コピー完了

記事TOP

運送業におすすめの在庫管理システム比較!導入メリット・注意点

最終更新日:(記事の情報は現在から59日前のものです)
運送業界における在庫管理システムの導入は、業務効率の向上やコスト削減などさまざまなメリットが期待できます。本記事では、運送業界が在庫管理システムを導入するメリットやおすすめのシステム、さらに導入時に気をつけたい注意点について解説します。

【厳選】おすすめ在庫管理システムをまとめてチェック!
在庫管理システムの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめ在庫管理システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ在庫管理システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

運送業界で活用できる在庫管理システムの機能

運送業界では、在庫管理システムを活用することで、リアルタイムでの商品在庫の把握や、出荷・入荷の管理の効率化が可能です。

運送業界の在庫管理では主に、入出庫管理やロケーション管理、賞味期限管理、在庫分析などの機能を活用することで業務効率化やスムーズな在庫管理が可能です。

運送業界における在庫管理の課題

在庫管理にはさまざまな課題がありますが、特に運送業界では、次のような課題が挙げられます。

  • ヒューマンエラーが起きやすい
  • 属人化しやすい
  • 在庫保管スペースやコストがかかる

ヒューマンエラーが起きやすい

入出庫の記録や在庫数の管理を手入力で行っている場合は、入力ミスや発注ミスなどのヒューマンエラーが発生しやすいことが課題の一つとして挙げられます。

また、入力ミスや発注ミスによる機会損失や顧客離れなども考えられるでしょう。

属人化しやすい

在庫管理の方法や受発注のタイミングなどが担当者によって異なる場合、管理ルールが決まっておらず作業が属人化しているケースも少なくありません。

担当者が不在の場合や異動となった場合には、業務が滞ってしまうことも考えられます。

在庫保管スペースやコストがかかる

在庫を適切に管理できない場合、過剰在庫や在庫切れが発生し、在庫保管スペースやコストが必要以上にかかるケースもあります。

在庫切れを心配して多めに発注し、保管スペースの増設したり、多めに発注したものの、消費期限を過ぎて廃棄せざるを得なくなったりすることもコスト増大の原因です。

運送業界における在庫管理システムの導入メリット

運送業界では、在庫管理システムを導入することで、次のようなメリットが期待できます。

  • 業務効率の向上
  • 属人化の防止
  • 在庫コストの削減

業務効率の向上

在庫管理システムを導入し、入出庫管理や在庫分析などを自動化することで、在庫管理にかかる手間や時間を削減でき、業務効率の大幅な向上につながります。

属人化の防止

在庫管理システムは、標準化された方法で在庫管理を行い、自動化することで属人化を防げます。在庫量や分析データの可視化により、必要なときに必要なデータをすぐに確認できます。

在庫コストの削減

在庫管理システムの導入により、在庫管理の最適化ができるため、過剰在庫や在庫切れを防げます。そのため、多めに発注したり、保管に必要なスペースを新たに確保したりする必要がなくなり、在庫コストやスペース確保にかかっていたコストの削減につながります。

さらに、業務効率化により、在庫管理や棚卸にかかっていた工数を減らせるため、人件費の削減も可能です。あらゆるコストを抑えられることで、利益向上を目指せます。

運送業界におすすめの在庫管理システム

運送業界におすすめの在庫管理システム3選を紹介します。

楽楽販売 - 株式会社ラクス

楽楽販売
楽楽販売
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

楽楽販売は、在庫管理だけでなく、見積もりや受注・発注管理、請求管理など幅広く対応した在庫管理システムです。

業務の自動化はもちろん、企業や業界独自のルールに合わせて機能のカスタマイズができるため、運用しやすい点が魅力です。

ロジクラ - 株式会社ロジクラ

ロジクラ
ロジクラ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

ロジクラは、在庫管理や発送業務の効率化を促す在庫管理システムです。在庫や出荷管理業務を効率化するとともに、欠品やご出荷、過剰在庫などをなくし、事業成長をサポートします。

自社開発のアプリにより、スマートフォンをハンディターミナルとして使え、検品作業もスムーズに行えます。カートシステムやモール、その他配送業者などとAPI連携を行え、データの一元管理が可能です。

SmartMat Cloud - スマートショッピング

SmartMat Cloudは、専用のマットに在庫を載せて管理を行う在庫管理システムです。業種や品目を問わずにさまざまな在庫の管理に適しています。在庫や消費量を可視化でき、閾値を下回った場合は自動で発注作業を行うため、欠品による失注や顧客離れを防げます。

遠隔からも在庫数の確認を行えるため、業務がスムーズに進めやすい点も魅力です。

運送業界で在庫管理システムを導入する際の注意点

在庫管理システムを導入する際には、次の点を確認して導入を進めましょう。

既存システムとの連携やカスタマイズが可能か

すでに他のシステムを導入している場合は、そのシステムと連携が可能かどうかを事前に確認しておきましょう。

また、独自のルールや扱う商材や発注形式などがある場合には、使いやすいようカスタマイズできるか、また事業規模に合わせて拡張できるシステムであるかも重要なポイントです。

担当者やルールを策定する

在庫管理システムを導入する際は、導入にあたり在庫管理システムの設定や運用窓口となる担当者を決めるとスムーズです。

そして、ルールやマニュアルの策定を行い、社内に周知しましょう。社内の体制を整えることで在庫管理システムの運用が定着しやすくなります。

在庫管理システムを導入して業務効率化やコスト削減を図ろう

在庫管理システムは、運送業界における在庫管理の課題である、入力ミスや属人化などを解消し、業務の効率化やコスト削減などのメリットが期待できます。

運送業界における在庫管理システムを選定する際は、基本的な在庫管理機能に加え、ロケーション管理や賞味期限管理などの機能が備わっているサービスを選ぶとより業務をスムーズに進められるでしょう。

在庫管理システムは多くあり、それぞれ機能や導入形態が異なります。自社に合うサービスを導入するためには比較検討することをおすすめします。

\料金や機能を資料で比較!/

在庫管理システム_20240402.pptx.pdf
在庫管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
在庫管理システムの最近更新された記事