グループウェアの口コミ数・満足度ランキング | 価格とプランも

グループウェアとは、組織内部におけるスケジュールやタスクの共有、コミュニケーションの円滑化を支援するシステムです。グループウェアの機能は多岐にわたり、チャットツール、社内SNS、メール、スケジュール管理、ドキュメント共有、ワークフロー、テレビ会議などがあげられます。
グループウェアの人気製品のレビュー数・満足度のランキングを紹介します。
続きを読む
グループウェアのサービス資料43件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
サイボウズ Office
Aipo
desknet's NEO
Cacoo
Confluence
WaWaoffice for Workspace Organizer
Garoon

グループウェアのランキング

条件を指定して絞り込む
52
並び順
Salesforce Sales Cloud
Sales Cloudはセールスフォース・ドットコムが提供する国内外トップシェアのCRM/SFAツールです。営業活動の見える化・改善を簡易に、高度に実現します。
料金プラン
3,000円-/月
無料トライアルあり
Microsoft 365 (旧称 Office 365)
Microsoft 365とは、馴染み深いWordやExcel、PowerPointの機能はそのままに、常に最新機能が追加されるOffice アプリやAI機能の搭載により、目的をカタチにできるソリューションです。
料金プラン
399円-/月
無料トライアルあり
LINE WORKS
LINE WORKS (ラインワークス)は、LINEの使いやすさと便利さはそのままに、企業でも安心して使える管理機能とセキュリティを備えたビジネスチャット。つまり、仕事用のLINEです。
料金プラン
-
無料トライアルあり
サイボウズ Office
累計導入社数70,000社突破。「誰でも使える」にこだわって開発した、はじめてのデジタル化にぴったりのグループウェアです。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
kintone
kintone(キントーン)は、開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムをかんたんに作成できる、サイボウズのクラウドサービスです。さまざまな業務に使えるアプリケーションをドラッグ&ドロップで作成でき、チーム内で共有して使えます。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
Google Workspace
Google Workspaceは、Gmailやカレンダー、ドライブなど、あらゆる業務に必要なすべての生産性向アプリを一元的にまとめて管理・利用できるグループウェアです。場所やデバイスを問わず、オフラインでも仕事を進めることができます。
料金プラン
680円-/ユーザー
desknet's NEO
デスクネッツネオは、450万ユーザー以上の累計導入実績を持つ、グループウェアです。【NEW:ウェブ会議機能搭載】【NEW:業務アプリ作成ツール搭載】
料金プラン
400円-/ユーザー
無料トライアルあり
Garoon
10名から数万人規模で安心して利用できる高いスケーラビリティと使いやすさを両立。高品質の無料カスタマーサポートが管理者を支援。カスタマイズ性、他システムとの連携性も魅力。
料金プラン
-
無料トライアルあり
Confluence
Confluence(コンフルエンス)は、ドキュメントの作成や議論など、全ての作業を1カ所にまとめることができる情報共有ツール。大規模なチームがあり、たくさんの情報をやり取りするような企業におすすめです。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
Cacoo
Cacoo(カクー)は、全世界300万人以上が利用するビジュアルコラボレーションツールです。Web上で作図でき、リアルタイムに共同編集できます。豊富なテンプレートを備えているのでアイデアを簡単にビジュアライズできます。
料金プラン
660円-/月
J-MOTTOグループウェア
クラウド型グループウェアを「もっと、安く」「もっと、手軽に」「もっと簡単に」 スケジュール・掲示板など、ビジネスに役立つ25種類のアプリケーションを1ユーザー月額150円からご提供。初めてグループウェアを導入する方におすすめです。
料金プラン
3,000円-/月
無料トライアルあり
CELF
CELF(セルフ)はExcel感覚で誰でも簡単にWebアプリがつくれるサービス。マクロや高度なプログラミング知識は一切不要で、業務アプリを作成し、利用することができます。
料金プラン
15,000円-/月
無料トライアルあり
Aipo
Aipoはチームでの作業をサポートするクラウドサービスです。オンラインでのミーティングの予定や営業日程のスケジュール調整、打ち合わせの予定管理などさまざまな機能を備えています。
料金プラン
350円-/ユーザー
無料トライアルあり
NI Collabo 360
NI Collabo 360は、低価格でさまざまな機能を活用できるグループウェアです。スケジュールやメールや文書管理だけでなく、ワークフローや経費精算、日程調整、安否確認も標準搭載です。
料金プラン
360円-/月
無料トライアルあり
Lark(ラーク)
Larkは市場で最もアップデートされた、チャット、ビデオ会議、カレンダー、タスク管理、オンラインドキュメント、メール、Wiki、承認ワークフロー、勤怠管理などの業務に必要な全ての機能が一つのアプリに統合された次世代型社内ツールです。
料金プラン
0円-/ユーザー
無料トライアルあり
Zoho Connect
Zoho Connectはチームをひとつにまとめ、コラボレーションを加速するあらゆる機能を提供します。
料金プラン
0円-/ユーザー
無料トライアルあり
GRIDYグループウェア
GRIDYグループウェア(グリッディ)は、どこまでも無料、どこまでも”つながる”グループウェアです。
料金プラン
10,000円-/月
WaWaoffice for Workspace Organizer
簡単に操作できるグループウェアです。SFA、ワークフローなど同社の様々なサービスとも連携して使用することができます。(他社サービスとも連携可能です。)
料金プラン
-
無料トライアルあり
Qast
Qast(キャスト)は、不明点を気軽に質問したり、ナレッジを活用して社内の情報共有を強化したりする、ナレッジマネジメントツールです。
料金プラン
2,500円-/月
無料トライアルあり
Webex Teams
チームのコミュニケーション & コラボレーションに必要な機能を1つに。 Cisco Webex Teams がいつでもどこでも、セキュアにチームを繋いでいきます。
料金プラン
-
無料トライアルあり
グループウェアのサービス資料43件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
サイボウズ Office
Aipo
desknet's NEO
Cacoo
Confluence
WaWaoffice for Workspace Organizer
Garoon
グループウェアのお役立ちガイド
資料の続きを閲覧するには
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは社内SNSビジネスチャットワークフローシステムプロジェクト管理・工数管理電子帳票システムナレッジマネジメントツールクラウドメール文書管理システム会議室予約システムマニュアル作成議事録作成ツール・ソフトWeb社内報バーチャルオフィス(仮想オフィス)ツール日程調整ツール日報アプリBPMツール業務可視化ツールオンラインホワイトボードコラボレーションツールまで含めた一連のグループウェアのサービスについてまとめています。

