在庫管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

在庫管理システムのシェア・市場規模を解説!一番選ばれている人気サービスは?

最終更新日:(記事の情報は現在から35日前のものです)
在庫管理システムの市場規模とシェア率を紹介します。在庫管理システムの今後の導入意向や、シェア率の高いサービスはなぜ選ばれているのかをBOXIL編集部の視点で解説しています。

在庫管理システムの市場規模

BOXIL編集部が2024年2月に実施した調査をもとに、在庫管理システムの市場規模を算出※1しました。2023年のSaaS型在庫管理システムの市場規模は、およそ2,477億円だと算定できます。また、導入を検討しているユーザーの動向や導入予定時期をもとに算出すると、2024年の市場規模は2,657.8億円に到達する見込みで、2025年の市場規模は2,782.7億円規模に成長すると予測できます。

在庫管理システムの市場規模

※1 調査期間 2024年2月16日〜2月27日 スマートキャンプで実施した「SaaSの利用実態調査」をもとに、1社あたりの利用金額と法人数から算定。在庫管理機能を持つERPなどを含む。
※2 同調査の導入時期と導入予定時期から算定

在庫管理システム市場の成長率は?

同調査では、まだ在庫管理システムを導入・利用していない生産・販売管理業務担当者に対して、導入予定も調査しました。その結果、「時期は未定だが利用検討中」が多く、在庫管理システムの必要性に関して情報収集段階の企業が多いようです。

導入予定時期 回答数 割合
時期は未定だが利用検討中 26 6.2%
半年以内には利用開始予定 11 2.6%
1年以内には利用開始予定 6 1.4%
2年以内には利用開始予定 6 1.4%
現時点では未定・利用予定はない 369 88.3%

在庫管理システム市場の成長の要因としては、新型コロナウイルスの影響により、2020年以降ECサイトの利用機会が増加していることが挙げられます。

経済産業省が2023年8月に実施した「令和4年度デジタル取引環境整備事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、物販系のBtoC-ECの市場規模は2021年が13兆2,865億円、2022年が13兆9,997億円という結果になりました。中でも、「食品・飲料・酒類」の伸びが大きく、保管や配送の技術の向上も成長に起因していると考えられます。

また、物流の需要が高まるなかで、製造を含むさまざまな現場では効率的かつミスがないような体制作りがより求められるようになりました。そのため、在庫数や在庫情報を管理できるだけでなく、在庫数が減ったときのアラートや複数倉庫の管理、オムニチャネル対応、セット販売商品への対応などもできる在庫管理システムに注目が集まりました。

※出典:経済産業省「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました」(2024年5月9日閲覧)

在庫管理システムのシェア率

BOXILが実施した在庫管理システムの利用ユーザー118人を対象にしたSaaSの利用実態調査によると、在庫管理システムのシェア率は、SAPシリーズがトップで5.1%でした。次点でOBIC7が2.6%、Factory-ONE 電脳工場が1.7%と続いています。GENやロジザードZEROを利用している企業もいるようです。

在庫管理システムのシェア率

※調査期間 2024年2月16日〜2月27日 スマートキャンプで実施した「SaaSの利用実態調査」をもとに集計

シェア率とあわせて口コミ・ユーザー満足度もチェック

シェア率だけでなく、各在庫管理システムの口コミやユーザー満足度を確認しておくことで、自社にあったサービス選びができるようになります。在庫管理システムの口コミランキングもあわせて参考にしてください。

【2024年06月】在庫管理システム人気ランキング|満足度や口コミ・評判を調査 | ボクシルSaaS
在庫管理システムのおすすめ人気製品をランキング形式で比較。料金や口コミ、機能、提供形態を元に比較可能です。
詳細を見る

ここからは、シェア率の高い在庫管理システムはなぜ選ばれているのか、BOXILに寄せられた口コミやサービスの特徴をもとに解説します。

SAPシリーズ - SAPジャパン株式会社

  • サプライチェーン全体の効率化とサスティナビリティを実現
  • 購買管理・在庫管理モジュールでリアルタイム管理
  • 在庫の移動履歴も簡単に確認可能

SAPシリーズは、全世界で2億3,000万以上ユーザーが利用し、100種類以上のソリューションを提供するクラウドサービスです。その中には、SAP MM(Material Management)と呼ばれる在庫管理モジュールがあります。

数量や入出庫だけではなく、棚卸や在庫移動管理なども可能です。

OBIC7

OBIC7
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • OBIC7シリーズをクラウド環境で利用可能
  • 複数の生産形態・管理方式に対応
  • プライベートクラウドでセキュリティ面も安心

OBIC7が選ばれている理由としては、とくにその多機能さが挙げられます。在庫管理や受発注管理だけではなく、会計処理や勤怠なども利用でき、社内システムを統一したいと考えている企業におすすめです。

操作や入力が簡単だという口コミや、「ペーパーレスにつながった」と実感している口コミも多く見られました。

Factory-ONE 電脳工場 - 株式会社エクス

  • ロット生産や受注生産など多様な生産方法に対応
  • 実在庫や有効在庫を複数の情報から簡単検索
  • みなし出庫・支給品管理・在庫一括戻し・在庫調整・在庫移管・在庫棚卸にも対応

Factory-ONE 電脳工場は、生産管理や在庫管理、販売管理にも対応した多機能なシステムです。品番や場所だけではなく、一段階/多段階展開(親子関係)や受払明細(予定と実績)などの条件で在庫を検索可能です。

また、操作画面や管理項目の文言まで社内用語に統一するカスタマイズが可能なので、導入後に今のオペレーションを変更する必要はありません。

シェア率だけでなく機能で比較しよう

在庫管理システムを選ぶ際に重要なのは「自社の状況に合った機能が備わっているかどうか」です。あわせて各サービスの口コミなども見ておくと良いでしょう。

在庫管理システム比較35選!ECサイトや倉庫管理向けおすすめソフト【無料あり】
ボクシルおすすめの在庫管理システムを解説!各サービスの特徴や機能、価格を比較して紹介します。無料で使えるシステムや...
詳細を見る
在庫管理システム_20240402.pptx.pdf
在庫管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
在庫管理システムの最近更新された記事