コピー完了

記事TOP

医療業界向け人事評価システムおすすめ比較!解決できる課題

最終更新日:(記事の情報は現在から367日前のものです)
BOXILでは、医療業界向け人事評価システムのおすすめを、医療業界で役立つ機能とともに紹介します。また、医療業界でよくある課題について、人事評価システムでどのように解決できるのか解説します。

医療業界で活用できる人事評価システムの機能

人事評価システムとは、従業員のスキルや成果を公平に判断し、昇給や賞与、昇格などを決定する人事制度です。人事評価システムには目標管理機能や進捗管理機能、上長からの評価機能などがあります。

医療業界では、360度評価機能や従業員意識調査機能などによって、従業員のモチベーションアップにつながり、離職率の低下にも効果的です。特に離職率の高さが構造的な問題となっている医療・介護業界では、人事評価システムを導入することで組織の問題点をいち早く把握し、人材育成や経営改善に役立てられます。

医療業界における人事評価の課題

医療業界では、一般的な医療業務に加えて査定や考課を行う必要があり、それに伴って人事評価にまつわる課題が発生することがあります。普段の業務で解決すべき課題はどれか、確認してみましょう。

医師の人事評価制度が未整備である

医師は仕事の専門性が高く、病院の中心的役割を担う職種です。その反面、診療技術や治療成績などが客観的に評価しにくいという特徴があります。

そのため、多くの病院では医師に対する人事評価制度が導入されておらず、年功序列で評価や給与を決めている場合が多いです。

これでは、チーム医療の推進や医師間の公平感が損なわれる恐れがあります。

管理職としての能力が不足しているケースがある

病院では医療者として優秀な人材が昇進して管理職になるケースが多いですが、その際に必要な組織運営や人材育成などの能力を持っているとは限りません。そのため、管理職としての役割を果たせず、部下や後輩からの信頼や尊敬を得られないこともあります。

管理職としての能力や育成がないので、評価制度の考案や運用ができないことにもつながります。

人事評価制度の運用に関する課題がある

人事評価制度を運用するにあたって、次のような課題を抱える病院も多いです。

  • 考課基準や評価方法が明確でないこと
  • 考課者や被考課者の教育やフォローアップが不十分であること
  • 労働組合との合意や協力が得られない

結果的に、納得のいかない評価になってしまい、モチベーションが下がる原因にもなってしまいます。

人事評価制度と賃金制度の連動性が低い

人事考課制度と賃金制度を連動させることで、職員のモチベーションや成果を高められます。しかし、実際には連動させていない病院や連動させても効果が出ていない病院も多くあります。

その原因としては、次のような点が挙げられます。

  • 賃金体系の見直しや改革が難しい
  • 人事考課制度の信頼性や公平性が低い
  • 賃金以外のインセンティブやキャリアパスが不足している

医療業界の課題を人事評価システムで解決できる理由

医療業界では、評価制度が導入されていない・導入されたばかりであることが多く、それが原因で「適切な評価ができていない」「人事評価制度と賃金制度の連動性が低い」といった課題があります。

これらの解決できる理由を、電子契約システムの機能や詳細とともに説明します。

目標管理が簡単にできる

人事評価システムを導入すると、目標をシステム上に入力するだけで簡単に管理できるため、医療業界で起こりがちな「目標設定の不明確さや達成度の測定困難さがある」という課題を解決できます。

目標管理はOKRを併用するとさらに効果的にでき、フィードバック機能も課題を解決するのに役立ちます。

目標管理は、個人やチームの目標を設定し、進捗や結果を可視化する機能です。これにより、医療従事者は自分の役割や責任を明確にし、業務の優先順位や方向性を把握できます。

公平性を確保する

人事評価システムを導入すると、部門間の甘辛調整機能により公平性を担保できたり、目標に対する進捗や達成度を数値で評価できたりするため、医療業界で起こりがちな「業務内容や成果に応じた評価がされない」「評価基準が不明確である」という課題を解決できます。

モチベーション向上につながる

人事評価システムによって、評価制度の公平性が担保して適切な評価が行われることで、医療業界で起こりがちな「医師のモチベーション低下」という課題を解決できます。

医療業界向け人事評価システムおすすめ比較

【特典比較表つき】『人事評価システムの資料12選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『人事評価システムの資料12選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

