コピー完了

記事TOP

生産管理システム比較おすすめ19選 | クラウド製品の紹介と選び方

最終更新日:
生産管理システムとは、原料の購入や生産の計画を管理するシステムです。この記事ではボクシルが厳選した生産管理システムの機能や選び方、メリット、活用法について解説します。

本記事で掲載している生産管理システムや、紹介しきれなかった生産管理システムの機能・価格をもっと詳しく比較したい方はこちらからご覧になれます。ぜひシステム選定の参考にしてみてください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
生産管理システムの資料を無料で一括DL

生産管理システムの概要およびメリット、生産管理システムについて解説します。生産管理システムの比較はこちらから記事下部にジャンプできます。

生産管理とは

生産管理とは、原料の購入や生産の計画を管理するシステムです。生産する際の工数を見える化するほか、生産や出荷の適切量を分析によって予測、反映します。

生産管理にて管理しなければならない項目には、次のものがあります。

  • 生産計画
  • 原材料や資材の購買
  • 生産工程
  • 過不足を出さない在庫
  • 不良品を出さない品質
  • 原価
  • 納期

必要なものを必要な数量、必要なときに納品できるように完成させることが生産管理部門の重要な役割であり、生産管理の目的となります。

生産管理の機能

生産管理の機能は、原材料や資材の調達から始まり、生産製造をし、出荷するまでの工程を管理することです。業務を細分化していくと「計画」「進捗状況把握と管理」「結果の分析」の3工程に分かれています。それぞれについて詳しくみていきましょう。

生産や出荷の計画

顧客に納期どおりに納品するため、あるいは市場で品切れにならないように、必要十分な量のモノを生産するために生産する期間と量をきめる作業です。

このためには、まず現在どれだけの受注量があるかや、現在どれだけの販売見込み量があるか、つまりアウトプットを確定したうえで、次のそれぞれを計画します。なお計画には販売量を決めるため、市場の需要予測をたてる作業が含まれる場合もあります。

【購買計画】

  • 原材料や資材のの選定と見積もり
  • 仕入先の選定と価格交渉
  • 安全在庫の量の決定 

【生産計画】

  • 工程計画(作業員の割り当て)
  • 生産能力の把握
  • 販売先や製品種による優先順位の決定 

【出荷計画】

  • 出荷のための輸送業者選定
  • 出荷日の計画

作業工程を管理

作業の進捗状況把握は、購買部門から製造、出荷に至るまでの各部門が計画どおりに進んでいるかを把握します。進んでいない場合は適切な処置をとって矯正したり改善したりする業務です。

購買管理

  • 原材料や機材の仕入れ先からの納期の管理
  • 調達した原材料や機材のの品質管理
  • 原材料が常に必要な量確保できているかの在庫管理 

【生産管理】

  • 作業工程の進捗管理
  • 品質管理
  • 在庫管理(生産の過不足がないか)

出荷管理

  • 出荷フローの管理
  • 出荷指示に従った出荷ができているかの管理
  • 倉庫管理

結果を分析

一連の生産活動が計画どおりにできたかどうかの結果を検証し、問題点がある場合は原因を特定して解決策を探り、継続改善につなげるための業務です。この検証から、外注する必要の有無、設備投資または設備の遊休、作業員の補充、コスト削減を見極め、生産計画に反映させます。主に次のポイントを検証します。

【購買の結果分析】

  • 原材料仕入先のパフォーマンス(納期や価格設定)
  • 予算どおりの調達ができたか

【生産の結果分析】

  • 計画どおりに作業できたか
  • 不良品発生率
  • 計画どおりのコストで生産できたか
  • 作業員のパフォーマンス 

【出荷の結果分析】

  • 常に在庫が適正量にあるかどうか
  • 納期どおりに生産できたかどうか


生産管理の業務は多岐に渡り、また、経営に関わる重要な業務であると言えます。適正な計画と、状況把握、分析を行いPDCAを回すスキルが求められます。

生産管理システムのメリット

それでは、生産管理システムのメリットを簡単に紹介していきます。生産管理を詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてみてください!

