生産管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

生産管理システム比較おすすめ23選!クラウド・パッケージの紹介と選び方

最終更新日:(記事の情報は現在から236日前のものです)
【2024年最新】おすすめシステムの生産管理システムを、クラウド、パッケージ/オンプレミス、中小企業向け、海外展開向けのタイプ別に比較して紹介します。生産管理システムとは、製造業の原料の購入や生産の計画を管理するシステムです。生産管理システムの機能や選び方、メリット、活用法についても解説しています。

おすすめシステムの生産管理システムを、「クラウドシステム」「パッケージ/オンプレミスシステム」「中小企業向けシステム」「海外展開向けシステム」のタイプ別に比較して紹介します。

本記事で掲載している生産管理システムや、紹介しきれなかった生産管理システムの機能・価格をさらに詳しく比較したい方はこちらから確認できます。ぜひシステム選定の参考にしてみてください。

生産管理システムとは

生産管理システムとは、製造業の原料の購入や生産の計画を管理するシステムです。生産する際の工数を見える化するほか、生産や出荷の適切な量を分析によって予測・反映します。

生産管理にて管理しなければならない項目には、次のものがあります。

  • 生産計画
  • 原材料や資材の購買
  • 生産工程
  • 過不足を出さない在庫
  • 不良品を出さない品質
  • 原価
  • 納期

生産管理部門の役割は、必要なものを必要な数量、必要なときに納品できるように管理することです。製造業では、生産管理は必須であり、その業務プロセスをどう効率化していくかが重要になります。

生産管理システムの機能

生産管理システムの機能は、製造業において原材料や資材の調達・生産製造・出荷までの工程を管理することです。機能を細分化していくと「計画」「進捗状況把握と管理」「結果の分析」の3工程に分かれています。それぞれについて詳しくみていきましょう。

生産や出荷の計画

生産管理における計画とは、顧客に納期どおりに納品するため、あるいは市場で品切れにならないために生産する期間と量をきめる作業です。そのために、受注量や販売見込み量を整理し計画します。なお、販売量を決めるために必要な需要予測も作業に含まれる場合があります。

具体的には、次のとおりです。

購買計画

  • 原材料や資材の選定と見積もり
  • 仕入先の選定と価格交渉
  • 安全在庫の量の決定 

生産計画

  • 工程計画(作業員の割り当て)
  • 生産能力の把握
  • 販売先や製品種による優先順位の決定 

出荷計画

  • 出荷のための輸送業者選定
  • 出荷日の計画

作業工程を管理

作業の進捗状況把握は、購買部門から製造、出荷に至るまでの各部門が、計画どおりに進んでいるかを把握するための作業です。進んでいない場合は適切な措置をとって是正したり、改善したりすることで、業務プロセスの効率化を目指します。

具体的には、次のような工程を行います。

購買管理

  • 原材料や機材の仕入れ先からの納期の管理
  • 調達した原材料や機材の品質管理
  • 原材料が常に必要な量確保できているかの在庫管理 

生産管理

  • 作業工程の進捗管理
  • 品質管理
  • 在庫管理(ロットトレース管理)

出荷管理

  • 出荷フローの管理
  • 出荷指示に従った出荷ができているかの管理
  • 倉庫管理

結果分析

結果分析は、計画どおりに生産できたかを検証し、問題がある場合は原因を特定し解決策を探る業務です。この検証から外注する必要の有無、設備投資または設備の遊休、作業員の補充、コスト削減などを見極め生産計画に反映させます。

主に次のポイントを検証します。

購買の結果分析

  • 原材料仕入先のパフォーマンス(納期や価格設定)
  • 予算どおりの調達ができたか

生産の結果分析

  • 計画どおりに作業できたか
  • 不良品発生率
  • 計画どおりのコストで生産できたか
  • 作業員のパフォーマンス

出荷の結果分析

  • 常に在庫が適正量にあるかどうか
  • 納期どおりに生産できたかどうか


生産管理システムの機能は多岐に渡り、また、経営に関わる重要な機能であると言えます。生産管理には、適正な計画と、状況把握、分析を行いPDCAを回すスキルが求められます。