人事評価ナビゲーター - 株式会社日本経営

人事評価ナビゲーター
人事評価ナビゲーター
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

人事評価ナビゲーターは、過去のさまざまなデータから多角的に分析できる人事評価システムです。長年コンサルティングで培ってきた知識や経験をもとに開発されているので、評価時に手間のかかりがちな作業工数を削減できる設計です。

医療業界だけではなく、建設業や不動産業界でも広く導入されており、公正かつモチベーションの高い人事評価制度を実現したいならおすすめのサービスです。

HRBrain - 株式会社HRBrain

HRBrain
HRBrain
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

HRBrainは、目標管理制度や360度評価などを柔軟に設定できる人事評価システムです。MBOやOKRや360度評価の機能が搭載されており、個人やチームの目標達成度を可視化し、フィードバックやコーチングを促進できます。

医療業界だけではなく、介護・福祉業界や教育業界でも広く導入されており、評価制度の運用を柔軟にしたいならおすすめのサービスです。

CYDAS - 株式会社サイダス

CYDAS
CYDAS
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 使いやすさNo.1
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

CYDASは、能力管理ができる人事評価システムです。資格・スキルやキャリア開発、育成プラン作成などの機能もついているため、従業員の能力や適性を適切に把握し、キャリアプランや教育プログラムを提案できます。

医療業界だけではなく、金融業や教育業界でも広く導入されており、納得感のある評価とフィードバックを実現したいならおすすめのサービスです。

ジンジャー人事評価 - jinjer株式会社

ジンジャー人事評価は、評価シートや評価フロー、権限設定などを運用に合わせてカスタマイズできる人事評価システムです。関数を利用した計算式機能を備え、入力値をもとに最終評価といった数値の自動集計が可能です。

各ステップ、入力者に応じた権限を設定すれば、項目の見え方をカスタマイズできるので、1つのシートで処理を完結できます。担当者ごとにシートを分ける手間を省け、オンラインで評価シートの作成から回収、最終評価まで完結できるツールです。

サイレコ - 株式会社アクティブアンドカンパニー

サイレコ
サイレコ
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

sai*recoは、多機能であらゆる評価業務に対応できる人事評価システムです。申請・承認を自動化したり、評価点調整機能があったりすることで、評価業務の効率化につなげられます。また、他の人事系システムと連携することで、タレントマネジメント関連業務をオートメーション化可能です。

医療業界だけではなく、福祉業界やコンサルティング業界でも広く導入されており、評価業務の効率化をすすめたいならおすすめのサービスです。

HRMedical

HRMedicalは、医療・介護業界特化型の人事評価システムです。国家資格である「一級キャリアコンサルティング技能士」が開発した、心理学に基づく主体性を引き出す仕組みが搭載されており、職員の能力開発や活性化につながる公正・公平な評価ができます。

医療・介護分野への導入実績が豊富であり、 離職率の低下や評価の納得度向上を目指すならおすすめのサービスです。

メディカルグローアップ

メディカルグローアップは、 病院全体で統一した基準での評価を実現する人事評価システムです。行動計画・研修参加記録なども残せることで、従業員の行動や取り組みを評価しやすくなり、ウエイト設定機能なども併用することで適切な評価をしやすくなります。

医療・介護分野への導入実績が多くあり、組織力強化や病院の求める人物像に見合った評価に活かしたいならおすすめのサービスです。

医療業界向け人事評価システムで評価を適切に実施しよう

人事評価システムは、社員のパフォーマンスや能力を定量的に評価やフィードバックができ、医療業界で人材不足や離職率の高さに悩んでいる場合は、人材の確保や定着できるためおすすめです。

それだけでなく、人事評価システムでは目標管理や上長からのコメントの機能で社員のモチベーションや成長ができるメリットもあるため、業界問わず人材の育成につながります。

医療業界向け人事評価システムを導入する際には、医療従事者の資格や経歴を管理しやすいか、評価基準機能が即しているかを確認し、医療業界で導入実績の多いサービスを選びましょう。

また、医療業界では人事評価システムに関連して、次のようなサービスも導入されています。あわせて検討してみてください。

新選び方ガイド:人事評価システム導入ガイド_20240216.pptx (3).pdf
人事評価システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
人事評価システムの最近更新された記事