生産管理システム24個を徹底比較 | メリット・導入に失敗しない方法とは

最終更新日:
製品の管理と進捗の把握に欠かせないのが生産管理システム。生産管理とは何かの解説からおすすめの生産管理システムの比較まで行っています! メリットや導入のコツもあわせてチェックしてください。 ※初回公開日 2017/5/7
ECサイト生産管理システム
Large

本記事で掲載している生産管理システムや、紹介しきれなかった生産管理システムの機能・価格をもっと詳しく比較したい方はこちらからご覧になれます。ぜひシステム選定の参考にしてみてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
生産管理システムの資料を無料で一括DL

目次

記事の冒頭では生産管理の概要およびメリットについて、その後生産管理システムについてを解説します。さきに、生産管理システムについてご覧になりたい方は下のリンクからジャンプできます。
生産管理システムの解説はこちら

生産管理とは

生産管理とは、モノを作って売る製造業の中心部分となる一連の流れを無駄がないように効率よく進めるために管理することを指します。

生産管理システムのメリット

それでは、生産管理システムのメリットを簡単に紹介していきます。生産管理を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!

生産管理システムとは?定義や役割・仕事内容まで徹底解説! | ボクシルマガジン
生産管理とは?の定義から、管理すべき項目、生産方式ごとのポイント、仕事の一連の流れからおすすめのツールまでご紹介します!

余剰在庫の削減

倉庫内で余計に保管しておく在庫を減らせます。在庫はあるだけで検品などの管理費用がかかってしまうので、極力削減することが求められます。生産管理システムを使えばどれほどの在庫を確保すればよいのかが目に見えるので、容易に管理できます。

売り切れの防止

余剰在庫とは反対に、売り切れも防げます。お客さんが商品を欲しているにも関わらず、提供できなければその分だけ売上が落ちるのは想像に難くありません。生産管理システムはこの点も予防できます。

資金繰りの安定化

上記の2点ができることにより資金繰りが安定します。余剰在庫をすくなくすることで現金を確保、売り切れを防ぐことで売上も保持できるので、経営にも強くなれます。

生産管理システム24選

それではそんな生産管理システムを見ていきましょう。

rBOM

  • 設計部品表と製造部品表の統合管理が可能
  • 設計・製造・調達・保守まで網羅した幅広い業務機能
  • 設計変更、手配進捗、原価進捗などリアルタイムな情報共有

rBOMは、個別受注生産、多品種少量生産を行う企業を支援するハイブリッド販売・生産管理システムです。統合BOM(部品表)としては国内でトップクラスのシェアを誇ります。受注ごとに製品仕様が異なる個別受注業務に特化しており、設計からの五月雨出図や設計変更が多く発生する業種に最適なパッケージです。設計変更、手配進捗、原価進捗をリアルタイムで共有できるので、受注から出荷までの情報が可視化され、リードタイムの短縮やミスの削減も期待できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
rBOMの資料を無料DL

NetSuite(ネットスイート)

  • 世界中の30,000を超える企業や組織で利用
  • 主要な業務アプリケーションを単一のシステムで提供
  • 海外展開に柔軟に対応

NetSuite(ネットスイート)は世界中の30,000を超える企業や組織で利用されている世界最大級のERPシステムです。
ERP/財務会計および顧客管理、eコマースなどビジネスソフトソフトウェアをまとめて利用できます。
また、分析機能も標準装備しており、ダッシュボードやレポートを通じてビジネスの状況をすぐに判断・確認できます。
日本から海外複数子会社の基幹・会計状況をリアルタイムに管理できるので、海外展開に非常に有利です。

iDempiere(販売管理)

  • 低コスト経営ができるERP
  • 必要な機能を標準装備
  • 多言語、多通貨対応のグローバルシステム

iDempiere(アイデンピエレ)は、低コストで導入可能なオープンソースのERPパッケージです。企業経営に必要な、販売・在庫・購買・顧客・会計管理まですべての機能を標準搭載しています。また、「在庫管理」だけ利用したいという場合にも、機能を部分的に使うことも可能です。オープンソースのためライセンス費用は無料になり、他のERP・基幹システム製品と比較して非常に安く導入できるのもポイントです。世界中で利用されており、プラグイン構造の拡張性・開発の柔軟性も高く企業に合わせてカスタマイズ実装が可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
iDempiere(販売管理)の資料を無料DL