生産管理システムの活用法(生産方式別)

生産方式には大きく分けて4種類あります。それぞれの生産方式によって注意して管理すべきポイントが異なるので、確認しておきましょう。

ライン生産方式

ライン生産方式は、製品を組み立てながら製造するもので、ベルトコンベアによる流れ作業になります。

生産管理においては、製造する製品の数を中心とした全体の流れを管理する必要があります。流れのどこかで不具合が生じるとすべてがストップしてしまうからです。また、あるステップでの品質の低下が次のステップの品質低下にもつながり、最終的には不良品となりうるため、品質管理が重要です。

セル生産方式

セル生産方式は、ライン生産方式のような流れ作業ではなく、一人または複数の作業者が最初から最後まですべての作業を行う方式です。この場合は製造する製品の数ではなく、納期や生産量に応じて作業員の数を管理する必要があります。

ロット式生産方式

ロット式生産方式は、製造する製品の種類が多い場合、複数の種類の製品を並行して製造するのではなく、一定数量の製品を順番に生産していくものです。少ない作業員や機材をうまく回していく必要があるので、使う機材や作業員の計画や、一度にどれだけの量を生産しておくかの計画が重要となります。

個別生産方式

個別生産方式は、注文に応じて生産する、オーダーメイドの生産方式です。いつどのくらいの注文が入るかがわからないため、フレキシブルに対応できる生産計画と管理が必要です。

また受けた注文の確実な納期をすぐに顧客へ伝えられるように、現在の全体の生産状況を正確に把握しておく必要もあります。

生産管理システムの選び方

生産管理システムを選ぶ際は、次の流れで確認しましょう。

  • 生産管理システムの導入目的を確認する
  • 生産管理システムの機能を確認する
  • 生産管理システムを導入する際の注意点を確認する
  • 生産管理システムの料金・価格相場を確認する

生産管理システムの導入目的を確認する

生産管理システムの導入を検討する際は、まず導入目的を明確にしましょう。主な導入目的は次のとおりです。

導入目的 詳細
生産計画や工場の作業管理を効率化したい 生産管理に特化した生産管理システムがおすすめ
見込生産・受注生産も管理したい ハイブリッド生産方式対応の生産管理システムがおすすめ
販売管理や会計管理も行いたい 生産管理を含む製造業向けERPパッケージがおすすめ
低コストで生産管理を行いたい クラウド型や中小企業向け生産管理システムがおすすめ

生産管理システムの機能を確認する

生産管理システムでできること、利用できる機能は次のとおりです。上記の導入目的・課題をどのように解決できるか記載しているため、必要な機能を洗い出しましょう。

【基本的な機能】

機能 詳細
生産計画 製品の受注量や販売見込み量を整理して、生産する期間と量をスケジューリングする
受注管理 受注件数や受注金額などを管理する
販売管理 製品の受注から出荷・請求・売上まで一括管理する
購買管理 製品の製造に必要な原材料や機材の購入や支払いを管理する
製造管理 製造作業工程の進捗や品質を管理する
ロットトレース 品質管理のために、ロット番号を記録して出荷・製品・材料・部品情報を追跡する
出荷管理 出荷指示に従った出荷ができているか管理する

【特定の課題・用途・業界に特化した機能】

機能 詳細
MRP 資材管理で生産を計画する機能
BOM機能 製品を製造するために必要な部品情報を一覧に表示する機能
フルペギング 部品から中間製品、最終製品オーダーまでを紐づけする機能
ハンディターミナル ハンディターミナルと連携して在庫管理・品質管理・出荷管理を効率化できる機能
プロセス系生産管理 素材・石油・化学製品などのプロセス系製造の生産管理に対応

生産計画を効率化したい場合は、生産スケジューラ機能をはじめ生産計画に強みのある生産管理システムがよいでしょう。製品の品質管理を重視したい場合は、ロットトレースやBOM機能のある生産管理システムを検討しましょう。

