Article square balloon green
2018-06-06

ピアボーナスを実現「Unipos」とは | メリットと導入事例 - 注目の背景

あのGoogleでも導入されているUnipos(ユニポス)は、働く仲間やスタッフ同士で日ごろの仕事の成果や行動を賞賛し、少額の成果給を送りあえるサービスです。ピアボーナスを実現するUniposのメリットと導入企業の事例を含めて解説します。
チームビルディング
Large

Uniposとは

Unipos(ユニポス)は、 ピアボーナスを簡単に実現するサービスです。

その仕組みとしては、ピアボーナスを働く仲間やスタッフ同士で、日ごろの仕事の成果や行動を賞賛し、ポイントを送り合えるようになっています。

そのため、ボーナスや賞賛のインセンティブを仲間やスタッフに送る権限を従業員に一部委譲する社内制度の整理が必要です。

ピアボーナスとはなにか

ピアボーナスとは「ピア=同僚、仲間、同輩」と「ボーナス=特別手当、賞与金」を併せた造語です。

Uniposは、Fringe81株式会社が2017年にピア・ボーナスをホスト型アプリ(Saas化)にし、提供を開始してから認知度が高まっています。

こうしたピアボーナス・ツールの誕生と普及により、社員の愛着心、エンゲージメントを高めて、社内のモチベーションを高める方法のひとつとして注目する企業もでてきています。

ピアボーナスの特徴

ピア・ボーナスの大きな特徴は、「定量指標から定性指標へのシフト」と「誰でも利用できる」という2点です。

従来の人事考課をピラミッド型から水平型へ転換する、従来の人事評価方法にはなった手法です。
社員の個々のモチベーションを高めるだけではなく、チームワークの醸成やグループの一体感を向上させるために、注目されています。

定量指標から定性指標へ

一般的には、数値化が可能な指標は定量指標、数値化が難しい質的な指標は定性指標とされています。残業時間や営業担当者の売上目標達成率などは数値化が容易なので評価もしやすいですが、企画や広報の仕事のように数値化しづらい業務の評価は難しい側面がありました。
ピアボーナスはこの定性的な評価を可能にする一歩進んだ仕組みです。

誰でも利用できる

せっかく良いシステムを導入しても、利用されなければ意味がありません。ピアボーナスは誰でも利用できる使いやすさと、運営サイドには全く手がかかかりません。利用者も運営者も負荷が最小限なのが大きな特徴です。

ピアボーナスが注目される理由

ピアボーナスが注目される背景や理由について解説をします。

注目されてきた背景

「働き方改革」をはじめとする、労働環境の変化や勤務形態の変化、社会インフラの進展に伴ううICT環境の改善など企業を取り巻く経営環境は劇的に変わっています。
一方で、新入社員の「3年離職」や非正規労働者の増加、外国人労働者の雇用など、人材の可能性やパフォーマンスを導き出すための施策も必要となっています。

注目される理由

個々の努力や実績を認識し、承認することをレコグニション(recognition)と呼びます。このレコグニションを、ITツールを利用したシステムが求められていた社会環境の中で、ピアボーナスが登場してきました。量的な評価だけではなく、質的な評価のできる仕組みの必要性として注目されています。

ピアボーナスを実現するためのツール

ピアボーナスを実現するためのSaaSは「unipos」だけでなく、続々と登場しています。その中でも「老舗」のUniposが注目されている訳を解説します。

Uniposの特徴

つぎにUniposがピアボーナスを実現するためのツールとして注目される、6つの特徴について紹介します。

スタッフが成果給の対象と金額を決められる

働く職場の仲間が「誰に」「いくら」送るか、インセンティブの対象と金額を決められます。

成果給に加えて感謝のメッセージを添付できる

インセンティブには「お金」だけではなく「賞賛」も含まれます。定量的な評価だけではなく定性的な、気持ちや労いも贈れることが大きな特徴です。

報酬までのタイミングが早い

児童心理学でも学びますが「褒める時はすぐ褒める」のが基本です。リアルタイムでインセンティブを贈れるのは、とても重要な仕組みです。

スマホやチャットツールから簡単に送れる

インセンティブの付与が「いつでも」「どこでも」できることも魅力です。とかく忙しいビジネパーソンは「あとでやろう」と思っていても、ついつい失念してしまうものです。

誰もが「賞賛」に賛同できる

「いいね!」をシェアできることも、twitterやfacebook、instagramの世代には感覚的にわかりやすいことです。「拍手」となって相手に気持ちを伝えることは、コンサートやお芝居などの「スタンディングオベーション」に通じます。

SlackやChatWorkなどと連携可能

UniposはビジネスチャットシステムのSlackからも投稿でき、拍手やポイントの確認もできます。また、同様のチャットシステムのChatWorkでも連携をすると、連携したChatWorkの特定ルームに、Uniposの投稿を反映させられます。

