コピー完了

記事TOP

物流管理システム比較11選 | 倉庫管理や配送管理

最終更新日時:
記事の情報は2022-01-31時点のものです。
物流管理システムは、工場で生産された製品が顧客に渡るまでの流れを管理するものです。クラウドやパッケージの形態で提供され、ERPやBIツールといったシステム連携に対応したものも登場しています。物流管理システムのメリットや選び方、おすすめのシステム紹介します。

製品を生産している企業が避けて通れないのが「物流」です。物流管理を正確に行うことで、物流プロセスにおけるコスト削減や業務効率化が可能になります。この記事では、物流管理を支援してくれるおすすめ物流管理システムの比較や選び方を紹介していきます。

物流管理システムとは

物流管理システムとは、製品を作って倉庫に入庫し顧客へ届けるという一連の流れを管理するシステムのことです。拠点によってバラバラで管理されていた情報を物流管理システムで一元管理することで、早く正確に物流を進められます。

物流管理システムは対象とする管理業務によって「倉庫管理システム(WMS)」と「配送管理システム(TMS)」に分けられます。

倉庫管理システム(WMS)とは

倉庫管理システム(WMS)とは、倉庫内で発生する、入荷管理、在庫管理、棚卸、出荷管理などの業務と情報の一元管理を行うシステムのことです。WMSでは、入荷から出荷までの在庫情報の把握、出荷時のピッキング情報反映などの物流業務を自動化できます。

配送管理システム(TMS)とは

配送管理システム(TMS)とは、倉庫から出荷される荷物の、配車管理や配送状況などの業務と情報の一元管理を行うシステムのことです。TMSでは、発送関連の書類作成、配車管理、運賃管理、荷物状況の把握などの物流業務を自動化できます。

物流管理システムの導入メリット

物流業界は、人手不足が著しい分野でDX(デジタルトランスフォーメーション)が喫緊の課題です。今後も成長するECサイトの需要やサプライチェーンの物流の流れを、物流管理システムの導入によって対応することが求められています。

倉庫管理システム(WMS)のメリット

倉庫管理システム(WMS)を導入することで、ハンディターミナルのような端末を使用して手作業によるミスを減らし、正確な倉庫内在庫を把握できるようになります。帳票やラベル作成といった機能を活用すれば人件費の削減に。また、倉庫内の状況や業務が可視化されるため、余剰在庫の削減に期待できます。

配送管理システム(TMS)のメリット

配送管理システム(TMS)を導入することで、リアルタイムで荷物やドライバーの状況を把握できるため、効率のよい配車手配、物流ルートの最適化や荷物の配送遅延・紛失防止を実現できます。

組み合わせによるメリット

倉庫管理システム(WMS)と配送管理システム(TMS)が組み合わさることで、入荷から商品到着までの物流を無駄なくスムーズに管理でき、自動化された最適な在庫管理により、人件費の削減と売上向上が実現できます。また、手入力や手作業によるミスを削減し、誤配達や配送遅延といったトラブルを回避して、ビジネスの信頼性を維持できます。

物流管理システムの選び方

物流システムは複雑で多岐に渡るため、自動化させたい業務とプロセス、規模やスケールにマッチした物流管理システムを選ぶことが大切です。次のような視点から物流管理システムを比較検討して、最適な物流管理システムを選ぶようにしましょう。

  • WMS、TMSといった管理業務で選ぶ
  • クラウド、パッケージ、オンプレミスで選ぶ
  • 業種特化型システムを選ぶ
  • 連携システムや機能で選ぶ

WMS、TMSといった管理業務で選ぶ

自動化させたい業務が倉庫内管理であれば、倉庫管理システム(WMS)を選ぶようにしましょう。倉庫から出荷される荷物の配送管理を自動化させたいのであれば、配送管理システム(TMS)を選ぶようにしましょう。WMSとTMSの両方の機能を備えた、LMS(統合物流管理システム)というシステムもあります。

クラウド、パッケージ、オンプレミスで選ぶ

物流管理システムは、他の多くの業務システムと同様にクラウド、パッケージ、オンプレミスのタイプで提供されます。これらのタイプは、導入コスト、導入までの時間、カスタマイズ性、運用コスト、スケールアップにかかわってきます。

クラウド型

パッケージ型

オンプレミス型

クラウド型は初期費用をおさえて、すぐに導入でき、スケールアップも容易なことがメリットです。物流管理システムは、カスタマイズされて提供されるものが多いため、クラウド型でもカスタマイズ性の柔軟なシステムもあります。しかし、仕様によっては導入までの期間が長くなるケースもあります。

