オーダーエントリーシステムの関連情報

コピー完了

記事TOP

オーダーエントリーシステムとは?スマートデバイスとともに広がる新たなオーダー形態

最終更新日:(記事の情報は現在から196日前のものです)
オーダーエントリーシステムとは、飲食店といった店舗で使用されていた伝票管理をデータに置き換えたものです。現在では高価なハンディターミナルだけでなく、スマートフォンやタブレットを活用できる安価なサービスが増え、多くの飲食店で活用されています。その詳細をおすすめサービスとともに紹介します。

オーダーエントリーシステムとは

レストランをはじめ飲食店では、従来、紙の伝票にオーダーを記入してキッチンへ渡していましたが、これをデータでやり取りできるようにしたものがオーダーエントリーシステムです。

ホールスタッフが端末にメニュー品目や数量などのオーダーを入力すると同時に、その情報がキッチンと共有される仕組みです。Wi-Fiといった無線通信を活用し、端末とキッチンプリンター、ディスプレイと客席の呼び出しブザーなどを接続、POSレジと連携して会計を行うことも可能です。

従来の伝票オーダー

オーダーエントリーシステムを導入することによって、従来とはなにが違ってくるのでしょうか。伝票を使用していた従来のオーダーの場合、次の手順を踏むことになります。

1. 顧客のオーダーを伝票に記入
2. 伝票をキッチンまで持っていく
3. キッチンでは伝票を確認して調理開始
4. 伝票とともに料理配膳
5. 顧客がレジで会計

伝票オーダーの問題点

こうした手順を踏む必要のあった従来手法では、次のような問題点がありました。どれもアナログの手順を踏むことによる人的ミスや、効率化がはかれないなどの問題であることがわかります。

  • オーダーの書き間違え、メニュー名が統一されていないことによる記入ミス
  • 客席からキッチンまで伝票を持っていかなければならない
  • オーダーの読み間違え、読めないなどによる調理ミス
  • 伝票の配布ミス
  • ひとつづつ手打ちになるため会計ミスが起こりやすい

オーダーエントリーシステムの場合

オーダーエントリーシステムでは、上記1〜4までをデータ処理・伝票プリントを行うことで完結させ、POSレジでは5を行うことになります。これを導入することによって、従来の伝票オーダーの問題を次のように解決できます。

  1. 端末のメニューと数量を選ぶだけなので、ミスを最小限にできる
  2. オーダーと同時にキッチンプリンターへ転送、伝票を移動する必要なし
  3. プリント伝票・ディスプレイ表示のため、調理ミスを最小限にできる
  4. 客席番号といったデータも印字されるため、配布ミスを最小限にできる
  5. 伝票のバーコードを読み込むだけで計算の必要なし

特に1と4の場合では、顧客にオーダーの確認、配膳完了の確認を行うことで、人的ミスをほぼゼロにし、2の機能で効率化できることにより、伝票を運ぶ手間を省き、続けて別の顧客のオーダーを取ることも可能となります。

オーダーエントリーシステムの種類

オーダーエントリーシステムは大手のチェーン店を中心に導入が進んでおり、日常的に目にすることが当然の状況になっていますが、そのシステムはさまざまです。基本的な構成は共通している部分が多いともいえるものの、大きく違うのは端末だといえるでしょう。

ハンディターミナル

多くのオーダーエントリーシステムでは、ハンディターミナルといわれる専用の携帯端末が活用されています。

過酷な使用環境にも耐えられる耐久性と、片手で扱える携帯性を兼ね備えた端末です。オーダーエントリーシステムとして使用する場合は、メーカーが提供するソフトウェアを、自社向けにカスタマイズして使用する場合がほとんどとなります。

POSレジとの連携も可能ですが、ローカルサーバーと接続、チェーン店などの場合は基幹システムと接続される場合もあります。端末の価格は7〜20万円程度が多く、導入コストは高めだといえるでしょう。

次の記事では、ハンディターミナルについてより詳しく解説しています。

ハンディターミナルとは?機能・スキャナとの違い・事例 | モバイル端末やPOSレジ連携
ハンディターミナルとは、バーコードやQRコードを読み込んで、商品や在庫データなどを収集可能な携帯端末です。飲食店や...
詳細を見る

スマートデバイス

近年、活用が広がっているのが、iOS/Androidなどのスマートデバイスを端末にしたオーダーエントリーシステムです。

耐久性や信頼性ではハンディターミナルにおよびませんが、導入コストの低さと汎用性の高さが魅力であり、システムを提供するメーカーのアプリをインストールすることで、手軽にオーダーエントリーシステムを構築できます。

