コピー完了

記事TOP

ピアボーナスとは?新たな成果給のメリット・デメリット | 導入企業事例・ツール

最終更新日:
ピアボーナスとは、社員同士で特別手当を送り合う制度のことです。米Googleが発祥といわれ、社員間のコミュニケーションを活発化し、心理的安全性を高める効果があるといわれています。従来のインセンティブ制や成果給制とは異なる「第3の給与」としても活用可能。新たな成果給として注目されるピアボーナスのメリットや、日本のパイオニア「Unipos」の導入企業事例、おすすめピアボーナスツールを紹介します。

ピアボーナスとは

ピアボーナスとは英語のPeer Bonusを訳したもので、社員同士で特別手当を送り合う制度のことです。原点は米Googleの制度といわれており、感謝の気持ちとともにポイントや小額の金券などのインセンティブを贈る新たな成果給の形、「第三の給与」とも呼ばれています。

ピアボーナスの目的と効果

ピアボーナス制度は、ボーナスという形で互いを評価し合うことにより、社員同士のコミュニケーション活性化や社内全体のモチベーションを向上させる効果が期待できます。

そしてピアボーナスは、毎月の給与や年数回のボーナスにさらに上乗せされることから「第3の給与」とも呼ばれ、組織風土改革にも効果がある仕組みとして国内企業でも導入が進んでいます。

新しい評価手法として注目されている

ピアボーナスは評価手法の一つとしても注目されています。従来のインセンティブ・成果給とは異なる部分が評価され、それがボーナスとして支給されるためです。

従来のインセンティブ制度では、新規契約獲得や売上を多く上げた場合など、業績に直接影響を与えるような成果が評価されがちでした。しかし、社員はそれぞれ数字として表れない部分でも企業に貢献しています。この「目に見えない貢献」の評価に利用できるのがピアボーナスです。

社員同士がピアボーナスとして感謝を送り合うことで、社員のモチベーションを高めるとともに日々の頑張りが可視化され、会社側が社員の貢献度合いを把握できるようになります。

拡大の背景にある「働き方改革」

日本でピアボーナスが拡大する背景にあるのは働き方改革です。とりわけ労働条件の緩和に焦点が当てられがちですが、根底にあるのは「少子高齢化に伴う生産年齢(15~64歳)人口の減少」と「働き方の多様化」という課題の解決です。

労働力確保が難しくなっている中で、生産性向上を目指さなければなりません。日本の生産性は主要先進7か国の中でも低く、公益財団法人日本生産性本部の「労働生産性の国際比較2018」を見ると、日本の労働生産性はアメリカの3分の2しかありません

生産性向上のカギを握る「従業員エンゲージメント」

従業員エンゲージメントとは、社員が所属する企業に対して自らが持つ「企業への貢献意欲」のことです。ビジョンや理念を理解し共感している、愛着を持っている、企業成長にかかわろうとする姿勢などから計ることができます。

日本人の従業員エンゲージメントはその他の先進国に比べて低く、米ギャラップ社による調査(2011-2012)では、日本で従業員エンゲージメントが高い社員はわずか7%に過ぎません。

従業員エンゲージメントは企業が持続的に成長するうえで欠かせないものです。会社への貢献意欲や仕事へのモチベーションを高く保てる人材を増やすためにも、組織活性化に役立つピアボーナスを導入する企業が増えています。

ピアボーナスを含め、従業員のエンゲージメントを向上させるツールや方法は次の記事で解説しています。

ピアボーナスを広めた「Unipos」とは

ピアボーナスは、米国の「Hey Taco!」をはじめ海外では広く活用されているものの、日本国内ではまだあまり取り入れられていません。金銭を送り合うことに抵抗がある企業も多いでしょう。

そこで、ピアボーナス制度をサポートするサービスも登場。日本では、2017年6月にリリースされた「Unipos(ユニポス)」が、ピアボーナス制度そのものを広めるきっかけとなりました。

Unipos(ユニポス)の特徴

Uniposでは、社員は週400ポイントを与えられ、メッセージとともに自身が設定したポイントを送り合います。感謝や称賛に準じて39ポイント、キリよく50ポイントなど、最大120ポイントまで自由に設定可能。

