コピー完了

記事TOP

流動資産とは?賃借対照表「資産」の考え方について徹底解説!

最終更新日:
公開日:
賃借対照表を読むことができれば、経営者としてのバランス感覚を保つことができます。自社の状況を把握するだけでなく、取引先の営業状況を読み取ることもできますし、自身が独立するときの役にも立ちます。

今さら聞けない会計用語「流動資産」

賃借対照表を読むことができれば、経営者としてのバランス感覚を保つことができます。自社の状況を把握するだけでなく、取引先の営業状況を読み取ることもできますし、自身が独立するときの役にも立ちます。

しかし、会計を学んでいる、経理の担当をしているといった人でもないと、賃借対照表を目にする機会がありませんよね。

今回は、「資産」部分に着目して、賃借対照表の注目点を解説します。
資産には、”流動資産”、”固定資産”、”繰越資産”の3つがあります。

流動資産とは

流動資産とは、営業の中で発生した資産、1年以内に換金可能な資産のことを指します。
商品の種類によっては、販売までに1年以上の期間がかかる物もありますが、それが通常の営業の流れであれば、流動資産としてカウントします。
賃借対照表において、流動資産は上部に記載されます。
流動資産は、当座資産、棚卸資産、その他流動資産の3種類に分けられます。
実際の賃借対照表でも、この順番で上から記載されます。

  • 当座資産:現金、預金、売掛金、受取手形、有価証券など。流動資産の中でも、特に現金化しやすい資産です。
  • 棚卸資産:倉庫に残っている資産のこと。「棚卸資産を売れば、現金へ変えられる」という特徴があります。在庫を持つビジネスの場合は、棚卸資産が必須となります。しかし、棚卸資産=在庫を持ちすぎるのも危険なので、適切に把握しておきたいです。
  • その他流動資産:当座資産、棚卸資産のどちらにも分類されないものです。例えば、短期貸付金(1年以内の返済を条件とししお金を貸す)や未収金(本業以外で発生したもの)が挙げられます。

流動比率は経営分析の指標になる

流動資産を用いて表される数値に「流動比率」があります。

流動比率(%)=流動資産 ÷ 流動負債 × 100

※流動負債とは…今すぐに支払わなくてはならない借金のこと
流動比率から、会社の支払い能力を判断することができます。流動比率が高ければ、支払い能力が高く、流動比率が低ければ支払い能力が悪いことがわかります。流動比率の高さは、会社に余裕資金があるかどうかを表すので、与信管理の上でも重要な指標なのです。
一般的には、理想的な流動比率は200%です。ただ、中小企業においては、150%程度が現実的な数値でしょう。

固定資産とは

固定資産とは、流動資産とは違って、1年以上経過しても、簡単には現金化できない資産のことを指します。
固定資産は有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産に分類できます。

  • 有形固定資産:形のある固定資産のこと。土地、ビル、生産工場、機械などの設備が該当します。
  • 無形固定資産:形は無いものの、収益に関する資産のこと。代表的なものは特許権、営業権などが該当します。
  • 投資その他の資産:その名の通り、長期的に保有する「株」などが該当します。子会社へ出資するときなどに登します。

繰越資産とは

繰越資産には、利用することも販売することもできない資産が分類されます。
支出時に「費用」として計上するべきものでも、一部のものは「効果が長期的に得られる」として繰越資産としての計上が認められています。支出した費用の中で、その効果が1年以上に及ぶものと定義することができます。
例えば、開業費や創立費、社債発行費、開発費などが該当します。
会計上の繰越資産と、税務上の繰越資産は、同じでも償却(費用として計上すること)の方法が異なります。
会計上では好きな時に償却できますが、税務上においては、税法上の償却期間に合わせて償却をしていくことが必要です。

ビジネスマンとして、賃借対照表は読めるようになろう

自分の業務に直接かかわらずとも、賃借対照表を読み解けるようになると、経営的視点で会社を見ることができます。この記事も参考にしながら、基本的な読み方を身に付けましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

会計ソフト(財務会計)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
会計ソフト(財務会計)の最近更新された記事