製品の出荷を効率化したい場合は、出荷管理機能やハンディターミナル対応のシステムがおすすめです。

生産管理システムを導入する際の注意点を確認する

生産管理システムを導入する際、失敗しないために次の項目も確認しておきましょう。

確認事項 詳細
生産方式対応 自社のすべての生産方式に対応できるシステムかを必ず確認してください。
多言語・多通貨対応 海外の製造拠点や工場を生産管理したい場合には必須です。
マルチサイト対応 複数工場の生産管理を行いたい場合は確認しましょう。
カスタマイズ 独自の生産方式や機能をカスタマイズ可能か、料金も含めて問い合わせましょう。
サポート体制 工場の稼働時間に対応したサポートが可能か確認しておきましょう。
システム連携 EDIや会計システムと連携できると、さらに業務効率化できます。

生産管理システムの料金・価格相場を確認する

生産管理システムの料金は、クラウドタイプかパッケージまたはオンプレミスタイプで異なります。必要な機能と要件が搭載されているシステムの料金を確認しましょう。

おすすめの生産管理システム比較【クラウド】

おすすめのクラウド生産管理システムを比較紹介します。

スマートF - 株式会社ネクスタ

スマートF
スマートF
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 機能単位での導入に対応
  • 外注先や海外工場など多拠点の工程別進捗をリアルタイム管理
  • バーコードによるシステム入力でミス削減

スマートFは、食品製造、成形品関連、金属加工、化粧品関連業界などで導入実績のある、製造業向け生産管理クラウドシステムです。

在庫管理や受発注管理、部材在庫パックなど、機能単位やパックでの導入が可能です。導入コンサル付きで、実際に現場で活用できるか試せるトライアル導入にも対応してくれます。

スマートマットクラウド - 株式会社スマートショッピング

スマートマットクラウド
スマートマットクラウド
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • IoT重量計スマートマットで実在庫をリアルタイム計測
  • 配合表や部品表をもとに、異なる種類や数量の使用をお知らせ
  • 原料や仕掛品、完成品の重量変化をもとに生産計画とのズレも早期発見

スマートマットクラウドは、取って置くの動作をもとに在庫計測や発注などを自動化できる在庫管理システムです。細かな部品や液体、粉体などの商材を専用マットに置くだけで、どこに何が、どれだけあるのかをリアルタイムで管理できます。

配合表や部品表と異なる種類や数量を取るといった人的ミスを重量から判定できるほか、エラーが発生する工程や場所の特定といった、生産オペレーションの改善にも役立ちます。生産進捗もリアルタイムで把握でき、原料や副資材の過剰在庫、欠品も防止可能です。

A's Style - 株式会社ケーエムケーワールド

  • 製造業の販売・購買・生産・在庫・原価を一元管理
  • 外部取引先やグループ企業との共同利用が可能
  • マルチプラットフォーム、多言語・多通貨に対応

A's Style(アズスタイル)は、業務機能やパーツを業務に合わせ組み合わせられるセミオーダー型のクラウド生産管理システムです。見込生産と受注生産混在型や大量生産など、さまざまな生産形態に対応できます。

タブレットやBeaconでの実績収集により、生産計画と実績の差異もリアルタイムに確認可能。また、AI-OCRとRPAを搭載しており、紙やFAX伝票の自動取り込みにも対応しています。

  • 製造業向けクラウド生産管理システム
  • 特定業種向けの各種生産管理システムを用意
  • カスタマイズやアドオンにも対応

FutureStage クラウド型ソリューションは、日立システムズが提供する、製造業・卸売業向けのFutureStage7製品において提供するクラウドサービスです。製造業向け生産管理システムのほか、金属加工業向け生産管理システム、自動車部品業向け生産管理システム、一般機械製造業向け生産管理システムを用意。見込み生産、受注生産、個別受注生産などの生産形態にハイブリッドで対応します。導入型と同様の機能を備えた高機能なクラウド型ソリューションにより、短期間・低コストでのシステム導入が可能です。

SPENCER

  • クラウド/オンプレミス対応の生産管理パッケージ
  • 調達から生産、物流に至るすべての計画や実行を一括管理
  • Excelと同じような操作感

SPENCER(スペンサー)は、セイノー情報サービスが提供する生産管理パッケージです。需要予測を含む生産計画・生産実績(MES)・原価管理の3つを軸に、長年物流で培った在庫管理ノウハウにより、サプライチェーン全体を可視化します。コンポーネント単位の利用で、必要最低限の機能を組み合わせて導入可能。99.99%の稼働率を誇るクラウド環境で使用できます。

