グループウェアの口コミ数・満足度ランキング | 価格とプランも

グループウェアとは、組織内部におけるスケジュールやタスクの共有、コミュニケーションの円滑化を支援するシステムです。グループウェアの機能は多岐にわたり、チャットツール、社内SNS、メール、スケジュール管理、ドキュメント共有、ワークフロー、テレビ会議などがあげられます。
グループウェアの人気製品のレビュー数・満足度のランキングを紹介します。
続きを読む
グループウェアのサービス資料45件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
サイボウズOffice
Diamond Portal
Aipo
desknet's NEO
Cacoo
Confluence
WaWaoffice for Workspace Organizer

グループウェアのランキング

条件を指定して絞り込む
49
並び順
サイボウズOffice
国内でも有数の導入シェアを誇るグループウェア
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
kintone
kintone(キントーン)は、開発の知識がなくても自社の業務に合わせたシステムをかんたんに作成できる、サイボウズのクラウドサービスです。さまざまな業務に使えるアプリケーションをドラッグ&ドロップで作成でき、チーム内で共有して使えます。
料金プラン
0円-/月
無料トライアルあり
Microsoft 365 (旧称 Office 365)
Microsoft 365とは、馴染み深いWordやExcel、PowerPointの機能はそのままに、常に最新機能が追加されるOffice アプリやAI機能の搭載により、目的をカタチにできるソリューションです。
料金プラン
399円-/月
無料トライアルあり
Google Workspace
Google Workspaceは、Gmailやカレンダー、ドライブなど、あらゆる業務に必要なすべての生産性向アプリを一元的にまとめて管理・利用できるグループウェアです。場所やデバイスを問わず、オフラインでも仕事を進めることができます。
料金プラン
680円-/ユーザー
Garoon
10名から数万人規模で安心して利用できる高いスケーラビリティと使いやすさを両立。高品質の無料カスタマーサポートが管理者を支援。カスタマイズ性、他システムとの連携性も魅力。
料金プラン
-
無料トライアルあり
desknet's NEO
デスクネッツネオは、450万ユーザー以上の累計導入実績を持つ、グループウェアです。【NEW:ウェブ会議機能搭載】【NEW:業務アプリ作成ツール搭載】
料金プラン
400円-/ユーザー
無料トライアルあり
Confluence
Confluence(コンフルエンス)は、ドキュメントの作成や議論など、全ての作業を1カ所にまとめることができる情報共有ツール。大規模なチームがあり、たくさんの情報をやり取りするような企業におすすめです。
料金プラン
-
Aipo
Aipoはチームでの作業をサポートするクラウドサービスです。オンラインでのミーティングの予定や営業日程のスケジュール調整、打ち合わせの予定管理などさまざまな機能を備えています。
料金プラン
-
無料トライアルあり
Cacoo
Cacoo(カクー)は、全世界300万人以上が利用するビジュアルコラボレーションツールです。Web上で作図でき、リアルタイムに共同編集できます。豊富なテンプレートを備えているのでアイデアを簡単にビジュアライズできます。
料金プラン
660円-/月
J-MOTTOグループウェア
多機能グループウェアを「もっと、安く」「もっと、手軽に」「もっと簡単に」 ビジネスに役立つ25種類のアプリケーションを初期費用無料で1ユーザー月額150円からご提供。業務のスリム化によりコスト削減にも貢献します。
料金プラン
3,000円-/月
無料トライアルあり
Qast
Qast(キャスト)は、不明点を気軽に質問したり、ナレッジを活用して社内の情報共有を強化したりする、ナレッジマネジメントツールです。
料金プラン
2,500円-/月
無料トライアルあり
WaWaoffice for Workspace Organizer
簡単に操作できるグループウェアです。SFA、ワークフローなど同社の様々なサービスとも連携して使用することができます。(他社サービスとも連携可能です。)
料金プラン
-
無料トライアルあり
NI Collabo 360
NI Collabo 360は、業務効率をあげる多彩な機能が搭載されたポータル型グループウェアです。レスポンシブWEBデザインを搭載し、どんなスマートデバイスにも最適化されています。
料金プラン
-
無料トライアルあり
Webex Teams
チームのコミュニケーション & コラボレーションに必要な機能を1つに。 Cisco Webex Teams がいつでもどこでも、セキュアにチームを繋いでいきます。
料金プラン
-
無料トライアルあり
GRIDYグループウェア
GRIDYグループウェア(グリッディ)は、どこまでも無料、どこまでも”つながる”グループウェアです。
料金プラン
10,000円-/月
Zoho Connect
Zoho Connectはチームをひとつにまとめ、コラボレーションを加速するあらゆる機能を提供します。
料金プラン
0円-/ユーザー
無料トライアルあり
社内報アプリ
ウィズワークスの社内報アプリは、100社の「本当にほしい」に答えた簡単・安心・高機能な社内報ツールです。WEBとアプリで組織のカンフル剤となります。
料金プラン
100,000円-/月
無料トライアルあり
CELF
CELF(セルフ)はExcel感覚で誰でも簡単にWebアプリがつくれるサービス。マクロや高度なプログラミング知識は一切不要で、業務アプリを作成し、利用することができます。
料金プラン
15,000円-/月
無料トライアルあり
Diamond Portal
Diamond Portal(ダイヤモンドポータル)は、低コストでありながら便利な機能も多数搭載、業界初GPS連携勤怠機能も利用できるグループウェアです。
料金プラン
500円-/月
GroupSession
GroupSessionはメッセンジャーから稟議やファイル管理など、様々な機能をメンテナンスの手間なく使える、クラウド型グループウェアです。
料金プラン
-
無料トライアルあり
グループウェアのサービス資料45件分をまとめてダウンロードできます!
サービス選定にお迷いの方は便利な無料の一括資料請求をご利用ください。
サイボウズOffice
Diamond Portal
Aipo
desknet's NEO
Cacoo
Confluence
WaWaoffice for Workspace Organizer
グループウェアのお役立ちガイド
資料の続きを閲覧するには
何から始めていいか分からないという方は、まずはこのガイドを読んでその全体像を掴みましょう。その入門となる知識をご紹介します。このガイドでは社内SNSビジネスチャットワークフローシステムプロジェクト管理・工数管理電子帳票システムナレッジマネジメントツールクラウドメール文書管理システム会議室予約システムマニュアル作成議事録作成ツール・ソフトWeb社内報バーチャルオフィス(仮想オフィス)ツール日程調整ツールまで含めた一連のグループウェアのサービスについてまとめています。

