コピー完了

記事TOP

タレントマネジメントシステムの失敗事例は?成功のためのポイント

最終更新日時:
記事の情報は2022-08-02時点のものです。
タレントマネジメントシステムの導入に失敗している企業のパターンをもとに、失敗する企業の共通点や成功のポイントについて説明します。導入失敗のパターンはそれほど多くないので、システム導入前にしっかりポイントを押さえておきましょう。

タレントマネジメントシステムとは

タレントマネジメントシステムとは、企業の人材の「個性・才能・スキル」といったタレント情報をデータ化し、一元管理するシステムのことです。タレントマネジメントの人材情報データベースを全社的に共有することで、人材育成・人材活用の人事戦略や経営戦略に役立てる目的があります。

タレントマネジメントシステムを導入することで、プロジェクトごとに最適な人材を全社およびグループ全体から迅速に探し出せるようになり、競争力のある経営戦略が実現可能になります。

タレントマネジメントシステム導入は難しい?

タレントマネジメントシステムは、企業が導入に失敗しやすいITシステムの1つです。ただし、これは技術的に難しかったり、システムのカスタマイズに多額の費用がかかったり、要件定義が難しかったりするから失敗するわけではありません。

むしろ、タレントマネジメントシステムは、その他のITシステムと比較すると導入や操作自体は比較的容易な傾向があります。

タレントマネジメントシステムの導入が難しいのは、まだまだ「タレントマネジメント」の概念が浸透していない企業が多いにも関わらず、準備せずにタレントマネジメントシステムを導入して結果的に浸透しない事例が多いからです。

逆に、すでにタレントマネジメントに力を入れている企業であれば、システム導入のハードルは高くありません。

タレントマネジメントシステムの課題

タレントマネジメントシステム導入にあたっての課題は、タレントマネジメントには手間がかかり、運用を成功させるには時間がかかることです。

タレントマネジメントシステムは、人事業務というより経営者の人事戦略・組織作りに関する意思決定をサポートするツールなので、経営者が経営戦略の中にタレントマネジメントを位置づけなければ効果を発揮しません

よって、タレントマネジメントシステムの導入に失敗しないためには、これから説明する失敗事例のように「なんとなく流行っているから」という理由で導入しないことが重要です。


タレントマネジメントシステムとはどういうものなのか、詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてください。

タレントマネジメントシステムとは?目的や機能・比較ポイント
タレントマネジメントシステムとは、企業の人材の能力・スキル・経験といったタレント情報をデータ化して、一元管理するシ...
詳細を見る

タレントマネジメントシステムの失敗事例

タレントマネジメントシステムの導入失敗は、「タレントマネジメント」に社内のリソースを避けないことにより発生します。

次に説明する6つの傾向がある企業は、タレントマネジメントをうまく社内で活用しきれていない可能性があるので、タレントマネジメントシステムを導入しても失敗しやすいです。それぞれの失敗事例について詳しく説明します。

既存の人事制度と連携していない

タレントマネジメントシステムを、人事戦略の中でどのような位置付けにするのか、既存の人事制度やシステムにどのようなメリットをもたらすのかを説明できない場合は、導入に失敗する可能性が高いです。

タレントマネジメントシステムを活用して、社員の能力やスキルをただ管理しているだけでは、ほとんどシステムを活用するメリットはありません。既存の人事制度や人事システムと連携して、タレントマネジメントシステムは初めて効果を発揮します。

社員の理解が得られずデータが収集できない

社員の理解が得られずデータを収集できない企業も、タレントマネジメントシステムの導入に失敗するでしょう。タレントマネジメントシステムは、経営陣が社員の能力やスキルを把握するためのツールであり、社員が自身の能力開発状況を記録するツールでもあります。

社員がきちんとデータ入力に協力してくれない企業は、結局システムに蓄積されたデータが活用に耐えうるものでなくなり、失敗することが多くなります。

収集したデータの活用方法が定まらない

収集したデータをどのように活用するのかがイメージできていない企業も、タレントマネジメントシステムの導入に失敗する傾向にあります。

タレントマネジメントは、経営陣の意思決定の前提となるデータを集めるツールなので、そもそもデータをどのように活用するのか決めていない状態で、システムを導入するのは本末転倒です。タレントマネジメントシステムを活用して何をしたいのか、活用目的を明確にしてください。

システム導入すれば効果が出ると勘違いする

タレントマネジメントシステムは、社員に必要なデータを入力させ、分析をする必要があるシステムなので、何を明確にしたいかが不明確であれば、かえって社内の生産性を低下させてしまいます。

人材データの一元化に取り組めていない

人材データが社内の複数のシステムに点在していると、管理が一元化できずタレントマネジメントシステムの効果を活かしきれない失敗事例が考えられます。

人事評価は人事評価システム、能力についてはタレントマネジメントシステムといったように、同じ人材データが複数のシステムに分けて管理されていると、特定の社員の全体像を把握するのに手間がかかってしまうでしょう。

人材情報データベースを最新に保てない

タレントマネジメントシステムの人材情報を、最新に保つためにリソースを割けない企業は、システム運用に失敗する可能性が高いです。

タレントマネジメントシステムは、情報を一度入力すれば終わりではなく、社員の能力開発状況や育成計画の進捗に合わせて、常に情報をアップデートしていかなければなりません。