バックアップや強固なセキュリティを実現するシステムもあり、場合によっては、オンプレミスでの災害時対応よりも安心して運用できます。ただしサーバーの仕様によっては運用コストもアップします。

パッケージ型は、ベンダーから提供されるソフトウェアをパソコンにインストールして使用します。比較的安価に導入可能で、カスタマイズ性の柔軟なシステムもあります。ただしセキュリティや災害時対応には不十分なものもあるので、サポート体制を確認することをおすすめします。

オンプレミス型は、自社のサーバーにシステム構築するタイプなので、導入コストが高く導入までの期間も長くかかります。カスタマイズ性が高く、ベンダーからの十分なサポートも期待できる点がメリットです。クラウドとオンプレミスを組み合わせた、災害時にも稼働できるハイブリッドクラウドシステムの構築も可能です。

業種特化型システムを選ぶ

倉庫管理システム(WMS)の中には、EC事業や食品、医療といった特定の業態や商材に強みを持つシステムがあります。商品の賞味期限や有効期限を把握できたり、フラグやアラートを通知したりして、在庫の優先処理を促してくれます。

また、海外の輸出入に特化した物流管理システムでは、PO・インボイスなどの書類管理や通関手続き、リードタイム予測といった複雑な業務を一元管理できるものもあります。業態や商材に特化した物流管理システムがないか、探してみましょう。

連携システムや機能で選ぶ

物流管理システムが、既存のERPBIツールと連携できれば、データをさらに有効活用して、全社的な業務効率化が実現できます。物流管理システムの中にはオプション料金を払えば、他の業務ソフトや分析ツールにある機能を追加できるものもあるので、コストを含め確認しておきましょう。

【関連記事】
ERPの比較
在庫管理システムの比較
在庫管理アプリの比較
受発注システムの比較
出荷管理システムの比較
販売管理システムの比較
購買管理システムの比較

おすすめ物流管理システム11選比較

Cariot - 株式会社フレクト

Cariot
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 車両とドライバー情報を一元管理
  • 車両の位置をリアルタイムで把握
  • 走行履歴を管理し、日報業務を効率化

Cariotは、車両とドライバーの情報を一元管理し、ドライバーと管理者の負担を軽減する車両管理システムです。リース先や車検証、車両情報、免許証の各情報や緊急連絡先のドライバー情報が登録でき、登録情報には任意の項目を追加できます。車両の位置をリアルタイムで確認できるので、到着報告や位置報告を自動化し、ドライバーの負担を軽減。ツールで記録されたデータをもとに、Excelに出力可能な形式の車両日報を自動生成し、管理者の工数削減を実現します。

ONEsLOGI / WMS Cloud サービス

ONEsLOGI / WMS Cloud サービス
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 貿易取引に関わる書類の作成
  • 専用データセンターにクラウドサーバー設置
  • 独自要件に対応したアドオン提供

ONEsLOGI Cloudは、送り状や梱包明細といった、わずらわしい手続きが多い船積物流管理をサポートするクラウドのWMSです。証明書の発行を自動化し、データ連携を利用して迅速に出力して使用できます。物流センター管理システムも一括で提供しており、クラウドだけでなくオンプレミスでの導入も可能です。

WATS

WATS
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 輸出入と国内業務を並行して管理
  • オンプレミス・クラウド両対応
  • 他のERPとデータ連携

WATSは、事業規模を問わず使用できる、Web版の貿易管理システムです。基幹業務システムと連携し、帳票の作成を自動化。原産地説明書の出力やパッキングリストの一括表示も可能です。取引の債権管理は、売掛や前受金の処理に対応しています。海外事業向けに、業務データをモバイルに移行して持ち運べるオプションもあります。

Super-Vision

Super-Vision
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 制限付で荷主に公開し、情報を共有
  • 流通BMSの通信プロトコルをデータセンターで受信
  • 区分・センター・分類・店別の作業バッチ

Super-Visionは、クラウド型物流システム「Vision」シリーズの量販店向け物流管理システムです。物流センターの運用形態が変更された場合にも、システムのカスタマイズを最小限にし、事業を即時継続できます。さまざまなカテゴリーに対してバッチ処理を行えるため、複雑な業務フローを負担の少ない形にて実行。荷主に本システムを部分的に解放して使用許可を与え、情報を共有できます。

ロジザードZERO - クラウドキャスト株式会社

ロジザードZERO
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 受注管理システムやERPとの連携が可能
  • 初期費用を抑えた導入が可能
  • 顧客の7割以上が標準機能で導入

