在庫管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

在庫管理の3つの方法 - Excel・システム・アプリ | 基本知識

最終更新日:(記事の情報は現在から189日前のものです)
在庫管理の方法は主に、Excelと在庫管理システム、在庫管理アプリに分けられます。それぞれのメリット・デメリット、効率化についてわかりやすく解説。最適な方法をみつけましょう。

在庫管理は、商品を販売する小売業や物流倉庫、企業や工場などさまざま分野で必要となる業務です。Excelでの在庫管理表作成や専用の在庫管理システムに加え、最近ではスマートフォンの在庫管理アプリといった管理の方法も登場しています。

この記事では、在庫管理の目的や各管理方法のメリット・デメリットなど、在庫管理の基本知識をわかりやすく解説します。

【厳選】おすすめ在庫管理システムをまとめてチェック!
在庫管理システムの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめ在庫管理システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ在庫管理システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

在庫管理とは

在庫管理とは、必要な商品・資材・材料などを必要なときに必要な分だけ提供できるよう、正確に把握・管理することを指します。

在庫管理には、倉庫の棚整理や売上予測にもとづく発注、多拠点間の在庫調整なども含まれます。膨大なデータを管理するためヒューマンエラーが起こりやすく、これが在庫管理システムの導入が進んでいる一因といえるでしょう。

在庫管理の目的

在庫管理の目的は主にキャッシュフローの数値を健全に保つことと、在庫不足による機会損失・信用低下を防ぐことの2つです。

キャッシュフローを増やす

在庫管理の1つ目の目的は、キャッシュフローを増やすことです。

余分な在庫を多く抱えると、現金化されない資本がたまり資金繰りに窮します。しかし在庫を適切な速度で出し、適切な量の在庫を維持できれば、利用できる現金が増え、資金繰りに困ることはなくなるでしょう。

在庫不足による機会損失・信用低下の回避

在庫管理の2つ目の目的は、在庫不足による機会損失の回避です。

在庫が不足していると、注文が入っても納品できず機会損失になります。場合によってはクレームに発展し大きな打撃を与えかねません。また製造業の場合、組み立てに必要な部品が1個でも不足していると、生産ラインがストップします。予定していた製品を生産できなければ、売上の損失はもちろん、納期の遅れといった信用低下を招く恐れもあるでしょう。

在庫管理の発注方式

在庫管理をするうえで、発注方法は定量発注方式と定期発注方式の2種類があります。

定量発注方式

定量発注方式は、一定まで在庫量が減少した時点で在庫を追加する方法です。前もって発注条件を決めておくため、発注の手間がかからないのが特徴です。消耗品や事務用品など、安価で需要変動が起こりにくい製品に向いているとされています。

定期発注方式

定期発注方式は、月に1回・週に1回など一定の間隔で数量を計算し発注する方法です。都度の在庫量にあわせて発注量を計算します。発注時期が決まっているので、スケジュールを立てやすいのがメリットです。そのため需要が予測しやすい製品に向いているとされています。

在庫管理のコツ

システムを導入すると在庫管理の負担は減りますが、次のポイントに注意するとより効率が高まります。

棚管理の徹底

棚卸・在庫管理を効率的に行うためには、保管場所を正確に決めることが大切です。ものの置き場所を決め、ラベルでわかりやすくしておくとよいでしょう。

リードタイムの効率化

リードタイムとは、発注・製造・納品などに必要な時間のことをいいます。それぞれどの程度時間がかかるのか把握し、需要と供給のペースを確認しておくと、適正在庫につながります。

在庫管理の3つの方法

在庫管理の目的によって管理方法を使いわけることで、効率的な運用が可能です。

在庫管理の手段はいくつかあり、手段ごとにメリット・デメリットが存在します。次に代表的な3つの在庫管理方法を紹介するため、自社にはどの手段が適切か、在庫管理業務の効率化やコストに重点を置いて考えてみましょう。

Excelでの在庫管理方法

Excel(エクセル)での在庫管理は、入庫と出庫の差を関数やマクロを用いて在庫管理表を作成し管理します。Excelさえあれば無料で始められる方法です。インターネット上に多数の在庫管理表のテンプレートもあり、それを利用すればイチから作らなくてもすぐに在庫管理を開始できます。

メリット

  • Excelがあれば、導入・運用コストがかからず無料で使える
  • 操作が簡単で、慣れている人も多いため使いやすい
  • 在庫管理表を作る(もしくはフォーマットをダウンロードする)だけで、すぐに開始できる
  • マクロを使えば、有料の在庫管理ソフト並みの在庫管理表も作れる

デメリット

  • 入力ミスが起きやすく、取引規模が大きくなると管理工数も増える
  • 使い勝手をよくするためには、マクロといった高度な専門知識が必要になる
  • リアルタイムでの在庫管理管理ができない