またスマートフォンアプリや、SlackChatWorkMicrosoft Teamsなどのチャットツールからも使えるため、いつでも、どこにいてもすぐにポイントを送れます。忙しくても手軽に利用できるのです。

さらに、誰かへのメッセージに共感したときは、「拍手」でメッセージを送った人にもポイント送れます。Uniposの 共感を広げる仕組みこそがエンゲージメント向上につながる のです。

成果給になる仕組み

企業は、ポイントに対して自由に換算レート(1ポイントあたり平均2円)を設定し、各社員が受け取ったポイント分を成果給として支払う仕組みです。毎月の給与に反映する、ボーナスに反映する、四半期ごとに賞与として支払うなど、方法はさまざま。加えて、設定したハッシュタグデータを用いて社内表彰に活用する事例もあります。

給与以外に、Amazonギフト券、弁当や菓子で還元するといった使い方も可能。自社にもっとも合う形で運用できるメリットもあります。

メルカリやマイナビも導入

Uniposの導入企業数は280社以上、継続率は99.4%にのぼります(2019年6月時点)。導入企業には、メルカリやマイナビ、DeNA、マネーフォワード、Sansanなど成長著しい企業の名が並びます。

>>Uniposの価格・口コミ・評判はこちら

ピアボーナスの導入メリット

ピアボーナスを導入し活用することで、組織風土の変革にも効果があるようです。

ピアボーナスの導入メリットとしては、主に「組織の活性化」「従業員エンゲージメントの向上」「社員の定着率向上」の3点が挙げられます。それぞれのメリットを詳しく解説します。

組織の活性化

ピアボーナスでお互いを褒め合い、尊重し合うようになることで、社員同士のコミュニケーションが活発になり社内の雰囲気が明るくなります。ほめられることで承認欲求も満たされ、会社や仲間への愛着が深まるでしょう。

従業員エンゲージメントの向上

従来のインセンティブ制では、会社の業績の向上に貢献した社員に成果給が付与されるため、業績に直接的に関わり合いのない部署では成果給を得づらいというデメリットがありました。しかし、ピアボーナスであれば、可視化されにくい会社への貢献でも成果給が得られます

感謝と金銭の双方が得られるようになることで、会社への貢献意欲も高まります。

社員の定着率向上

組織内でのコミュニケーションが活発化され、従業員エンゲージメントが向上することによって、離職率が低下し人材の定着につながります。人材不足を補うという観点からすると、場合によっては採用以上に効果があるかもしれません。


社員の定着率向上を助けるツールには、前給制度を簡単に実現できる給与前払いサービスがあります。定着率にお悩みの企業はこちらもあわせてご覧ください。

ピアボーナスの導入デメリット

ピアボーナスは金銭をやり取りするため、少なからずデメリットといえる部分が出てきます。ピアボーナス導入によって起こりうる懸念点を解説します。

運用コスト

ピアボーナスでは、少額ながら現金を報酬を支給するシステムもあり、報酬のための原資が必要です。従業員数が多くなり、活用されるほどコストは増大していくため、インセンティブをいくらに設定するのかを事前にしっかり決めておく必要があります。

評価に集中してしまう

ピアボーナスは"第三の給与"と呼ばれているとおり、人によってはそれなりの報酬を得る場合も出てきます。

評価されたいがために本業に集中しなくなる、評価されないからといってやらない業務が出てくる可能性があります。運用体制や推奨される送り方をきちんと設定し、ガイドラインを作ることで適切に運用されるようにしていく必要があります。

ピアボーナス導入企業事例

日本でいち早くピアボーナスツールを広めたUnipos。そのUniposの導入企業を例に挙げ、企業のどのような課題を解決できたのかを紹介していきます。

メルカリへのUnipos導入事例

メルカリ事業内容:フリマアプリ「メルカリ」の企画・開発・運用
従業員数:1,786人(連結)
備考:Uniposを利用してピアボーナス制度「メルチップ」を運用

課題(導入前)

2018年に上場を果たし急速に事業を拡大しているメルカリでは、拠点や部署の異なる社員同士のコミュニケーションの円滑化が課題でした。

ピアボーナスを導入する前から、3か月に1度感謝の気持ちを込めてメッセージを送り合う「All for Oneカード」という独自の制度もありました。しかし、部署や拠点を超えてリアルタイムに感謝を届けられるようにしたいという思いから、Uniposを活用したピアボーナス制度に移行したといいます。