TECHS-S

  • 進捗・納期管理の強化と原価低減効果
  • 利益体質(会社の品質)への改善と継続効果
  • 個別受注型製造業に特化

TECHS-Sは、個別受注型の機械・装置・金型業様向けに開発された、 中小中堅企業のための生産管理システムです。 過去の類似例の原価を参照し、素早く正確な見積積算により、営業競争力の向上が図れるなど、生産力を上げていくだけではなく、同業他社との競争力を向上させていくことも可能とします。これも情報が見える化され、共有されているからこそできることとなっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
TECHS-Sの資料を無料DL

TECHS-BK

  • 利益体質企業への一歩となる
  • データを一元化することができる
  • 出荷実績という信頼安心がある

TECHS-BKは、利益体質企業になるためのノウハウと道具があります。そのノウハウと道具を使用することで利益体質企業に変革を遂げることができます。生産管理システムTECHSシリーズはその道具のひとつであり、 ご導入いただきました全国2,900社以上の実績があります。その実績という信頼や安心もあるので、利益体質企業への変革を求めているのであればおすすめです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
TECHS-BKの資料を無料DL

GoQsystem(ごくーシステム)

  • 通販業務の一元管理
  • 販促に使える時間を増やす
  • 20日間のお試し期間

GoQSystemは、楽天・Yahooショップなど、ECモール向けの受注管理システムです。受注管理システムでありながら、商品管理や売上管理、物流管理まで行えるので、在庫管理・生産管理に近いシステムとして導入できるでしょう。料金は15,000円からの定額制で、機能を追加していくごとに加算される料金システムになっています。最短3か月からの利用や、簡単なシステム導入とあわせてみても中小の企業に特におすすめのシステムです。もちろん、大企業でも問題なく利用できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
GoQsystemの資料を無料DL

R-PiCS V4(アール-ピクス ブイ4)

  • きめの細かい所要量計算
  • 特急オーダーへの対応を実現するネットチェンジ計算
  • 納期回答支援機能

R-PiCS V4は、安全在庫発注点を加味した部材必要数の計算は勿論、発注残や計画残(仕掛残)などを考慮して行うことができます。R-PiCSの所要量計算は特急オーダーのみを対象にネットチェンジ計算が可能なため特急オーダーへの柔軟な対応が可能となります。そのためどのようなオーダーが来てもしっかりと通常業務と並行しながら業務ができます。

FutureStage(フューチャーステージ)

  • 手軽な生産管理システム
  • 簡易MRPで手配を自動作成できる
  • 部品登録なしで運用できる

FutureStageは、短期間&手軽に利用できる生産管理システムです。 機能がコンパクトなので手軽で低価格です。製造業の主要な生産形態向けのモデル(個別受注生産管理システム、繰返し生産管理システム、ハイブリッド生産管理システムなど)から、ユーザーの業態に合ったモデルを選びます。製造業に特化しているので製造業であればおすすめです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
FutureStageの資料を無料DL

Factory-ONE 電脳工場MF(ファクトリー-ワン)

  • オープンなシステムでエンドユーザコンピューティングを実現
  • EXPLANNER/Ai会計とデータ連携
  • 業種・業態に広く対応する製品のラインナップ

Factory-ONE 電脳工場MFは、市場環境の変化にともなう生産形態の変更に対応するため、管理手法の異なる3つのサーバモジュール、4つの製品が用意されています。さらには企業の体制や独自の文化を考慮したうえで、現実的に運用可能な方法を提案しているので、無理な運用になりません。 プログラムを使わずに、エンドユーザ自身で独自の管理帳票を作れる点もメリットの一つです。

J WALD

  • 「プロセス系生産」業務までカバー
  • だれが見ても正確な情報がみられる
  • 高いコスト競争力

J WALDは、Connected Industries・インダストリー4.0といった「工場のスマートファクトリー化」を推進する生産管理システムです。

組立系生産およびプロセス系生産に対応しているため、工程管理が複雑になりがちな、素材・石油・化学製品・電線・薬品・食品などのプロセス系生産にもフィットします。在庫管理機能により多様な品目の在庫もしっかり管理。IoT・AIによる計画の自動化や、ERPパッケージとの連携も可能です。

GLOVIA smart PRONES 個別生産(グロービア スマート プロネス)

