コピー完了

記事TOP

無料グループウェア比較 | ビジネス向けフリー製品の機能・特徴比較

最終更新日:
【最新版】無料で使えるグループウェアの特徴を徹底解説!完全無料から使えるものやユーザー数無制限のサービス、一部制限はあるものの無料で使えるサービスなど、無料グループウェアを集めました。

完全無料で使えるグループウェアおすすめ比較

無料で使えるグループウェアの中でも、全機能をユーザー数無制限で利用できるものを紹介します。有料オプションでサポートが付随したり、使える容量が増えたりするものもあるため、必要に応じてオプションも検討しましょう。

完全永久無料のグループウェア「R-GROUP」

Rグループが提供するR-GROUPは、完全無料で利用できるグループウェアです。利用者数の制限もなく、パソコン・スマートフォンのどちらからも利用できます。

掲示板やファイル共有といったグループウェアの基本的機能だけでなく、シフト表や名刺管理、通話機能までついているのが特徴で、完全無料で多機能なグループウェアを求めている企業におすすめです。

初期費用・月額無料でユーザー数無制限「GRIDY」

ナレッジスイートが提供するGRIDYは、使える機能は23もあり、無料グループウェア内でもかなりの機能数を提供しています。容量制限はなく、ファイル共有やレポートなどデータ共有が多い企業に最適です。

有料版に移行するとデータベースとの連携が可能になり、「将来的には顧客データベースを活用したい」という企業にとって発展性があります。モバイルで利用する場合には、有料版「Knowledge Suite」を導入する必要があるため注意しましょう。

ユーザー数無制限で高機能な「GroupSession」

日本トータルシステムが提供するGroupSessionは、教育機関や医療機関でも利用されている無料グループウェアです。グループウェアの導入が初めての企業や、300人未満での導入規模を想定している企業に推奨されています。

スケジュール、掲示板、施設予約、ファイル共有といった基本的な機能を網羅しつつ、スマートフォンで利用できるオプションやサポートのオプションなど、必要に応じて利用できるのも特徴です。

シンプルかつ無料な「e-Broad office」

e-Broad officeは、イーブロードコミュニケーションズが提供する無料のグループウェアです。モバイル対応のToDo機能やスケジュール管理、伝言メモ、アドレス帳といった機能があり、シンプルで基本的な機能を無料で使いたい企業におすすめです。

サークル・部活動以外の利用にも無料な「サークルスクエア」

シティーズが提供するサークルスクエアは、19年もの運用実績を誇る無料グループウェアです。サークル・部活動以外の商標利用も可能であり、スケジュール共有やToDoリスト、管理者権限機能など、一般的な無料グループウェアと比較しても、豊富な機能を持つサービスです。

ユーザー数無制限の無料グループウェアおすすめ比較

完全無料ではないものの、ユーザー数が無制限かつ無料で使えるグループウェアもあります。一部機能に制限があるものの、機能が充実している印象です。有料プランも用意されているため、従業員規模の増加やセキュリティ面の強化が必要になったら有料版に切り替えるのもいいでしょう。

15グループまでなら作成可能「Zoho Connect」

Zoho Connectは、ゾーホージャパンが提供する無料グループウェアです。ユーザー数は無制限、15グループまでなら無料で利用できます。基本的な機能は有料プランと遜色ありませんが、管理者向け機能が一部使えないため注意しましょう。

10GBのストレージが使えることもメリットであり、さらにZoho Cliqというチャットサービスが統合されていて、スマホからモバイルアプリとしても利用できます。

無料グループウェアの代表的サービスであったサイボウズLiveの終了にともない、Zoho Connectへの移行先として考える企業が多くあったようです。

ブラウザ版も利用できて高機能な「Chat&Messenger」

Chat&Messengerは、ビジネスチャットやテレビ会議、ファイル共有、タスク管理などが可能な無料のグループウェアです。各機能がシームレスに連携し、無料なのにもかかわらず多機能かつ高機能。

無料版では会議室予約・施設予約やユーザー管理ができませんが、ユーザー数無制限かつ契約期間も無制限です。

条件付きで無料のグループウェアおすすめ比較

人数制限をはじめ、特定の条件付きで無料のグループウェアも存在します。少人数で使う場合はこちらもチェックしましょう。

10人まで無料の「iQube」

iQubeはガイアックスが提供している無料のグループウェアです。スケジュール機能に加え、社内ノウハウの蓄積・活用のための機能に力を入れているため、レポートやWiki機能も装備しています。Todo管理機能もあり。プロジェクト内のタスク管理・ルール共有に活用可能です。

また、無料グループウェアでは珍しくアクセスIPも制限可能。セキュアに利用可能なところもおすすめです。10人未満であれば無期限で無料で使えるので、少人数の企業や部署・プロジェクト単位での利用に最適です。