効果(導入後)

メルカリのUnipos上では、一日約300件もメルチップの送り合いが行われています。拠点を超えたやり取りも活発で、メルチップのやり取りをきっかけとして新たなコミュニケーションが生まれることもあるそうです。とりわけ、マネージャーを中心としてメルチップの送り合いが活発化しているとのこと。

カクイチへのUnipos導入事例

カクイチ事業内容:ガレージ・物置事業、ホテル事業、アクアソリューション事業など
従業員数:600名(連結)

課題(導入前)

創業130年を超えるカクイチでは高年齢の社員が多く、ITリテラシーが低い、部署ごとに分断されていて部署の垣根を超えた交流ができない、職場で認められる機会が少なく社員の承認欲求を満たせていないなど、複数の課題を抱えていました。

効果(導入後)

デジタルツールに慣れていない社員への対策として、ITリテラシーの高い人やコミュニケーションが得意な人を「ITアンバサダー」に任命し、Uniposを活用し始めたといいます。

SlackとともにUniposを導入した結果、操作がシンプルだったこと、褒められることに喜びを感じられることが功を奏し、ITリテラシーに不安があった50代以上の社員も活発にコミュニケーションを取るようになりました。

部署の垣根を超えた交流も活発化。部署外からポイントを送られることが多い社員は、エンゲージメントが高い傾向にあるそうです。

スマートキャンプでの導入事例

スマートキャンプ事業内容:SaaS比較サイト「ボクシル」、インサイドセールス支援「ベイルズ」などを運営
社員数:55名

ボクシルマガジンを運営するスマートキャンプでもUniposを導入し、ピアボーナス制度を運用しています。

課題(導入前)

社員数が急増するとともに、部署を横断するプロジェクトも増加している中、「部署の異なる社員の働き」が目に見えない、把握できないという課題がありました。コミュニケーションを円滑にするツールの必要性が増し、Uniposを導入しました。

効果(導入後)

まず、気持ちをうまく伝えられない社員もUnipos上で感謝を示せるようになり、社内の雰囲気が明るくなりました。また、スマートキャンプが大切にしている行動指針「Smart Thinking」「Ownership」「Collaboration」「Speed」をハッシュタグ(#)に設定、必ずコメントにつけるよう定めることで、カルチャーを体現できているメンバーが可視化されました。

>>ほかのUnipos導入事例を見たい方はこちら

ピアボーナスツールのおすすめ

日本ではやはりUniposの知名度が高いものの、Unipos以外にもピアボーナス制度に利用できるツールがあります。あらためてUniposを紹介するとともに、代表的なピアボーナスツールを紹介します。

Unipos

Unipos

特徴 | 日本にピアボーナス制度を広めたツール

  • 特徴1 さまざまな仕掛けで毎週の利用を習慣化
  • 特徴2 返信など“おっくうな”機能をあえてつけずシンプルに
  • 特徴3 導入時はプロジェクトマネジメントも手厚くサポート

Unipos(ユニポス)は、日本にピアボーナス制度を広めるきっかけとなったサービス。Slackなどのビジネスチャットと連携でき、スマートフォンアプリ(iOS/Android)からの投稿も可能。気軽に利用できる拍手機能で、他の投稿へ“便乗”しポイントを送れます。

>>Uniposの価格・口コミ・評判はこちら

Talknote(トークノート) - Talknote株式会社

Talknote(トークノート) - Talknote株式会社 画像出典:Talknote(トークノート)公式サイト

特徴 | 業務効率化とエンゲージメントを兼ね備えたシステム

  • 特徴1 社員同士で感謝、賞賛を伝えられる
  • 特徴2 モチベーションアップが期待できる
  • 特徴3 独自の評価キーワードを自由に設定可能

Talknote(トークノート)は、コミュニケーションを活性化させて、仕事に対するモチベーションを向上させるエンゲージメントクラウドです。

コメント共有やメッセージ機能を通じて社内コミュニケーションの課題を解決。感謝、賞賛を伝えたい相手にメッセージを送れる「サンクス機能」を備え、ピアボーナスのようにメッセージを受け取ったメンバーのモチべーションアップが期待できます。項目は企業理念や行動規範に沿った内容にカスタマイズ可能。従業員満足度の向上や離職率低減といった効果も見込めます。

