コピー完了

記事TOP

在庫管理とは - 目的や仕事内容・改善のコツ・手法

最終更新日:
在庫管理とは、在庫数を確認する棚卸や入庫・出庫のカウントを行う業務です。在庫数の最適化や欠品の減少といったメリットがあり、在庫を自社で保有する企業には欠かせない仕事です。在庫管理の仕事内容や目的、コツをボクシルが解説します。

在庫管理とは

在庫管理とは、必要なときに必要な分を供給できるように、棚卸や入出庫時に在庫数をカウントしたり保管状況を確認したりし、在庫情報を一元管理する業務のことです。在庫管理には定量発注方式、定期発注方式といった発注形式があります。

近年では、クラウド型の在庫管理システムを利用して在庫管理を行う企業が増えてきているようです。

そもそも在庫とは?
在庫とは、原材料・部品・半製品・仕掛品・製品・商品など、加工や販売するために保管しておくもののことを指します。

在庫管理の目的と重要性

在庫管理の目的は、在庫切れを防ぎ余剰在庫を減らすことです。在庫の数を適当に保てば、保管にかかるコストの削減に役立つほか、キャッシュフローも改善されるでしょう。

余剰在庫が多ければ多いほど企業の資金繰りに大きな影響を与えます。在庫が足りない場合にも、クオリティの高い製品と素早い対応が求められる現代では、顧客はすぐに競合他社へ流れてしまい、大きな機会損失を招く理由にも。

このように、資金繰りの悪化を避けて経営の健全化をはかるとともに、機会損失を排除して利益を最大化するというマネジメントが必要になるため、在庫管理を適切に行うことが重要となってきます。


こちらの記事では、実際に在庫管理をする方法について紹介しています。在庫管理のやり方や方法を知りたい方はこちらもあわせてご覧ください。

在庫管理と倉庫管理の違い

在庫管理と倉庫管理の違いは、担当する業務内容や管理する項目です。在庫管理では入荷や出荷といった在庫の流れの包括的管理まで行いますが、倉庫管理は倉庫内の在庫数や人員、工数といった在庫以外の部分にも注目して業務を行います。

倉庫内の設備や人員まであわせて管理できるシステムを探している場合は、WMS(倉庫管理システム)の導入がおすすめです。

在庫管理の仕事内容

在庫管理の仕事内容は、大きく分けると次の5つが挙げられます。

  • 入庫管理(荷受けし・検品・検収・入荷処理・棚上げ)
  • 出庫管理(ピックアップ・検品・出荷作業
  • 返品管理
  • ロケーション管理
  • 棚卸(実数確認・期限切れ在庫の処理)

入庫管理

在庫の入庫管理とは、在庫を新たに入荷してきた際に伝票とともに荷受けし、検品、検収、入荷処理という流れを経て、新たな在庫として登録することです。

入庫管理の方法はハンディターミナルによるバーコード読み取りやパソコンへの入力が一般的であり、納品書との照合や出庫する在庫との混合防止が必要です。

取引先から入庫した在庫だけでなく、企業内の他拠点から移動になった在庫も管理が必要でしょう。

出庫管理

在庫の出庫管理とは、出荷検品を行ったうえで伝票を添付して発送、もしくは顧客に引き渡し、登録された在庫から出庫処理を行う一連の作業のことです。入庫管理同様、多拠点へ移動した在庫も管理する必要があるでしょう。

ただ出荷の検品を行うだけでなく、緩衝材や包装も行う出荷作業をあわせて行うこともあります。

返品管理

在庫管理では、顧客からの返品、そして発注した材料の返品も管理しなければなりません。

返品管理は入庫・出庫をともなう作業で、伝票や商品代金が絡むため、通常の在庫管理とは別の管理方法を行い、混乱が起きないようにすることが得策です。

ロケーション管理

ロケーション管理とは、在庫を置く場所を管理することです。簡単に言えば、「この棚にはこの商品」と決めてしまい番号やIDなどで管理し、社内全体に情報を共有することで、どこに何があるのか全社的に理解している状態のことを言います。

ロケーション管理には2種類あり、一つは固定ロケーション、もう一つがフリーロケーションです。

固定ロケーション

固定ロケーションとは、商品と保管場所が完全に固定されている在庫管理の手法のことを指します。

固定ロケーションで管理された商品は、在庫がなくなってしまった場合でも、ロケーション登録を消さないため、在庫切れか否かが一目でわかるというメリットがあります。また、固定的に場所が決まっているため、ピッキングミスを防止可能です。その反面、商品の在庫がない間は、保管スペースが空くことで無駄が生まれてしまいます。

この固定ロケーションはアナログでもできる方法なので、中小企業に向いている方法といえるでしょう。

フリーロケーション

フリーロケーションは、商品と保管場所が固定されておらず空いてる場所に在庫を置く在庫管理の手法です。つまり、入庫したときに初めて置き場が決まるため、保管場所に無駄な空きがない状態を保てることが利点です。

