コピー完了

記事TOP

POSシステムが持つ機能とは | メリット・仕組み・種類 - クラウドPOSレジ紹介

最終更新日:
POSシステムとは、「販売時点情報管理」を意味する店舗管理システムです。私たちにも身近なPOSレジを含め、POSシステム導入のメリットや仕組み、種類、機能を徹底解説。タブレット型のPOSレジやPCPOSレジなどのボクシルがおすすめするサービスも紹介します。

POSシステムとは

POSシステムとは、一般的にPOSレジと呼ばれるレジスターのことを指します。しかし、すべてのレジがPOSレジであるわけではありません。単に会計の計算をするだけではなく、売上管理や分析などを行えるシステムを総称してPOSシステム(読み方:ポスシステム)と言います。

そもそもPOSとは「Point of Sales」(販売時点情報管理)の略称です。リアルタイムに売れ行き動向を把握できるので在庫管理や店舗運営に役立てられる目的で利用されています。

こちらの記事ではPOSについてさらに詳しく解説しているので、そもそもPOSとは何なのか知りたい方はあわせてご覧ください。

POSシステム導入のメリット5つ

レジ会計業務の効率化

POSシステムではバーコードで金額や商品情報を読み取るため、手打ちのレジと比較した場合、スピーディーな会計で混雑緩和ができるほか、営業終了後のレジ締めも、商品項目ごとにまとめられるためスムーズに完了するメリットがあります。

オーダーエントリーシステムや自動釣銭機を組み合わせることにより、レジ会計業務のさらなる効率化も可能です。

商品・顧客情報の可視化

POSシステムで販売された売上データはデータベースに蓄積されるため、リアルタイムに情報確認/分析が行えるメリットがあります。

これには商品情報や時間軸はもちろん、顧客情報も含むため、どのような商品がどのような顧客に人気があるかといった有益な情報を可視化し、マーケティングに役立てる目的です。

複数店舗の一元管理

多店舗展開するPOSシステムをネットワークで結ぶことにより、データの一元管理が可能となります。

それぞれの店舗の状況をリアルタイムで把握できるほか、本社で集中管理することで売上日報も不要に。また、在庫状況と紐づけて補充の手配を行えるようになり、過剰在庫や機会損失の防止にもつながります。

従業員による不正防止

バーコード読み込みで金額の打ち間違いがないPOSシステムは、レジ業務の際にいつだれが会計を行ったのかのログを残せます。

これによって不正を未然に防ぐ効果があるほか、現金を扱えるスタッフを増やし、会計の混雑を避けられるメリットもあります。

誤入力による販売防止

従来のレジでは手入力による金額打ち込みを行うため、人的ミスは避けられないものでしたが、POSシステムではあらかじめ決められた金額をバーコードで読み取るため、誤入力による販売を最小限にできます。

キャンペーンやセールなどで値段が変わるケースでも、事前に変更が可能であり、クレームへのリスク対策が可能です。

POSシステムの仕組み

POSシステムはどのような仕組みになっているのでしょうか?チェーン店でのPOSシステムを例に仕組みを解説していきます。

1. POSレジで商品のバーコードを読み取ると、その情報が店舗内にあるストアPCに送信される
2. バーコードの情報をストアPCの中の情報と付け合わせることで、商品の値段や商品名などの情報がレジ画面に表示される
3. ストアPCの中に売上情報が蓄積される
4. 売上情報が本部に送信される
5. データを元にメーカーに発注する

上記の例では、売上データの集約、在庫確認と補充のための発注という、ベーシックな部分で解説していますが、売上データには商品/顧客情報も含まれており、これらを分析することによって、さまざまな経営戦略に活かせます。

