コピー完了

記事TOP

人事評価制度の主要3方法とその特徴 | 人事考課との違いは?

最終更新日:
人事評価制度には3つの手法があります。一つの方法だけに縛られないため、より自社に合ったやり方で評価できます。それぞれの特徴を具体的にまとめているので参考にしてください。似た表現の人事考課と意味に違いがあるのかについても本記事で解説しています。

人事評価の主要3方法

人事評価の方法として、コンピテンシー評価制度、目標管理制度、360度評価(多面評価)の3つがあります。

コンピテンシー評価制度

コンピテンシー評価は業績が高い社員の行動パターンをモデル化し、それを評価の一定基準とするものです。この制度を導入するメリットとしては次のことが挙げられます。

  • 評価がしやすい

  • 評価の説得力が高い

  • 人材育成がしやすい

人事評価をより効率的に進めたい企業が導入したい制度だといえるでしょう。

目標管理制度(MBO)

目標管理制度(MBO)について詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

360度評価(多面評価)

360度評価(多面評価)について詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

人事考課との違い

人事評価と人事考課の内容に差はありません。人事考課、人事評価とは何かについて詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

人事評価制度は社員の意欲向上にも影響

人事評価制度の手法としてコンピテンシー評価、目的管理制度(MBO)、360度評価(多面評価)の3種類があります。人事評価は会社のためだけでなく、社員ひとりひとりのやる気向上にも役立ちます。ぜひ活用してみましょう。

人事評価システム
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社サイダス、株式会社アクティブアンドカンパニー、株式会社あしたのチーム、株式会社ネオキャリア
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事