コピー完了

記事TOP

人事制度とは?構成要素や課題・設計するポイント・事例から学ぶ対策

最終更新日時:
記事の情報は2022-04-26時点のものです。
企業にとって人事制度は組織をうまく構築するために欠かせないものです。しかし、人事制度と言っても具体的にはどんなことを行うべきかわからない人も多いのではないでしょうか。運用事例などを挙げて人事制度とは何かを詳しく解説し、経営戦略に役立つ設計・構築のポイントを詳しく解説します。

人事制度とは

人事制度とは、企業が人材をマネジメントするための仕組みのことを指します。主に等級・評価・報酬から成り立っており、広い意味では働き方の仕組み、人材教育、福利厚生も含まれます。

人材に対する評価が社内でのポジションや報酬に直結するため、個人にとっても企業にとっても人事制度は重要なものです。

人事制度の目的

人事制度の目的は、人材が企業で能力を発揮しやすい環境を作り、適材適所で一人ひとりが働けるようにすることです。

経営資源であげられる「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の中でも、企業の目標を達成し、事業を拡大していくのは「ヒト」である人材であり、人事制度は業績向上へのカギとなる戦略になります。

そのため、企業理念や事業目的を達成するためには、公正な人事制度が必要不可欠であり、適切に人材を運用することがポイントです。

人事制度の構成要素

人事制度は次の要素から構成されています。

  • 等級制度
  • 評価判定制度
  • 報酬制度

それぞれの要素について解説します。

等級制度

等級制度は、従業員の能力レベルや役割から設定された等級に基づいて、給与や社内での位置付けを決める制度です。

各等級に求められる役割や行動を明確にすることで、キャリアステップ指標になります。また、等級制度で定めた能力や役割を現状と比較することで、評価制度や報酬制度の設定が決めやすくなります。

しかし、近年ではランク付けをしない「ノーレイティング」という人事制度が注目されています。

>>ノーレイティングとは | 人事制度の新手法・導入方法はこちら

評価判定制度

評価判定制度は従業員の評価を判定する制度であり、人事評価制度ともいいます。これは日ごろの行動やそれに伴う成果から従業員を評価する制度で、この結果がポジションや給与などに反映されます。

人事評価制度の評価手法には、次のような数種類の評価方法があり、企業によって運用している評価手法は異なります。

人事評価制度やそれぞれの評価手法について詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

人事評価制度とは?目的や評価方法・作り方・導入の注意ポイント
人事評価制度とは、従業員の勤務状況や業績、能力を評価し、給与や昇進に反映させる人事制度のことです。人事評価制度の目...
詳細を見る

報酬制度

3つ目は、役職やポジションによる給与や賞与などの報酬制度です。一般的には、役職によって給与の上限と下限が定められており、評価判定制度で定めた幅の中で賞与や昇給などを決定します。

従来型雇用の「メンバーシップ型雇用」では勤続年数をベースに昇給しますが、近年では業務内容やスキルで報酬が決定する「ジョブ型雇用」を採用する企業が増えています。

ジョブ型雇用とは?メンバーシップ型雇用との違い・注目されている背景
ジョブ型雇用とは、職務をベースに人材を雇用する形態です。働き方改革を推進したい政府や経団連が注目しており、富士通な...
詳細を見る

人事制度の課題

人事制度を新しく設計する際には、組織の現状の課題と今後のビジョンについて確認する必要があります。そのためにはまず、人事制度の抱える問題点を把握することが重要です。

人事制度の抱える課題には次のようなものがあります。

  • 多様化した働き方への対応
  • 評価の個別化
  • 成果主義型の限界

それぞれの問題点について説明します。

多様化した働き方への対応

近年では次のような働き方の多様化が進んでいます。

働き方改革の影響もあり、今後の働き方は就業時間や場所に柔軟なスタイルになっていくと考えられます。

従来の人事制度では上記のような働き方の多様化に対応していない箇所も出てくるでしょう。働き方の多様化に伴い、人事制度の見直し、改定する必要があります。

評価の個別化

職務をベースに雇用する「ジョブ型雇用」を採用して従業員が個別にしかできない業務スキルを磨き、専門性や生産性の高い人材を育成する企業が増えています。

しかし、業務の個別化が進むことにより、「評価者や評価の基準をどうすればいいのか」という問題が発生するため、、業務の個別化と同時に評価の個別化も必要になります。

従業員が納得できる人事評価制度を行う

中には現状の人事制度に不満を持っている従業員もいると思います。そこで、社員のモチベーションをコントロールできるような人事評価制度を考える必要があります。

人材不足が深刻化する前に、従業員が納得できる人事評価制度を整え社員のモチベーション向上に目を向けましょう。

従業員の不満を解消する対処法は次の記事をご覧ください。

人事評価の不満を解消する原因と対処法!社員が納得する公平な評価制度とは
日本では60%以上の従業員が勤務先の人事制度に不満を持っていると言われています。人事制度への納得感がないと、モチベ...
詳細を見る

人事制度を設計・構築するポイント

人事制度を作成する際には、単純に役職や賃金を上げるだけでは意味がありません。きちんと現状の課題を発見し、今どんな人材が必要で、どこの制度に問題があるのかを明確にして運用する必要があります。

人事制度を設計し、構築するうえで大切なのは「公正であること」「従業員が納得すること」がポイントです。2つのポイントを実現するために必要なことを紹介します。

コスト効果

1つ目は、コストです。当たり前ですが、従業員全員のためにコストをかけられないので、費用対効果の高いところがどこかを見極めて、メリハリのあるコストのかけ方をするべきです。

