コピー完了

記事TOP

物流業界におすすめのERP3選 - 機能・料金比較

最終更新日:(記事の情報は現在から55日前のものです)
この記事では、物流業界におすすめのERPを紹介しています。ERPのメリットや機能詳細、サービス比較を解説。導入するERPを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめERPをまとめてチェック!
ERPの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめERPの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なERPを含むサービスを徹底比較しています。ぜひERPを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

ERPと倉庫管理システム(WMS)との違い

ERP(Enterprise Resource Planning)倉庫管理システム(WMS)は、どちらも物流業界で重要な役割を果たしますが、それぞれ異なる機能をもちます。

ERPは企業全体の統合的な管理を行い、会計、購買、販売、生産管理などのさまざまな業務をカバー。一方、WMSは倉庫内の在庫管理や配送業務を効率化します。

ERPは企業全体のビジネスプロセスを統合し、データの一元化や効率化を図るのに対し、WMSは倉庫内での物流業務の最適化に特化したツールです。ERPは経営層や複数部門が利用し、戦略的な意思決定を支援しますが、WMSは物流担当者が主に利用し、倉庫業務の実行を支援します。

このように、ERPとWMSは補完的な役割を果たすため、両者を組み合わせることで物流業務全体の効率化と透明性が向上します。

物流業界向けERPの選び方

在庫管理に強い機能

物流業界向けERPを選ぶ1つ目のポイントは、適切な在庫管理です。在庫の把握や補充の自動化といった機能は、効率的な在庫管理に必須です。ERPが在庫管理機能を充実させていれば、需給のバランスを保ちながら在庫レベルを最適化できます。

配送ルートを最適化する機能

物流業界向けERPを選ぶ2つ目のポイントは、配送ルートを最適化する機能です。この機能は燃料コストの削減や配送時間の短縮につながるため、物流業界ではぜひとも取り入れたい機能です。ソフトウェアによっては、地理情報システム(GIS)を活用してリアルタイムで交通情報や天候情報を考慮し、配送計画を立てられます。

顧客対応に関連した機能

物流業界向けERPを選ぶ3つ目のポイントは、顧客対応についての機能です。顧客との円滑なコミュニケーションを実現するためには、顧客管理や問い合わせ対応、返品処理などの機能が重要です。ERPが顧客情報を一元管理し、迅速かつ正確な対応を可能にすることで、顧客満足度を向上させられます。

物流業界向けERPの機能・料金比較表

【特典比較表つき】『ERP(基幹システム)の資料12選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『ERP(基幹システム)の資料12選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

物流業界におすすめのERP3選

SAP Business One

SAP Business One
SAP Business One
BOXIL SaaS AWARD Winter 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

SAP Business Oneは、SAPが提供する中小企業向けのERPです。クラウド型とオンプレミス型の両方に対応します。

ビジネスの成長に応じてソフトウェアを拡張できるため、他システムへ乗り換えずに使い続けられます。子会社の統制に強く、関係会社の多い企業にもおすすめです。導入・運用支援を提供する販売パートナーも多く、特有の業務プロセスをもつ物流業界でも安心して導入できます。

Plaza-i - 株式会社ビジネス・アソシエイツ

Plaza-i
Plaza-i
BOXIL SaaS AWARD Spring 2023 BOXIL SaaS AWARD Spring 2023 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Plaza-iは、多業種に対応するERPです。日本で作られたERPでありながら海外での取引にも対応。導入コンサルティングが便利で、内部統制や業務標準化に対応してくれます。

物流在庫管理システムでは、入出庫処理、入出庫予定管理、配車予約、物流手配、棚卸処理をカバーしています。自社倉庫または委託倉庫にて、スムーズな出庫指示や在庫管理が可能です。また、入出庫処理の承認に基づき、帳簿在庫と実在庫の差異を減らし、在庫管理の負荷を軽減できます。

SMILE V 2nd Editionは大塚商会が提供するERPです。取引書類にタイムスタンプを付与したり、インボイスのデジタル化に対応していたりと法改正への適応にも抜かりありません。

運送・物流業向けの販売管理システム「SMILE V 2nd Edition トラックスター」も提供されています。運送業の日報管理や請求管理、実績管理などの一連の業務を効率化できるシステムです。業界の慣習に対応し、マスタや伝票に独自項目を追加できます。

