{{ message }}
Article square balloon green
2016-09-21

社内コミュニケーションを活性化!社内情報共有ツール19選 | 無料あり

仕事をする上で最も気を遣わなければならないのが人間関係。ビジネスの相手方はもちろんのこと、社内での人間関係を構築するのも一苦労…。そんなあなたにオススメする社内SNSツールの徹底比較!※2017年4月14日更新
- PR -
- PR -
Large

社内コミュニケーションを活性化させたい!そんなときは…

日々の業務を円滑に進めるためには、社内のコミュニケーションを活性化することが不可欠。いまでは社内コミュニケーションをサポートしてくれる便利なツールが増えてきていますが、どのようなサービスを使っているでしょうか?

「もっと楽に社内での情報共有を行いたい」
「社内コミュニケーションツールの導入を考えているけど、たくさんあって悩んでいる」

といった方に向けて、定番のものを中心におすすめの社内コミュニケーションツールを紹介していきます。

本記事で掲載している社内SNSや、今回紹介しきれなかった社内SNSの機能・価格をもっと詳しく比較したい方はこちらからご覧になれます。ぜひツール選定の参考にしてみてください。
記事の後半ではダウンロードできる資料の一部を公開しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
社内SNSの資料一括無料DLはこちら

社内コミュニケーションツールとは

社内コミュニケーションツールというとかなり漠然としていますが、中でも近年需要が高まってきているのが、ビジネスチャットツールや社内SNSと言われているツール達。

簡単に説明すると、日常的に使用されている方も多い「LINE」や「Facebook」のビジネス版のようなコミュニケーションツールです。いままで一般的であったメール等に比べてスムーズかつ気軽に情報共有できるのが特長です。

また、多様化するユーザーのニーズに合わせてPC・タブレット・スマホとデバイズを問わず楽に使えるように設計されているのもポイント。移動中に社内のメンバーと情報共有をしたり、ちょっとした休憩時間や待ち時間に他の社員メンバーとコミュニケーションを取ることも容易です。

従来のツールよりも遥かに気軽にオンライン上でコミュニケーションを取れ、うまく活用することで業務や情報共有の円滑な推進や社内のコミュニケーション活性化にも繋がるため、導入する企業が増えてきています。

おすすめ社内コミュニケーションツールの比較

ボクシルでは社内コミュニケーションを活性化させるチャットツールを比較することが出来ます。中でも人気のコミュニケーションツールをご紹介致します。

1. 迷ったらまずはこれ!おすすめ社内コミュニケーションツール11選

現在様々な社内コミュニケーションツール・情報共有ツールが生まれてる中で、「どれを選んだらいいかわからない」という方もいらっしゃるかと思います。そこで、悩んだらまずは一度試してみてほしいおすすめのツール11個について紹介します。これらの社内コミュニケーションツールは

  • 個別のメンバーとのプライベートチャット
  • 複数人でのグループチャット
  • 特定のメンバーに通知がいくメンション機能
  • ドキュメントの共有

など社内コミュニケーションや情報共有を図るうえで必要な機能が一通り備わっていて、無料からでも使えるので利用のハードルも低いです。

ChatWork (チャットワーク)

国内ビジネスチャットツールとしてはトップクラスの認知度を誇るChatWork。既に10万社を超える企業に導入されており、ITに詳しくない人にもわかりやすいデザイン・機能が特長です。

Slackと大きく違うのは、タスク管理ができる機能とビデオ通話機能があること。チャットでコミュニケーションをとりつつ、その場で各々のタスクを設定したり、遠隔で働くメンバーとお互いの顔を見ながら通話したりといった使い方ができます。

オンラインストレージの容量や作成できるグループチャット数に制限はあるものの、無料でも利用可能です。英語に不安がある方でも国内のサービスなので心配はいりません。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ChatWorkの資料無料DLはこちら


SlackChatWorkの2サービスを比較した記事もあるのでこちらもどうぞ!