  • 生産形態の混在管理が可能
  • 製番とMRPの混在が可能
  • 管理の一元化ができているので使い勝手が良い

GLOVIA smart PRONES 個別生産は、”生産形態のハイブリッド”と”製造方式のハイブリッド”という、2つのハイブリッドを実現しているシステムです。個別生産を基本とする製造業の方が使い勝手よくご利用できる特長のひとつが、この「2つのハイブリッド」です。このハイブリットがあるからこそ、生産効率が上がったり、人件費の削減を実現したりできます。オプションもあるので機能拡大も容易にできます。

SPENCER(スペンサー)

  • 調達から生産、物流に至るすべての計画や実行を一括管理
  • エクセルと同じような操作感
  • リアルタイムな在庫量の把握

SPENCERは、製造業に必須の生産計画機能、生産実績管理機能を網羅しています。生産に関わるすべての情報を管理することができるので作業の効率化につながるシステムです。生産計画システムを利用している企業、生産実績管理システムを利用している企業は、生産計画機能・生産実績管理機能をコンポーネント単位でご利用できるので、生産管理移管することはすべて一括管理になるので多くの手間を省くことになってくれます。

Production Master(プロダクション マスター)

  • 工場力・現場力を引き出す
  • 部品表を統合し一元的に管理
  • 情報のリアルタイム共有

Production Masterは、数多くの生産管理システムを構築した今までの実績から、見込生産型、個別受注型のほか多くの生産形態に対応した生産管理システムです。そして経営課題解決の中で培ったノウハウと最新技術を投入し、「工場力・現場力を引き出す」ことを目的として作られた統合ERP生産管理パッケージです。さらには『リアルタイム統合部品表』の採用で、『モノづくり』に関わるすべての情報をリアルタイムに共有、可視化し迅速かつ適切な経営課題解決をサポートすることができます。

TPiCS-X(ティーピクス-エックス)

  • 速く、安く、需要変動にレスポンス良い
  • 安定した生産ができる
  • 顧客本位の物作りをしている

TPiCS-Xは前向きな考え方による物作りを実現しながら、生産性を上げていくシステムです。できない理由を考えるのではなく、解決する方法を考える物作り、そのためには顧客本位の物作り、製造業として生き残るための物作りが必要になってきます。それを実現するだけではなく、完全パッケージなので安価で生産性を上げていくことができるようなシステムとなっています。

Kit3(キットスリー)

  • 低コスト・短納期で導入できる
  • 自社業務に合った使いやすいシステム
  • 業界独自機能が充実

Kit3は、長年培ってきた、販売管理/生産管理の業務ノウハウを洗練・集約した部品です。 「新規独自開発するオーダーメイドでは、価格も適用期間も見合わない」、「市販パッケージでは使い勝手が悪い」といった課題をクリアすることができます。部品はすべて、システム構造化(整理)されていますので、業務にフィットしたシステムを「短期間」かつ「低コスト」で導入することができます。

FlexProcess(フレックスプロセス)

  • 中国現地での事業拡大を可能にする
  • 在庫水準を低減
  • 品質を保証

FlexProcessは、プロセス産業(食品・素材・化学など)向けのERPソリューションです。特に生産管理・在庫管理原価管理に強みを持ち、副産物・連産品・リサイクルなど、プロセス産業特有の複雑な生産工程をシステムで管理可能とすることで、現場の可視化を実現し、迅速な課題解決をご支援することができるシステムを扱っています。そして国内・海外で370社以上の導入実績を誇っています。

W-POP(ダブリューポップ)

  • 品質解析の実現
  • 工程内異常の即時の把握
  • 工程内における問題に対するメンバー間の共有

W-POPは、製造時点情報(POP)を簡単に構築できるパッケージです。タブレットやハンディターミナルで情報を収集し、紙で管理されている工程をすぐにペーパーレス化することができます。W-POPの導入により工程の現状を知ることができ、QCDの向上に役立つ対応が的確に行えます。そして問題に対して、多くの方が情報を知るように共有をすることができます。

Business-Template(ビジネス-テンプレート)

  • 即、システムとして稼働できる
  • システム開発に必要な「システム基盤」
  • プロトタイプとして活用

Business-Templateは、システムに必要な汎用機能が実装されているGeneXus専用のアプリケーション・コア・パッケージ商品です。高生産性と操作性両面の視点からGeneXusによる開発を支援してくれるので、高性能にすると操作性が今まで落ちてしまったという経験がある方でも、そんな不安を考えることなく導入していくことができます。

AMMIC/NetP(アミック/ネットピー)