フリーロケーションには情報の記録・共有が常に求められます。そのためフリーロケーションを採用する場合は倉庫管理バーコードとハンディターミナルによる制御が一般的です。

棚卸

日々の入庫・出庫が伴う在庫管理では、在庫の変化をできる限りリアルタイムで把握することが求められます。

しかし、実際にはさまざまな要因で記録と現物を一致させることは難しく、整合性を確認するため、定期的にすべての在庫を対象にした棚卸が行われるのです。

モノとしての在庫を持たず、サービスの提供をビジネスモデルとしている企業では、こうした棚卸は必要ないとも思われます。しかし、SaaS型サービスを自社データセンターから提供しているケースでは、これらの機器を管理していくために棚卸が必要となり、この場合はIT資産管理が目的になるという違いがあります。

在庫管理をするメリット

在庫管理によって得られるメリットは数多くあります。効率的に管理でき余計なリソースを割かなくて済むというのが全体の傾向です。

  • 余剰在庫の縮小
  • 欠品の減少
  • キャッシュフローの改善
  • 人件費の削減
  • スペースの節約
  • 管理コストの削減
  • 生産性の向上

余剰在庫の縮小

在庫管理によって在庫の数を正確に把握することで、余剰在庫が減少するメリットがあります。管理が不透明な状況では、余計に仕入れてしまったり品切れを引き起こしたりしかねません。管理が徹底されると抱えるべき数量を把握でき、必要最低限の量だけでやりくりできます。

欠品の減少

在庫を可視化すれば欠品は抑制されます。どのように保管されているのか、いつまでに販売すべきなのかがわからない状況においては、欠品が増えていく一方です。数や種類、保管場所を整理して欠品を減らせるのは大きなメリットです。

キャッシュフローの改善

在庫を減らせばキャッシュ(現金)が増加、ひいては経営の安定につながります。出荷や販売のされない在庫はキャッシュでないため、投資や経費の支払いに使用できず融通の効かない資産として扱われます。在庫管理によって余剰在庫を減らせば、減価償却費もかからず、キャッシュとして資産を確保できるでしょう。

人件費の削減

在庫を管理する手間がかからないため、余計な人件費が発生しないというメリットが、在庫管理にはあります。管理されていない在庫を抱えていると、出荷や棚卸しの際に探す手間を求められます。在庫状況を正確に知ることで、余計な人件費や残業代をカットできる点も嬉しいポイントです。

スペースの節約

在庫管理には、余計な在庫を減らしデッドスペースを縮小させるという効果もあります。在庫を置いている場所は、違う用途で利用できず利益を生みだしません。いらない在庫を排除し余剰スペースを確保できれば、場所を他の使いみちに回せます。

管理コストの削減

在庫が少なければ少ないほど、管理にかかるコストも減少します。在庫は保有しているだけでも、棚卸しや適切な保管といった業務が発生します。管理しっかりなされれば、在庫を適切な数に抑えられ余計な管理費用もかかりません。

また、スペースや人件費が削られたことにより光熱費の減少にもつながる一面もあり、ただ単に在庫の位置や数を把握するだけにとどまらないメリットを享受できるでしょう。

生産性向上

スペース節約や在庫の過不足がなくなることにより、生産性の向上につながるというメリットもあります。管理が徹底されていることで、入庫や出庫にかかる作業時間が短縮できるだけでなく、人的ミスも減らせます。

在庫管理の注意点

上述のように、在庫管理の方法自体はシンプルであり「現物と記録を一致させ、必要なときに迅速に移動できる」ようにしておくだけです。しかし、多くの企業が在庫管理に悩みを抱えており、「あるはずのものがない」「記録が信じられない」など現物管理が不十分で過剰な在庫に苦しめられています。

なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか。

管理ルールの不統一

まず在庫管理に関するルールが徹底されていない、もしくは徹底されていても守られていない、ということが考えられます。たとえば、定められた場所に保管するべき在庫を、別の場所に移動したまま記録しない、入庫・出庫に関する所定の手続きをとっていないなどがあれば、改善する必要があります。

人的ミス

リアルタイムに在庫状況を把握するためシステムを導入していたとしても、それを操作する人間がミスをしていては在庫の整合性は取れません。

在庫が入荷しているのに入庫処理がされていなかったとしたら、せっかくの引き合いがあっても売り逃してしまうかもしれませんし、逆に適切に出庫処理されていなければ、ないはずの在庫が引き当てられてしまうかもしれません。

意識の低さ

こうしたことが起こってしまう原因として、在庫管理の重要さがすべてのスタッフに共有されていない、つまり在庫管理に対する意識の低さが挙げられるでしょう。一つひとつは細かなことでも、積み重ねれば大きな問題に発展してしまい、結果的に経営基盤が揺るいでしまうことにもなりかねないのです。