物流業界向けERPに搭載される機能の詳細

在庫管理

物流業界向けERPに搭載される在庫管理機能には、リアルタイムな在庫状況の把握や補充、最適化などの機能が含まれます。在庫の追跡や棚卸しの自動化、過剰在庫の削減などにより在庫コストを最小限に抑えます。バーコードやRFIDを活用した在庫管理システムとの連携も実現。これにより、正確な在庫情報の提供や顧客サービスの向上、適切な在庫レベルの維持が可能です。

配送ルートの最適化

物流業界向けERPの配送ルート最適化では、地理情報システム(GIS)を活用して配送計画を立てます。その時間の交通情報や天候情報を考慮し、最適なルートを計算します。また配送先の優先度や時間枠、車両の容量といった制約を考慮し最適化。配送ルートのリアルタイムな修正やドライバーへのルート案内、配送トラッキング機能も提供され、効率的な配送業務を実現します。

顧客管理(CRM)

物流業界向けERPの顧客管理機能は、注文履歴や連絡先、支払い情報を管理することで、迅速かつ正確な顧客対応を可能にします。また、顧客とのコンタクトや返品処理の管理も可能。これにより、顧客のニーズや傾向を把握し、より良いサービスを提供できます。

ERPを導入するメリット

効率の向上とコスト削減

ERPを導入する1つ目のメリットは、効率の向上とコスト削減です。ERPでは、在庫の管理や配送ルートの最適化といった業務が効率化され、作業時間とコストを削減可能です。また作業の自動化により、過剰在庫や在庫不足を防ぎコスト最適化に役立ちます。そのため効率的な事業が可能となり、増益に期待がもてます。

リアルタイムな情報の可視化

ERPを導入する2つ目のメリットは、リアルタイムでの情報共有です。ERPは在庫状況や配送スケジュール、注文状況などをすぐに把握できるため、迅速な意思決定が可能です。また、各部門や拠点間でのスムーズな情報共有にて、抜け漏れや誤解を防げます。よって情報を即座に反映することは、戦略を立案する制度の改善につながります。

顧客満足度の向上

ERPを導入する3つ目のメリットは、顧客満足度の向上です。ERPにて顧客の注文履歴や特性を把握した結果、ニーズに合わせたサービス提供を見込めます。また、返品処理やクレーム対応なども効率化され、顧客の満足度が向上します。顧客満足度の向上はロイヤルティの向上につながり、リピーターの獲得や口コミによる新規顧客の獲得に貢献するでしょう。

ERPのデメリット

導入コストの高さ

ERPを導入する1つ目のデメリットは、導入コストの高さです。ERPの導入にはライセンス料、カスタマイズやシステム構築のコンサルティング料、トレーニングや教育費など、多岐にわたる費用がかかります。また、導入後の運用やメンテナンスもコストが発生します。ERPの導入を検討する際は、これらのコストを踏まえて効果を試算しましょう。

システムの複雑さ

ERPを導入する2つ目のデメリットは、システムの複雑さです。ERPは多機能であり、さまざまな業務プロセスを統合するため、複雑な構造を持っています。そのため、導入後のシステム運用やメンテナンスが困難になりやすいです。特に、導入段階でのトレーニングや教育の不足、システム専門家の不在などの問題があると、システムの運用やカスタマイズが難しくなります。運用を回すための予算確保も事前に済ませましょう。

物流業界に対応したERPを導入しよう

物流業界におすすめのERPを選ぶ際には、在庫管理機能や配送ルートの最適化機能などに注目しましょう。物流業界特化のERPはあまり多くありませんが、だからこそ、使い勝手を見比べたり他機能の有無で比較したりするのが重要です。

物流業界におすすめのERPのうち最適なサービスを選ぶには、ニーズや予算に合わせて、複数のシステムを比較検討することが大切です。下のボタンからはBOXILが厳選したサービスの資料を無料でダウンロードできます。ぜひサービス選定の参考にしてください。

本記事で紹介しきれなかったサービスについては下の記事にて解説しています。より多くのサービスから検討したい方はあわせてチェックしましょう。

【比較表あり】ERPの比較おすすめ27選!機能・料金・選び方を解説
【2024年最新比較表】ERPの代表的なサービスを徹底比較!搭載している機能や料金、口コミ評価などをまとめて比較で...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計1,200社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

ERP(基幹システム)選び方ガイド_20240116.pptx.pdf
ERP(基幹システム)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
ERP(基幹システム)の最近更新された記事