グループウェアの基礎知識

1
グループウェアとは
グループウェアは、社内での情報共有とコミュニケーションのためのツールの総称で、タスク管理や文書管理、メール、チャット、ワークフローなど、さまざまな機能が実装されているのが特徴です。

社内の円滑な情報共有と業務効率化を実現するためのツールとして、業界・業種を問わず、さまざまな企業が導入しています。社員数が多い大企業はもちろん、中小企業やスタートアップ、自治体や官公庁でも積極的に利用され始めており、今後さらに多くの組織に導入されるでしょう。

【グループウェアの機能】

グループウェアの機能を大きく分けると、次のように情報共有のための機能と、業務効率化に寄与する機能、そして社内のコミュニケーションを活性化するための機能があります。

・情報共有のための機能:メンバーのタスク管理やスケジュール管理機能など
・業務効率化を実現する機能:ワークフローや勤怠管理に関する機能など
・社内コミュニケーションのための機能:メールやチャット、掲示板機能など

オフィスでの業務を効率化できる機能だけでなく、テレワークやリモートワークなど、社員がオフィス以外の場所で勤務する際にも活用できる機能が多く実装されています。
2
グループウェアがなぜ必要か
グループウェアは1960年代からすでに登場しており、ビジネスシーンで必要な多種多様な情報を整理し、業務効率化を図るツールとして広まってきました。

業務で扱う情報を管理できるツールがなければ、社員間でスケジュールの認識違いや、タスクの受渡しの際に伝達ミスが発生するなどして、業務の進捗に支障が出る可能性があります。

特にビジネスシーンで扱う情報の量が加速度的に増えている昨今では、情報を適切に管理し、必要に応じてメンバー間で簡単にシェアできるツールが欠かせません。

グループウェアは時代のニーズとともに数多くの機能が追加され、社員間の円滑なコミュニケーションに加えて、複雑になりがちな業務プロセスを整理・統合し、利用者の業務生産性を大幅に向上させるツールとして必要不可欠な存在として認知されています。
3
グループウェアを導入するメリット
【チーム全体のスケジュール管理が可能になる】

チームを組んで共通の業務にあたる場合、個人のスケジュールだけではなく、周囲の業務進捗も正確に把握しておかなければいけません。グループウェアならば、個人のタスク管理のみならず、チーム全体のスケジュール管理が簡単にできます。

過度な負荷のかかっている社員のフォローをしたり、タスクを別のメンバーにアサインしたりするといった調整が可能です。特にチーム管理者の業務負担を大幅に軽減できるでしょう。

【テレワークやリモートワークを効率化できる】

政府が推進している働き方改革の広まりに加えて、近年のコロナ禍の影響により、テレワークやリモートワークを導入する企業が増えています。

テレワークやリモートワークは周囲とコミュニケーションをとるのが難しく、オフィスでの勤務に比べて、仕事に集中できず、生産性が落ちてしまう人は少なくありません。

そこでグループウェアのチャット機能やファイル共有機能、ビデオ通話機能などを活用すれば、オフィス環境と同じように周囲と気軽にコミュニケーションが可能で、必要な情報をすぐに入手できるようになります。