余剰在庫の削減

倉庫内で余計に保管しておく在庫を減らせます。在庫はあるだけで検品をはじめとした管理費用がかかってしまうので、極力削減することが求められます。生産管理システムを使えばどれほどの在庫を確保すればよいのかが目に見えるので、容易に管理できます。

売り切れの防止

余剰在庫とは反対に、売り切れも防げます。お客さんが商品を欲しているにも関わらず、提供できなければ売上が落ちるのは想像に難くありません。生産管理システムはこの点も予防できます。

資金繰りの安定化

上記の2点ができることにより資金繰りが安定します。余剰在庫をすくなくすることで現金を確保、売り切れを防ぐことで売上も保持できるので、経営にも強くなれます。

生産管理システムの選び方

生産管理システムの適切な選び方を解説します。導入でつまずかないよう十分に比較して検討しましょう。

導入目的を明確化

さきほどのとおり、生産管理とは、製造業の中心の一連の流れを無駄がないように管理することです。そのために企業の運営プロセスのさまざまな面を改善しなければなりません。 そして、社内スタッフや場合によっては取引先をはじめ関わる人々が多くなります。

一方的にシステムを導入しても現場は混乱してしまいます。ですから、まずは「何のために導入するのか?」といった目的を明確にしましょう!

自社に合ったサービスを導入する

伸び盛りの中小企業において、経営陣は顧客ニーズには敏感に反応する一方で社内ニーズには鈍感になりがちです。実際に導入するときは、「生産現場が抱えている問題は何か?」ということを明らかにすべきです。

ここで出てきた問題を解決できるシステムを現場と相談しつつ慎重に選ぶと良いでしょう。機能の豊富さや低コストを理由にサービスを導入しても、後から使いづらければ困ってしまいます。

経営層や、管理者にも協力を頼む

いわゆる零才企業や比較的規模の小さい中小企業では、マーケティングの担当者や生産管理の責任者が経営者自身であることが多いので、生産管理システムも企業トップが導入を決めるケースがほとんどでしょう。

ですが、もし生産管理部門の責任者が経営者とは別ならば、事前に経営層に協力を頼むことが、導入をスムーズに進めるための秘訣となります。

生産部門と管理部門の連携は必ずしも上手に進むとは限りません。各部門との連携を進めるためにもトップダウンでプロジェクトが進む経営層の協力が必要です。

生産管理システムの活用法(生産方式別)

生産方式には大きく分けて4種類あります。それぞれの生産方式により特に注意して管理すべきポイントが異なります。

ライン生産方式

製品を組み立てながら製造するもので、ベルトコンベアによる流れ作業になります。
生産管理においては、製造する製品の数を中心とした全体の流れを管理する必要があります。流れのどこかで不具合が生じるとすべてがストップしてしまうからです。またあるステップでの品質の低下が次のステップの品質低下にもつながり、不良品の発生すると取り返しがつかないため、品質管理が重要です。

セル生産方式

ライン生産方式のような流れ作業ではなく、一人または複数の作業者が最初から最後まですべての作業を行う方式です。この場合は製造する製品の数ではなく、納期や生産量に応じて作業員の数を管理する必要があります。

ロット式生産方式

製造する製品の種類が多い場合、複数の種類の製品を並行して製造するのではなく、一定数量の製品を順番に生産していくものです。少ない作業員や機材をうまく回していく必要がありますから、使う機材や作業員の計画や、一度にどれだけの量を生産しておくかの計画が重要となります。

個別生産方式

注文に応じて生産する、オーダーメードの生産方式です。
いつどのくらいの注文が入るかがわからないため、フレキシブルに対応できる生産計画と管理が必要です。また受けた注文の確実な納期をすぐに顧客に伝えられるように、現在の全体の生産状況を正確に把握しておく必要もあります。

生産管理システム比較22選

それではそんな生産管理システムを見ていきましょう。おすすめのシステムやクラウドで利用できるシステムを紹介します。

rBOM - 大興電子通信株式会社

rBOM - 大興電子通信株式会社 画像出典:rBOM公式サイト

  • 設計部品表と製造部品表の統合管理が可能
  • 設計・製造・調達・保守まで網羅した幅広い業務機能
  • 設計変更、手配進捗、原価進捗などリアルタイムな情報共有

rBOMは、個別受注生産、多品種少量生産を行う企業を支援するハイブリッド販売・生産管理システムです。統合BOM(部品表)としては国内でトップクラスのシェアを誇ります。受注ごとに製品仕様が異なる個別受注業務に特化しており、設計からの五月雨出図や設計変更が多く発生する業種に最適なパッケージです。設計変更、手配進捗、原価進捗をリアルタイムで共有できるので、受注から出荷までの情報が可視化され、リードタイムの短縮やミスの削減も期待できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
rBOMの資料を無料DL

