コピー完了

記事TOP

顧客分析とは?目的・5つの分析手法・おすすめツールをわかりやすく解説します!

最終更新日:
顧客分析はビジネスを発展させていくためには欠かせません。そもそも顧客分析とは何なのか?ということに加え、どのような顧客分析の手法があるのかについて解説していきます。

ビジネスを大きく発展させていくためには「顧客分析」が欠かせません。しかし、どのような顧客分析を行うことが自社にとって最も価値があるのか?ということを理解していないと、その分析の効果が十二分に発揮されるとは言い難いです。

そこで、そもそも顧客分析とは何なのか?ということに加え、どのような顧客分析の手法があるのかについてを解説していきます。

顧客分析とは

顧客分析とは、これまで自社のサービスや商品を利用もしくは購入した顧客がどのような層であるのか、またどのような購買行動によるものなのかを分析することを言います。

この顧客分析はあくまで購買率を上げるためや、顧客満足度を上げるために分析を行う手段の一つです。分析によるデータを得ることが目的ではないことを大前提として理解しておきましょう。

顧客分析の目的や必要性

一体なぜ顧客分析を行う必要があるのでしょうか。中には「よりよい商品(サービス)を提供すれば問題ない」と考える人もいるかもしれません。

しかし、顧客分析は時代の流れに合わせて顧客のニーズを捉えていくうえで必要不可欠なものです。以下で顧客分析の目的や必要性のポイントを3つ紹介します。

企業の業績を底上げする

まず一つ目の目的は企業を存続・発展させていくために業績をアップすることです。

いくら社会貢献をしている企業でも業績が良くなければ、企業を存続させていくことは難しいものです。まずは事業の地盤を固めて業績を上げ、継続して利益を上げ続けることが必要であるため、業績をアップするためにも顧客分析が必要なのです。

施策の評価

二つ目は既存顧客のケアや新規顧客の獲得のために行っている施策を評価することです。

ただ闇雲にあれこれ取り組みを行い、その結果に一喜一憂しても意味がありません。
どの取り組みがどのように成功し、どの点がうまくいかなかったかなどの分析を細かく行うことで、顧客のニーズを絞り込むことができ、次の施策への課題を抽出することができます。

顧客の現状を知る

三つ目は顧客の現状を知ることです。

「売れた」と「売れなかった」というのは結果を見れば一目瞭然ですが、「なぜ売れたのか?」や「なぜ売れなかったのか?」という部分に関しては、結果だけを見ても知ることはできません。

そのため、まずは現状把握することがビジネスを進めていく上で必要不可欠なことであり、顧客分析をする目的の一つなのです。

顧客分析5つの手法

顧客分析には大きく分けて以下の5つの手法があります。

RFM分析

RFM分析とは、「Recency(直近購買日)」、「Frequency(購入頻度)」、「Monetary(購入金額)」の3つで顧客をランク分けして、分析をする方法です。3つのポイントに沿って顧客の特性を分析でき、顧客によってアプローチを変えられるため、商材がBtoC向けの企業によく取り入れられている手法です。

デシル分析

デシルとはラテン語で「10分の1」という意味があり、デシル分析は購入金額の高い順に顧客を10等分にグループ化して分析する手法のことを言います。

これは、購入金額ベースで並べられたデータを10等分し、それらを10個のグループに分けることによって、どのグループが全体の売り上げにどれだけ貢献しているのかを分析することができます。

非常に簡単な分析ですが、どの層にアプローチするべきなのかの課題が見えてくるため非常に有益な分析方法です。

CTB分析

CTB分析とは、「Category(分類)」「Taste(デザイン、サイズなど)」「Brand(ブランド)」を指標に置き、今後どのような購買行動をするのかを予測するための分析方法です。

この分析では、3つの指標からグループを作りカそれぞれにテゴライズをするため、レジに搭載されているPOSデータ分析でわかる人気商品を知るという単純なものではありません。

カテゴライズされたグループごとへの販売戦略を立てることもできるのが特徴で、顧客の趣味趣向に合わせてアプローチをすることができるようになります。

セグメンテーション分析

セグメンテーション分析とは、顧客の購買履歴などから属性ごとのグループ分けを行い、マーケティングを行う手法です。

ここで紹介している顧客分析の中で最も簡単な手法であるため、顧客分析を始めて導入する企業にオススメです。しかし、一方でRFM分析やCTB分析ほど高度な分析ができないのがデメリットです。

特定顧客の抽出

特定顧客の抽出では、顧客からあらかじめ会員登録などをしてもらい情報を獲得します。
特定顧客のデータを把握しておくことによって、その顧客へ対して直接アプローチをかけることができたり、その情報へ蓄積された購入履歴によって今後の購買予測を行うことができます。

顧客分析におすすめのCRMツール

注目のCRM、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめCRMをまとめてチェック!