チャットワークとSlackどちらを採用すべき?2大チャットツールを徹底比較!  | ボクシルマガジン
IT業界、スタートアップを中心に何かと話題の「チャットワーク」と「Slack」というチャットツール。今回はこの2大...

tocaro (トカロ)

tocaro (トカロ)は対話・共有・検索の3本柱でチームでの成果を出すことを実現する社内SNSです。高画質で遅延のないビデオ会議機能やToDo管理機能、つながりや関係性を自動で整理・可視化してくれる機能など直感的かつ柔軟にリアルタイムのコミュニケーションを実現します。
文書や動画、画像などデータ形式を問わず共有でき、アップロードしたファイルはページ遷移なしでプレビューできるので、情報共有もリアルタイムに行うことができます。

また、グループやデータ形式の垣根を超えた圧倒的な検索力で重要な情報をすぐに探し出すことができます。ダッシュボードであらゆる利用状況を一元管理でき、悪質なアクセスを未然に防ぐことに役立ちます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
tocaroの資料無料DLはこちら

Oneteam (ワンチーム)

Oneteamは、2016年のRISING EXPOを受賞した、ドキュメントの共有に特化しているビジネスチャットツールです。

プロジェクトごとに必要なファイルや議事録などをまとめることができます。一箇所で共有、編集、議論を行うことが可能なので、会議などの時間を減らし、業務効率が向上します。

メールのような感覚で利用可能で、既読未読状況もわかるため会社全体としてのコミュニケーション速度は格段に向上します。

ZONE(ゾーン)

ZONEは、LINEのような手軽さで使える社内コミュニケーションツールです。チャット方式で件名や定型文が不要なため、速いレスポンスが可能となります。

個人・グループ・全体の3つのトーク形式を利用することができ、さまざまなシーンや用途に合わせて活用できます。打ち合わせや会議の書類を添付ファイルとしてサーバー上に保存しておくことができ、いつでも自由に取り出すことが可能です。

グループに途中から参加した場合でも過去のトーク履歴がすべて見れるので、会議録としても活用できます。また専用サーバーでシステムを構築しているので、セキュリティ対策も万全です。

direct (ダイレクト)

dierctはビジネスを10倍加速させる、企業向けメッセンジャーです。ユーザーは複数の組織に所属することができ、連絡先も複数持つことができます。

グループトークでは、既読者・未読者がひと目でわかるので、未読者へのフォローを迅速に行うことができます。写真や動画、位置情報の共有を簡単に行うことができ、添付ファイルはPCやiOS、Androidなど各端末から確認することができます。

日報ボットと呼ばれるロボットプログラムを搭載しており、質問に答えるだけで自動で日報を作成してくれます。申請・承認・CSVファイル出力も全て自動化できるので、業務効率を向上させることができます。

WowTalk (ワウトーク)

名刺管理クラウドサービス「CAMCARD」で知られるキングソフトが手がける社内SNS・WowTalk
月額300円/1ユーザーというコストパフォーマンスの良さと、しっかりとしたセキュリティが特長で、既に1000社を超える企業で導入されています。

個々のメンバーとのチャット機能、複数メンバーが参加するタイムラインなどの基本的な社内SNS機能を備えているほか、無料機能 (音声通話も可能)もあります。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
WowTalkの資料無料DLはこちら

airy (エアリー)

airyは、社内SNSとして10年間サービスを提供しており、蓄積された業界随一のノウハウが強みです。
過去の投稿の振り返りや、フィードバックから自身の成長を実感できたり、上司・先輩のアドバイスを密に受ける事により、人材が成長する仕組みを提供しています。
また、部署内の対話やコミュニティの作成、アンケート機能のヒアリングなどで、従業員の意見を吸い上げることにより、従業員満足度を向上させ、優秀な社員を定着させます。

初めて社内SNSを導入する方、以前導入に失敗した方には過去の膨大なノウハウから提供されるコンサルティングプランも良いのではないでしょうか。
月額利用料は、625円/ID (税抜)〜となっています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
airyの資料無料DLはこちら

kintone (キントーン)

kintone (キントーン)は、グループウェア国内シェアNo.1のサイボウズが手がけるクラウドサービスです。

このサービスの最大の特徴は、「コニュニケーションツール」としての機能と「業務システム」としての機能、2つを兼ね備えていることです。

kintoneは、タスク管理や案件管理のためのシステムを、「アプリ」として自社の業務に合わせてカンタンに作成することができます。そのタスクや案件ごとにコミュニケーションができるため、後からやり取りの情報を探し出す時間を削減できます。

また、社外や取引先のメンバーを「ゲストユーザー」として招待することで、kintone上でやり取りをすることができる「ゲストスペース機能」もあります。そのため、メールや別のコミュニケーションツールを併用する必要がなくなり、情報を一元化することができます。

Beat Shuffle (ビートシャッフル)

Beat Shuffle (ビートシャッフル)は、SNS機能を中核とした最先端のソーシャルテクノロジーが詰まったシステムです。部署を超えた協業や知識の共有、社内コミュニケーションまであらゆるシーンで活用することができます。

