コピー完了

記事TOP

販売管理とは?目的やメリット - おすすめサービスと費用

最終更新日時:
記事の情報は2021-12-23時点のものです。
販売管理では、販売計画や販売員管理、仕入れ、受注、在庫、出荷、納品、請求、代金回収など、販売に関する一連の業務を管理します。本記事では、販売管理の目的やメリットを紹介します。

販売管理とは

販売管理とは、出荷や請求、仕入、在庫といった販売に関係するプロセスをまとめて管理します。出荷管理システムや請求管理システムに含まれる機能を一括で導入して機能間の連携を最適化。売上および経費の管理にも役立てられます。

【関連記事】
販売管理の流れ
販売管理システム・ソフトの比較

販売管理の目的

販売管理の目的は、次の3つです。

  • 収益を確保するため
  • トラブルを回避するため
  • 顧客満足度向上のため

収益の確保

販売管理によって売り上げた製品や仕入れにかかった費用を可視化できるため、収益を確保しやすくなります。また、仕入を適切に管理できれば、在庫を最小限に抑えられるため利益を最大化できるでしょう。このように、販売管理で各工程の連携を高めて利益を残せるようになります。

トラブルの回避

販売管理はトラブルの防止にも役立ちます。販売のプロセスを適切に管理できなければ、作業ミスやコミュニケーションミスによってリスクが発生しかねません。トラブルを予防するためには、情報共有や業務フローの統一が必要です。

顧客満足度の向上

販売管理システムは顧客満足度の向上に寄与します。販売管理システムを活用すれば、顧客ニーズの分析により顧客が求めていることを予測可能。また、在庫状況や入荷時期をリアルタイムに把握できるため、顧客に最適な提案をできます。

販売管理の流れ・プロセス

販売管理は、販売に関わる管理業務の総称です。具体的に管理すべき項目として、受注管理、出荷管理、請求管理、仕入管理、在庫管理などがあります。ここからは、これら販売管理の流れを簡単に解説します。

今回紹介できなかった管理手法については次の記事で紹介しています。

1. 受注管理

受注管理では「顧客が注文する見込みの段階」から「顧客が注文するまでの段階」を管理します。具体的な工程としては見積もり、受注契約の締結、受注業務の3段階です。

見積もりでは、商品の金額や数量、納品予定日を顧客に提示します。顧客が購入を希望した場合、受注契約の締結に移り契約書を発行。契約が締結されると、納品すべき商品の数量や納期を確認し受注業務に移ります。

【関連記事】

受注管理とは
受発注システムの比較

2. 出荷管理

出荷管理は、受注した商品の「出荷から納品までを管理」を指します。

出荷業務では、指示書を作成し在庫担当者へ出荷を指示することで発送を手配。つづく納品業務においては、注文どおりの商品と数量を納期までに届けて納品書を発行します。商品を出荷し注文どおりに納品できれば売上を確定できます。

3. 請求管理

請求管理は「代金の請求から回収まで」を管理します。

請求業務では請求額の確定後、請求書を発行。請求の締め日がきたら、期間内の請求書をまとめて作成し送付します。回収業務では期日までに指定した金額が入金されているかを確認。入金を確認したら取引内容の記録に移ります。

4. 仕入管理

仕入管理は「商品や材料の購入管理」を指します。具体的には、「見積もり、購買契約の締結、発注、入荷検収、支払い」の流れを管理します。

見積もりでは仕入先に商品の価格と納期を提示してもらい、購買契約の締結では条件調整後に契約書を交付。正式に発注してからは、入荷された商品を検品し問題がなければ指定の金額を支払います。

5. 在庫管理

在庫管理では、商品を過不足なく用意することが求められます。在庫管理は「受け払い、棚卸し、購買依頼」の3つで構成されます。

受け払いでは、在庫の受発注を商品の単価、数量、金額を記録。棚卸しは、在庫の記録と実数を一致させる業務です。誤差が生じたら原因を調査し対策を検討します。購買依頼では、各企業の方式にあわせて発注する業務です。

【関連記事】
在庫管理とは
在庫管理システムの比較
在庫管理アプリの比較

販売管理システムを導入するメリット

販売管理システムとは、商品の仕入から現金化までをマネジメントするシステムです。具体的には販売計画、販売員雇用、仕入、受注、在庫、出荷、納品、請求、代金回収などを管理可能。販売に関連した業務を一元管理できるため、コストや工数の削減に役立ちます。

販売管理システムを導入することで、次のようなメリットがあります。

  • リアルタイムに状況を共有できる
  • ミスを減らせる
  • 管理コストを削減できる
  • 情報を一元管理できる

リアルタイムに状況を共有できる

販売管理システムを導入することで、販売に関連する状況をリアルタイムに把握できます。不必要な在庫を抱えなくなるため保管にかかるコストを抑制可能。また、賞味期限切れや品質期限切れになりそうな商品を明らかにし、機会損失を予防します。

ミスを減らせる

販売管理システムであれば、二重計上や入力ミスを防止しやすくリスクの低減に役立ちます。データの連携によって入力する回数が少なくなるため、ミスをする回数も抑制されます。

管理コストを削減できる

販売管理システムを使えば、データはクラウドに保存されるためペーパーレス化の促進、ひいては印刷代や保管コストを削減できます。また、必要なタイミングで情報にアクセスしやすくなる点もメリットといえるでしょう。

情報を一元管理できる

販売管理システムを使うことで、情報の一元管理が可能です。販売管理システムは、情報を1か所にまとめて管理するため、情報を探す時間がかかりません。また、販売データの集積によって売れ筋を把握でき、効率的な仕入が可能になります。


販売管理システムでできることに関しては次の記事でより詳しく紹介しているので、ぜひご参照ください。

販売管理システム比較!クラウド型ソフトを業界別に紹介
おすすめの販売管理ソフトを比較して紹介!クラウドやパッケージ、無料・有料などタイプ別にソフトを解説します。販売管理...
詳細を見る

販売管理システムの選び方

販売管理システムは次の3つを意識して選ぶようにしましょう。

  • 業界に合ったサービスか
  • 会社の規模にあっているか
  • サポートやセキュリティは十分か

業界に合ったサービスか

販売管理システムは、業界に合ったシステムを選びましょう。業界に合ったシステムには最適化された機能やフォーマットが存在するため、運用にかかる工数を抑えられます。

会社の規模にあっているか

会社の規模にあったサービスを選ぶのも大切です。社員が少なくシンプルな機能でよければパッケージ商品が便利です。一方、社員が多く特殊なシステムを必要とする場合、柔軟にカスタマイズ対応してくれる会社を選ばなければなりません。

サポートやセキュリティは十分か

サポートやセキュリティがしっかりしているかも必ず確認しておきましょう。うまく活用できていない場合に、丁寧にサポートしてくれる運営会社であれば安心して運用をまわせます。また、セキュリティ対策が十分な企業であればリスクの軽減に役立ちます。

販売管理で健全な会社経営

販売管理サービスを検討している方は、経営層や現場の方に販売管理の重要性を理解してもらい販売管理にあたる体制を作りましょう。これらを怠ってしまうと、現場でシステムが使われなかったり、経営層がデータを活用できなかったりと無駄が生じてしまいます。

販売管理システムは、販売管理の知識が少ない方でも利用しやすいように工夫されています。意思疎通さえしっかりと行っておけば、スムーズに導入できるため、事前の情報共有を徹底しておきましょう。

【関連記事】
販売管理の流れ
販売管理システム・ソフトの比較

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

販売管理システム選び方ガイド
販売管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
販売管理システムの最近更新された記事