コピー完了

記事TOP

PBXの導入事例|抱えていた課題と導入後の効果まとめ

最終更新日時:
記事の情報は2022-05-17時点のものです。
この記事では、PBXの導入事例を紹介しています。導入した背景や抱えていた課題、その後の効果など、BOXIL編集部が独自にヒアリングした内容を掲載しています。

不動産/建設/設備の導入事例

不動産業界N社の場合

N社は個人および法人向けの不動産仲介業を行っています。

会社情報 内容
従業員人数 1,000人以上
所在地 東京都
設立年数 21~30年

※2022年5月時点の数値

抱えていた課題

課題1.定休日の不対応状態

PBXの導入に至った理由は、店舗定休日の際の対応ができていないという課題があったためです。
特に、一括査定サイトからの連絡に一次対応できていませんでした。

課題2.アナログ対応

アナログ対応だったので、大量の連絡があった場合の対応に時間がかかっていました。
そのため、正確な顧客情報を伝えられていませんでした。

課題を解決するために、次のサービスを導入しました。

MiiTel - 株式会社RevComm

MiiTel
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

導入後の効果

効果1.毎月レコード更新

実際にMiiTelを導入することにより通話量が13%アップ、アポイント獲得率が31%アップ。また、送客スピードと送客数が大幅に向上しました。
社内において正確に情報伝達できるようにも改善しています。

効果2.オンボーディングが容易に

MiiTelによって、営業未経験の新入社員に対する研修が容易になりました。
効率的かつわかりやすい研修ができたおかげて、新入社員でもアポがとれるようになりました。

※導入後の効果等の数値は取材当時のものです。

資料をDLしてサービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

IT/通信/インターネットの導入事例

IT業界G社の場合

G社はオンラインの広告事業やメディア事業を行っています。

会社情報 内容
従業員人数 101〜200人
所在地 東京都
設立年数 11~20年

※2022年5月時点の数値

抱えていた課題

課題1.リモートワーク時の可視化

当時の課題は、リモートワーク時の従業員のパフォーマンスが不透明だったことです。
リモートワークでの業務内容を見える化して、全体としての生産性を高める必要がありました。

課題2.元データの集計作業が手間

以前導入していたツールでは、録音データを聞き直して書き起こす作業が必要でした。
余計な工数がかかっていたため、ほかの業務に時間をかけられずにいました。

課題を解決するために、次のサービスを導入しました。

MiiTel - 株式会社RevComm

MiiTel
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

導入後の効果

効果1.オンラインのみで契約成立

MiiTelを導入することにより、電話・オンライン商談のみでの契約が成立するように変化。収益が186%増えました。
ささやき機能を使えば、通話中に上司が直接指導できるため、新人でもトップセールスへ昇格できています。

効果2.入力時間の削減・入力漏れの防止

MiiTelを導入してSalesforceと連携活用することで、入力時間の削減、入力漏れの防止ができました。

※導入後の効果等の数値は取材当時のものです。

資料をDLしてサービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

医療の導入事例

医療業界Y社の場合

Y社は離島医療を支える総合病院を経営しています。

会社情報 内容
従業員人数 301~500人
所在地 沖縄県
設立年数 6~10年

※2022年5月時点の数値

抱えていた課題

課題1.個人携帯の使用負担

PBXを導入する前の課題は、業務中にプライベート用の携帯電話を利用していたことです。
病院で配布されるPHSは部署ごとの配布のため、PHSの使用中は個人携帯を利用するしかありませんでした。外線をかける場合にも、PHSからはかけられないため、個人携帯にてかけていました。

課題2.簡単な連絡事項の伝達手段がない

PBXの導入に至った理由は、チャット機能を利用できる端末がなかったためです。
チャットやグループチャットを利用できる端末がないため、簡単な連絡事項を伝達する際に困っていました。