一人で集中的に作業を進めつつ、チャットを通じて雑談や意見交換などができるため、人によってはオフィス勤務以上のパフォーマンスを発揮できるでしょう。
4
グループウェアを導入する際のデメリット
【導入・運用にコストがかかる】

グループウェアはさまざまな製品・サービスがありますが、大企業向けのサービスは導入・運用にかなりのコストがかかります。

一部無料で導入できるものもありますが、大人数での利用を前提とするならば、有料ツールでなければ基本的に対応できません。

基本的に、グループウェアに多いクラウド型のサービスは、1ユーザーあたりの料金になっているケースがほとんどです。したがって、大企業のように数百人単位での利用を考えるならば、毎月数十万円のコスト負担が発生する計算になります。

余計なコストを負担しないためにも、事前に利用人数を明確にしておき、最適な料金プランを選択する必要があります。

【使いこなせるようになるまで、時間がかかる】

情報共有のための機能をはじめ、コミュニケーションや業務効率化に関する機能など、さまざまな機能が実装されているグループウェアは、使いこなせるようになるまで相応の時間がかかります。

社員によってITツールを使いこなすスキルには違いがあるので、マニュアルを整備したうえで、説明会を開いたり、質問や疑問に回答する担当者を設けたりする必要があるでしょう。現場での利用が定着するまで、数か月の期間を要するケースも珍しくありません。

できるだけ早く運用できるように、導入前に受け入れ準備をしておきましょう。ベンダーの導入サポートを利用する方法もあります。
5
グループウェアを導入する際に比較するべきポイント
【導入形態】

グループウェアにはインターネット環境で利用するクラウド型と、社内サーバーにシステムをインストールして利用するオンプレミス型があります。

近年はサーバーの構築が不要で、外出先からもシステムに簡単にアクセスできるクラウド型が主流となっていますが、大企業の場合は、カスタマイズ性に優れたオンプレミス型も選択肢に入ります。自社の環境やニーズ、予算などに応じて導入形態を選びましょう。

【機能性と使いやすさ】

上記のように、グループウェアは製品・サービスによって、実装されている機能が異なります。まずは必要とする機能に優先順位を付けておき、導入を検討しているグループウェアの機能性を確認しましょう。

部門によってほしい機能が違う場合も多いので、事前にシステムを利用する部門間でコンセンサスを得ておく必要があります。

また、多くの社員が利用するため、誰にでも使いやすいツールを選ぶことも大事です。機能性が高くても操作が煩雑だったり難しかったりすれば、想定していた効果を得られない可能性があります。無料体験版やトライアル版が利用できるなら、まずは使い勝手を確かめてみましょう。
6
グループウェアの導入に失敗しない方法は?成功するためのポイント
【関係部署・部門の理解を得ておく】

グループウェアは多くの部門の社員が利用する可能性があるため、関係者の理解を得ておくことが大事です。

必要性やメリット、具体的な導入計画を確認してもらい、社員の疑問点や不満点などを、できる限り解消しておきましょう。現場を無視して一方的にトップダウンで導入しても、利用が定着しない可能性があります。

既存の業務プロセスの変更が必要な場合もあるので、グループウェアの導入で具体的に何が変わるのか、どのような効果が得られるのか、導入担当者が責任をもって説明し、現場に納得してもらうことが大事です。

【セキュリティ面にも配慮が必要】

グループウェア上で機密情報をやり取りする場面も想定されるので、情報を安全に取り扱える体制にしておきましょう。システムの運用ルールを明確に定めたうえで、セキュリティポリシー設定し、関係社員に順守させる必要があります。

また、クラウド型のグループウェアを導入する場合は、ベンダーがどういったセキュリティ体制を敷いているかも確認しなければいけません。システム上の問題が起こった際、すぐに対応してもらえるベンダーの製品を選ぶようにしましょう。

グループウェアの口コミ

Microsoft 365 (旧称 Office 365)の口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
コンサルティング・専門サービス
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:2件〜10件
投稿日:2023/01/29
4/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
今までバックアップを取っていたハードの調子が悪くなりクラウド化を検討しました。 アップロードに時間はかかりましたが無事に完了、何より外出先から資料の閲覧が出来、出張の際にデータを送ってもらう必要がなくなり大変助かっています。 マイナス1はExcel、Wordが自動保存されてしまうところが不便です。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
以前は出張の際に資料が必要になるとメールに添付して送付してもらっていましたが、導入後はどこからでもアクセス可。 とても便利になり、もっと早く導入すればよかったと思っています。
Microsoft 365 (旧称 Office 365)の口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
メーカー/製造系
利用状況:現在は利用していない
/
利用アカウント数:1件
投稿日:2023/01/28
4/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
会社で利用しているバージョン違いのofficeとも互換性が高く、特別な意識をすることなく、バージョン違いで不便をすることがなかった。まず利用することをお勧めします。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
フリーのofficeソフトでは、フォイル保存したファイルが、フォーマットが崩れたらするがあった。これについて困ることがなくなった。
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。