在庫管理システムの関連情報

コピー完了

記事TOP

在庫管理システムの機能一覧!導入メリットと選び方のポイント

最終更新日:(記事の情報は現在から71日前のものです)
在庫管理システムは、在庫数の管理や自動発注、検品や棚卸機能などあらゆる機能が備わっており、生産性向上や機会損失の回避などあらゆるメリットがあります。本記事では在庫管理システムの機能を一覧で紹介します。あわせて在庫管理システムの導入メリットや選び方も解説するため、ぜひ参考にしてください。

【厳選】おすすめ在庫管理システムをまとめてチェック!
在庫管理システムの比較表
\料金や機能を資料で比較する!/

おすすめ在庫管理システムの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ在庫管理システムを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

在庫管理システムとは

在庫管理システムは、在庫管理を効率化するためのさまざまな機能が備わったITツールです。商品情報や在庫数量、入出庫履歴などを一元管理することで、在庫状況の把握や入出庫管理をスムーズに行えます。

在庫数の可視化や最適化が行えることで、在庫不足による機会損失や余剰在庫のコストや手間を減らし、業務効率化や利益率向上へ導きます。

在庫管理システムの機能一覧

在庫管理システムの機能は次のようなものが挙げられます。

商品マスタ管理

品名やコード、数量、単価、カテゴリ、製造日、保管場所などの商品情報の登録・編集・削除を行う機能です。商品の基本情報や価格、在庫数などを管理します。

在庫一覧

商品ごとの在庫数量をリアルタイムで表示し確認できる機能です。在庫の数量のほか、保管場所や入出庫履歴などの確認も行えます。

入出庫管理

商品の入庫や出庫を管理する機能です。在庫の増減を記録し、正確な在庫数を維持が可能になるため、在庫の管理・把握の精度向上が期待できます。

検品管理

商品の品質や数量を伝票内容と相違がないか確認する機能です。また、入庫時や出庫時に検品を行い、不良品を排除します。

返品管理

顧客からの返品を管理する機能です。返品理由や数量を記録し、適切にデータを修正・処理します。

棚卸

定期的に行う棚卸を効率化する機能です。バーコードを専用端末で読み取り、実在庫数とデータ上の数を称号し、誤差を修正します。

在庫分析

過去のデータをもとにして、在庫の動向や売れ筋商品を分析する機能です。在庫の最適化や仕入れ戦略に活用します。

データ抽出

必要な在庫データを抽出して分析する機能です。売上分析や予測に役立てられます。

マスター管理

商品や顧客、スタッフ、仕入先などのマスターデータを管理する機能です。一元管理でデータの整合性を保ちます。

在庫管理システムの導入メリット

在庫管理システムを導入することで、次のようなメリットがあります。

  • 余剰在庫の削減
  • 欠品による機会損失の防止
  • 生産性向上
  • 棚卸業務の負担軽減

余剰在庫の削減

在庫管理システムを導入することで、在庫状況をリアルタイムで把握できるため、適切な在庫レベルを維持し、余剰在庫を削減できます。

在庫切れを心配して必要以上に仕入れなくて良くなるほか、劣化した商品の廃棄もなくなるため、コストの削減・適正化につながります。

さらに、在庫の賞味期限が近づくとアラートで知らせる機能がある在庫管理システムもあり、在庫ロス対策を徹底できます。

欠品による機会損失の防止

在庫不足を事前に察知し、発注や補充を適切なタイミングで行うことで、欠品による機会損失を防止できます。

もしも、在庫切れがあった場合、すぐに購入したい顧客がいる場合には機会損失となるほか、顧客満足度の低下を招きます。

在庫管理システムを導入することで、正確な在庫状況が把握できることで在庫不足による機会損失を防ぎ、顧客満足度の向上を図れます。

生産性向上

在庫管理システムは、倉庫や店舗ごとの在庫数の管理を一元管理できるため、これまでのExcelでの手入力や紙への記入による在庫管理業務の時間を削減し、より付加価値の高い業務に集中できます。

また、在庫状況が一目でわかったり、在庫の変動を分析できたりするため、必要在庫の予測をスムーズに行え生産性向上につながります。

棚卸業務の負担軽減

日ごろの在庫管理において、常に在庫数や状況を把握できているため、棚卸の際の業務が大幅に削減できることもメリットです。

従来の棚卸業務では、目視による在庫数のチェックが必要となり膨大な時間が必要でしたが、在庫管理システムを活用することで、バーコードでの在庫管理を行えるため、在庫数の確認がスムーズに完了します。人的ミスや集計ミスもなくなり、負担軽減と精度の向上が期待できます。

在庫管理システムの選び方

在庫管理システムは次のようなことに気をつけて選ぶとスムーズに導入や運用が進められます。

自社の商材管理に合うか

自社の商品や業種に適した機能を持つシステムを選びましょう。

在庫管理システムのなかには、賞味期限が近い商品から優先的に出荷できるものや、期限が近づいてきた場合にアラートを出す機能が備わっているものもあります。食品や飲料品などを扱う場合にはこのような機能があるシステムがおすすめです。

他にも、 複数の倉庫や店舗の在庫を一元管理できるか、ロット管理やシリアル番号での管理などに対応しているかなど、自社の在庫管理に適したものを選ぶ必要があります。

拡張性・システム連携が可能か

在庫管理システムは、企業の成長に合わせて拡張できることが重要です。将来的なニーズを考慮し、システムが拡張可能かどうかを確認しましょう。

たとえば、会計システムやECサイトとのデータ連携がスムーズに行えるかなどは業務効率の向上に直接寄与するため、確認しておくと安心です。

おすすめの在庫管理システム

次の記事では、口コミ評判で人気の在庫管理システムを多く紹介しています。在庫管理システムを比較検討したい方は、ぜひ参考にしてください。

在庫管理システム比較35選!ECサイトや倉庫管理向けおすすめソフト【無料あり】
ボクシルおすすめの在庫管理システムを解説!各サービスの特徴や機能、価格を比較して紹介します。無料で使えるシステムや...
詳細を見る

在庫管理システムの導入で業務効率向上や顧客満足度向上を目指そう

在庫管理システムは、企業の在庫管理を効率化し、経営改善に貢献するツールです。自社のニーズに合った最適な在庫管理システムを選び、導入を検討しましょう。

在庫管理システムは複数あり、特徴や機能、導入形態などがそれぞれ異なります。自社で扱う商材や、課題に合うシステムを比較検討して選ぶことをおすすめします。

\料金や機能を資料で比較!/

在庫管理システム_20240402.pptx.pdf
在庫管理システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
在庫管理システムの最近更新された記事