コミュニケーション機能としては、リアルタイムにやり取りできるつぶやき機能やプロジェクトの議論に最適なコミュニティ機能、アドレスを知らない相手にも送れるメッセージ機能など様々な機能を搭載しているので、コミュニケーションの活性化させることができます。

その他にも、スケジュール機能やQ&A機能、アンケート機能など社内のナレッジ共有や意見の収集に活用できる機能も搭載しています。また、使い勝手を追求したシステムなので、誰もが直感的に活用することができます。

Talknote (トークノート)

20,000社以上が導入する人気の社内SNS・Talknote。「Slack」「ChatWork」「Wantedly Chat」などがビジネス版のLINEともいえるような、チャット機能が特長的なのに比べ、Talknoteビジネス版のFacebookとも言えるような社内コミュニケーションツールです。

チャット機能も備えつつ、Facebookのようなタイムラインもあり、メンバーの投稿にいいねを押したりコメントをすることでコミュニケーションを図ることができます。

美容院や飲食店を始め、多くの非IT企業でも導入されています。料金は月額980円/1ユーザーです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Talknoteの資料を無料ダウンロードする


そしてこのTalknote社も導入している"イケてる"クラウドサービスをまとめた記事も要チェックです。

利用企業20,000社突破!!あの社内SNS「Talknote」が導入しているクラウドサービスをもれなく公開! | ボクシルマガジン
はじめに先日のプレスリリースで社内SNS「Talknote」の利用企業数が20,000社を突破した事が発表されたト...

Wantedly Chat (ウォンテッドリー チャット)

SlackChatWorkに比べると後発ながら、既に15000社に導入されているビジネスチャットサービスWantedly Chat (旧Sync)。採用サイト・ビジネスSNSとしておなじみのWantedlyが手がけるサービスです。

必要不可欠な機能が一通り備わっており非常に使いやすいのはもちろん、なんといっても利用のハードルが低いのが特長。

他の2サービスとは違い、作成できるグループ数やストレージの容量、検索できる過去のメッセージの数などの制限がなく、すべての機能が無料で利用できます。

まずは試しに何かしら社内コミュニケーションツールを導入してみたいという方々には、ぴったりのツールといえるのではないでしょうか。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Wantedly Chatの資料無料DLはこちら

SMART Message (スマートメッセージ)

SMART Message (スマートメッセージ)は独自の管理設定機能を備えた高セキュリティ型のビジネスチャットツールです。誰でも簡単に利用できる直観的でシンプルなUIが特徴です。

テキストやファイルのやり取りに特化しており、使い慣れたSNSに似たデザインなので簡単に導入できます。また、過去の会話ややり取りを会話日付や名前、ファイル名などで素早く検索することができます。

セキュリティ制限管理は端末単位で設定ができます。部署単位だけでなく、社員一人ひとりの利用台数まで設定できるところが特徴です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
SMART Messageの資料無料DLはこちら


以上で紹介した11サービスはいわゆるビジネスチャットというツールにも分類されます。ビジネスチャットについてより詳しく説明した記事もあるので御覧ください!

グループチャット・ビジネスチャットツール比較22選【社内用】 | ボクシルマガジン
社内で便利なビジネスチャットツールを徹底比較!料金や機能・概要など知りたい情報を網羅。比較したうえでおすすめサービ...

【番外編】「web社内報」で理念浸透・優秀社員を表彰!

社内コミュニケーションのきっかけ作りに、社内報を「作成していた・作成している」という企業もあるかと思います。社内報を作れば優秀社員のや、社内行事の内容を紹介など、情報をタイムリーに共有・発信することが出来ます。

しかし紙の社内報作成の場合だと・・・
・取材時と発行タイミングがずれて情報鮮度(速報性)が下がる
・紙の場合だと載せられる情報量に限りがある
・閲覧回数などが数値化できない

せっかく作るのに、ちょっぴり勿体無いですよね。今回は番外編としてweb社内報サービスをご紹介いたします。

定額制web社内報サービス


  • WEBの知識がなくてもラクラク運用
  • 定額制で更新し放題
  • ID・パスワード認証で家でも、どこでも更新可能

定額制web社内報サービスは定額制で更新し放題のweb社内報サービスです。おまかせの管理システムにより、CMSに詳しくない方でも簡単に運用が出来ます。また、指定のサーバ運用を行なうためでセキュリティ面も安心です。スマホ、タブレットなどいつでもどこでも閲覧が可能です。

理念浸透や優秀社員の紹介で離職率改善にも、役立つ社内報サービス。ぜひ、検討してはいかがでしょうか。

2. 【特別公開】各種社内SNSのサービス詳細資料

各種クラウド社内SNSのサービスを

「導入にまだ迷っている」
「もっと詳しく機能や価格を見たい」
「面倒だから資料をまとめて見たい」

というあなたも必見。サービスを実際に導入する際に役立つこと間違いなしの詳細資料をこちらから無料ダウンロード可能です。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
社内SNSの資料一括無料DLはこちら

サービスの公式HPで「詳細や料金は問い合わせ…」ということが多くて面倒に感じていませんか?
ボクシルでは、企業から提供された以下のようなサービス詳細資料を完全無料で一括DLすることができます。ぜひご覧ください。

3. 社内コミュニケーションツールって何を基準に選ぶべき?