>>Talknote(トークノート)の価格・口コミ・評判はこちら

インセンティブ・ポイント - 株式会社ベネフィット・ワン

インセンティブ・ポイント - 株式会社ベネフィット・ワン 画像出典:インセンティブ・ポイント公式サイト

特徴 | 働く人のエンゲージメントを強めるサービス

  • 特徴1 インセンティブや福利厚生に使えるポイントシステム
  • 特徴2 同僚に感謝を伝える「サンクスポイント機能」も
  • 特徴3 付与されたポイントで厳選されたアイテムと交換

インセンティブ・ポイントは、ポイント管理とアイテム交換をワンストップで提供するピアボーナスツールです。

管理者が設定した基準に従いユーザーにポイントを付与。たまったポイントは多種多様なアイテムと交換できます。従業員のモチベーションアップ、代理店への販売促進報奨、顧客へのキャンペーン施策などに活用可能。従業員同士で感謝のメッセージとともにポイントを送り合える「サンクスポイント機能」もあり、コミュニケーションの活性化、エンゲージメント向上が期待できます。

>>インセンティブ・ポイントの価格・口コミ・評判はこちら

TUNAG

TUNAG

特徴 | SNS機能付きで人への興味がより強く

  • 特徴1 個人プロフィールやタイムライン機能付き
  • 特徴2 社内SNSで社内施策を共有。カルチャーが醸成される
  • 特徴3 写真・動画投稿に対応。オリジナルスタンプも

TUNAGの最大の特徴は、社内SNS機能と社内制度管理機能にあります。この2つの機能で社員同士の信頼関係を構築しながら、組織の課題に合わせた社内制度の運用が可能になります。SNSを使いこなしている世代であれば、簡単に利用できるのもTUNAGのポイントです。

<導入企業>

TANITA、京都信用金庫、ヒルトン成田、TABIPPO、ミュゼプラチナムなど

>>TUNAGの価格・口コミ・評判はこちら

評価ポイント

評価ポイント

特徴 | SNS連携できる人事評価システム

  • 特徴1 SlackやChatWork、LINE WORKSとも連携可能
  • 特徴2 1on1ミーティングの記録を簡単に残せる
  • 特徴3 評価をグラフで可視化。モチベーション向上に

評価ポイントは、ピアボーナス機能を持つ人事評価システムです。ピアボーナスのポイントを評価と直結させ、人事評価を効率化。さらに「リアルタイムで頑張りを可視化」できるグラフ機能で社員のモチベーション向上に寄与します。LINE WORKSとも連携でき、慣れ親しんだ画面上でスタンプを用いながら情報を共有できます。

<導入企業>

エコミック、白亞、ぼてぢゅうグループ、リバースライフなど

>>評価ポイントの価格・口コミ・評判はこちら

Hey Taco!

Hey Taco!

特徴 | タコスを送り合って幸せなチームづくり

  • 特徴1 Slackでタコス絵文字とともにメッセージを送る
  • 特徴2 リーダーボードで送受信をまとめて閲覧
  • 特徴3 獲得したボーナスに対する商品は自由に定義できる

Hey Taco!では、ポイントではなくタコスを送り合うピアボーナスツール。1日に送れるタコス(ボーナス)は5つまで。Slack上でボーナスを送れることから導入も利用もシンプルで簡単です。1度に複数の人にタコスを送ることもできます。

Hey Taco! では原資が少額で済むこともメリットで、Slackを使っている日本企業に浸透しはじめています。

<導入企業>

イグナイトアイ、ユニークワン、MMMなど

>>Hey Taco!の詳細はこちら

THANKS GIFT(サンクスギフト)

THANKS GIFT

特徴 | 表彰ツールで社内の定着化を促進

  • 特徴1 導入企業数350社以上
  • 特徴2 社内掲示板で出来事を共有
  • 特徴3 ランキングも自動集計

THANKS GIFT(サンクスギフト)は、自社の企業理念や行動指針に沿ったオリジナルのコインを、感謝に気持ちとともに送れるピアボーナスツールです。コインの送受信数がランキングとして表示されることで、送り合いを促進。