メリットでも触れたように、たとえば顧客の嗜好を分析したうえで、タイムリーなキャンペーン情報を流すといったマーケティング面で活用可能でしょう。

POSシステムの機能

POSシステムは単に会計をするだけでなく、商品管理や売り上げ分析機能がついているものもあります。POSシステムの基本的な機能を紹介していきます。

売上機能

  • 売上登録
  • 釣り銭計算
  • 決済
  • レシート発行
  • 売上分析
  • 売上ジャーナル

POSシステムには、商品単価の自動取得、クレジットカードや電子マネーでの決済、釣り銭の計算など精算の際に役立つ機能があります。売上分析では売上結果をレポーティング可能で、過去の記録も簡単に参照可能です。

また、売上ジャーナルは7年間紙で保存することが義務付けられていますが、税務署に申請することでPOSシステムに登録されている電子データのまま保管が可能です。

商品管理機能

顧客管理機能

  • 顧客情報登録
  • オーダー管理
  • 予約管理

飲食店で注文するときに、スタッフが持っている端末もPOSシステムを利用していることが多いです。飲食店向けのPOSシステムでは、テーブル予約機能を搭載している製品も多く、前回来訪時や予約時の情報も管理できます。

そのような情報も一元管理できるオーダーエントリーシステムについては、次の記事で紹介しています。

その他の有用な機能2つ

  • 勤怠管理機能
  • ECサイト連携

実店舗とECサイトのデータを連携させられます。ECサイトと店舗の在庫を連動させることで、在庫管理の手間が削減されるでしょう。

POSシステムの種類

POSシステムには、大型のものからタブレット型までさまざまな種類があります。POSシステムを4つに分類し解説し、それらに該当するPOSシステムのサービスや製品もあわせて紹介します。

ターミナルPOS

ターミナルPOSとは、スーパーやコンビニなどでよく見かけるPOSシステムです。カウンター込みの大型のものからデスクの上におけるような小型のものまであります。POSシステムの中では一番導入数が多く、大規模店舗やチェーンストアなどに導入されています。

SHARPのPOSターミナル RZ-A460は大型背面ディスプレイに対応しています。2種類のPOSキーボードから選択できるため、業務に合わせたレジを実現可能です。スペックも充実しているため、店舗業務アプリケーションも高速処理できます。

パソコンPOS

パソコンPOSは、パソコンにPOSシステムをインストールし、周辺機器をつなぎPOS端末として使います。インストール元がパソコンのため、POSシステム以外の作業にも活用できます。

BCPOSはWindows用のPOSシステムアプリケーションソフトです。POSレジのデザインは店舗のスタイルに合わせて選択でき、機能も業務に合わせて選べます。オプションとして、ECサイトとPOSレジの在庫連動やクレジットカード・電子マネー決済の対応も可能です。

ハンディターミナルPOS

ハンディターミナルPOSは、小さく持ち運びに便利なPOSシステムシステムです。売り場のあちこちを動き回る必要のあるスーパーやコンビニでの発注作業や在庫管理、飲食店での注文受付などの用途で導入されています。

また、レジスペースを十分に確保できない店舗ではPOSレジとしても活用できます。

HD-POSはどこでも使えるハンディPOSです。軽くて操作も簡単なので、作業効率が向上します。Bluetooth通信やUSBケーブルでの通信など、状況に適した通信が可能で、充電または電池式なため屋外でも利用可能です。

タブレット・スマートデバイス型POS

タブレットPOSレジは、タブレットやスマートフォンをPOS端末として可能なPOSシステムです。iPadやAndroidなどのタブレットにアプリをインストールすることでPOSシステムとして利用できるようになります。

