的な効率化業務はもちろんこなせます。そのうえで、CRMが利用できるのが強みです。顧客や受注を分析することでより長期的な売上が見込めるでしょう。

初期費用 月額費用 お試し利用
10,000円~ 5,000円~ 要問い合わせ

EC店長

  • 多モール同時運営でコストダウン
  • 料金は複数モールに出店しても変わらず
  • マニュアル、メール、フリーコール各種対応

他サービスによくある機能を取り揃えながらも、低価格提供を実現したECサイトサービスがこちらです。料金は出品数で決まるので低価格で安定しています。複数モール出店、受注数の急激な拡大があっても料金は変わりません。

初期費用 月額費用 お試し利用
0円 9,800円~(※) あり

(※ 初月は無料)

GoQSystem(ごくーシステム)

  • 15,000円からの定額制なので安心
  • 繁忙期などにも対応の最短3か月利用
  • サービスの開始も簡単
初期費用 月額費用 お試し利用
30,000円~ 15,000円~

GoQSystemは、楽天・Yahooショップなど、ECモール向けの受注管理システムです。受注管理システムでありながら、商品管理や売上管理、物流管理まで行えるので、在庫管理に近いシステムとして導入できるでしょう。料金は15,000円からの定額制で、機能を追加していくごとに加算される料金システムになっています。最短3か月からの利用や、簡単なシステム導入とあわせてみても中小の企業に特におすすめのシステムです。もちろん、大企業でも問題なく利用できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
GoQSystemの資料を無料DL

在庫管理システムを選ぶポイント5つ

1.導入目的の設定

第一に「在庫管理で何を実現したいか?」を考えることが非常に重要です。

これは適切なシステム選定のためはもちろん、導入後に「在庫数の把握以外メリットを感じられない」という事態を防ぐためでもあります。導入目的がはっきりしていない企業では在庫管理システムを有効的に活用できず、単なる在庫数把握のためのシステムとなってしまいがちなようです。

ただ、「いきない目的を設定しろ」と言われても抽象的なものしか出てこないので、まずは在庫管理に関わる課題点を洗い出しましょう。

「先入れ先出しが適切にできていない」
「返品や不良品の管理が行き届いていない」

など、何かしらの課題を日々抱えていませんか。その課題解決こそが在庫管理システムを導入する具体的な目的となります。

2.自社に適したシステム選定

ここで言うビジネスモデルは単に「食品業」や「流通業」といった業種だけでなく、どのようなシーンで在庫管理システムを活用するかも重要です。

「食品業だから賞味期限管理ができるシステムを選定する」などは基本中の基本であり、何も言及せずとも皆さん業種に合ったシステムを選定しているかと思います。しかし同業種でも各企業によりビジネスモデルは違いますよね?

ECショップであったり自社製品の製造まで行っていたり、または総合的なビジネスを展開していたりなどビジネスモデルは実にさまざまです。ECショップならWebサイトと連携の取れるシステム、製造まで行っているのなら生産管理機能も兼ね備えた包括的なシステムなど、それぞれのビジネスモデルによって導入すべきシステムが違ってきます。

また、営業販売系であれば外出先から在庫状況がリアルタイムで確認できるクラウド型が最適です。このうように、業種に適しシステムだけでなく「どのようにシステムを使うのか?」もしっかりと選定基準に入れておきましょう。

3.カスタマイズ性を確保

システムを運用していくうえで初めて見えてくる課題点というものがあり、そこで必ず出てくるのが「この管理項目を追加できたら」などの要望です。したがってカスタマイズ性のあるシステムを導入しておくと、適宜管理項目を追加できるのでより効率的に在庫を管理可能となります。選定時はシステムのカスタマイズ性に着目してください。

4.管理体制のマニュアル化

導入するだけでは在庫管理システムは上手く機能しません。システムを受け入れる側にもしっかりとした体制を築く必要があります。

  • 入荷時のルール
  • 先入れ先出しのルール
  • 在庫保管のルーツ
  • 検品時のルール
  • ピッキングのルール
  • 出荷時のルール

など決めるべきことは多岐に渡ります。

管理体制がマニュアル化されておらず各々の管理手法を実行していてはいくらシステムを導入しても課題解決にはつながりません。

導入前に必ず管理体制の見直しを行いましょう。

5.現場にキーマンを配置

在庫管理システムを初めて導入する場合、ほとんどの社員が初めて触れるものです。そのため「使い方がわからない」や「設定をいじってしまった」などのトラブルが発生するかと思います。その都度サポートを活用するという手もありますが、対処が遅れ業務に支障をきたしてしまうでしょう。

そこで、現場に最低一人はキーマンを配置してください。あらかじめ教育してシステムを熟知した社員が一人いるだけでもトラブル時の対処が迅速化します。システムを円滑に運用するためには欠かせないポイントです。

注意点まとめ

以下にここまでの注意点をまとめておきます。

  1. 現状の課題を洗い出し導入目的を設定する
  2. 自社のビジネスモデルに適した在庫管理システムを選定する
  3. カスタマイズ性のある在庫管理システムを選定する
  4. 在庫管理体制をマニュアル化し導入に備える
  5. 現場にキーマンを配置しトラブルへの対処を迅速化する

在庫管理システムの選び方ガイド

在庫管理システム選定のポイントとしては、

  • 適切な受発注数、在庫の把握
  • 管理工数を削減してコスト削減

などが挙げられるます。

在庫管理システムの選び方ガイドでは、選ぶ際のポイントだけでなく、導入のメリット・デメリット、導入の事例などの情報を掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

適切な在庫管理システムを導入し、売上向上!

以上がおすすめの在庫管理システムになります。導入ご検討の参考になれば幸いです。適切な在庫管理システムを導入することで、大幅な業務効率化も期待できます。良いと思うものがあれば積極的に導入してみてください!
在庫管理についてもっと詳しく知りたいという方に向けて、在庫管理に関するおすすめの記事を紹介しています。こちらもご参考にどうぞ。

在庫管理3つの方法解説!

在庫管理をする方法3つ(Excel、システム、アプリ)について一からわかりやすく説明しています。初めて在庫管理に携わる方も参考にしてみてください。

在庫管理の3つの方法を解説!【Excel・システム・アプリ】 | ボクシルマガジン
在庫管理の方法は主に、Excel・クラウドやソフトウェアなどのシステム・アプリに分けられます。それぞれのメリット・...

在庫管理がアプリでも?

「在庫管理システムを導入したいけど、小規模だからただのコスト増加にならないか?」と頭を悩ませている管理責任者は珍しくないと思います。そこで有効的なのが“スマートフォンアプリで導入できる在庫管理システム”です。

在庫管理アプリとはどんなものなのか?メリットとデメリットは?など、気になるポイントをまとめてみました。

在庫管理アプリのメリットや特徴 - iPhone/Android | ボクシルマガジン
在庫管理アプリのメリットや特徴を解説!在庫管理アプリを導入すべきかお悩みのあなた、チェックしてみませんか?

クラウド在庫管理とエクセルの違いまとめ

クラウドとエクセルでの在庫管理の違いをまとめました。エクセルからクラウドに切り替えたい方、「クラウドってどんなメリットがあるの?」と思っている方は参考にしてみてください。

在庫管理ならクラウド!!エクセルとの違いとメリットをまとめてみた | ボクシルマガジン
はじめにこれからECショップを立ち上げようという場合欠かせないのが在庫管理ですが、「無料で済ませたいからエクセルで...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

在庫管理システム
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事