課題を解決するために、次のサービスを導入しました。

Dialpad - Dialpad Japan 株式会社

Dialpad
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

導入後の効果

効果1.個人携帯を使わない

実際にDialpadを導入したことにより、電話での外線連絡が可能になりました。
これにより、業務中に個人の携帯電話を使わない運用へと変更できました。

効果2.簡単手軽に連絡事項の伝達が可能に

Dialpadを導入したことにより、チャット機能やグループチャット機能を使えるようになりました。
今までは紙や口頭でしか連絡できなかったものの、今では手軽に連絡する方法を確保できています。

資料をDLしてサービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

IT/通信/インターネットの導入事例

IT業界Y社の場合

Y社は企業向けソフトウェアの開発を行っています。

会社情報 内容
従業員人数 201~300人
所在地 宮城県
設立年数 51年以上

※2022年5月時点の数値

抱えていた課題

課題1.リモートワークの環境不備

当時抱えていた課題は、リモートワークの環境不備により音が途切れて、発言の内容を理解するのに時間がかかってしまうものでした。
リモートワークが中心となりビデオ通話を利用する機会が増えたものの、環境の違いもあり1音1音が途切れて聞こえていました。

課題2.リモートワーク中の電話の取次

もう1つの課題は、リモートワーク中の電話の取次がスムーズにいかず、毎週のように仕事の進行が1日以上滞ってしまっていたことです。
リモートワーク中に取引先から本社に社員への問い合わせがあっても、出勤日の社員が誰宛の電話か判別できずにいました。

課題を解決するために、次のサービスを導入しました。

UNIVOICE - トラムシステム株式会社

UNIVOICE
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら
まだ口コミがありません
このサービスの口コミを書く

導入後の効果

効果1.通話音声がクリアに

UNIVOICEを導入したことにより、本社と自宅といった異なる環境でも音声が途切れず、対面で会話をしているかのようにクリアに聞こえるよう整備されました。
疑問点があった際にはビデオ通話で5分以内の疑問解決が可能になり、仕事の効率が社内全体で10%以上向上したと実感しています。

効果2.電話の取次ぎがスムーズに

UNIVOICEによって、本社へかかってきた電話を自動で該当する社員へ正確に振り分けられるようになりました。
電話の取り次ぎがスムーズになったことで、取引先の方を待たせる時間がほぼ解消されています。

資料をDLしてサービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

導入前に知っておきたいPBX導入の失敗例

サービス選定で重要なのは自社にあったサービスを導入することです。たとえシェア率が高かったとしても自社に合うとは限りません。サービスの導入でよくある失敗例をまとめたので、確認して導入時の参考にしてみてください。

失敗例1:アプリの使用感と音質について把握できていなかった

アプリの使用感と音質について把握できていないと失敗しやすいです。
なぜなら、PBXはアプリを経由して音声データへ変換するため受電の通知にタイムラグがあったり、PBXを使用しない通話よりも品質が悪くなったりするケースがあるからです。

サービスを選ぶ際は、受電通知のタイムラグといった使用感や通話時の音質についても確認しましょう。

導入ユーザーの体験談

トライアル時に外出先での受電の通話音質を確認しておく必要がありました。
また、遠距離にいる相手とも実際に通話をしてみることで、タイムラグについても許容できる範囲なのか確認しておけばよかったです。

失敗例2:トラブル発生時の対応方法を確認しなかった

サービス導入時にトラブル発生時の対応方法を確認しておかないと失敗しやすいです。
理由は、トラブルが発生して通話ができない状態になった場合、業務自体が止まってしまい、取引先や顧客のクレームにつながる可能性があるからです。
サービスを選ぶ際は、トラブルが発生した際のサポートがどれだけ充実しているのかを確認するようにしましょう。

導入ユーザーの体験談

事前にトラブルが発生したときの対応策や、サポートセンターの対応を確認しておく必要がありました。
障害時はどの程度利用できなくなるのか質問したところ、問い合わせてもはっきりとは答えが返ってこなかったため、サポートセンターがどのような対応をしてくれるのか確認しておけばよかったです。

資料をDLしてサービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

クラウドPBX選び方ガイド
PBX
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
PBXの最近更新された記事