安価にスタートでき、直感的な操作が可能なため、導入しやすい点が特徴です。売上管理や在庫管理だけでなく、接客ツールとしても活用できます。

次の記事では、タブレットPOSレジについてさらに詳しく解説しています。

POSシステム紹介厳選4サービス

本記事で紹介するPOSシステムのさらなる詳細や、紹介しきれなかったその他のサービスの詳細についてはこちらから無料で資料をダウンロード可能です。

POS+ - パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

ポスタス - パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 画像出典:ポスタス公式サイト

  • 1店舗から数百店舗のチェーン、イベントなどの特設店舗まで対応
  • 多言語・他通貨対応だから海外進出も安心
  • 勤怠管理とシフト作成機能も標準で装備

POS+は、幅広い業種の店舗管理を支援するクラウド型POSシステムです。

時間・曜日・週別の売上の自動集計と、店長向け・経営者向けなどのさまざまな切り口からなる分析レポートをリアルタイムで確認できます。英語・中国語・ベトナム語・韓国語に対応しており、システムに必要な機材は現地調達・現地購入が可能な点から海外への店舗展開をスムーズに実現可能です。勤怠管理やシフト作成などの店舗運営に必要な機能を豊富に搭載しているため、業務負担の軽減が期待できます。

ユビレジ

ユビレジ - 株式会社ユビレジ

  • 在庫管理の自動化
  • 来店顧客のオーダー内容まで把握
  • 飲食店の売り上げ向上に貢献

ユビレジは、SFA、CRMとの連携が取りやすく、個人商店から大型店舗まで、さまざまな営業規模に対応しているPOSシステムです。バーコードで商品を管理することにより、登録ミス・レジ誤差を最小化。販売データは即時集計され、オーナーは各店舗の在庫状況をリアルタイムに把握できます。

定期的に商品・メニューを更新する度、同じ商品・メニューを店舗ごとに反映する作業も、管理画面から一斉に各店舗のiPadへ配信し、店舗数が多いチェーン店でもミス無く確実にメニューを更新できます。店舗毎の売上・会計数・会計単価・客数など一覧で表示し、各店舗の課題把握、成功している店舗のノウハウを横展開可能なため、飲食店の売り上げ貢献につながります。

スマレジ

  • いつでも、どこからでも店舗の状態をリアルタイムで把握
  • 詳しい分析項目で売上のすべてを把握し経営を可視化
  • その場で在庫管理も

スマレジは2013年度グッドデザイン賞を受賞した、0円から使えるクラウド型のPOSシステムです。クラウド型のため、いつでも、どこからでも店舗状況をリアルタイムで把握でき、在庫状況も接客しながら確認可能です。

万が一サーバーが停止した場合でもオフラインでバックアップ運用できるため、突然のトラブルで商機を逃すことがありません。トレーニングモードが充実しており、従業員のスキルアップにも役立ちます。

NECモバイルPOS

  • iPhoneやiPod touchで受注可能
  • 既存システムとの連携用に標準APIが用意
  • リアルタイム売上分析&日報・月報自動作成

NECモバイルPOSはiPad上で動作するクラウド型POSレジサービスです。
お手持ちのiPhoneやiPod touchをオーダー端末として利用でき、1台あたりのコストは専用機の約1/5に抑えられます。

複数店舗管理に対応し、全店の売上情報をタブレットでいつでもチェックでき、営業日報も自動作成されるため、面倒な業務から解放されます。

また、すでに利用しているシステムとのデータ連携のために連携APIも用意されているので、今までのシステムのままデータの集計・分析が可能です。


次の記事ではPOSレジの機能や価格を比較、紹介しているので、もっとPOSレジのサービスについて知りたい方はこちらをご覧ください。

POSシステムを活用して業務効率化を!

POSシステムは単なるレジ機能だけでなく、さまざまな機能を搭載しているため幅広い場面において業務効率化を図れるでしょう。

大規模店舗やチェーン店などで活用されているというイメージが強いですが、近年ではPOSシステムも進化し導入ハードルも下がってきています。店舗が小さくレジを置くスペースが確保できない、内装のデザインにレジが見合わないといった場合にも、タブレット型のPOSシステムを導入するという選択もあります。

ぜひこの記事を参考にPOSシステムの導入を検討してみてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

POSシステム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
この記事で紹介されたサービス
編集部のおすすめ記事
POSシステムの最近更新された記事