こうした作業は手間がかかるので、社員にシステムが浸透しない理由になりえますが、人材情報を最新に保てていないと、結局データを経営戦略に活かせないのでシステムが形骸化してしまいます。

全社レベルでのシステム導入の逆効果

全社すべての部門で、タレントマネジメントシステムを一気に導入しようとして失敗する事例は少なくありません。

タレントマネジメントシステムで、全社のあらゆる職務に共通の情報を集めようとすると、結果的に最大公約数の人材情報になってしまい、タレントマネジメントの活用に役に立ちません。

タレントマネジメントシステム活用成功のポイント

タレントマネジメントシステムは活用が難しいツールですが、失敗事例をもとに原因分析や対策を行い、成功のポイントを踏まえれば活用はそれほど難しくありません。

ただし、現場の運用に任せるのではなく、経営陣がトップダウンでタレントマネジメントの重要性を周知させ、導入を推進する必要があります。

人材情報データを自律的にアップデートさせる

タレントマネジメントシステムの運用を成功させるためには、社員が自身の情報を積極的にアップデートする必要があります。

社員の人事評価システムの中に、タレントマネジメントを組み入れたり、キャリアアップにつながるインセンティブを与えたりすることで、社員の積極的な関与を得て、人材情報データベースが最新の状態に維持できるようになります。

スモールスタートでシステム導入する

全社レベルでのシステム導入の逆効果を避けるには、スモールスタートでタレントマネジメントシステムを導入するのが成功のポイントです。

たとえば、技術開発部門や運用部門などに絞って、タレントマネジメントを導入し、うまく人材情報を活用できるようなベストプラクティスを蓄積します。そのベストプラクティスを応用しながら、全社にわたって段階的にタレントマネジメントシステムを導入することが成功につながります。

人材データの一元化に取り組む

人事に関するシステムは、人事システム、給与計算システム、人事評価システム、タレントマネジメントシステムといったように多岐にわたります。

社員の配置転換や採用、能力開発計画の作成などの正しい意思決定をするために、人材データの持ち方についても検討しましょう。

近年では、複数の人事システムの機能を持つサービスが出ているため、必要なデータに応じてシステム選定しましょう。

【2022年】タレントマネジメントシステム比較27選!価格や機能とサービスの選び方
タレントマネジメントシステムとは、従業員のスキルや経験を可視化し人材マネジメント・開発・育成に役立てるサービスです...
詳細を見る

運用のための社員教育・人事制度の調整を行う

タレントマネジメントシステムの導入を成功させるためには、社員がシステムを使える環境を整備しなければなりません。運用のための社員教育・人事制度の調整を行い、タレントマネジメントシステムの活用が組織に根付くような施策を行います。

また、タレントマネジメントシステムを活用した能力開発には、1on1といった施策も併用することが多いため、上司のマネジメント力強化の施策も必要です。

人事制度とは?構成要素や課題・設計するポイント・事例から学ぶ対策
企業にとって人事制度は組織をうまく構築するために欠かせないものです。しかし、人事制度と言っても具体的にはどんなこと...
詳細を見る

最適なシステム選定を行う

システム選定もタレントマネジメントシステムの導入を成功させるポイントです。システムは現場に浸透しやすいように使いやすいインターフェースのものを選定するのはもちろん、必要な機能が搭載されているかも確認してください。

必要な機能を検討する前提として、企業側はタレントマネジメントシステムをどのように活用するのかを明確にしていないといけないので、ただ機能が豊富にあるツールを選べばよいわけではありません。

タレントマネジメントに真剣に取り組む企業は成功する

タレントマネジメントシステムは、人材育成・人材活用の人事戦略に役立つシステムです。企業はプロジェクトごとに最適な人材を迅速に探し出せるようになり、競争力のある経営戦略が実現できるメリットがあります。

タレントマネジメントシステムは導入に失敗しがちなツールですが、失敗する企業はそもそもタレントマネジメントを社内に浸透させておらず、導入理由自体が不明瞭なことが多いです。

タレントマネジメントに本気で取り組んでいる企業にとっては、使いこなすのはそれほど難しいツールではないので、失敗事例を踏まえたうえで、タレントマネジメントシステム導入の経営陣のリーダーシップが求められます。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

タレントマネジメントシステム選び方ガイド
タレントマネジメントシステム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
タレントマネジメントシステムの最近更新された記事
【2022年】タレントマネジメントシステム比較27選!価格や機能とサービスの選び方
クラウド人事管理システム比較おすすめ35選!労務・採用・評価・勤怠管理ごとに紹介
人材管理とは?企業・経営として知っておくべきこと・おすすめシステム
タレントマネジメントシステムとは?目的や機能・比較ポイント
人材管理ツールのメリット・デメリットをまとめ!コスト・導入難易度は?
チームビルディングとは?方法や目的、事例
テレワーク時のマネジメント方法と課題 | 勤怠管理・評価に役立つツールを比較
タレントマネジメントシステムの導入事例|抱えていた課題と導入後の効果まとめ
カオナビ×サイダス×タレントパレット | クラウド型タレントマネジメントシステムの評判・価格・シェアを比較
サクセッションプランとは?目的・プロセスの解説とツール4選