※出典:セイノー情報サービス「生産管理 SPENCER - セイノー情報サービス|SPENCER」(2024年2月19日閲覧)

  • サブスクリプションモデルで導入コスト削減
  • ノーコードとローコードを使ったカスタマイズ
  • 多言語・多通貨対応

Cloud2Mfg(クラウドツーエムエフジー)は、株式会社Cloud2worksが提供するクラウド生産管理システムです。受注生産、見込み生産に対応し、トレーサビリティや多言語、多通貨にも対応しています。生産管理のほか、標準モジュールとして、受注管理・出荷管理・購買管理・在庫管理・原価計算機能を搭載。カスタマイズ機能や経営分析機能もあります。

おすすめの生産管理システム比較【パッケージ/オンプレミス】

生産管理パッケージおよびオンプレミス生産管理システムのおすすめを比較紹介します。

GLOVIA iZ 生産 PRONES GX

  • 生産形態の混在管理が可能な生産管理パッケージ
  • 製番とMRPの混在が可能
  • 管理の一元化により使い勝手がよい

GLOVIA iZ 生産 PRONES GXは、富士通Japanが提供する、多くの運用形態を想定して適用できる生産管理パッケージシステムです。多言語対応やカスタマイズが豊富など、企業特有のシステムに対応しやすいのが特徴。分析機能が強いのも大規模での利用に適しています。

iDempiere - 株式会社ネオシステム

iDempiere
iDempiere
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 低コスト経営ができるOSSのERPパッケージ
  • クラウド環境でも利用可能
  • 多言語、多通貨対応のグローバルシステム

iDempiere(アイデンピエレ)は、低コストで導入可能なオープンソースのERPパッケージです。生産管理や販売管理のほか、在庫・購買・顧客・会計管理の機能を標準搭載。生産管理には、標準機能として組み込まれている「Manufacturing Lite」と、プラグインとして提供されている「Lebero Manufacturing」の2つが利用できます。

オープンソースのためライセンス費用は無料で、サポートを加味しても低価格で導入できます。世界中で利用されており、プラグイン構造の拡張性・開発の柔軟性も高く、企業に合わせてカスタマイズが可能です。

EXPLANNERシリーズ

EXPLANNERシリーズ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 標準機能が充実の製造業向けERPパッケージ
  • 製番管理やMRP管理の混在にも対応
  • シミュレーションデータから納期回答への活用も

EXPLANNER /J(エクスプランナー・ジェイ)は、NECネクサソリューションズが提供する製造業向けERPパッケージです。生産管理のほか、販売管理・原価管理・会計システムなど、企業の基幹業務に必要な機能を網羅しています。マルチプラントに対応し、製番管理やMRP管理の混在にも対応。オーダー別・製番別での進捗管理、シミュレーションデータによる製造納期の回答も可能です。

Factory-ONE 電脳工場MF

  • 中堅・中小製造業向け生産管理パッケージ
  • クラウド型EDI「EXtelligence EDIFAS」を標準バンドル
  • Factory-ONE 電脳工場on Cloudも提供

Factory-ONE 電脳工場MFは、株式会社エクスが開発している中堅・中小製造業向け生産管理パッケージです。MRP版、製番管理版、ハイブリッド版、販売管理ベースの4つのラインアップが用意されています。企業の体制や独自の文化を考慮したうえで、現実的に運用可能な方法を提案しているので、無理な運用につながりません。プログラムを使わずに、エンドユーザ自身で独自の管理帳票を作れる点もメリットの一つです。