さまざまな通信方式に対応しているハンディターミナルに対し、Wi-Fi接続によるシステム構築が基本となります。

専用端末

一部の居酒屋で見かける、タブレット式のオーダーエントリーシステム端末です。

各テーブルに設置してある端末を使い、顧客みずからがオーダーを行うというもので、スマートフォンを使い慣れている層であれば、簡単に使いこなせるのが特徴です。

レストランなどとは異なり、断続的にオーダーの入る居酒屋では最適な端末といえ、より効率的なオペレーションが期待できる反面、店舗のスタイルに合致しない場合もあるでしょう。

オーダーエントリーシステムのメリット

このように、大きく分けて3種類の端末を使用するオーダーエントリーシステムですが、どのシステムを選択しても、従来の伝票オーダーと比較して、大きなメリットを得られます。

効率化による回転率アップ

上述したように、オーダーエントリーシステムでは、ホール・キッチンスタッフ間での情報共有をスムーズに行えます。

また、ムダな作業を排除できるため、業務効率化が実現し、結果的に顧客の回転率を上げることにつながります。ランチタイムのような繁忙時に特に威力を発揮するといえ、売上・利益アップが期待できるでしょう。

迅速なサービスが可能

オーダーエントリーシステムによる業務効率化は、スムーズでスピーディーなサービスを可能とします。

ホールスタッフは、キッチンとのコミュニケーションを気にせず、オーダーと配膳に集中できるため、サービスのクオリティを高められ、結果的に顧客満足度の向上の実現、リピート顧客の増加が期待できます。

人的ミスを最小限に

繰り返しになりますが、オーダーエントリーシステムでは人的ミスを最小限にする仕組みが採用されています。

さらにワンクッション、確認作業を追加することにより、ミスをほぼゼロにできるほか、最小限のスタッフでオペレーションが可能になるなど、コスト削減効果も期待できるでしょう。

POSシステムとの連携も可能

ほとんどのオーダーエントリーシステムでは、POSシステムとの連携により、会計を含めたトータルシステムを構築可能です。これによって、より効率的で正確なオペレーションが可能となるだけでなく、POSを活用したさまざまな分析も可能となります。

POSシステムとは

POSシステムとは、Point Of Sales Systemの略称であり、販売時点情報管理を意味します。商品をバーコードで単品管理することにより、販売情報や売上実績を集中管理するもので、これにレジスター機能を追加したものがPOSレジです。

オーダーエントリーシステムの場合は、単品管理というよりも、オーダー単位での管理となりますが、伝票プリントの際にバーコードも印字することによって、会計作業を効率よく正確に行えます。

POSレジ単体で管理する小規模システムから、基幹システムと接続する大規模なものまで、さまざまなシステムが存在します。

次の記事では、POSシステムについてより詳しく解説しています。

POSレジとは?レジスターとの違い・導入メリット - タブレット対応システムの選び方
リアルタイムで商品の販売状況をモニタリングできるPOSレジ(ポスレジ)。ボクシルでは、POSレジの導入メリット、P...
詳細を見る

POSシステム連携でなにができるのか

上述したように、オーダーエントリーシステムと連携することによって、会計作業を効率よく正確にできるようにするのが大きなメリットですが、日時とともに販売管理を行うことによって、詳細な分析が可能となり、今後の対策に活かせるようになります。

つまり、「いつ」「どんな顧客が」「なにをオーダー」したのかを把握可能なのはもちろん、何曜日の何時が混雑が激しいのか、どんなメニューの人気が高いのかなど、売上集計と同時に分析できるのです。

クラウドPOSレジの普及

このようなPOSレジを連携させたオーダーエントリーシステムは、比較的規模の大きなチェーン飲食店を中心に、ハンディターミナル・専用システム・サーバーなどを組み合わせて導入が進められてきました。

しかし初期導入に大きなコストが生じることから、小規模店舗での導入はハードルの高いものとなり、これまではオーダーエントリーシステムの導入はそれほど進んでいなかったともいえるでしょう。

しかし、ネットワーク環境が整備され、スマートデバイスが爆発的に普及すると、これを利用したクラウドPOSレジシステムが登場しました。

高価なハンディターミナルをスマートデバイスに置き換え、POSシステム自体をクラウド環境で提供することにより、導入コストを大幅に引き下げており、その手軽さから、さまざまな店舗で導入が進められているのです。

