コピー完了

記事TOP

出荷作業の業務改善方法・手順 | 導入事例 - 効率化できるシステムも

最終更新日:
商品の配送や在庫管理のような出荷作業にはシステム導入で劇的に業務改善が図れます。自動化できるところを無駄に人件費がかかってしまっている企業も少なくありません。 出荷作業を効率化した業務改善例とおすすめシステムを紹介します。

出荷作業とは

出荷作業は、ネットショッピングで注文された商品の発送を行うだけではなく、在庫の管理や検品なの業務内容が該当します。業務内容や扱う商品は倉庫ごとで変化しますが、送り状の作成や梱包など、注文されてから発送するまでの全行程を、出荷作業の担当が行うことが一般的のようです。

出荷作業の一覧
積み降ろし、検品、入出荷処理、軽作業、在庫管理、ロケーション管理、出荷指示、ピッキング、仕分け、伝票処理、梱包、受発注管理など

販売計画や在庫管理、出荷作業などは販売管理の一部です。販売管理についても詳しく知っておきましょう。

出荷作業における3つの手順

出荷業務の一般的な手順である受注から出庫までの流れを、3つに分けて紹介します。

ピッキング

ピッキング作業とは、商品の置いてある倉庫から伝票や指示書どおりのものを取り出す作業のことです。一概にピッキング作業と言っても、商品によってピッキングの作業工程は異なります。

ピッキングの際に必要な知識や経験は特にありませんが、重量のある商品を取り扱う際にはフォークリフトなどを使用するため、資格や運転免許などが必要となる場合も。

基本的には用意されたマニュアル通りに必要な商品をピックアップすることがピッキングの役割ですが、場合によっては検品や梱包も同時に行うこともあります。

出庫検品

出庫検品とは、商品に欠陥や問題がないかをチェックする仕事のことです。出庫検品作業では、食品類が腐っていないかの確認、衣類は糸のほつれやシミなどの汚れがないかの確認などのチェック作業がこれに該当します。

この出庫検品作業は、完成品として出てきた商品が出荷できる状態かどうかを確認し、商品に不具合が無いかなどチェックする作業なので、ミスが特に許されない業務です。

出庫確定

出庫を確定させる際には、取引先に受注内容に対する納品書を発行し、在庫担当者が売上伝票の作成を行います。売上伝票の作成ができたら、納品書や振替用紙などを梱包し、指定された運送会社へ引き渡して完了となります。

梱包作業では、ダンボールに入れるだけでなく、クッション材となる気泡緩衝材に包んだり、そもそもダンボール以外の木箱や発泡スチールの箱に入れたりする場合もあります。倉庫で扱う商品によって、外箱や緩衝材は変化します。

出荷作業における課題

上記のように、出荷作業は商品の搬入から発送までのすべてを担う場合が多いです。そんな出荷作業で生じる課題を紹介していきます。

在庫管理ミスや発送ミスの発生

倉庫内には大量の商品があり、同じ商品でも色やサイズが違う、型番が違うといった違いがあります。しっかり管理できていないと、

  • 入荷時に違う管理のバーコードをつけてしまう
  • 付属品が梱包されていない
  • 商品の数が間違っている
  • 送り先が間違っている
  • そもそも商品が違う

といったミスが発生してしまう原因になります。

出荷作業をする人の労力が大きい

出荷作業は、期日が決まっていたり商品が大きかったりと、作業する人の労力が大きくなってしまうことが多いです。急いで作業する場合や疲労が溜まってしまっているときには、ミスが起こりがちです。

出荷作業の業務改善方法

ミスが起こってしまうと問題が大きく、労力もかかりがちな出荷作業において、業務効率化やミス削減につながる取り組みはどうすればいいのでしょうか。出荷作業を改善するアイデアについて、2つ紹介します。

倉庫管理システムや在庫管理システムの導入

人力での作業を減らすために、倉庫管理システム(WMS)在庫管理システムの導入を検討するのも一つの手段です。

これらのシステムは、入荷時や現在の在庫数やズレがないかを確認し、出荷作業のミスを減らすのに役立つシステムです。

また、出荷作業に特化したシステムもあるため、こちらも検討してみてください。

マニュアル作成

出荷作業の効率を改善するには、マニュアル作成が欠かせません。利用するバーコードスキャナーや商品の搬入手順、出荷作業時の確認項目に至るまで、ありとあらゆる手順をマニュアル化しておけば、ミスは減るでしょう。

アルバイトや派遣社員が担当することも多い出荷作業では、人材の流れが激しく、教える人や技術を持った人が常にいるとは限りません。マニュアルを見ただけで、すべてがわかる状態になっていると望ましいでしょう。