また、社内掲示板を活用して気軽に出来事を投稿可能なため、社内SNSのような使い方もできます。

>>THANKS GIFTの詳細はこちら

ガルフネット

ガルフネット

特徴 | ポイント管理と勤怠管理がひとつに

  • 特徴1 勤怠管理を行いながらポイントも付与できる
  • 特徴2 退職金をポイントに、またはポイントを退職金に変換
  • 特徴3 社内ポイントをコンビニなどのポイントに変換

ガルフネットの社員ポイントソリューションは勤怠管理と一体になったツールなので、皆勤の社員に会社側からポイントを送るといった使い方ができます。さらに、ポイントは150種以上の電子マネーやポイントサービスと交換可能。少ないポイントも有効活用できるという利点があります。

>>ガルフネットの詳細はこちら

ピアボーナスで解決できる組織課題

具体的に、ピアボーナスは次のような組織課題の解決に適しています。

組織拡大でコミュニケーションが不足している

急激に企業規模が拡大する中で、それまで密にとれていた社員間のコミュニケーションがうまくいかなくなってしまうケースがあります。

たとえば、異なる部署間で連絡を取り合って業務を円滑に進めたいのに、既存の社員と新しい社員で会話がしにくい状況でも、ピアボーナスによるメッセージのやり取りが社員同士の信頼関係の構築に役立ちます。

人間関係が希薄でチーム内のつながりが弱い

強いチームを作りたいのに、心理的安全性が低くチーム内のつながりが弱い、という企業にもピアボーナスは有効です。心理的安全性を高める施策としては1on1ミーティングも有効ですが、ピアボーナス上でのやりとりなら時間的コストをかけずにチーム内で発言しやすい環境を作ることができます。

企業理念が浸透していない

ピアボーナス制度の“コメントを送る“仕組みは企業理念の浸透にも寄与します。

たとえば、企業が定める行動指針を実践した社員の取り組みが投稿され共感が広まると、具体的な行動の見本となり、徐々に企業理念が浸透していくのです。

ピアボーナス制度運用3つのコツ

ピアボーナス制度による効果を最大限に引き出すために、Uniposが推奨する取り組みから3つのコツを紹介します。

1.表彰制度を導入する

ピアボーナス上だけでなく、リアルでも賞賛が送られることで、ピアボーナスの利用が活発になります。

たとえば、より多人数にボーナスを送った人、多くのボーナスを受け取った人などを対象に、定例会議などで表彰を行うのも手です。Uniposを活用しているメルカリでも独自の表彰制度を設けています。

2.チャットツール連携で利用負荷を減らす

SlackやChatWorkなど、業務で使用しているビジネスチャットとピアボーナスツールを連携することで、利用者の負担を軽減できます。業務連絡をチェックする際にボーナスを送り合うことができるピアボーナスツールなら、社員に負担をかけることもありません。

3.オリジナルのサービス名で運用する

オリジナルの名前をつけるのも有効。Unipos導入企業ではたとえば、メルカリが「メルチップ」、スパイスボックスが「spice_mile」といった独自のサービス名をつけ、ピアボーナス制度を運用しています。

社名にちなんだオリジナルのサービス名にすることで、制度や会社への愛着を高められ、さらに利用の活性化も見込めます。

ピアボーナス、効果を得られない場合は運用を見直そう

ただし、ピアボーナス制度導入で効果を得るためには「運用」がポイント。制度をつくり、実務担当者を決めて運用する手間がかかることは、デメリットとなり得ます。

また同じ人にばかりボーナスが集まってしまう、ボーナスがもらえないままの社員が出てしまう、といったことが起きる可能性はあります。ボーナスがどう使われているか、不満が出ていないかを適宜チェックしつつ、偏りが出ないよう運用管理を行う必要があるでしょう。

ピアボーナスを導入することで、組織が活性化し従業員エンゲージメントの向上も見込めることがわかりました。企業カルチャーが根付かない、チーム内のつながりが弱い、もっとポジティブな空気を社内に充満させたいなど複数の課題を抱えている企業は、導入によって大きな効果が得られるかもしれません。

Uniposをはじめとするピアボーナスツールを導入して、社員のやる気を無理なく引き出し、企業利益につなげていきましょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

ピアボーナス
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
ピアボーナスの最近更新された記事