在庫管理システムでの在庫管理方法

在庫管理システムとは、在庫管理のために開発された専用システムのことです。

在庫管理システムを導入するメリットは、管理作業の標準化、作業コストの軽減、リアルタイム管理による在庫の見える化が挙げられます。導入方法の違いでクラウド型、パッケージ型、オンプレミス型にわかれ、各タイプにおいても特徴があります。

クラウド型在庫管理システム

インターネットを介して利用する在庫管理システムです。導入時と月額での利用コストがかかるものの、比較的低コストで利用できます。すでに利用中の在庫管理システムからクラウド型へ切り替える企業も増えています。

<メリット>

  • リアルタイムで管理でき、ネット環境があれば場所を問わない
  • 多機能で拡張性があるため、規模が拡大しても対応が可能
  • 自社で運用を管理する必要がない

<デメリット>

  • オフラインでは作業できない
  • 障害が発生するとシステムもストップしてしまう
  • 独自のカスタマイズ性が他の方式と比べると低い

在庫管理システム・アプリの紹介はこちらの記事で行っています。無料プランがあり、フリーソフトとしても使える在庫管理システムも紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

在庫管理システム比較35選!ECサイトや倉庫管理向けおすすめソフト【無料あり】
ボクシルおすすめの在庫管理システムを解説!各サービスの特徴や機能、価格を比較して紹介します。無料で使えるシステムや...
詳細を見る

パッケージ型在庫管理システム

専用ソフトをパソコンにインストールして使用するタイプの在庫管理システムです。比較的手頃な価格で販売されており、パッケージを購入するだけですぐに在庫管理を開始できるため、小規模事業者を中心に多くの企業で利用されています。

<メリット>

  • 初期費用のみで手軽な運用が可能
  • いくつかのバリエーションのなかから、パッケージを選べる

<デメリット>

  • インストールしたパソコンでしか使えない
  • 定期的にバージョンアップのための更新が必要
  • 独自のカスタマイズが難しい

オンプレミス型在庫管理システム

オンプレミス型は、自社サーバー上に構築された専用の在庫管理システムのことです。

一般的に大規模な在庫管理システムを構築する際に用いられる方法で、基本の機能だけでなく、業務にあわせて新たな機能の開発やカスタマイズをする場合もあります。一方でコストが高く、導入までには時間がかかります。

<メリット>

  • 業務にあわせて自由にカスタマイズができる
  • 自社サーバーで稼動する他の既存ソフトと連携がしやすい
  • 自社サーバーでの運用のため、高いセキュリティを構築できる

<デメリット>

  • 機器の購入や開発費用など、導入コストが非常に高い
  • 利用開始まで時間がかかる
  • 運用は自社で行う必要があり、リソースや維持コストがかかる

在庫管理アプリでの在庫管理方法

在庫管理アプリとは、スマートフォンやタブレットにダウンロードして利用できるアプリのことです。さまざまな種類がおり、アプリによって特徴や機能が異なるため、利用シーンや業務課題にあわせて最適なアプリを選びましょう。

またアプリによっては、iOSかAndroidのどちらかのみでしか利用できない場合もあるため、アプリを使用する端末選びにも注意が必要です。

在庫管理アプリ比較おすすめ11選 - iPhone・Android【無料あり】
企業や個人で簡単に在庫が管理できる、在庫管理アプリをボクシルが厳選・比較。iPhone・Android、タブレット...
詳細を見る

メリット

ユーザービリティの高さ ※全アプリ共通

  • アプリを立ち上げるだけで、すぐに接続できる
  • スマートフォンやタブレットなど、なじみのある操作環境

機能性の高さ ※各アプリによる

  • レジといった他システム・サービスと連携できる
  • 複数通貨をサポートしている
  • オフラインでも利用できる
  • バーコード機能、タグ機能がある
  • 売上・利益レポートの表示、受取勘定や支払債務管理までできる
  • iCloudやGoogle ドライブなど、クラウド上にデータを保管できる

その他のメリット

  • 月額350円~といった、利用料が安価なアプリもある
  • シンプルなものから高機能なものまであり、業務にあわせて最適なものを選びやすい

デメリット

  • 大規模なシステム管理には不向き
  • データの出し入れや利用環境など、最適なアプリを選択しないと不便が生じることもある
  • 端末が故障すると、アプリで管理している情報の引継ぎが難しい場合がある
  • アプリによって利用できる端末が限定されている場合がある

在庫管理システム・アプリで在庫管理方法を効率化しよう

在庫管理方法の選択肢としては、Excel、システム、アプリの3つがあります。Excelでも在庫管理を行うことは十分可能ですが、どうしてもある程度の手間はかかります。

そのため在庫管理の効率化に重点を置く場合は、在庫管理システムや在庫管理アプリを導入するのがおすすめです。無料トライアルや無料プランを活用して、まずは実際に在庫管理システム・アプリを体験してみましょう。

【厳選】おすすめ在庫管理システムをまとめてチェック!
在庫管理システムの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめ在庫管理システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ在庫管理システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

在庫管理システム_20240402.pptx.pdf
在庫管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
編集部のおすすめ記事
在庫管理システムの最近更新された記事