出荷効率化に役立つシステム導入事例

システム導入により出荷作業を効率化させた企業の導入事例を紹介します。

事例1:少人数の経営で生産性向上

オーガライフプラス社は150種類近くの商品を数名体制で取り扱っていましたが、出荷業務に半日以上かかってしまい、他の業務に支障が出てしまう恐れがありました。

そこで、シッピーノを導入しました。その結果、シッピーノとFBAに出荷業務を任せられるようになり生産性が向上し、現在では会社のビジネスには欠かせないツールとなっています。

事例2:手軽に多店舗経営を可能に

セカンドフロアは、ECサイトの運用を1人のスタッフだけで行っていおり、出荷や在庫管理に相当な手間がかかっていましたため、シッピーノを導入しました。その後、一週間分の注文を自動出荷できるようになったため、作業時間と手間を大幅に削減できるようになりました。

出荷作業におすすめのシステム5選

商品の受注後の物流作業を効率化してくれるサービスを5つ紹介します。受注・発送業務を自動化してくれるため、出荷作業を効率化させたいと考える企業の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ロジクラ - 株式会社ニューレボ

ロジクラ - 株式会社ニューレボ 画像提供:ニューレボ

  • すべての作業をクラウドで一元管理
  • アナログな物流作業の70%を削減
  • スモールEC向けのベストソリューション

ロジクラは、スモールEC向けのサービスです。スモールECの出荷作業をクラウドのパワーで効率化することによって、EC事業の出荷オペレーションを大幅に削減します。同サービスは、専用アプリもあるため、スマホを活用してピッキング・検品・宅配伝票の発行・クラウド上での在庫管理が可能となっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ロジクラの資料を無料DL

シッピーノ(Shippinno)

  • 国内主要サービスとの連携数No.1
  • 多数の物流サービスと連携している
  • 手間のかかる処理をすべて自動化

シッピーノ(Shippinno)は、ECの出荷業務を完全自動化するネットショップ運営がラクになるWebサービスです。メール自動送信やギフトや特殊な梱包にも対応していることもあり、手間のかかる処理をすべて自動化してくれます。国内主要サービスとの連携数No.1ということもあって、500以上の店舗がシッピーノを活用中です。

EXPRESS(エクスプレス)

  • 箱や梱包資材、出荷のためのスペース不要
  • 手作業でのデータ処理や入出荷業務で時間をカット
  • フルフィルメントのコストを大幅に削減できる

EXPRESS(エクスプレス)は、ECビジネスを加速する完全自動出荷の物流代行サービスです。手間のかかる処理をすべて自動化して工数を削減するため、自社でやるべき業務は商品を仕入先からEXPRESS倉庫に直送するだけです。商品の選定やマーケティングに力を入れ、売上アップに集中したい企業にオススメです。

アマヤフ!

  • ライバル不在の商品群多数
  • 資金回収機会が増える
  • 販売手数料が安い

アマヤフ!は、無駄な作業コストをかけずに、売上・利益率・在庫回転・キャッシュフローを最大化するソリューションです。Amazon × Yahoo!ショッピング併売に必要なあらゆる作業をほぼ全自動で完結させられるオールインワンパッケージとなっているので、Amazonセラー向け、Yahoo!ショッピング販路拡大ツールとして活用できます。

openLogi(オープンロジ)

  • 物流業務がオンライン上で完結
  • 物流業務におけるあらゆるニーズに対応
  • 初期費用・システム利用料は0で固定費なし

openLogi(オープンロジ)は、固定費ゼロ・従量課金で利用できる物流アウトソーシングサービスです。初期費用・システム利用料は0で固定費なしで利用をスタートさせられるため、システムの導入が初めての企業でも安心して利用を開始できます。会員登録後すぐに利用できることがおすすめのポイントです。


上記で紹介したサービス以外の出荷管理システムは、こちらの記事で紹介しています。

また、発送業務のみを効率化したい場合は、発送代行サービスを利用するという手段もあります。自社の課題にあわせて、こちらも検討してみてください。

出荷作業の自動化で業務改善を

現在では多くの企業が出荷効率化に役立つシステムを導入することで、出荷にかかる手間やコストを大幅に削減しています。

特に現在ではスマホの普及により、インターネットで買い物をする人が増加しています。扱う商品によっては自社出荷では出荷作業が追いつかないケースも少なくありません。

今後自社の出荷作業の効率化を検討している企業の方は、ぜひ本記事で紹介されている出荷作業におすすめのシステムを参考に、導入を検討してみていかがでしょうか。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
その他ビジネスの最近更新された記事