J-MOTTOグループウェアとMicrosoft 365 (旧称 Office 365)のサービス比較

今、比較中のサービスを
サービス名
総合評価
料金・費用
初期費用
利用料
月額/ユーザー
無料トライアル
無料プラン
仕様
iPhone
Android
スマホブラウザ
日本語対応
スマホ対応
スマホアプリ
スケジュール
設備予約
電話メモ
掲示板
ToDo
文書管理(wiki)
ファイル共有
タイムカード
アドレス帳
ワークフロー
報告書・議事録作成
プロジェクト管理
口コミ・評価
口コミ・評価
チャート
サービス資料
サービス資料
利用条件
最低利用人数
最低利用期間
0
円(税抜)~
情報なし
情報なし
(月)
3,000
円(税抜)~
情報なし
(月)
399
円(税抜)~
情報なし
150
円(税抜)~
情報なし
399
円(税抜)~
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
情報なし
5.0点
社員同士で予定を確認できるのでスムーズにスケジュール調整ができ、そのまま会議の場所も予約、そして会議資料の共有まで一連の作業がJ-MOTTOでワンストップ化できるので、別々のツールを使い分けるのに比べて効率的になり、ダブルブッキングが起きることもなくなりました。
4.0点
メンバーのスケジュールが把握しやすく、いつ空いているかがわかりやすい点です。また、各種申請についてもメールで行うよりもはるかに申請しやすいです。また承認プロセスのどこで止まっているのかもよく分かります。
4.0点
ユーザーのスケジュール管理や顧客管理を行なっていたが、会社のGoogleワークスペースへの転換によって使用しなくなってしまいました。Google系の方が確かにGoogleメールやスプレッドシートと連携していてよいが、Microsoft製品の方が顧客対応や問題解決点としては優れていると思う。
5.0点
仕事で確実に使用するMicrosoftOfficeについては、以前はボリュームライセンスでの利用が普通だったものの、昨今では一人が複数デバイスを使用することが多く、端末に紐づくライセンス形態より、ユーザーに紐づくライセンス形態の方が利便性が高い。管理面においてもライセンスの棚卸などの面倒な作業から解放されるため、目の前のコストだけでなく、管理工数も含めて考慮すると導入効果は高いと感じる。
J-MOTTOグループウェアの資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
Microsoft 365 (旧称 Office 365)の資料
・資料が掲載されていない場合は、資料請求依頼が送られます。
20人
情報なし
情報なし
情報なし
1年
情報なし
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。