社内コミュニケーションツールに有効な社内SNSを導入するメリットとしては、

  • 他部門との社内コミュニケーション活性化
  • 複数人での情報共有
  • 社内ノウハウ共有の効率化

などといった点が挙げられると思います。

下記の社内SNSの選び方ガイドでは、社内SNSを導入するメリットだけでなく、社内SNSのデメリットや導入の際の選び方のポイントなどといった情報を掲載していますので、ぜひご覧ください。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
社内コミュニケーションツールの選び方ガイド無料DLはこちら


4. 情報共有に使える定番の社内コミュニケーションツール

Slack (スラック)

世界で爆発的にユーザー数を増やし急成長しているのがSlack (スラック)。当社でも使っていますが、特長は無駄もモレもないシンプルな機能と拡張性で、他のサービスと連携することで幅広い使い方ができます。音声通話機能もリリースされ、より使いやすくなりました。

検索できる過去のメッセージ数や、ストレージの容量に制限はあるものの無料でも利用可能です。元々エンジニアのコミュニケーション用に作られたツールということもあって、IT系の企業では導入している企業が多いように思います。

直感的に使えますが、基本的に機能の説明やヘルプなどが英語で書かれているため、その点だけ予め注意しておいてください。

現在は1日あたりのアクティブユーザーが300万人を超えるなど、とにかく勢いのある今注目のサービスです。Slackを個別に取り上げた記事もあるので合わせてこちらも御覧ください。

チャットアプリSlack|外部連携使い方|連携サービス30種 | ボクシルマガジン
国内でも人気のチャットアプリSlack(スラック)の外部連携サービス。連携可能なサービスは約300種類!今回は初心...

Chatter

世界的に有名なSalesforceが手がける社内コミュニケーションツールChatter

シンプルなビジネスチャットツールに比べて、タスクの設定やプロジェクトの進捗管理、社内ナレッジの共有などより充実した機能が特長的なサービスです。

日々のちょっとしたコミュニケーションから、社内のドキュメント管理、プロジェクトの進捗共有まで1つのサービスで完結させたいという場合には適しています。

yammer

社内SNSの先駆けとして、注目を集めたyammer。2012年にマイクロソフトに買収され、現在は一般法人向けのOfiice製品の1つとして多くの企業に導入されています。ほかのOffice製品と統合することで便利に活用できるため、Officeを頻繁に使う方には合っているかもしれません。

機能・デザインはFacebookに近くタイムラインにて社内のメンバーとディスカッション・情報共有を気軽に行えます。

gamba!

6500社以上が導入する日報共有サービスgamba!。"日報"に特化していることが最大の特長で、社内SNSなどではどうしても1つの情報が流れていってしまいやすいですが、gamba!なら日報の確認・共有の漏れもありません。

スマホからも手軽に日報が作成できるため、日報を書くことのハードルも最小限。他のビジネスチャットツールと合わせて使っても効果的です!

料金も最も安いプランで1ユーザーあたり月額480円〜とお手軽。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
gamba!の資料無料DLはこちら

NotePM (ノートピーエム)

NotePM (ノートピーエム)は、社内のドキュメントをWEB上で作成・整理・検索できるクラウド型の文書管理システムです。見出しや太文字などのテキスト装飾を簡単にかくことができ、気軽に情報共有ができます。

チャットのように気軽にコミュニケーションがとれるコメント機能を搭載しているので、記録を残しやすくなっています。プロジェクト単位や組織単位など、特定のメンバー間で情報共有が行うことができ、共有範囲も柔軟に設定できます。

WordやExcelなどファイルの中身も全文検索できるので、情報をすぐに見つけることができます。また、ツリー構造なので情報を整理しやすくなっています。スマホやタブレットなどにも対応しているので、いつでもどこでも情報共有が可能となります。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
NotePMの資料無料DLはこちら

