コピー完了

記事TOP

動画マーケティングのスゴさを資料化!1分観るだけでWebサイト3,600ページに相当?

最終更新日時:
価格・機能などの掲載情報を2020-12-10に再調査しました。
1分間の動画はWebサイト3,600ページに相当する情報量と言われています。それを活用した動画マーケティングについて資料化し、わかりやすく解説していきます。

デジタルデバイスの多様化や高速通信などネットを取り巻く環境の変化に伴い、動画コンテンツを取り入れるソーシャルメディアも増えています。

このような時代の潮流にのって、多くの企業もWEBサイトにビデオコンテンツを掲載し、商品などを紹介しています。
現在、動画マーケティングの存在感はどんどん大きくなってきています。

そこで今回は、btrax社運営しているブログの「動画マーケティングの威力が伝わる統計と動画作成5つのポイント」の記事を参考に、統計データとポイントをビジュアル化してみました!

それでは、早速みていきましょう!

動画マーケティングの重要性を感じさせる統計データ

01_02-02

なぜ、動画マーケティングがこれほど重要視されるようになったのでしょうか?

理由は、オンライン動画の閲覧者数と情報量の多さです。

統計によると、世界中で毎日1億人がオンライン動画を閲覧しており、平均ではユーザー1人につき毎日32.2本の動画が閲覧されているそうです。

そして、1分間の動画の情報量は、180万言語、3,600のWEBページ分に匹敵します。
閲覧者への影響も大きく、動画を利用するとプロダクトへの理解が74%高まり、商品の購入率が64%アップするということが明らかになりました。

動画マーケティングは自社商品の情報を分かりやすく、多くの人々に伝えることを可能にします。

動画広告の効果

01_02-03 (1)

動画広告は円グラフが示す割合でユーザーの行動を変化させます。

動画の中でも、TVとオンライン動画を比較すると、オンライン動画の方がユーザーの記憶にその内容が残りやすいことが明らかとなりました。また、75%の広告代理店がオンライン動画広告はTVよりも効果的だと考えていることが分かりました。

数年以内にオンライン動画の広告費用はオンライン広告全体の1/3に上ると見込まれています。

TV広告とオンライン動画広告予算の推移

コンテンツ種類別ユーザー支持率

01_02-04

TV広告の伸び率に比べて、オンライン動画の伸び率は高いことが分かります。

他のコンテンマーケティングと比較しても、動画はユーザーからの支持率が最も高いです。
ユーザーがページ上の動画をすべて視る確率が80%であるのに対して、ページ上の文章をすべて読む確率は20%となっており、ユーザーは動画広告を好むことが分かります。

動画マーケティング成功への5つのポイント

01_02-05

では、成功のためには何に気を付ければよいのでしょうか。

ポイントはこの5つです。

動画とWEBの特性を抑えたうえで、その長所を活かしましょう。

これらのポイントが抑えられれば、広告効果が高くなります。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
動画広告の最近更新された記事