MAツール(BtoC)の関連情報

コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめのBtoC向けMAツール2選!ツールの特徴と選ぶ際のポイント

最終更新日:(記事の情報は現在から125日前のものです)
この記事では、無料で使えるおすすめのBtoC向けMAツールを紹介しています。有料・無料ツールの違いや選ぶ際のポイントなどをわかりやすく解説しています。導入するBtoC向けMAツールを探している方はぜひ参考にしてみてください。

【厳選】おすすめMAツール(BtoC)をまとめてチェック!
MAツール(BtoC)の比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめMAツール(BtoC)の資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なMAツール(BtoC)を含むサービスを徹底比較しています。ぜひMAツール(BtoC)を比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

BtoC向けMAツールとは

BtoC向けMAツールとは、消費者向けのマーケティング・オートメーション(MA)を実現するツールです。

メール配信やSNS広告、スマホアプリなどのチャネルを通じて、顧客の行動履歴や属性情報に基づいてパーソナライズされたコンテンツを提供したり、購買意欲を高めたりする機能がついており、顧客とのOne to Oneコミュニケーションやリピート購入の促進などのマーケティングの業務を効率化する機能があります。

無料のBtoC向けMAツールを選ぶときのポイント

無料のBtoC向けMAツールを選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準について解説します。

顧客の行動や属性に応じたセグメントができるか確認する

BtoC向けMAツールを選ぶ際は顧客の行動や属性に応じたセグメントができるか確認してください。無料版には顧客のセグメントに関する機能が限られていることが多いです。

例えば、購入履歴や閲覧履歴、年齢や性別、地域などの行動や属性を基にしたセグメントを細かく分けられない場合があります。これは、顧客のニーズや傾向を把握したり、顧客に合わせたメールや広告を送ったりすることに影響を与えます。

行動や属性に応じたセグメントができるソフトを選ぶことで、顧客の獲得や育成、ロイヤルティの向上につながります。

効果測定や分析ができるか確認する

BtoC向けMAツールを選ぶ際は効果測定や分析ができるか確認してください。無料版には効果測定や分析に関する機能が不十分なことが多いです。

例えば、メールや広告の開封率やクリック率、コンバージョン率などの指標を測定できず、顧客の行動や反応の分析もできない場合があります。これは、メールや広告の効果や改善点を把握したり、顧客の満足度や離脱率を改善したりすることに支障をきたしかねません。

効果測定や分析ができるソフトを選ぶことで、メールや広告の最適化や顧客との関係性の強化につながります。

他のマーケティングツールと連携できるか確認する

BtoC向けMAツールを選ぶ際は他のマーケティングツールと連携できるか確認してください。無料版には他のツールとの連携ができないことが多いです。

例えば、CRMやSNS、アクセス解析などのツールとデータをやり取りしたり、一元的に管理したりできない場合があります。これは、顧客の情報や行動を把握したり、マーケティングの効率化や最適化を図ったりすることに支障をきたします。

他のマーケティングツールと連携できるソフトを選ぶことで、顧客の理解やマーケティングの効果の向上につながります。

無料で使えるおすすめのBtoC向けMAツール2選

BtoC向けMAツールの中で無料で使えるおすすめのツールを紹介します。無料の範囲でできることや機能制限などを解説しているのでBtoC向けMAツール選びの参考にしてみてください。

HubSpot

HubSpot
HubSpot
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

HubSpot Marketing Hubは、フォームやWebチャット、Eメールテンプレートなどの機能が利用できるBtoC向けMAツールです。無料プランでできることは、Webサイト経由でのリード獲得や管理、EメールやWebサイトのトラッキングや分析などです。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
Eメールの送信数 2,000件/月まで
カスタムレポート 利用できません

SalesAutopilot ‐ SalesAutopilot Ltd.

