コピー完了

記事TOP

【中小企業向け】グループウェアの比較6選 - 選び方

最終更新日:(記事の情報は現在から5日前のものです)
グループウェアはコミュニケーションのためのツールを導入できていない中小企業にこそおすすめしたいツールです。そんな中小企業にぜひ導入してほしいグループウェアを厳選して紹介。中小企業ならではの選び方を合わせて解説します。

【厳選】おすすめグループウェアをまとめてチェック!

グループウェアの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。コミュニケーションの活発化、情報の共有、ペーパーレス化などさまざまな目的で導入されるグループウェアの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

グループウェアとは

グループウェアとは、チャットツールやタスク管理ツールを使って業務効率を向上させるためのソフトウェア・ツールのことです。

スケジュール管理・ファイル共有、会議室予約など、業務を円滑に行うため必要な機能を搭載しています。インターネット経由で場所を選ばずアクセルできるSaaSが主流です。

中小企業におけるグループウェアのメリット

情報共有が進む

中小企業ではひとりあたりの担当が多く、社内共有も頻繁です。グループウェアをつかえば、チャットや掲示板で手軽に情報共有がすすみ、業務効率化が進みます。

リモートワークがスムーズに

社員数が少ない中小企業では、綿密にコミュニケーションを取れるかどうかが業務遂行の鍵になります。リモートワークではどうしても対面でコミュニケーションを取りにくくなりますが、グループウェアを使えば補える面は多いでしょう。

グループウェアの選び方(中小企業向け)

グループウェアの選び方のうち、中小企業が特に注意すべき点について触れながら解説します。詳細はグループウェアの概要を解説した記事でも紹介しています。

オンプレミス型よりクラウド型

中小企業におすすめのグループウェアはクラウド型です。

グループウェアの導入形態はクラウド型とオンプレミス型に大きく分かれます。クラウド型はサービス提供企業のサーバーにアクセスしてオンラインにて利用する形式、オンプレミス型は自社のサーバーにインストールして利用する形式です。

中小企業は、クラウド型を選ぶことで初期費用が安い点、サーバーのメンテナンスコストがかからない点において恩恵を受けられます。小さくはじめられるのが重要な中小企業は、クラウド型のグループウェアを選びましょう。

単体サービスよりグループウェア

中小企業では、ビジネスチャットをはじめとした単体のサービスより、グループウェアのようなパッケージ化されたサービスの導入がおすすめです。まとめて導入することでコストを抑えられ、連携にかかる工数を削減できます。

なお、リテラシーがある場合や無料サービスでまかなえる場合は、単体サービスの組み合わせを検討してもよいでしょう。

日本製と海外製は用途によって検討

日本製と海外製では大きな違いがあるものの、企業規模によって選び分けることはあまりありません。日本製は日本人の使い方に合っている、海外製はシステム連携しやすいメリットがあります。

お試し期間がある場合は実際に使ってみたうえで、欲しい機能が付いていて使いやすいツールを選びましょう。

トータルコスト

トータルコストを考え、場合によっては無料プランも検討しましょう。

クラウド型は初期費用がかからず、1ユーザーあたり月500円程度ですみます。ただし従業員の規模が大きくなってきたり、オプションが必要になったりすると、費用がかさむケースもあります。トータルでどの程度かかるか前もって考えておくことが大切です。

グループウェアの比較6選(中小企業向け)

今後の継続した成長が見込まれ、導入企業が増加していくであろうグループウェア。シェアも考慮に入れたおすすめのサービスを紹介していきます。

Microsoft 365 (旧称 Office 365) - 日本マイクロソフト株式会社

Microsoft 365 (旧称 Office 365)
Microsoft 365 (旧称 Office 365)
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Microsoft 365(旧称 Office 365)は、Officeシリーズのアプリを月額課金で提供するグループウェアです。WordやExcelをはじめ、グループウェアも常に最新の状態で利用できます。自動的にアップデートが行われ、更新する手間がかからないのも特徴です。

J-MOTTOグループウェア - リスモン・ビジネス・ポータル株式会社

J-MOTTOグループウェア
J-MOTTOグループウェア
BOXIL SaaS AWARD 2022 Winter Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

J-MOTTO」は、ネオジャパン開発のグループウェア「desknet's NEO」の低価格サービスです。desknet's NEOと同様にスケジュールや設備予約、文書管理、プロジェクト管理など25の豊富なアプリケーションを利用できるため、特に中小企業におすすめです。

サイボウズ Office - サイボウズ株式会社

サイボウズ Office
サイボウズ Office
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

サイボウズOfficeは、サイボウズが提供するグループウェアで、従業員が300人以下の企業におすすめのサービスです。月額利用料金が比較的低価格でありながら、スケジュールやワークフローなどのが標準搭載されており、スマートデバイスにも対応しています。 なお従業員規模が300人以上の企業には、同社のグループウェア「Garoon」がおすすめです。