R-PiCS V4

  • ハイブリッド生産方式に対応した生産管理パッケージ
  • 特急オーダーへの対応を実現するネットチェンジ計算
  • 納期回答支援機能

R-PiCS V4は、JBアドバンスト・テクノロジーが提供する、ハイブリッド生産方式に対応した生産管理パッケージシステムです。安全在庫発注点を加味した部材必要数の計算はもちろん、発注残や計画残を考慮可能。R-PiCS(アールピックス)の所要量計算は、特急オーダーのみを対象にネットチェンジ計算ができるため、特急オーダーへの柔軟な対応が可能です。どのようなオーダーが来てもしっかりと通常業務と並行しながら対応できます。

rBOM - 大興電子通信株式会社

  • 設計部品表と製造部品表の統合BOM管理が可能
  • 設計・製造・調達・保守まで網羅した幅広い業務機能
  • 設計変更、手配進捗、原価進捗などリアルタイムな情報共有

rBOMは、個別受注生産、多品種少量生産を行う企業を支援するハイブリッド販売・生産管理システムです。

受注ごとに製品仕様が異なる個別受注業務に特化しており、設計からの五月雨式出図や設計変更が多く発生する業種に最適なパッケージです。設計変更、手配進捗、原価進捗をリアルタイムで共有できるので、受注から出荷までの情報が可視化され、リードタイムの短縮やミスの削減も期待できます。

J WALD

  • オンプレミス総合生産管理システム
  • 組立系生産/プロセス系生産に対応
  • 会計システム・BIツールと連携可能

J WALD(ジェイバルト)は、株式会社シナプスイノベーションが提供する、製造業向け総合生産管理システムです。製造物が異なる工場ごとにカスタマイズを加えず、一つのシステム環境上で、多種多様な製品・ライン・工場の情報を一元管理できます。

組立系生産およびプロセス系生産に対応しているため、工程管理が複雑になりがちな、素材・石油・化学製品・電線・薬品・食品などの生産管理にもフィットします。IoT連携による入力の自動化や、会計システムやBIツールとの連携も可能です。

Hi-PerBT Kit3

  • イージーオーダー販売管理・生産管理システム
  • 業務に合致するシステムを低コスト・短納期で構築
  • EDI連携やWeb受注連携も

Hi-PerBT KIT3は、日立ソリューションズ西日本が提供する販売管理・生産管理システムです。製造から販売に至る一連のデータを一元管理し、業務分析・経営分析が可能。EDI連携やWeb受注連携など、外部との企業間取引もサポートしています。パッケージとオンプレミスの中間に位置するイージーオーダーシステムで、費用を抑えながらもカスタマイズをしたい企業におすすめです。

FlexProcess

  • NECのプロセス産業向け生産管理パッケージ
  • 詳細な在庫管理と品質情報管理
  • 品目別・工程別の製造原価の見える化

FlexProcessは、NECが提供している、プロセス産業(食品・素材・化学など)向けERP生産管理システムです。生産管理・在庫管理原価管理に強みを持つパッケージソフトで、詳細な在庫管理と品質情報管理、品目別・工程別の製造原価管理が可能。副産物・連産品・リサイクルといったプロセス産業特有の複雑な生産工程をシームレスに管理・可視化することで、迅速な課題解決を支援できるシステムです。

AMMIC

AMMIC
AMMIC
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 複数工場の購買・製造・搬送を1つのシステムで管理可能
  • 部品から中間製品、最終製品オーダーまでを紐付けするフルペギング
  • 超高速MRPエンジン搭載

AMMIC/NetPは、日本の製造業が育てた生産管理パッケージです。ディスクリート、プロセス系など多様な製造形態に対応したERPで、複数工場の購買・製造・搬送を1つのシステムで管理できます。部品から中間製品、最終製品オーダーまでを紐付けするフルペギングで表示可能。生産、原価管理に強いシステムなので、経費の削減にもしっかりとつながり、経営戦略にも効果的でしょう。

生産スケジューラFLEXSCHE‎

  • 直感的な操作の生産管理パッケージシステム
  • 多様で高度なモデリングを可能とする柔軟性
  • 安心のサポート体制

FLEXSCHE‎(フレクシェ)は、株式会社フレクシェが提供している、生産スケジューラ・生産計画パッケージソフトです。複数の生産計画担当者による協調立案やデータメンテナンス、周辺システムとのリアルタイムな連携など、生産スケジューラの仕組みと情報を多数の人々で共有可能にします。多様な製造業のニーズに適応するための柔軟性と、使い続けるための使いやすさを高いレベルで満たしているシステムです。