Unipos導入によるメリット

それではUnipos導入による実際のメリットについて解説して行きましょう。従来の人事評価システムにはなかったことをポイントに整理します。

レコグニションによるモチベーション向上

アブラハム・マズローの「欲求5段階説」の4番目の人間の欲求は「承認欲求」です。
働く仲間からの「賞賛」は労働意欲を駆り立て、モチベーションを上げます。人間は社会的な動物です。他者からの認知や承認の意思表示がとても大切です。

マズローの欲求5段階説とは | 自己実現理論でモチベーション維持、ビジネスへ活用 | ボクシルマガジン
人間の欲求を5段階層にわけた、マズローの欲求5段階説。自己実現理論として知られており、モチベーションを語るうえで欠...

定性的な成果を評価できる

定量指標だけではなく定性指標が加わることで、クリエイティブ系やSEなどのスタッフの仕事の評価が変わります。製造現場では製品の質の向上やクオリティコントールに良い影響を及ぼします。働く人の「納得感」も上がり企業や組織、グループに対する貢献意欲を引き出せます。
このことは社員の定着率の向上や、同時に「離職率」の低減にもつながります。

スタッフのプラス行動を促進できる 

結果だけではなく、プロセスに対しての評価もリアルタイムでできますので、良い実践事例の普及が素早くできます。「拍手」が集まれば賞賛された人が社内やグループ内のインフルエンサーとして、機能するようになります。また、新しいことの挑戦を後押しできる場合もあります。
   

エンゲージメントが向上する

Uniposはインセンティブを与えるために、経営者やマネージャーの権限の一部譲渡が伴います。スタッフは労使関係や主従関係から、一歩フラットな関係に近づき経営に対する意識や仲間同士の信頼関係が向上します。

経営理念・行動指針を浸透させる

働く人のエンゲージメントが向上すると、組織や企業の経営理念・行動指針を浸透させることに役立ちます。企業活動の拠り所となる価値観や行動規範が共有できれば、目標達成への意欲とスピードが増します。

Uniposの導入事例

Unipos導入での実際の事例を紹介します。導入前の課題と導入後の変化をまとめてみました。

Classiの事例

Classi株式会社は、2014年4月に設立。株式会社ベネッセホールディングスとソフトバンク株式会社が共同で設立した、先生・生徒向けのサービスを提供する合弁会社です。

導入前の課題

急速な業績拡大に伴い次のような課題がでてきました。
- 人員増加で個々のスタッフの行動と成果がリアルタイムで掌握できなくなった。
- 成果が表には見えにくく、重要な働きをしてくれているメンバーにもスポットをあてたい。
- 「感謝」をいつもし合えるチームでありたい。

導入後の成果

Uniposを導入してみてわかったことは次のとおりです。
- 運営サイドは全く手がかからない。
- 「感謝」が可視化される。
- 「感謝」が広まる。
- 目立つ人ではなく、ストーリーにスポットがあたる。

メルカリの事例

株式会社メルカリは2013年設立の、 フリマアプリ「メルカリ」のサービスを提供しているオークションサイトの運営会社です。

導入前の課題

急拡大する組織の中でリアルタイムに、気軽に「賞賛」できる仕組み作りの必要性を感じていたといいます。

導入後の成果

2017年の9月の全社導入の1か月後にとったアンケートでは、社員のおよそ9割が、5段階評価で満足度4以上をつけています。
また、従業員に配布されるピアボーナス「mertip(メルチップ)」の消費率も半分以上という好成績をあげています。

Fringe81の事例

Fringe 81(フリンジ ハチイチ)株式会社は2012年設立の、インターネット広告技術の開発、コンサルティングHRテック領域におけるウェブサービスの提供の会社です。

導入前の課題

Fringe81では、急成長する事業に伴い拡大していく組織をどのように動機付けし、中間マネジメント層を育成し、生産性を高めていくかという課題と常に向き合ってきました。

導入後の成果

Uniposには管理者画面があります。活用頻度を個人、組織単位などで見られます。どのような行動が評価されるのか理解できます。感謝が「可視化」されました。
実際にUnipos上でどのくらいの人数が関わっているかをみてみると、約90%が使っています。

Uniposを利用してピアボーナスを実現する

「小さな努力」が認められることの喜びは、現在の社会の中でとても重要なことです。とりわけ、第三次産業の労働人口に占める割合が多い日本の就労構成の中では、「知識労働者」の比率がますます高くなります。
マズローの欲求の5段階では、「承認欲求」が上位にきています。現在多くの人々が「いいね!」を求めるのは金銭的な価値ではなく、自己承認の形として求めるのです。

Uniposはインセンティブの中に「賞賛+ボーナス」がありますので「いいね!」より強力です。組織内の人事評価制度を変えて行かなければと苦慮している人は、このピアボーナスの仕組みが大きなヒントになるでしょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間600万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事