Google Workspace

Google Workspace
Google Workspace
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

Google Workspaceは、グーグルが提供する企業向けのグループウェアです。クラウド型で高度なセキュリティ管理のもと提供されています。チャット、ビデオ通話、ファイル共有、メールなどのアプリケーションを利用可能。違うデバイスやOS間でも同じファイルにアクセスできます。

 Google Workspace(旧G Suite、Google Apps)とは | 機能・できること、料金プラン
クラウド型のグループウェアGoogle Workspace(旧G Suite)の使い方、機能、事例を解説!Gmai...
詳細を見る

kintone - サイボウズ株式会社

kintone
kintone
BOXIL SaaS AWARD 2022 コラボレーション部門受賞
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

kintoneは、サイボウズが手がけるクラウドサービスで、企業独自のアプリを制作できるのがポイントです。タスクや案件ごとにコミュニケーションする土台を作成できるため、運用にあった形態でシステムを構築可能。また、社外や取引先のメンバーを「ゲストユーザー」として招待し、やり取りする「ゲストスペース機能」もあります。

kintone(キントーン)とは | 機能・料金プラン - サイボウズのグループウェア
kintoneとはサイボウズが提供しているグループウェアで、アプリ作成に強いのが特徴です。そんなkintoneの機...
詳細を見る

GRIDYグループウェア - ナレッジスイート株式会社

GRIDYグループウェア
GRIDYグループウェア
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

GRIDYグループウェアは、Knowledge Suiteの廉価版で無料にて利用できるグループウェアです。メール送信やプロジェクト管理といった基本的な機能はひととおり揃っているため、無料でも十分に利用可能。SFAやCRMとしても活用したい場合は、Knowledge Suiteを導入することでグループウェアとしての機能と組み合わせて利用できます。


【関連記事】
グループウェア比較(建設業)
グループウェア比較(小売業)
グループウェア比較(製造業)
グループウェア比較(不動産)
グループウェア比較(銀行)
グループウェア比較(保険)
グループウェア比較(スタートアップ)

グループウェアで情報共有を促進

クラウドサービスが主流になったことにより、導入ハードルが低くなったグループウェア。中小企業向けの選び方に注目しながら自社に合ったツールを選択しましょう。

  • オンプレミス型よりクラウド型
  • 単体サービスよりグループウェア
  • 日本製と海外製は用途によって検討

業務の効率化のためにもグループウェアの導入をおすすめします。

下のボタンから、グループウェアサービスの資料をまとめてダウンロードできます。グループウェアの記事で紹介しているサービスの詳細を一気に確認できるので、ぜひ利用してください。

下の記事では、この記事で紹介したサービス以外も含む、グループウェアのサービスを厳選して紹介しています。

【2023年】グループウェアを徹底比較!機能・選び方を解説
【2023年最新比較表】グループウェアの代表的なサービスを徹底比較!対応している機能や連携サービス、料金プラン、口...
詳細を見る
【2023年】ビジネスチャットツール比較14選!導入メリットや失敗しない選び方
おすすめビジネスチャットツールの価格や機能、口コミ評判を徹底比較。各サービスの無料プランの有無や特徴、推奨社員規模...
詳細を見る

関連記事

【サービス終了】サイボウズLive利用者が移行すべきグループウェア15選
2019年4月15日にサイボウズLiveはサービスを終了しました。利用されていた方を中心に、移行先で比較検討したい...
詳細を見る
【2023年】グループウェアを徹底比較!機能・選び方を解説
【2023年最新比較表】グループウェアの代表的なサービスを徹底比較!対応している機能や連携サービス、料金プラン、口...
詳細を見る
グループウェアとは? 機能や種類、メリット、できることを図解
グループウェアとは、組織のコミュニケーションと共同作業を活性化し、業務効率化を実現するためのソフトウェアです。グル...
詳細を見る
kintone(キントーン)とは | 機能・料金プラン - サイボウズのグループウェア
kintoneとはサイボウズが提供しているグループウェアで、アプリ作成に強いのが特徴です。そんなkintoneの機...
詳細を見る
 Google Workspace(旧G Suite、Google Apps)とは | 機能・できること、料金プラン
クラウド型のグループウェアGoogle Workspace(旧G Suite)の使い方、機能、事例を解説!Gmai...
詳細を見る
グループウェアのシェア・市場規模を解説!一番選ばれている人気サービスは?
この記事では、グループウェアの市場規模とシェア率を紹介しています。グループウェアの今後の市場成長度や、シェア率の高...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

グループウェア選び方ガイド
グループウェア
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
グループウェアの最近更新された記事