NetSuite - Shearwater Japan

NetSuite - Shearwater Japan 画像出典:NetSuite公式サイト

  • 世界中の30,000を超える企業や組織で利用
  • 主要な業務アプリケーションを単一のシステムで提供
  • 海外展開に柔軟に対応

NetSuite(ネットスイート)は世界中の30,000を超える企業や組織で利用されている世界最大級のERPシステムです。
ERP/財務会計および顧客管理、eコマースなどビジネスソフトソフトウェアをまとめて利用できます。
また、分析機能も標準装備しており、ダッシュボードやレポートを通じてビジネスの状況をすぐに判断・確認できます。
日本から海外複数子会社の基幹・会計状況をリアルタイムに管理できるので、海外展開に非常に有利です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NetSuiteの資料を無料DL

iDempiere(販売管理)

  • 低コスト経営ができるERP
  • 必要な機能を標準装備
  • 多言語、多通貨対応のグローバルシステム

iDempiere(アイデンピエレ)は、低コストで導入可能なオープンソースのERPパッケージです。企業経営に必要な、販売・在庫・購買・顧客・会計管理まですべての機能を標準搭載しています。また、「在庫管理」だけ利用したいという場合にも、機能を部分的に使うことも可能です。オープンソースのためライセンス費用は無料になり、他のERP・基幹システム製品と比較して非常に安く導入できるのもポイントです。世界中で利用されており、プラグイン構造の拡張性・開発の柔軟性も高く企業に合わせてカスタマイズ実装が可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
iDempiere(販売管理)の資料を無料DL

TECHS-S - 株式会社テクノア

TECHS-S - 株式会社テクノア

  • 進捗・納期管理の強化と原価低減効果
  • 利益体質(会社の品質)への改善と継続効果
  • 個別受注型製造業に特化

TECHS-Sは、個別受注型の機械・装置・金型業様向けに開発された、 中小中堅企業のための生産管理システムです。 過去の類似例の原価を参照し、素早く正確な見積積算により、営業競争力の向上が図れて、生産力を上げていくだけではなく、同業他社との競争力を向上させていくことも可能とします。これも情報が見える化され、共有されているからこそできることとなっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
TECHS-Sの資料を無料DL

TECHS-BK

  • 利益体質企業への一歩となる
  • データを一元
  • 出荷実績という信頼感

TECHS-BKは、利益体質企業になるためのノウハウと道具があります。ノウハウと道具を使用することで利益体質企業に変革を遂げられます。生産管理システムTECHSシリーズは道具のひとつであり、 ご導入いただきました全国2,900社以上の実績があります。実績や安心感があるので、利益体質企業への変革を求めているのであればおすすめです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
TECHS-BKの資料を無料DL

GoQsystem - 有限会社アイティーキューブ

GoQsystem(ごくーシステム)- 有限会社アイティーキューブ

  • 通販業務の一元管理
  • 販促に使える時間を増やす
  • 20日間のお試し期間

GoQSystemは、楽天・YahooショップなどECモール向けの受注管理システムです。受注管理システムでありながら、商品管理や売上管理、物流管理まで行えるので、在庫管理・生産管理に近いシステムとして導入できるでしょう。料金は15,000円からの定額制で、機能を追加していくごとに加算される料金システムになっています。最短3か月からの利用や、簡単なシステム導入とあわせてみても中小の企業に特におすすめのシステムです。もちろん、大企業でも問題なく利用できます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
GoQsystemの資料を無料DL

R-PiCS V4 - JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

R-PiCS V4 - JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

  • きめの細かい所要量計算
  • 特急オーダーへの対応を実現するネットチェンジ計算
  • 納期回答支援機能

R-PiCS V4は、安全在庫発注点を加味した部材必要数の計算はもちろん、発注残や計画残(仕掛残)を考慮できます。R-PiCSの所要量計算は特急オーダーのみを対象にネットチェンジ計算が可能なため特急オーダーへの柔軟な対応が可能となります。そのためどのようなオーダーが来てもしっかりと通常業務と並行しながら業務ができます。

FutureStage - 株式会社日立システムズ

FutureStage(フューチャーステージ) - 株式会社日立システムズ

  • 手軽な生産管理システム
  • 簡易MRPで手配を自動作成できる
  • 部品登録なしで運用できる

FutureStageは、短期間&手軽に利用できる生産管理システムです。 機能がコンパクトなので手軽で低価格です。製造業の主要な生産形態向けのモデル(個別受注生産管理システム、繰返し生産管理システム、ハイブリッド生産管理システムなど)から、ユーザーの業態に合ったモデルを選びます。製造業に特化しているので製造業であればおすすめです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
FutureStageの資料を無料DL