グループウェアの基礎知識

1
グループウェアとは
グループウェアとは社内でのスケジュールやタスクなどの共有やコミュニケーションを取るためのソフトウェアです。社員間でのスケジュールの認識違いやタスクの受け渡しの際に伝達ミスが起こってしまい、それが仕事上で大きな失敗になってしまいまうことはよくある話です。
グループウェアの登場によりそういったミスを減らすことができ、仕事の効率化を図ることができるようになりました。
2
グループウェアの基本性能
・会社内、チーム内でのタスク、スケジュールの共有、管理ができる
・タスクやスケジュール毎に細かい詳細を記入できる(有料オプションの場合あり)
・タスクを納期など考慮し、時系列的に管理してくれる。
・メッセンジャー
クラウド型グループウェアを導入することにより、コミュニケーションが円滑になり仕事の効率化につながります。
3
グループウェアがなぜ必要か
企業内で一緒に何か仕事をする上で、ミスは必ずと言っていいほど起こってしまいます。どうしても防ぐことができないミスもありますが、ほとんどは未然に防ぐことができます。それは企業やチームのタスクやスケジュールの共有、受け渡しを正確に円滑にすることや社員が自身のやるべき仕事に集中できる環境を整えるなどの対策が挙げられます。そんな時にグループウェアが必要になってきます。
グループウェアはタスクやスケジュール管理など社員間の円滑なコミュニケーションを行う、仕事の効率化をするには必要不可欠なツールと言えるでしょう。
4
グループウェアを導入するメリット
・他の社員のタスク、スケジュールを確認することができる。
・仕事の受け渡しや進捗状況の確認が簡単にできる。
・伝達ミスやタスク管理による時間の短縮ができる。
5
グループウェアを導入する際のデメリット
・機能をうまく使いこなせない可能性がある。
・使いこなせるようになるまで時間が掛かる。
・入力操作の時間がどうしてもかかってしまう。
・コストが掛かる。
エクセルを利用する人がかなり多い日本では、操作の仕方に戸惑う人がかなりいます。またエクセルで管理できるのならコストもかからずに利用できるのも事実です。
6
グループウェアを導入する際に比較するべきポイント
・対応機能数
・導入してからのアフターフォローをどの程度してくれるのか
・対応人数
・わかりやすい操作方法かどうか
・スマートフォンやタブレット端末などからも利用できるかどうか
・コスト
クラウド型グループウェアサービスを導入することで解決できる問題はどのようなものがあるかをよくご確認の上、あなたの企業の予算と相談してみてください。
7
グループウェアの導入に成功するため、失敗しないためのポイント
・しっかりと導入するサービスによって解決できる問題を明確にさせておくこと
・機能の数が多く、機能の操作がわかりやすいかどうか
最低限このポイントを抑えてからグループウェアを導入しないと導入が失敗に終わる可能性が高くなってしまいます。導入サービスを選ぶ際は他の色々なサービスと比較してから導入して、どれくらい最適化できるのかを考えましょう。