  • 複数工場の購買・製造・搬送を1つのシステムで管理可能
  • フルペギング
  • 超高速MRPエンジン搭載

AMMIC/NetPは、ディスクリート、プロセス系などあらゆる製造形態に対応したERP。日本の製造業が育てた生産管理パッケージ。 これまでパッケージ適用をあきらめていたユーザーも納得の柔軟なシステムです。生産、原価管理に強いシステムなので経費の削減にもしっかりとつながり経営戦略にも使っていくことができるシステムとなっています。

ERP mini(ミニ)

  • 受注管理、発注管理、在庫管理の一連業務のシステム化に特化
  • 柔軟なカスタマイズも可能
  • 安心・安全の日本国産サービス基盤

ERP miniは、中国での運用に特化した、販売管理システムです。海外展開を目指している、その中でも中国での運用をしたいといった方にはもってこいのシステムです。システム立上げのノウハウを、サイボウズ社の業務システム基盤、kintoneにのせて、システム提供をしています。クラウドで動くので高価なサーバなどはいりません。海外に拠点を置いたりするち高価になりそうだと思いがちですがそんなことはないです。

Infor SyteLine(インフォア サイトライン)

  • 案件の顛末管理(営業活動から保守まで)を実現
  • リアルタイムな原価管理を実現リアルタイムな原価管理を実現
  • マルチサイト機能による柔軟なシステム運用

Infor SyteLineは、日本語、英語、中国語を含む20言語以上に対応しており、使用取引通貨数にも制限がありません。全世界で6,000拠点以上、アジア太平洋地域で1,400拠点以上の導入実績があります。
また、見込生産(MTS)や受注組立生産(ATO)といった代表的な生産形態のほか、受注組立生産(ATO)と個別受注生産(ETO)との混合型(ハイブリッド)生産などにも対応しており、企業の生産プロセスに柔軟に対応しています。

Smart生産管理システム

  • マルチ言語に対応
  • システム導入や拠点展開も迅速に行うことができる
  • 通貨の追加が可能で、多通貨に対応

Smart生産管理システムは、受発注・生産計画・実績・在庫・売掛・買掛をサポートするWebシステムです。生産管理システムでは、『機械・部品・製造業』を主なユーザーとして、ご利用している方が多いシステムです。そして海外進出を考えている方々にはとても使いやすいシステムになっており、通過の問題だったり、拠点の移動であったりといった問題をすぐにクリアにしてくれます。

製造業向け基幹業務パッケージ

生産スケジューラFLEXSCHE‎(フレクシェ)

  • 安心のサポート体制
  • 成長のための柔軟性
  • 直感的な操作

生産スケジューラFLEXSCHE‎は、複数の生産計画担当者による協調立案やデータメンテナンス、周辺システムとのリアルタイムな連携など、生産スケジューラの仕組みと情報を多数の人々が共有ことを可能にします。さらには、多様な製造業のニーズに適応するための柔軟性、使い続けるための使いやすさ、これらを高いレベルで両立したしています。

生産管理システム導入で失敗しない方法

これまで述べてきたような生産管理業務を管理する役割を担っているのが生産管理システムです。 しかし、実際に企業がこういった管理システムを導入しようとすると、思わぬところで問題が生じる場合があります。生産管理を上手に行うためにも、まず管理システム導入で失敗しない方法を理解しなければなりません。以下ではそのポイントを解説します。

システム導入の目的は明確に!

さきほどのとおり、生産管理とは、製造業の中心の一連の流れを無駄がないように管理することです。そのために企業の運営プロセスのさまざまな面を改善しなければなりません。
そして、社内スタッフや場合によっては取引先などの関わる人々が大きくなります。

その人々に、一方的にシステムを導入しても現場は混乱してしまいます。ですから、まずは「何のために導入するのか?」といった目的を明確にしましょう!

自社に合ったサービスを導入する

伸び盛りの中小企業において、経営陣は顧客ニーズには敏感に反応する一方で社内ニーズには鈍感になりがちです。実際に導入するときは、「生産現場が抱えている問題は何か?」ということを明らかにすべきです。

ここで出てきた問題を解決できるシステムを現場と相談しつつ慎重に選ぶと良いでしょう。機能の豊富さや低コストを理由にサービスを導入しても、後から使いづらければ困ってしまいます。

経営層や、管理者にも協力を頼む

いわゆる零才企業や比較的規模の小さい中小企業では、マーケティングの担当者や生産管理の責任者が経営者自身であることが多いので、生産管理システムも企業トップが導入を決めるケースがほとんどでしょう。

ですが、もし生産管理部門の責任者が経営者とは別ならば、事前に経営層に協力を頼むことが、導入をスムーズに進めるための秘訣となります。

生産部門と管理部門の連携は必ずしも上手に進むとは限りません。各部門との連携を進めるためにもトップダウンでプロジェクトが進む経営層の協力が必要です。

選ぶべきはオンプレミス?それともクラウド?