CRMの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。サイトのUI・UX改善、メルマガの文面、コールセンターへの活用など、サービスごとにさまざまな機能のあるCRM比較にお役立てください。サービス比較はこちら

顧客分析は多くの情報や集計作業が必要となるため、CRMツールの利用をおすすめします。CRMツールを導入することで、より効率よく顧客管理ができるようになります。以下ではおすすめのCRMツール比較7選を紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

b→dash(ビーダッシュ) - 株式会社フロムスクラッチ

b→dash(ビーダッシュ) - 株式会社フロムスクラッチ 画像出典:b→dash(ビーダッシュ)公式サイト

  • 一元管理されたデータにいつでもアクセス
  • b→dashひとつであらゆる機能を
  • 直感的な操作でだれでも使える

b→dashは、データを一元管理、機能も全て入っているAll in oneのマーケティングプラットフォームです。集約的なツールではあるものの、初心者でも使いやすいように、シンプルなUI/UXと専任のサポーター体勢が準備されています。

Salesforce(セールスフォース)Marketing Cloud


  • カスタマージャーニーの計画、パーソナライズ、最適化が可能
  • リアルタイムの保有するデータにもとくインサイト提供
  • オンライン、店舗、サポートデスクなど、多くのコンタクトチャネルにも対応

Salesforce(セールスフォース)Marketing Cloudは、顧客データや行動データを一元化し、リアルタイムに組み合わせることで、メールやソーシャルメディア、SMS、LINEなど、あらゆるチャネルやデバイスを活用した顧客との“1対1”コミュニケーションを実現するシステムです。
もともとはメール配信システムからスタートしたExactTargetの機能をフルに活用できるので、メール配信にも強みがあり、TOYOTA等大手の導入実績も豊富です。

料金プラン
月額:150,000円~

MOTENASU - 株式会社FID

MOTENASU - 株式会社FID 画像出典:MOTENASU公式サイト

  • 既存の基幹システムと簡単に連携
  • One to Oneマーケティングを自動化
  • 特許取得の配布物発注システム

MOTENASUは、顧客への「おもてなし」を取り入れた次世代型MAツールです。メール、LINE@など顧客一人ひとりにあわせたチャネルをシナリオに組み込め、顧客の属性に合わせた施策を自動で実行できます。また「配布物発注システム」により、オフラインでOne to Oneマーケティングを実施。同一内容のDMを一斉送付するのではなく、個々人にあわせた内容のDMを1枚から発送でき、きめ細やかな顧客対応を実現します。

Aimstar

  • 強力な分析機能とキャンペーン機能
  • One to Oneのアプローチが可能
  • ライトユーザーからヘビーユーザーまで対応

Aimstar(エイムスター)は強力な分析・ターゲティング機能とMA基盤を持つソリューションです。機械学習による分析の自動化でユーザーの負担を軽減し最適なアプローチを実現します。

Probance(プロバンス)

  • 膨大な顧客データを取得
  • 機械学習による顧客行動の予測
  • コンサルタントによる導入・運用サポート

Probanceでは、手軽に導入できるProbance Oneとより専門的なツールであるProbance Hyper Marketingの2種類が提供されています。これらの移行はとても簡単で、スモールスタートが可能です。また、機械学習によって各ユーザーの傾向を読み取り、適切なタイミングと方法でアプローチできます。さらに、ベンダーの経験豊富なコンサルタントがサポートしてくれるので安心です。

カスタマーリングス

  • 分析からアクションまでの豊富な機能
  • 直感的な操作性によりリテラシーの必要がなくても大丈夫
  • 充実したサポート

カスタマーリングス は、顧客の反応を手に取るように分析することができ、顧客を見える化します。妥当解を導き出すことにより、クリエイティブなマーケティングアクションにシフトします。

Ambassador Relations Tool(ART:アート)

Ambassador Relations Tool - 株式会社コンファクトリー

  • 一日330円から始められる
  • Net Promoter Scoreに基づいたプラットフォーム
  • 会員のサイト回遊をチェック可能

ART は、月々9,900円で多機能を実現し、マーケティングオートメーション・CRM・メール配信がお手軽にできます。

diip

  • 100種類以上の分析テンプレート
  • 高度な管理機能とMA
  • 充実したサポート体制

diipは、データ分析から効果検証までのすべてをワンストップで行なってくれます。高度な分析をもとに、一人ひとりの生活に最適な提案をします。

顧客分析に関連したおすすめツール

クラウドサインNOW - 弁護士ドットコム株式会社

クラウドサインNOW - 弁護士ドットコム株式会社 画像出典:クラウドサインNOW公式サイト

  • タブレットで記入した書類を自動でデータ化
  • 手書き文字を自動認証し、転記作業ゼロへ
  • クラウドサインと連携して、シームレスに電子契約締結

クラウドサインNOWは、店頭で取り交わす申込書や契約書を電子化。タブレットで記入した文字を自動でデータ化できる、対面契約型の電子契約サービスです。紙で収集していた申込書や契約書を電子化することで、事務作業の削減やコンプライアンスの強化につながります。手書き文字を高精度な認証機能によってデジタル文字に変換できるので、収集したデータをすぐに取り込めて店舗分析に活用できます。

顧客分析を通して売上をコントロールしよう

今回紹介した5つの手法は、専門家でなくてもできる手法ばかりです。

企業を長く継続させていくためには、常に時代の流れと顧客のニーズを捉え続ける必要があります。「売れた」「売れなかった」という結果だけを待つのではなく、ターゲットを絞り狙って売ることができるようになるためにも、ぜひこの機会に顧客分析を取り入れてください。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

MAツール(BtoC)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
MAツール(BtoC)の最近更新された記事