無料で利用できる機能と制限

SalesAutopilotは、メールマーケティングやCRM、eコマースなどの機能が利用できるBtoC向けMAツールです。無料プランでできることは、リード数の制限なく、基本的な機能を使うことができます。日本語には対応していないため注意が必要です。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
メール配信数 400件/月まで


自社に合うツールを選ぶには、各ツールの内容を比較することが重要です。気になるツールの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\【無料特典】MAツール比較表/

【比較表あり】MAツールおすすめ比較!価格・機能・口コミ評判
MAツールの代表的なサービスを徹底比較!BtoBかBtoC向けか、対応している機能、料金プラン、口コミ評価などをま...
詳細を見る

おすすめBtoC向けMAツールの比較表【料金・機能・口コミ評価】

おすすめMAツールの評判・口コミ、料金、機能を表でまとめました。各サービスをまとめて比較したい方は、無料でダウンロードできる一括資料請求がおすすめです。

【特典比較表つき】『MAツール(BtoC)の資料10選』 はこちら⇒無料ダウンロード

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『MAツール(BtoC)の資料10選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

無料と有料の違いは?よくある機能制限と注意点

無料のBtoC向けMAツールでよくある機能の制限をまとめました。

リード登録数の制限

無料版のBtoC向けMAツールでは、リードの登録数に制限がある場合があります。例えば、顧客や見込み客の情報を登録できる件数が決められている、またはメールやSMSでの送信数が制限されているといったケースです。

これらの制限により、マーケティング活動の規模や効果が制約される可能性があります。一方で、有料のツールでは、それらの数に余裕があり、多くの顧客や見込み客とコミュニケーションできます。BtoC向けMAツールはリード登録数が成果に直結するので、リード登録数にも注意しましょう。

セグメント機能の制限

無料版のBtoC向けMAツールを使う際には、セグメント機能の充実度も考慮する必要があります。セグメント機能は、顧客の属性や行動履歴などのデータを基に、顧客を細かく分類する機能です。

セグメント機能が充実していれば、顧客に合わせてパーソナライズされたコミュニケーションができ、コンバージョン率やロイヤルティの向上に期待できます。しかし、無料版では、有料版に比べてセグメント機能が制限されている場合があります。

例えば、セグメントの作成数や条件が少なかったり、動的に更新されなかったりするといったケースです。

分析機能の制限

無料版のBtoC向けMAツールでは、分析機能が限定されている場合があります。例えば、メールやSMSの開封率やクリック率、ウェブサイトの訪問者数やコンバージョン率などの基本的な指標しか測定できない、またはレポートやダッシュボードの作成ができないといったケースです。

これらの機能がないと、マーケティング活動の効果や改善点が把握できない可能性があります。有料のツールでは、分析機能が充実しており、詳細なデータや可視化機能が提供されることが多いです。BtoC向けMAツールは分析機能が最適化に必要なので、分析機能にも目を向けましょう。

有料ツールを検討するべきケース

企業の状況やツールに求めていることによっては、無料ツールでは叶えられないケースが存在します。有料ツールを検討したほうが良いケースをまとめているので参考にしてみてください。

リード登録数が100人以上になる場合

前述の通り、無料版のMAにはリード登録数に限りがあります。リード登録数が少ない想定であれば無料版でも問題ありませんが、数が増えると無料版では対応できなくなります。

数が100人以上になる場合は、有料版に切り替えることをおすすめします。有料版では、無制限で提供されていることが多いです。

SNS連携やアプリプッシュ通知を利用したい場合

無料版のBtoC向けMAツールを使う場合、SNS連携やアプリプッシュ通知などの機能に制限があることが多いです。例えば、連携できるSNSやアプリプッシュ通知の数が少なかったり、利用できなかったりする場合があります。

これらは、顧客とのコミュニケーションを強化する効果的な手段なため、SNS連携やアプリプッシュ通知を積極的に利用したい場合は、有料版に切り替えることをおすすめします。有料版ではSNSの連携やアプリプッシュ通知が出来る場合が多く、また、連携できるSNSの数やアプリプッシュ通知の数も多いです。

セグメントやスコアリングを活用したい場合

無料版のBtoC向けMAツールを使う場合、セグメントやスコアリングなどの機能に制限があることが多いです。例えば、セグメントやスコアリングの数が少なかったり、利用できなかったりする場合があります。

これらは、顧客の属性や行動履歴に基づいて、顧客を分類したり、顧客の価値や購買意欲を評価したりする機能です。これらの機能を活用することで、顧客に合わせてパーソナライズされたメッセージを送れます。

セグメントやスコアリングを活用したい場合は、有料版に切り替えることをおすすめします。有料版では、セグメントやスコアリングができたり、数が多かったりします。

ツールを比較しましょう

自社に合うツールを選ぶには、各ツールの内容を比較することが重要です。気になるツールの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\【無料特典】MAツール比較表/

MAツール(toC向け)選び方ガイド_20240202.pptx.pdf
MAツール(BtoC)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
MAツール(BtoC)の最近更新された記事