生産管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめの生産管理システム4選!ツールの特徴と選ぶ際のポイントを解説!

最終更新日:(記事の情報は現在から238日前のものです)
この記事では、無料で使えるおすすめの生産管理システムを紹介しています。有料・無料版の違いや選ぶ際のポイントなどをわかりやすく解説しています。導入する生産管理システムを探している方はぜひ参考にしてみてください。

生産管理システムとは

生産管理システムとは、製造業における生産プロセスの効率化を図るためのシステムです。 受注から納品までの納期管理や、品質管理などの機能がついており、生産コストの削減や納期の短縮、品質の向上などの生産管理の業務を効率化する機能があります。

生産管理システムを導入することで、生産現場の見える化やトレーサビリティの確保、生産能力の最適化などができます。

無料の生産管理システムを選ぶときのポイント

無料版の生産管理システムを選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準について解説します。

他のシステムと連携が可能か確認する

生産管理システムを選ぶ際は連携が可能か確認することが大切です。無料版は、他のシステムとの連携に制限がある場合が多いです。例えば、会計システムや営業管理システムとの連携ができれば、データの入力や管理が効率化できます。

そのため、ビジネスが拡大したり、他のシステムと連携したりする必要が出てきた場合に、無料版では対応できない可能性があります。そこで、無料版を選ぶ場合は、有料版への移行やアップグレードが容易かどうか、他のシステムとの連携が可能かどうかを確認しておきましょう。

バーコードやQRコードの読み取り機能が揃っているか確認する

生産管理システムを選ぶ際は基本的な機能以外にも、バーコードやQRコードの読み取りが揃っているか確認してください。無料版には利用できる機能に制限がかかっていることが殆どです。

例えば、生産計画や工程管理、品質管理、在庫管理、原価管理などの基本的な機能はもちろん、バーコードやQRコードの読み取り、クラウドやオンプレミスの選択、多言語対応、API連携などの拡張性や柔軟性も重要なポイントです。

サポートやアップデートがあるか確認する

生産管理システムを導入した後も、サポートやアップデートが充実しているか確認することが大切です。システムにトラブルが発生したときや、新しい機能が必要になったときに、迅速に対応してくれるかどうかは、業務の効率や品質に影響します。

また、市場や環境の変化に対応できるように、システムが定期的にアップデートされているかどうかもチェックしましょう。

無料で使えるおすすめの生産管理システム4選

生産管理システムの中で無料で使えるおすすめのツールを紹介します。無料の範囲でできることや機能制限などを解説しているので生産管理システム選びの参考にしてみてください。

zaico - 株式会社ZAICO

zaico
zaico
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

ZAICOは、在庫管理や発注管理、出荷管理などの機能を持った生産管理システムです。 スマートフォンやタブレットでQRコードやバーコードを読み取って在庫データを登録・更新できるので、現場での作業がスムーズになります。無料プランでは、データ登録と簡易検索機能が利用できます。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
入庫/出庫 利用できません
棚卸の記録 利用できません
Excelで在庫データの操作 利用できません
freee会計の連携 利用できません

SASO ‐ 日本標準機構

無料で利用できる機能と制限

SASOは、商品管理・分類機能のほかに、棚番管理やラベル印刷機能が利用できる生産管理システムです。 SASOは日本標準機構が提供しているオープンソース型のシステムで、無料で導入できます。

SASOはアパレル業界に特化したシステムで、商品の色やサイズなどの属性を登録できます。 また、バーコードを使って商品の数量や棚番を管理できるため、在庫の把握や棚卸しの効率化に役立ちます。

いずみ生産管理システム ‐ 有限会社イズミソフトウェア

無料で利用できる機能と制限

いずみ生産管理システムは、工場での生産計画、製造計画などの計画管理から、受注・外注管理などの管理機能が利用できる生産管理システムです。いずみ生産管理システムは基本的に無料で導入できます。