Factory-ONE 電脳工場MF - 株式会社エクス

Factory-ONE 電脳工場MF(ファクトリー-ワン) - 株式会社エクス

  • オープンなシステムでエンドユーザコンピューティングを実現
  • EXPLANNER/Ai会計とデータ連携
  • 業種・業態に広く対応する製品のラインナップ

Factory-ONE 電脳工場MFは、市場環境の変化に伴い生産形態の変更に対応するため、管理手法の異なる3つのサーバーモジュール、4つの製品が用意されています。さらには企業の体制や独自の文化を考慮したうえで、現実的に運用可能な方法を提案しているので、無理な運用になりません。 プログラムを使わずに、エンドユーザ自身で独自の管理帳票を作れる点もメリットの一つです。

J WALD - 株式会社シナプスイノベーション

J WALD - 株式会社シナプスイノベーション

  • 「プロセス系生産」業務までカバー
  • だれが見ても正確な情報がみられる
  • 高いコスト競争力

J WALDは、Connected Industries・インダストリー4.0といった「工場のスマートファクトリー化」を推進する生産管理システムです。

組立系生産およびプロセス系生産に対応しているため、工程管理が複雑になりがちな、素材・石油・化学製品・電線・薬品・食品などのプロセス系生産にもフィットします。在庫管理機能により多様な品目の在庫もしっかり管理。IoT・AIによる計画の自動化や、ERPパッケージとの連携も可能です。

GLOVIA smart PRONES 個別生産 - 富士通株式会社

GLOVIA smart PRONES 個別生産(グロービア スマート プロネス) - 富士通株式会社

  • 生産形態の混在管理が可能
  • 製番とMRPの混在が可能
  • 管理の一元化ができているので使い勝手が良い

GLOVIA smart PRONES 個別生産は、”生産形態のハイブリッド”と”製造方式のハイブリッド”という、2つのハイブリッドを実現しているシステムです。個別生産を基本とする製造業の方が使い勝手よくご利用できる特長のひとつが、この「2つのハイブリッド」です。このハイブリットがあるからこそ、生産効率が上がったり、人件費の削減を実現したりできます。オプションもあるので機能拡大も容易にできます。

SPENCER - 株式会社 セイノー情報サービス

SPENCER(スペンサー) - 株式会社 セイノー情報サービス

  • 調達から生産、物流に至るすべての計画や実行を一括管理
  • エクセルと同じような操作感
  • リアルタイムな在庫量の把握

SPENCERは、製造業に必須の生産計画機能、生産実績管理機能を網羅しています。生産に関わるすべての情報を管理できるので作業の効率化につながるシステムです。生産計画システムを利用している企業、生産実績管理システムを利用している企業は、生産計画機能・生産実績管理機能をコンポーネント単位でご利用できるので、生産管理移管することはすべて一括管理になるので多くの手間を省くことになってくれます。

TPiCS-X - 株式会社ティーピクス研究所

TPiCS-X(ティーピクス-エックス) - 株式会社ティーピクス研究所

  • 速く、安く、需要変動にレスポンス良い
  • 安定した生産ができる
  • 顧客本位の物作りをしている

TPiCS-Xは前向きな考え方による物作りを実現しながら、生産性を上げていくシステムです。できない理由を考えるのではなく、解決する方法を考える物作り、顧客本位の物作り、製造業として生き残るための物作りが必要になってきます。それを実現するだけではなく、完全パッケージなのでコストをかけずに導入できます。

Kit3 - 株式会社日立ソリューションズ西日本

Kit3(キットスリー) - 株式会社日立ソリューションズ西日本

  • 低コスト・短納期で導入できる
  • 自社業務に合った使いやすいシステム
  • 業界独自機能が充実

Kit3は、長年培ってきた、販売管理/生産管理の業務ノウハウを洗練・集約した部品です。 「新規独自開発するオーダーメイドでは、価格も適用期間も見合わない」、「市販パッケージでは使い勝手が悪い」といった課題をクリアします。部品はすべて、システム構造化(整理)されているので、業務にフィットしたシステムを「短期間」かつ「低コスト」で導入できます。