5グループまで無料の「enclo」

encloは、1グループ各5人、合計5グループまで無料で利用できるグループウェアです。チャット機能、ファイル共有機能、メモ機能といったシンプルな設計で、初めてグループウェアを利用する企業にもおすすめです。

パワーポイントやエクセルファイルはもちろんのこと、動画やPDFファイルも簡単に共有。閲覧用のファイルを保存時に作成してくれるため、わざわざ他のツールを起動して中身を確認する必要はなくな
でしょう。ストレージ容量が足りない場合は有料で増やせます。

情報ストックを簡単に「Stock」

リンクライブが提供するStockは、チームで情報をストックすることに特化した無料のグループウェアです。チャットツールのように情報が流れないのが特徴で、ファイル共有やタスク管理を実施したい企業に特におすすめです。

データは暗号化されておりセキュリティ面も万全。メールからの転送機能や誤削除防止機能、Slackとの連携など、細かな機能も豊富です。

Aipo ※2018年3月31日 無料オープンソース版は提供終了

Aipoは、チャットやカレンダー、タイムカード、ワークフローなど必要な機能をカスタマイズして利用できるグループウェアです。シンプルかつわかりやすいUIが特徴で。サポートも迅速。

無料オープンソース版は2018年3月31日に終了してしまいましたが、現在有料版の無料トライアルが可能です。

サイボウズLive ※2019年4月15日 サービス提供終了

国内シェアNo.1のグループウェア「サイボウズ」を提供しているサイボウズが、社外やプライベートでの情報共有を円滑にすることを目的に開発したのが「サイボウズLive」です。

一般的なグループウェアに加えて300人まで同時にチャット可能であること、社外やプライベートでの情報共有に活用することを目的に開発されていたことから、200万人以上のユーザーがいました。


こちらの記事では、サイボウズLiveのようなグループウェアを探している方のために、適切な移行先を紹介しています。あわせてご覧ください。

注目のグループウェア、サービス資料まとめ

【厳選】おすすめグループウェアをまとめてチェック!

グループウェアの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。コミュニケーションの活発化、情報の共有、ペーパーレス化などさまざまな目的で導入されるグループウェアの比較にお役立てください。サービス比較はこちら

有料のグループウェアもあわせて比較したい方はこちらもご覧ください。

また、次の記事では紹介しきれなかった無料サービスや、よりクオリティの高い有料サービスを紹介しています。有料のサービスは管理者機能やセキュリティ面が充実しており、よりセキュアな運用をしたい企業におすすめです。

グループウェア以外の無料で使えるサービスもチェックしよう

グループウェアは多機能で、利用している際に「この機能があればいい」「実はこの機能使っていない」といった場合もあるかと思います。そこで、グループウェアの代わりになるサービスもチェックしておきましょう。

コミュニケーションツールとしての利用が多いのであればチャットツール、ファイル共有としての利用が多いのであればオンラインストレージなど、代替ツールを検討するのもいいかもしれません。

無料グループウェア、結局どれがおすすめ?

記事中で紹介したグループウェアの各製品は、それぞれ適した用途が異なります。用途に合っているのか、使い勝手は良いか、試してから利用することがグループウェア導入の成否を握っているといえます。

  • 完全無料で使いたい方:R-GROUP
  • 完全無料でデータベースとの連携を考えている方:GRIDY
  • サイボウズLiveの代替製品を探している方:Zoho Connect

これらの実際に試したあとで、自社用途に合っていると強く実感できれば、有料版の利用をする場合も投資対効果ありと判断が可能となるかと思います。まずはぜひ、お試しください!

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

グループウェア
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
編集部のおすすめ記事
グループウェアの最近更新された記事
kintone(キントーン)とは | 機能・使い方・事例・評判 - サイボウズのグループウェア
グループウェアおすすめ比較23選 | 人気ツールの機能と価格・評判口コミ【2020年最新版】
小売業界向けグループウェア14選 | 導入メリット・事例・活用方法
保険代理店向けグループウェア比較おすすめ5選 | 課題と解決策・導入事例
Microsoft 365(旧Office365)とは | 価格・機能・ライセンス・特長まとめ【比較表あり】
G Suite(旧Google Apps)とは?使い方・基本機能・料金・事例 - 対応アプリ一覧
desknet's NEO(デスクネッツ ネオ)の使い方 | 最大級の導入実績を誇るグループウェアの特徴と事例紹介
R-GROUPとは | 完全無料で満足できるグループウェア
グループウェアの導入メリット・デメリット完全まとめ | 失敗しない
中堅・中小企業向けグループウェアのシェア・市場規模は?注目サービス比較解説