製造業用 売上仕入在庫管理 ‐ 株式会社インサイトブレインシステム

無料で利用できる機能と制限

製造業用 売上仕入在庫管理は、帳票発行や在庫計算、製造登録などの機能を持った生産管理システムです。 製造登録を行うと、製品の在庫が増加し、構成部品の在庫が自動的に引き落とされます。

また、受注から発注に転記する機能や、豊富な帳票が用意されています。 部品を組み立て製品を作成する業種向けです。ダウンロード版の標準利用は無料です。


自社に合う生産管理システムを選ぶには、各システムの内容を比較することが重要です。気になる生産管理システムの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

生産管理システム比較おすすめ24選!クラウド・パッケージの紹介と選び方
【2024年最新】おすすめシステムの生産管理システムを、クラウド、パッケージ/オンプレミス、中小企業向け、海外展開...
詳細を見る

無料と有料の違いは?よくある機能制限と注意点

無料版の生産管理システムでよくある機能の制限をまとめました。

作業工程登録数の制限

無料版の生産管理システムでは、登録できる工程の数に制限があることがあります。例えば、無料版では最大10工程までしか登録できなかったり、1工程あたりの登録情報が少なかったりすることがあります。

生産する製品が少なく、工程の詳細が必要ない場合は無料版でも問題ないかもしれません。しかし、生産する製品が多くなったり、工程の詳細が必要になったりした場合は、無料版では対応できなくなる可能性があります。

在庫や資材管理機能の制限

無料版の生産管理システムでは、在庫や資材管理機能が制限されている場合が多いです。例えば、在庫や資材の入出庫や棚卸し、在庫や資材の最適化や警告などの機能が有料版にしかないことがあります。

これらの機能がないと、在庫や資材の管理が煩雑になったり、在庫や資材の過不足や廃棄が発生したりすることがあります。

品質管理や分析機能の制限

無料版の生産管理システムでは、品質管理や分析機能が制限されている場合が多いです。例えば、品質の検査や評価、品質の問題や原因の分析、品質の改善や予防などの機能が有料版にしかないことがあります。

これらの機能がないと、品質の管理が不十分になり品質の問題やクレームが発生することがあります。

有料ツールを検討するべきケース

企業の状況やツールに求めていることによっては、無料版では叶えられないケースが存在します。有料ツールを検討したほうがよいケースをまとめているので参考にしてみてください。

生産計画や工程管理が複雑な場合

生産計画や工程管理が複雑な企業ならば、無料版では対応が難しい場合があります。例えば、無料版では生産計画や工程管理の機能がなかったり、簡易的なものだったりすることがあります。

生産計画や工程管理を詳細に設定したり、変更や進捗を追跡したりしたいならば、有料版を選んだ方がよいでしょう。ただし、無料版の中には生産計画や工程管理の機能が提供されている商品もあるので、機能面をよく確認しましょう。

レポート作成機能が必要な場合

無料版の生産管理システムでは、レポート作成機能が使えないことがあります。例えば、無料版では生産実績や工程進捗、品質管理などのレポートを作成できなかったり、レポートのカスタマイズや出力ができなかったりすることがあります。

生産管理のデータを分析や報告に活用したい場合は無料版では対応できません。レポート作成機能が必要な場合は、有料版を選んだ方がよいでしょう。

データの保存容量やセキュリティが重要な場合

無料版の生産管理システムでは、データの保存容量やセキュリティが低いことが多いです。例えば、原材料や製品、売上などのデータを100〜500MBまでしか保存できない場合があります。

また、データの暗号化やアクセス制限、ログイン認証などのセキュリティ機能がない場合があります。さらに、データのバックアップや復元機能も無料版では利用できないことがあります。これらの機能は、データの安全性や活用性に影響を与えることがあります。データの保存容量やセキュリティが重要な場合は、有料版を選んだ方が安心です。

サービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

生産管理システム選び方ガイド_20240531.pptx (1).pdf
生産管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
生産管理システムの最近更新された記事