オーダーエントリーシステムの選び方

オーダーエントリーシステムを選ぶ際は、次の流れで確認しましょう。

  • オーダーエントリーシステムの導入目的を確認する
  • オーダーエントリーシステムの機能を確認する
  • オーダーエントリーシステムを導入する際の注意点を確認する
  • オーダーエントリーシステムの料金・価格相場を確認する

オーダーエントリーシステムの導入目的を確認する

オーダーエントリーシステムの導入を検討する際は、まず導入目的を明確にしましょう。主な導入目的は次のとおりです。

導入目的 詳細
オペレーションの効率化をしたい 注文〜会計まで効率化できオーダーエントリーシステムがおすすめ
売上データの収集と分析がしたい 注文データや売上情報が可視化できるオーダーエントリーシステムがおすすめ
顧客サービスを向上したい 顧客情報が登録できるオーダーエントリーシステムがおすすめ

オーダーエントリーシステムの機能を確認する

クラウドPOSレジでできること、利用できる機能は次のとおりです。上記の導入目的・課題をどのように解決できるか記載しているため、必要な機能を洗い出しましょう。

【基本的な機能】

機能 詳細
メニュー管理 レストランのメニューアイテムを登録・管理する機能
注文入力 従業員が顧客からの注文をシステムに入力する機能
テーブル管理 レストランの席の配置や利用状況を把握し、空席状況や予約状況を確認できる機能
オーダーコンフィルメーション 注文内容を確認し、誤りがないか確認する機能
会計・決済処理 注文した料理や飲み物の金額を自動的に計算し、顧客に請求する機能

【特定の課題・用途・業界に特化した機能】

機能 詳細
顧客情報管理 顧客の情報や過去の来店履歴を管理し、顧客に合わせたサービス提供が行える機能
サービス向上のためのデータ分析 注文データや来店履歴を分析し、売れ筋メニューや顧客の嗜好を把握してサービス向上に活用する機能

オーダーエントリーシステムを導入する際の注意点を確認する

オーダーエントリーシステムを導入する際、失敗しないために次の項目も確認しておきましょう。

確認事項 詳細
システムの使いやすさ 従業員が簡単に操作できる使いやすいシステムを選ぶことが大切です。トレーニングや導入期間を考慮して、従業員がスムーズにシステムを活用できるようにしましょう。
POSシステムとの連携 導入するオーダーエントリーシステムが既存のPOSシステムと連携可能か確認しましょう。
セキュリティとプライバシー 顧客情報や取引データなどのセキュリティを確保することが重要です。
予算とコスト効果 オーダーエントリーシステムの導入にはコストがかかります。予算内で適切なシステムを選び、導入後のコスト効果を検討してください。
カスタマーサポート システム導入後もトラブルや問題が発生する可能性があります。信頼性のあるカスタマーサポートが提供されているか確認し、サポート体制を確保しましょう。

オーダーエントリーシステムの料金・価格相場を確認する

オーダーエントリーシステムの料金相場は、月額料金で数万円から数十万円程度です。また、従量課金の場合は、1件あたり数十円から数百円程度の料金がかかることもあります。必要な機能と要件が搭載されているサービスの料金を確認しましょう。

おすすめのオーダーエントリーシステム

さまざまなニーズに合わせ、多様なオーダーエントリーシステムが登場していますが、端末に焦点をあわせた、おすすめのオーダーエントリーシステムをいくつか紹介していきます。

CHUUMO - エフ・エス株式会社

  • QRコードやWeb上で注文も会計も可能
  • 7:00から25:00まで365日対応してくれる電話サポート
  • クレジットカード、PayPay、交通系電子マネー、現金支払などに対応

CHUUMOは、専用アプリのダウンロードが不要なモバイルオーダーシステムです。スマートフォンでのオンライン決済、レジによる既存会計方式、精算機を組み合わせた会計に対応した3プランを提供しています。

顧客は、QRコードを読み込めば好きなタイミングで注文でき、会計も可能です。追加注文もスムーズに行えるので、ホールスタッフの負担軽減と客単価アップに役立ちます。先払い、後払いが可能なので、テイクアウトにもおすすめです。

BCPOS - 株式会社ビジコム

BCPOS
BCPOS
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • POSレジのセット導入またはシステムのみの導入を選べる
  • 在庫や顧客データ、売上集計の管理もできる
  • 多様な決済方法に対応