FlexProcess - NECネクサソリューションズ株式会社

FlexProcess(フレックスプロセス) - NECネクサソリューションズ株式会社

  • 中国現地での事業拡大を可能にする
  • 在庫水準を低減
  • 品質を保証

FlexProcessは、プロセス産業(食品・素材・化学など)向けのERPソリューションです。特に生産管理・在庫管理原価管理に強みを持ち、副産物・連産品・リサイクルといったプロセス産業特有の複雑な生産工程をシステムで管理可能とすることで、現場の可視化を実現し、迅速な課題解決をご支援できるシステムです。そして国内・海外で370社以上の導入実績を誇っています。

AMMIC/NetP - 株式会社アミック

AMMIC/NetP(アミック/ネットピー) - 株式会社アミック

  • 複数工場の購買・製造・搬送を1つのシステムで管理可能
  • フルペギング
  • 超高速MRPエンジン搭載

AMMIC/NetPは、ディスクリート、プロセス系などあらゆる製造形態に対応したERP。日本の製造業が育てた生産管理パッケージ。 これまでパッケージ適用をあきらめていたユーザーも納得の柔軟なシステムです。生産、原価管理に強いシステムなので経費の削減にもしっかりとつながり経営戦略にも使えるシステムです。

ERP mini - Shanghai Renyuer System Technical Software CO.,LTD.

Shanghai Renyuer System Technical Software CO.,LTD.

  • 受注管理、発注管理、在庫管理の一連業務のシステム化に特化
  • 柔軟なカスタマイズも可能
  • 安心・安全の日本国産サービス基盤

ERP miniは、中国での運用に特化した、販売管理システムです。海外展開を目指している、特に中国での運用をしたいといった方にはもってこいのシステムです。システム立上げのノウハウを、サイボウズ社の業務システム基盤、kintoneにのせて、システム提供をしています。クラウドで動くので高価なサーバーはいりません。

Infor SyteLine - 株式会社日立システムズ

Infor SyteLine(インフォア サイトライン) - 株式会社日立システムズ

  • 案件の顛末管理(営業活動から保守まで)を実現
  • リアルタイムな原価管理を実現リアルタイムな原価管理を実現
  • マルチサイト機能による柔軟なシステム運用

Infor SyteLineは、日本語、英語、中国語を含む20言語以上に対応しており、使用取引通貨数にも制限がありません。全世界で6,000拠点以上、アジア太平洋地域で1,400拠点以上の導入実績があります。
また、見込生産(MTS)や受注組立生産(ATO)といった代表的な生産形態のほか、受注組立生産(ATO)と個別受注生産(ETO)との混合型(ハイブリッド)生産にも対応しており、企業の生産プロセスに柔軟に対応しています。

Smart生産管理システム - 株式会社スカイシステム

Smart生産管理システム - 株式会社スカイシステム

  • マルチ言語に対応
  • システム導入や拠点展開も迅速に行える
  • 通貨の追加が可能で、多通貨に対応

Smart生産管理システムは、受発注・生産計画・実績・在庫・売掛・買掛をサポートするWebシステムです。生産管理システムでは、『機械・部品・製造業』を主なユーザーとして、ご利用している方が多いシステムです。そして海外進出を考えている方々にはとても使いやすいシステムになっており、通過の問題だったり拠点の移動であったりといった問題をすぐにクリアにしてくれます。

製造業向け基幹業務パッケージ

生産スケジューラFLEXSCHE‎ - 株式会社フレクシェ

生産スケジューラFLEXSCHE‎ - 株式会社フレクシェ

  • 安心のサポート体制
  • 成長のための柔軟性
  • 直感的な操作

生産スケジューラFLEXSCHE‎は、複数の生産計画担当者による協調立案やデータメンテナンス、周辺システムとのリアルタイムな連携など、生産スケジューラの仕組みと情報を多数の人々が共有ことを可能にします。さらには、多様な製造業のニーズに適応するための柔軟性、使い続けるための使いやすさ、これらを高いレベルで両立したしています。

自社に合った生産管理システムで効率化しよう!

企業の根幹を支えるシステムが生産管理ですから、担当者はじっくりと時間をかけて最適なものを選択しなければいけません。そのためには生産管理の各工程をよく理解し、全体的な視点から判断をする必要があります。特に現場担当者との話し合いが重要です。

そして本記事で挙げたサービスで気になるものがあれば、ぜひ提供企業に問い合わせをしてみましょう。あなたの企業にとって最良のシステムを見つけましょう!

関連記事

無料の生産管理ソフトを紹介

在庫管理ソフトをお探しの方はこちら

在庫管理システムを紹介

新しく製造業に取り組む方はこちら

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

生産管理システム
選び方ガイド
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
生産管理システムの最近更新された記事