ロジザードZEROは、EC物流に強いクラウド倉庫管理システム(WMS)です。倉庫配置や流通の複雑化に対応し「いま・どこに・なにが・いくつあるのか」をリアルタイムで一元管理。バックヤード業務を円滑化します。追加コストが必要なカスタマイズを行わなくても、標準機能のみで多くのユーザーが業務を完結できているとのことです。

統合物流管理 LMS

統合物流管理 LMS
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 点在する物流情報を一元管理
  • KPI管理による現場改善の支援
  • クラウド・オンプレミスでサービス提供

統合物流管理 LMSは、セイノー情報サービスが提供する物流管理システムです。点在する物流情報を一元管理し、ロジスティクス全体の最適化を図ります。また、運賃や配送リードタイムから最適な出荷計画を立案可能。LMSでは物流プランニング、物流進捗管理、物流費計算分析の3点から物流トータルコスト削減とCO2削減を実現します。

LMS-GLOBAL

  • グローバルにまたがる物流情報を一元管理
  • PO・インボイス単位まで可視化
  • クラウド・オンプレミスでサービス提供

LMS-GLOBALは、セイノー情報サービスが提供するグローバル物流管理システムです。グローバルにまたがる在庫・輸送状況・ドキュメントといった物流情報を一元管理し、物流計画の最適化による品質向上とコスト削減をサポートします。

LMS-GLOBALでは、輸出国側や輸入国側のPO・インボイス単位まで可視化し、輸出入における在庫情報やイベントステータスの可視化、ドキュメント作成・管理、物流コスト管理を可能にします。国際物流における複雑化な情報の流れを迅速に把握でき、リードタイム短縮、業務標準化・効率化を実現します。

COOOLa - 株式会社ブライセン

COOOLa
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 柔軟なカスタマイズ
  • 国内海外の数百社の導入実績
  • 多言語対応

COOOLa(クーラ)は、柔軟なカスタマイズに対応するクラウド型倉庫管理システム(WMS)です。創業30年以上の歴史をもつブライセンが開発したWMSなので、本当に必要な部分だけをカスタマイズして提供しています。BIツールや物流画像検品システムもオプションで利用できます。

Connected Linc

Connected Linc
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • パッケージとクラウドで提供
  • 最短の作業導線で誘導
  • 用途に応じたカスタマイズも可能

Connected Lincは、コネクテッドが提供する倉庫管理システム(WMS)パッケージソフトウェアです。伝票別ピッキング、トータルピッキング、マルチピッキングに柔軟に対応し、最短の作業導線で誘導します。ロケーション指示機能で日付・ロット間違いを防止し、業務の精度を向上。ハンディやタブレットの作業実績を自動収集し、作業進捗やKPIとして再利用できます。クラウド物流サービス、コンサルティングサービスも提供しています。

倉庫革命

倉庫革命
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 作業帳票・格納ロケーションをシステム管理
  • 賞味期限をデジタル管理
  • 限られた現状のリソースで収益を拡大

倉庫革命は、ヤマトシステム開発株式会社が提供するクラウド倉庫管理システム(WMS)です。倉庫における入出庫や在庫管理業務の効率化とシステム化を実現します。作業帳票・格納ロケーション・賞味期限をシステム上で管理でき、限られた現状のリソースでも収益を拡大。導入時には、ヤマトグループで行っている倉庫の配置レイアウトや運用方法も提示されるため、WMSのシステム導入効果を高められます。

mylogi

mylogi
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • EC運営者向け物流システム
  • 最長2か月無料・初期費用無料
  • ShopifyとAPIで連携

mylogi(マイロジ)は、アートトレーディング株式会社が提供するEC運営者向け物流システムです。複数モールの在庫を一元管理できるのが特徴。ShopifyとAPIで連携して、Shopifyと連動した注文・在庫管理が可能になります。最長で2か月無料なうえ、初期費用は無料。アパレル商材から食品まで、得意な分野にあった物流パートナーを紹介してもらえます。

物流管理システムの導入でリアルタイムな管理を

物流管理システムの導入には多くのメリットがあります。物流の正確な管理は、製品の品質保持や人件費の削減につながります。物流管理システムの導入で物流における5大機能、輸配送、保管、荷役、包装、流通加工をリアルタイムで管理しましょう。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

在庫管理システム選び方ガイド
倉庫管理システム(WMS)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
倉庫管理システム(WMS)の最近更新された記事