BCPOS(ビーシーポス)は、WindowsOS搭載のパソコンに対応したPOSレジシステムです。各種クレジットカードはもちろん、交通系ICカード、電子マネー、QRコード決済、スマートフォン決済にも対応し、軽減税率への対応や免税販売もスピーディーに対応できます。さらに、自動釣銭機との連動もできるため、会計ミスを防止し決済業務もスムーズで混雑緩和にもつながります。在庫や顧客のデータ管理、売上集計機能も搭載しているので、端末1台であらゆる業務を完結できます。

リアレジ - 株式会社ビジコム

  • マルチOS対応で、導入も簡単
  • 時代の変化に合わせた多様な決済方法に対応
  • コスト削減と柔軟な店舗運営ができる新しい料金システム

リアレジは、店舗の業種、業態、規模、用途に合わせた自由な運用ができるPOSレジです。マルチOS対応でWindows、iOS、Androidで動作するため、店舗で使っている端末にそのまま導入できます。

レジ機能では、画面の商品メニューをタッチして、簡単に販売できます。商品マスタにJANコードを紐付ければ、バーコードでの販売も可能です。ほかにも、メニュー・商品登録やセミ・セルフモードといったさまざまな機能を搭載。決済端末や自動釣銭機との連動で、現金、キャッシュレス、非対面型のセルフレジなど、多様な決済方法に対応しています。

店舗の規模やレジの使用状況に合わせて、月々定額の料金プラン以外に、使った分だけ支払う従量課金制も採用。運用コストを大幅に削減し、時代の変化に対応した店舗運営を実現できます。

TenpoVisor - 株式会社ビジコム

  • 全店舗のPOSシステムのデータを自動集計
  • CSV出力が可能なあらゆるPOSシステムと連動
  • タブレットやスマートフォンでも利用できる

TenpoVisor(テンポバイザー)は、CSV形式でのデータ出力ができる、あらゆるPOSシステムと連動する店舗管理システムです。CSV出力さえ可能であれば、どのメーカーのPOSでも連動可能で、売上や在庫、顧客などのさまざまな情報を自動で集計します。集計された情報はブラウザで閲覧できるので、PCだけでなく、タブレットやスマートフォンでもデータの確認が可能です。店舗での導入作業はプログラムのインストールのみで、早ければ15分程度で完了。導入も情報集計も、スピーディに行えます。

ユビレジ ハンディ - 株式会社ユビレジ

ユビレジ ハンディ
ユビレジ ハンディ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • オーダーから会計までをシームレスに実現
  • デーブルの状況をひと目で把握
  • 高度なカスタマイズにも対応

ユビレジ ハンディは、iPhoneやiPod touchを飲食店向けの本格オーダーテイク用ハンディ端末として使用できるオーダーエントリーシステムです。ユビレジとの連携により、iPhone/iPod touchを使って注文の管理・キッチン伝票の印刷・会計機能などを効率よく進められます。テーブル利用状況をわかりやすいアイコンによりひと目で確認できるだけでなく、人数や客層などをあわせて入力しておくと、分析用のデータとできます。複数フロアがある場合のフロア別の伝票出し分けや商品カテゴリ別のキッチン伝票のだし分けなど、高度なカスタマイズも対応可能です。

Waiter

Waiterは、シンプルな使い方と豊富な機能で、飲食店のオーダー管理やデータ蓄積を可能とするクラウドのオーダーエントリーシステムです。

リアルタイムに空席を把握できることにより、予約管理で集客の最適化を実現できます。また、顧客の来店履歴から お食事の履歴まで一括管理できるのも大きなメリットです。集計した情報をもとに詳しい分析項目で、 店舗の売上状況を完璧に把握できるため、各店舗における運営改善も実現できます。

運営形態に最適なオーダーエントリーシステムを

導入コスト数百万円からが当たり前だったオーダーエントリーシステムも、さまざまなニーズに合致したシステムが登場し、クラウドを活用するシステムであれば、会計・分析までを含めても月1万円前後で運用可能です。

しかし、チェーン店は別としても、店舗の数だけ独自の運用方法があることも事実であり、まさにニーズに適うシステムを選択することが重要になります。

小規模店舗でも無理なくオーダーエントリーシステムの導入が可能になった現在、必要な機能はなにか、費用対効果はどうなのか、目的を明確にしていく必要があるでしょう。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

オーダーエントリーシステム選び方ガイド_20240129.pptx (2).pdf
オーダーエントリーシステム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
オーダーエントリーシステムの最近更新された記事