おすすめの生産管理システム比較【中小企業向け】

中小企業におすすめの生産管理システムを比較紹介します。

TECHS-BK - 株式会社テクノア

TECHS-BK
TECHS-BK
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 中小製造業向け生産管理パッケージソフト
  • 多品種少量型の複雑になりがちなデータを一元化
  • 受注・精算・売上まで一元管理

TECHS-BKは、多品種少量型で生産管理が難しかった中小製造業におすすめの生産管理システムです。部品加工工場のような小規模の企業でも導入しやすい強みを備えています。ハンディターミナルに対応可能なパッケージソフトです。

TPiCS-X

  • 需要変動に強い中小企業向け生産管理パッケージ
  • 少量多品種生産・個別受注生産に対応
  • 豊富なカスタム設定

TPiCSは、需要変動に柔軟に対応し、安定した生産を実現する中小企業向けの生産管理パッケージシステムです。量産繰返生産から、少量多品種生産、個別受注生産まで対応。豊富なカスタム設定が可能で、スケジューラ・生産計画調整ツール、販売管理システム、在庫管理システム、会計システムと連携可能です。日本語・英語・中国語・ベトナム語で利用できます。

TECHS-S - 株式会社テクノア

TECHS-S
TECHS-S
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 進捗・納期管理の強化と原価低減効果
  • 中小製造業の利益体質への改善と継続効果
  • 個別受注型製造業に特化

TECHS-Sは、個別受注型の機械・装置・金型業様向けに開発された、中小製造業向けの生産管理システムです。過去の類似例の原価を参照し、素早く正確な見積積算により、営業競争力の向上が図れます。生産力を上げていくだけではなく、同業他社との競争力を向上させていくことにもつながるでしょう。

おすすめの生産管理システム比較【海外展開向け】

海外展開している企業におすすめの生産管理システムを比較紹介します。

NetSuite - Shearwater Japan

NetSuite
NetSuite
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 世界の36,000社を超える企業や組織で利用
  • グローバル製造生産管理ソフトウェア搭載
  • 海外展開に柔軟に対応

NetSuite(ネットスイート)は世界で36,000社を超える企業や組織で利用されているクラウドERPシステムです。搭載されているグローバル製造生産管理ソフトウェアを使えば、販売注文や作業命令の処理、ルーティンやスケジュール管理、受注処理や製品原価計算など、生産プロセスの各段階をリアルタイムに可視化でき、正確な情報にもとづく判断ができます。日本から海外子会社の生産業務や会計状況をリアルタイムに管理できるので、海外展開企業に最適です。

※出典:日本オラクル「クラウドERP、財務会計、CRM | NetSuite (ネットスイート)」(2023年6月14日閲覧)

NetSuite(ネットスイート)の導入事例・機能・使い方 | オラクル傘下のERP
「NetSuite(ネットスイート)」は、財務会計やCRMといった機能を持つクラウド型のERPです。2016年7月...
詳細を見る

  • オンプレミス・クラウド提供の生産管理ERPパッケージ
  • リアルタイムな原価管理を実現
  • 多言語対応・マルチサイト機能による柔軟なシステム運用

Infor SyteLine(インフォア サイトライン)は、グローバルな組立製造業向け生産管理ERPパッケージです。世界中の製造拠点で導入されており、多言語対応、使用取引通貨数にも制限がありません。見込生産(MTS)や受注組立生産(ATO)といった代表的な生産形態のほか、受注組立生産(ATO)と個別受注生産(ETO)との混合型(ハイブリッド)生産にも対応しており、企業の生産プロセスに柔軟に対応しています。

Smart生産管理システム

  • 多言語対応クラウド生産管理システム
  • システム導入や拠点展開も迅速に行える
  • 通貨の追加が可能で多通貨に対応

smart 生産管理システムは、受発注・生産計画・実績・在庫・売掛・買掛をサポートするクラウド生産管理システムです。生産管理システムでは、機械・部品・製造業を主なユーザーとしています。とくに、アジア圏への海外進出を考えている企業には使いやすいシステムで、通貨や拠点の問題をすぐにクリアにしてくれるでしょう。