制度と現場運用のマネジメント

2つ目は、制度と現場運用のマネジメントです。経営層だけでは、実用的な制度を作れないため、現場判断をもとに制度を構築していくことで、経営と現場でのバランスを取れるでしょう。

時間と範囲の明確化

3つ目は、時間と範囲の明瞭化です。人材育成に関して、どれくらいの時間をかけて、誰が誰を教育するのかを明確にしましょう。また、限られた時間の中でどの状態を目標とするのかが明確になっていなければ、具体的な施策を作れません。


適切な人事制度構築に役立つ人事考課については以下の記事でも詳しく解説しています。

人事考課とは?意味と目的、方法、人事評価との違い
人事考課とは社員に対する評価制度です。人事考課と人事評価との違い、人事考課の意味と目的、評価方法、導入と運用のポイ...
詳細を見る

人事制度の構築・運用事例

人事制度を見直し、新たに構築・運用した企業の成功事例を紹介します。

ヤフー株式会社 

ヤフーでは経営層の入れ替えを行い、組織が一新したヤフーでの新しい社会人研修を行い、これまでとは違う人事制度の構築を試みました。

その結果、4つのヤフーバリューの構築をし、強い意志を持って目標にコミットできる人材を育成することに成功しました。

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ

リクルートマーケティングパートナーズでは、人口減少に伴い市場が拡少している業界の営業の新しいスタイルを構築しました。

中核のメンバーが先に研修を受けることによって、トップダウンでの意識改革を行い、レッドオーシャンの中でも結果を出すことに成功しました。


上記では人事制度についての事例を紹介しました。人事評価制度の成功事例について知りたい方は次の記事をご覧ください。

人事評価制度の事例6選!成功事例から学ぶ評価制度の導入
人事評価制度とは、従業員の業績や貢献度など企業の業績をあげるための行動を評価することです。本記事では、人事評価制度...
詳細を見る

人事制度の構築に役立つシステム

人事制度を構築するためには、人事評価システムタレントマネジメントシステムの導入がおすすめです。

人事制度の構築に役立つシステムを紹介します。

注目の人事評価システム、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめ人事評価システムをまとめてチェック!
人事評価システムの比較表
\DL特典【完全版】機能・価格比較表/

人事評価システムの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。人材育成、人材配置、スキルの可視化などさまざまな目的で導入されるタレントマネジメントシステムの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

Wevox - 株式会社アトラエ

Wevox
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 時間や場所に関係なく回答可能なアンケートを配信
  • アンケートを自動で集計・分析してデータに反映
  • 組織の現状を把握し、課題を早期発見

Wevoxは、従業員エンゲージメントの可視化し、改善サイクルを生み出す従業員満足度調査ツールです。1回あたり約3分で回答できるアンケートを自動で集計し、従業員のエンゲージメントを数値化。AIのデータ解析により、組織の現状を把握できます。モチベーションが低下する要因や組織の課題を早期に発見。人材の最適な配置や評価、人材管理に活用できます。

クアルトリクス 従業員エクスペリエンス(EX)|Qualtrics - クアルトリクス合同会社

クアルトリクス 従業員エクスペリエンス(EX)|Qualtrics
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 定期的なアンケートを自動実施
  • 従業員のインサイトを多角的に測定
  • データを改善アクションにつなげる

クアルトリクス 従業員エクスペリエンス(EX)は、従業員満足度の調査や分析、改善に役立つシステムです。タイミングごとに最適な内容の従業員アンケートを自動的に実施。ほかにも、360度評価や任意条件によるインテリジェント分析などを行い、従業員の心理を多角的に測定できます。データは離職防止や福利厚生の最適化などに役立てられます。ダッシュボードや各評価プログラムは、企業ごとに最適化されるため、自社が注力すべきポイントや改善点がわかりやすいのが特徴です。

hanaseru - パーソルイノベーション株式会社

hanaseru
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 資格を有したコンサルタントがアドバイス
  • 第三者視点で制度へフィードバック
  • ミッションや人間関係、仕事、キャリアなど幅広い課題に対応

hanaseruは、独自の資格をもったカウンセラーからアドバイスをもらえる従業員満足度調査ツールです。ESCというhanaseru独自の資格をもったコンサルタントが、従業員満足度調査の結果に対して管理職の方へアドバイスをします。第三者視点からのフィードバックを踏まえて人事制度を改善したい企業におすすめです。

サーキュレーション - 株式会社サーキュレーション

サーキュレーション
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

  • 高い専門性と幅広い人材を持つ顧問サービス
  • プロ人材の価値を見抜く独自のカウンセリングメソッド
  • 100を超える分野のプロフェッショナル

サーキュレーションは、経営戦略、新規事業開発、人事制度構築、採用、広報・ブランディング、法務などあらゆる分野のプロフェッショナルを紹介してくれる顧問サービスです。週1日から常勤まで、フレキシブルな働き方にも対応。人事制度改革の専門家を顧問として派遣してくれるため、人事制度の設計や構築にお困りの企業におすすめです。

経営戦略に役立つ人事制度の設計と構築を

どの会社でも人事制度に対する問題を抱えており、現在では働き方の多様化やジョブ型雇用による個別の業務スキルに対する評価など、企業によって課題はさまざまです。

事業の成長には、根本的な人事制度の設計や構築の仕方を見直す必要がある企業も多いでしょう。

新たに人事制度を運用していく際は、人事評価システムやタレントマネジメントシステムなどのクラウドサービスの利用がおすすめです。

人事制度に役立つシステムを導入して、効果的な人事評価や人事育成を行ってください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

人事評価システム選び方ガイド
人事評価システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
人事評価システムの最近更新された記事