Article square balloon green
2018-10-05

QCDとは?製造業の生産管理でなぜ重要なのか - ビジネス用語解説

製造業において必要最低限な知識の中に「生産管理のQCD」と呼ばれるものがります。Quallity・Cost・Deliveryの3つの頭文字を取ったもので、製造業において最も重要な概念とされており、この3つ要素が確立していなければ良いビジネスは生まれないとされています。このQCDについて解説していきます。※初回公開日::16/10/18
ECサイト生産管理システム
Large

社内での配属先が営業部だろうと製造部だろうと経理部だろうと、製造業という括りの中にいることに違いはなく必要最低限に求められる知識の違いもありません。そんな製造業の必要最低限な知識の中に「生産管理のQCD」と呼ばれるものがります。

これまで製造業の現場で働いたことのない方にはあまり聞きなれない言葉ですが、この「生産管理のQCD」とは一体何なのか?本記事では製造業におけるQCDの概念を解説していきます。

中途採用などでこれから製造業に飛び込む方も、入社前準備としてぜひ読んでいただきたいと思います。

Quallity・Cost・Delivery

まず生産管理のQCDとは英語の「Quallity」「Cost」「Delivery」の3つの言葉の頭文字をつなげたものであり、日本語にすると「品質」「コスト」「納期」となります。

これらは製造業において最も重要な概念とされており、この3つ要素が確立していなければ良いビジネスは生まれないとされています。

そして、このQCDの並びにはしっかりと意味があります。

なぜQCDでなくてはならないのか

QCDは「CDQ」や「DQC」など異なった順番で表記されることは決してありません。これは3つの要素の中でも何をおいても「Quallity(品質)」が優先されるからです。

どんなに低コストでも、そんなに納期が早くても製品にある一定以上の品質を満たしていなければ価値はまったくありません。皆さんが100円均一ショップで買い物をする際、どんなに安くても品質が悪ければ「買いたくない」と思うように製造業においても品質の悪さは何よりも敬遠されるものなのです。
「Quality First」という言葉があるように、品質はどんなときでも最重要項目となります。

品質さえよければいいのか

では品質さえよければ「Cost(コスト)」と「Delivery(納期)」はおざなりになってもいいのか?では当然ありませんね。

品質がどんなによくてもあまりに高額な製品は売れません。逆にあまりに低価格でも製品に対しての信頼が生まれず、これもまたビジネスが成り立ちません。コストはある一定の水準を保ちつつ低価格なものが最適なのです。

再び100円均一ショップを例に挙げるとまったく同じ製品を別々のメーカーが製造していて、一方は100円そしてもう一方は1円で販売されていたとします。
この場合皆さんはどちらを購入しますか?

価格差99円と1円の製品の方が圧倒的に安く(安過ぎる)コストメリットはあるのでしょうか、100円均一ショップの中で著しく相場を下回っていることから、「品質的に問題があるのではないか?」という疑念が生まれます。

使っている素材も、製造工程も全て同じにも関わらずです。

この場合おそらくほとんどの肩が「安心」を求めて100円の製品を購入するかと思います。
人間は意識の根底に「安かろう悪かろう」という概念があるので、ある一定の以上の価格でなければ安心して購入することが出来ないのです。

このようにあまりに低価格な製品には信頼が生まれず、「とにかく低価格であればいい」というわけではありまえん。

そして品質が良く、価格が適正だとしても納期を守らなければ取引先との信頼関係は生まれず継続してビジネスを行うことが困難になります。

品質は最優先すべき要素ではありますが、次いでコスト、最後に納期と全てが揃ってこその製造業です。

QCDの関連性

良い製品の条件というのは「品質が高い」「価格が低い(ただし適正で)」「納期が早い」の3つです。しかし製造業においてこれがなかなか難しく、各企業が日々取り組む課題でもあります。

QCDとは一見独立してるように見えて一つの線で繋がっており、品質が上がればコストが上がり、納期が長くなります。

製造業において、というより全てのビジネスにおいて品質を上げて価格を下げて納期を短くするということは実は非常に難しいことなのです。

これらを実現するため開発部では日夜アイディアの出し合いが続き、製造部では無駄な工程を一切省きマニュアル化し、営業部では取引先との価格交渉が行われています。

おすすめの生産管理システム

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
生産管理システムの資料を無料DL

TECHS-S

  • 納期の短縮が可能
  • 進捗・納期管理の強化と原価低減効果
  • 正確なコスト管理の実現

TECHS-Sは個別受注型の機械・装置・金型業様向けに開発された、 中小中堅企業のための生産管理システムです。

部品マスタの事前登録なしで運用ができ、CADやExcelからの部品表データを 取り込むことができます。 これで大幅な作業時間の短縮が可能で、納期を短縮できます。さらに、正確な生産管理で品質の改善ができます。つまり、業務効率を上げながら正確さと品質を向上できます。生産管理が正確になることで、コスト管理が強化されて、原価の低減が可能になります。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
TECHS-Sの資料を無料DL

TECHS-BK

  • 部品加工業に最適な設計
  • 品質の改善が可能
  • 定量的な管理体制を構築

TECHS-BK部品加工業に最適な生産管理システムです。 現場の進捗管理、負荷管理、原価管理を効率的に、そして正確にすることで、企業の生産性を向上させます。
部品加工業に最適化されているので、この業種の企業が必要としている機能を搭載しています。管理に書ける手間が省けるので、品質の改善に注力できます。同時に生産管理が高まることで、不明瞭なところがあった管理がしっかり数字で管理されます。結果的に生産のすべての機能を教科することが可能になります。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
TECHS-BKの資料を無料DL

生産の基本であるQCDをしっかり管理しよう!

最近ではQCDだけでなく、QCDSM(QCD+Safety+Moral)やQCDDSS(QCD+Development+Speed+Service)といった派生した概念が生まれていますが、いずれにしてもQualityが最優先だということがわかりますね。

製造業における生産管理のQCDは基本概念であり最も重要視されるべきものなのです。(製造部ではまず安全第一です)

そしてQCDは製造業だけでなく全てのビジネスシーンにも重要なことであり、将来的に製造業の世界を抜け出し別の職に就いたとしても、常に覚えておいて欲しいと思います。

下記の記事ではOJTとOff-JTの意味とメリットデメリットのみならず、在庫管理・生産管理も含めたこの分野のサービスを幅広く紹介しています。

在庫管理・生産管理を33コ集めて料金と機能を比較してみた【EC初心者の方へ】 | ボクシルマガジン
EC初心者の方必見!在庫管理・生産管理システムの導入でお困りではないですか?今回、在庫管理・生産管理システムを33...

次ページにて上記記事で取り上げた各在庫管理・生産管理の機能・料金比較表と、番外編として関連するボクシルの記事をまとめて紹介したものをそれぞれ用意していますので、こちらも検討の際に参考にして下さい!

Article whitepaper bgS3 0
生産管理システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
非公開企業、株式会社イー・コモード
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事