生産管理システムのメリット

生産管理システムのメリットを簡単に紹介します。

余剰在庫の削減

生産管理システムを導入するうえで、一番大きなメリットは、余剰在庫の削減です。在庫は、あるだけで検品をはじめとした管理費用がかかってしまうので、極力削減することが求められます。生産管理システムを使えば、どれほどの在庫を確保すればよいのかが目に見えるので、容易に管理可能です。

売り切れの防止

余剰在庫とは反対に、売り切れも防げます。顧客企業が製品を欲しているにもかかわらず、提供できなければ、売上が落ちるのは当然です。生産管理システムはこの点も予防できます。

資金繰りの安定化

上記の2点ができることにより資金繰りが安定します。余剰在庫を少なくすることで現金を確保し、売り切れを防ぐことで売上も維持できるので、企業経営に貢献できる点もメリットです。

「BOXIL SaaS AWARD Winter 2023」の受賞サービス

BOXIL SaaS AWARD Winter 2023

「BOXIL SaaS AWARD(ボクシル サース アワード)」は、SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」が毎年3月4日を「SaaSの日(サースの日)」と定め、優れたSaaSを審査、選考、表彰するイベントです。

今回の「BOXIL SaaS AWARD Winter 2023」は、2022年10月1日から2023年9月30日までの1年間で新たに投稿された口コミ約18,000件を審査対象としており、計297サービスに、ユーザーから支持されるサービスの証としてバッジを付与しました。

Good Service 受賞サービス一覧
スマートF

【Good Service】:「BOXIL SaaS」上に投稿された口コミを対象に、各カテゴリで総得点の高いサービスに対してスマートキャンプから与えられる称号です。

口コミ項目別No.1 受賞サービス一覧
サービスの安定性No.1スマートF
機能満足度No.1スマートF
カスタマイズ性No.1スマートF
お役立ち度No.1スマートF
使いやすさNo.1スマートF

【口コミ項目別No.1】:「BOXIL SaaS」上に投稿された「口コミによるサービス評価」9項目を対象に、各カテゴリ、各項目において一定の基準を満たしたうえで、最も高い平均点を獲得したサービスに対して、スマートキャンプから与えられる称号です。

>>BOXIL SaaS AWARD Winter 2023の詳細はこちら

自社に最適な生産管理システムで効率化しよう!

生産管理システムは、製造業の根幹を支えるシステムなので、導入担当者はじっくりと時間をかけて最適なものを選択しなければいけません。そのためには、生産管理の各工程をよく理解し、全体的な視点から判断をする必要があります。選定の際には、次のポイントに注意するとよいでしょう。

  • 導入目的を明確化
  • 業務に対応しているか
  • 生産方式への対応
  • 業界・業種に対応しているか
  • コストは適切か

本記事で挙げた生産管理システムで気になるものがあれば、ぜひ提供企業に問い合わせしてみましょう。自社にとって最良のシステムを見つけましょう。

関連記事

無料の生産管理ソフトを紹介

生産・在庫管理ソフト「いずみ生産管理システム」が凄すぎる!【無料】
無料でダウンロードできる生産管理ソフトをお探しですか?今回、「いずみ生産管理システム」がすごすぎるので紹介してみま...
詳細を見る

在庫管理ソフトをお探しの方はこちら

在庫管理アプリ比較おすすめ11選 - iPhone・Android【無料あり】
企業や個人で簡単に在庫が管理できる、在庫管理アプリをボクシルが厳選・比較。iPhone・Android、タブレット...
詳細を見る

在庫管理システムを紹介

在庫管理システム比較33選!ECサイトや倉庫管理向けおすすめソフト【無料あり】
ボクシルおすすめの在庫管理システムを解説!各サービスの特徴や機能、価格を比較して紹介します。無料で使えるシステムや...
詳細を見る

新しく製造業に取り組む方はこちら

QCDとは - 品質やコストの優先順位 | 派生語QCDS・QCDSE
QCDは、Quality・Cost・Deliveryの頭文字を取ったもので、製造業において重要な3要素を表していま...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

生産管理システム選び方ガイド_20230527.pptx (1).pdf
生産管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
生産管理システムの最近更新された記事