グループウェアの口コミ

Aipoの口コミ
匿名のユーザー
ユーザー
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:2件〜10件
投稿日:2022/05/26
4/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています

エクセルのスケジュール管理から解放されるサービス

当初は無料お試しを利用できるので自分の会社の業務に合うかどうかがわかるのがありがたい。使ってみると見た目がシンプルで色分けも鮮やかなので見やすく視覚的に全体のスケジュールを把握することができる。外出先からでも見ることができるので社外から他のスタッフのスケジュールを確認する事が出来、リスケをするのも比較的簡単にできる。多くの機能がありすぎないので逆に使いやすいと思う。

サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください

以前は、旧態依然とエクセルシートでスケジュール管理をしていた。スタッフ毎に行で区切り、列を時間列にした表を15年くらい使っていたのだが、同時入力ができなかったり、共有設定するとファイルが壊れたり、外出先などでファイル共有できなかったり、そもそもセルに入力するというのが意外と手間で多くの情報を入れることができず、多くの情報を入れすぎると見にくくなるというジレンマがあった。高機能なグループウェアがたくさんある中でこのサービスを選んだのは、とにかくシンプルで必要なスタッフ全員のスケジュールが視覚的に一目瞭然で、入力も簡単なのですぐにスケジュールを外出先でも埋めることや確認することができるという事で、効率的にスケジュールをスタッフ同士で入れ替えることができるなど効率的な営業活動ができるようになった。
サービスの5段階評価
使いやすさ
4
お役立ち度
4
カスタマイズ性
3
機能満足度
4
サービスの安定性
4
Google Workspaceの口コミ
長橋 祐美
ユーザー
フリーランサー
/
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:11件〜30件
投稿日:2022/05/24
5/5
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています

Googleシリーズ以外も様々な外部連携が取れて便利です。

フリーランサーとして様々な仕事をこなしていくうちにGmailを始めスプレッドシートやドキュメント、フォームなど気づけば殆どのGoogle Workspaceの機能を使っていました。そもそもGmailアカウントがあったことによりGoogle Workspaceの機能を使うことができたわけですが、今では手放せないツールになっています。

サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください

Google系のアプリはもちろん、様々な外部アプリと連携して使いやすさをアップさせることができます。チャットツールとして人気の高いSlackと連携させることでSlack上からドキュメント、スプレッドシート、スライドの作成ができたり、DropboxとGmailの連携ではGmail上にDropboxのボタンが付きDropboxから直接ファイルを添付できたり、一つ一つは小さな工数減少ですが複数のアプリを連携させることでチリも積もって大幅な工数減少になっています。
サービスの5段階評価
使いやすさ
5
お役立ち度
5
カスタマイズ性
5
機能満足度
5
サービスの安定性
5
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。