最後にオンプレミス型の生産管理システムとクラウド型のものとの違いについてみてみましょう。

これまでほとんどの管理システムはオンプレミスがほとんどでしたが、近年はクラウド型を導入する企業が増えています。現在サービスの導入を検討しているシステム担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

やはり注目すべきは初期費用とランニングコスト

もっともわかりやすいのは初期費用とランニングコストでしょう。オンプレミス型は初めに費用をまとめて払うため、どうしても初期費用が高くなってしまいます。契約期間を気にすることなく使い続けることができますし、情報漏えいなどの観点からも安心して運用していくことができます。

一方、クラウド型の特徴は初期費用を圧倒的に安く抑えられる点と、システムのバージョンアップの際も原則として追加費用が発生しないサービスが多いことです。自社運用型の場合は新しいバージョンで追加された機能が必要になったとしても、追加で費用を払わなければならないことがほとんどでしょう。

ですが、クラウド型の場合は提供会社が勝手にアップデートしてくれるケースも多いため、システム担当者に余計な負担がかかることもありません。また、万が一システムに障害が発生した場合も、提供企業側が対応してくれます。 こういった点を考慮しつつ、クラウド型にかかる月額料金が適正なものかどうかを見極めましょう!

オンプレミスはカスタマイズが強み?

クラウド型は導入の際に自社用カスタマイズに応じられないケースも多いですが、オンプレミス型は導入時にある程度カスタマイズが可能です。費用面で見ればクラウド型に軍配が上がるシステムが多いですが、その後の使い勝手もしっかりと考慮しなければなりません。安さや導入のしやすさばかり考えては結果的に費用がかさむことがあります。

セキュリティ面は特に慎重に

そして特にクラウド型の導入を検討する際にしっかりと考慮しなければならないのが、セキュリティです。情報の漏えいに関しては多くの企業のシステム担当者が非常に気にすることで、たとえクラウド型のセキュリティが最近強固になっていても、企業の担当者としては神経質になるのは当然でしょう。そのような面では完全自社運用型であるオンプレミスの方が信頼を置けるかもしれません。

自社に合った生産管理システムで効率化しよう!

生産管理に関する初歩的な説明から具体的な管理システムの比較までみてきましたが、いかがでしたでしょうか?企業の根幹を支えるシステムが生産管理ですから、担当者はじっくりと時間をかけて最適なものを選択しなければいけません。そのためには生産管理の各工程をよく理解し、全体的な視点から判断をする必要があります。特に現場担当者との話し合いが重要です。

そして本記事で挙げたサービスで気になるものがあれば、ぜひ提供企業に問い合わせをしてみましょう。あなたの企業にとって最良のシステムを見つけましょう!

関連記事

生産管理&在庫管理のソフトを紹介

在庫管理・生産管理を33コ集めて料金と機能を比較してみた【EC初心者の方へ】 | ボクシルマガジン
EC初心者の方必見!在庫管理・生産管理システムの導入でお困りではないですか?今回、在庫管理・生産管理システムを33...

無料の生産管理ソフトを紹介

生産・在庫管理ソフト「いずみ生産管理システム」が凄すぎる!【無料】 | ボクシルマガジン
無料でダウンロードできる生産管理ソフトをお探しですか?今回、「いずみ生産管理システム」がすごすぎるので紹介してみま...

在庫管理ソフトをお探しの方はこちら

在庫管理アプリおすすめ比較 | メリット・特徴【iPhone/Android】 | ボクシルマガジン
在庫管理アプリのおすすめ・メリット・特徴を解説!「在庫管理をエクセルで管理するのが大変」「導入コストは高いのかな?...

新しく製造業に取り組む方はこちら

QCDとは?製造業の生産管理でなぜ重要なのか - ビジネス用語解説 | ボクシルマガジン
製造業において必要最低限な知識の中に「生産管理のQCD」と呼ばれるものがります。Quallity・Cost・Del...

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
生産管理システム
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事