在庫管理のやり方とコツ

在庫管理のコツは管理のルールを制定し徹底すること、棚卸のスパンを短くすること、システムを導入することがあげられます。

管理ルールの策定と徹底

まずは適切な在庫管理を行っていく意味、重要性をすべてのスタッフと共有し、管理ルールを策定、徹底した実行が必要です。

在庫管理の方法自体はシンプルですが、それを実施していく手順は面倒なものではあります。その一つひとつに効果があることを理解させ、常に啓蒙することが重要でしょう。

棚卸の間隔を短縮

それでも現物と記録の剥離が生じてしまう場合、在庫管理のプロセス自体になんらかの問題があることが考えられます。こうした問題を特定して改善していくためにも、短い間隔で棚卸を行っていくのは有効な手段です。

これによって、原因究明の時間を短縮し、常に改善を目指した対策を行えるようになります。

在庫管理システムの導入

多くの手間と手順が必要となる在庫管理を効率化し、確実なものとしていくためには、在庫管理システムの導入がもっとも有効です。

できれば、小売業の場合は販売管理システムと連携できるもの、製造業の場合はさらに調達管理システムなどと連携できるものが望ましいといえます。

これにより二重入力やチェック漏れなどの人的ミスを最小限にし、ハンディターミナルを活用したバーコードやQRコード管理を行うことによって、より確実な在庫管理を行うことも期待できます。

さらには、在庫総額を含むデータを瞬時に把握可能なため、在庫状況の推移を分析することによって、本来の目的である「適切な在庫量のマネジメント」を実現できるのです。

代表的な在庫管理システム3選

在庫管理システムをボクシルが厳選し、3サービス紹介します。どのような機能がどれくらいの価格で利用できるのかをよくチェックしましょう。

在庫管理システムのおすすめをさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

楽楽販売 - 株式会社ラクス

楽楽販売 - 株式会社ラクス

  • 拠点間の在庫管理もスムーズに連携できる
  • 自社仕様に沿ったカスタマイズが可能
  • 安心安全のセキュリティ

楽楽販売は、売上、請求、入金、支払から、受発注や仕入れ業務にまつわるあらゆる情報を一元管理する在庫管理システムです。ASPサービスなので、同時に複数の社員がログインしてもスムーズに作業を行えます。ノンプログラミングで柔軟にカスタマイズでき、自社に沿った業務フローを構築可能。またユーザのアクセス制御を項目単位で細かく設定できるため、安心安全に情報共有を実現します。

TS-BASE(ティーエスベース)- 竹田印刷株式会社

TS-BASE-竹田印刷株式会社 画像出典:TS-BASE公式サイト

  • 企業に必要なソフトウェアを低コストかつスピーディに導入
  • 全体把握をシンプル化し、コスト削減と利益向上を両立
  • 充実したサポートと情報資産管理の徹底で安心して運用できる

TS-BASEは、BtoB領域の販促物や備品、資材に特化した受発注プラットフォームです。ロジスティックスやBPOと組み合わせて運用もできるため、販促物や商品管理をサポートしながらコスト削減と利益向上を両立します。また、管理者の販促物や商品管理などの業務に関する情報は、ダッシュボードで一元管理できます。SaaS型のソフトウェアなので、低コストかつスピーディな立ち上げが可能です。

eee CLOUD 在庫管理システム - テービーテック株式会社

eee CLOUD 在庫管理システム - テービーテック株式会社 画像出典:eee CLOUD 在庫管理システム公式サイト


  • 全業種で利用できる豊富な機能を装備
  • 複数の倉庫や店舗の在庫管理が可能
  • 2週間無料トライアルあり

eee CLOUD 在庫管理システムは、シンプルでわかりやすい在庫管理システムです。受発注、入出荷管理や棚卸登録、賞味期限管理などの管理機能を標準装備。卸・小売業から製造業まで全業種で利用できます。ブラウザ上で使用するクラウド型サービスなので、グループ会社の在庫を含む複数倉庫の管理も場所を問わず実現。多拠点管理を検討している方におすすめです。創業30年以上のシステム会社ならではの柔軟なカスタマイズ対応も魅力。

在庫管理システム以外も検討を

在庫管理は、適切な在庫量を確保して管理コストも削減できるため、入荷や出荷作業が多い倉庫で役立つ手法です。在庫管理をさらに効率的に、ミスなく実行するならば在庫管理システムの導入は欠かせません。

しかし、用途や現場の課題によっては在庫管理システムではなく、倉庫管理システムをはじめとする他のサービスも利用するといいかもしれません。

これらの中には、在庫管理もできるシステムがあるため、導入を検討する際にはあわせてチェックしておくようにしましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

在庫管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
在庫管理システムの最近更新された記事