Qiita:Team

IT系の企業、特にエンジニアのメンバーが中心のチームでは非常に人気の社内情報共有ツールQiita:Team。プログラマのための情報共有ツールQiitaを運営しているIncrements株式会社が運営しているドキュメント共有サービスで、開発のTipsやデザイン案、日々の日報などあらゆるドキュメントを共有できる場として活用されています。Markdown記法に対応していたりテンプレートを登録できるためドキュメントの作成が非常にスムーズにできる点、ドキュメントの共有・検索がシンプルでわかりやすい点が特長。

SlackChatWorkなどと連携できるので、日々のコミュニケーションはビジネスチャットサービス、何度も見返すドキュメントなど蓄積しておきたいものはQiita:Teamで共有するなど使い分けることで、社内のコミュニケーションやナレッジの共有がよりスムーズになります!

サイボウズLive

定番のグループウェアとして150万人以上に使われているサイボウズLive。最大の特長は、とにかくチーム・プロジェクトを円滑に進めていく上で必要な機能がそろっていて、しかもそれを無料で使えてしまうこと。

グループでのタイムライン機能はもちろん、掲示板で特定のテーマについてディスカッションしたり、ToDoを設定したりプロジェクトのイベントを共有したりととにかくやれることが豊富です。「複数のサービスを使い分けるのはハードルが高い」という方にはおすすめです。

5. 自社の風土や用途に合った社内コミュニケーションツールで情報共有活性化!

以上、19サービスを紹介しましたがそれぞれに特徴的な部分があるので、導入の目的や風土、社内にいるメンバーのバックグラウンドなどによって適したコミュニケーションツールは変わってくると思います。ツール選定の際には以下のような点をベースに検討してみてはいかがでしょうか?

  • 英語/日本語
    英語には抵抗がある場合は国内サービスなど日本語にしっかりと対応しているツールが無難です。

  • 音声通話機能/ビデオ通話機能

    複数の拠点がある会社や、リモートワークをしている社員さんがいるチームだと通話機能があると便利です。

  • 他サービスとの連携
    既に複数のWebサービスを積極的に利用している場合などは、外部サービスと連携できるものを選ぶと使い勝手がいいです。

  • オンラインストレージの容量
    画像ファイルやドキュメントを頻繁に共有したい場合には、オンラインストレージの容量を基準に考えてみてもいいかもしれません。

  • 作成できるグループ数
    特に使用する人数が多い場合、複数のグループを作成する場合も多いので、作成できるグループ数の上限を確認しておくことをおすすめします。

  • メッセージ、資料の検索性
    特にビジネスチャットサービスの場合は、メッセージの行き交うスピード・量がものすごいため、用途によっては過去のメッセージをどのくらい遡って検索できるか、検索精度のレベルをよく確かめておくといいでしょう。

  • 料金
    完全に無料で利用できるものから、1ユーザーあたり月額で数千円のものまで様々です。予算とも合わせて適切なものを選んでください。

6. 【番外編】名刺管理を起点に社内コミュニケーションを活性化!

ここまでは主に、PCやモバイルツールを利用して社内コミュニケーションを活性化させる、ビジネスチャットや社内SNSを紹介してきました。
これらとは少し切り口が変わりますが、クラウド名刺管理サービスのSansanも、社内コミュニケーションツールとしての役割を持っているのを知っていただきたいです。
名刺に紐付けられた顧客との案件情報が、検索機能・通知機能によって漏れなく社内で共有化されることにより、自然と上司と部下の間で行われる案件相談・アドバイスや、営業担当者間での成功事例などの情報共有が、積極的に行われるのです。
これらのコミュニケーションは受注率向上に間違いなく大きく貢献すると言えるでしょう。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Sansanの資料を請求する

7. 社内コミュニケーション活性化のポイントは?

今回は迷った際におすすめの11個の社内コミュニケーションツールを始め、主要な社内コミュニケーションツールを紹介しました。

今回紹介をした社内コミュニケーションツール・情報共有ツールをうまく活用すれば、社内のコミュニケーションをより活性化し、日々の業務や情報共有を円滑に推進するための強力な味方になってくれるはずです。
ポイントとしては、やはり自社の環境に合ったものを利用すると根付くようですね。

また、ボクシルでは今回紹介したツール以外にも、便利な社内コミュニケーションツールや情報共有ツールを多数紹介しています。それぞれのメリット・デメリットを比較した上で、ぜひ自社に合ったツールを見つけてください!

8. 社内コミュニケーションツールの機能・価格比較表

こちらでは今回ご紹介した各社内コミュニケーションツールの機能と料金の比較表を掲載しています。タスク管理機能は付いているか、既読・未読の確認は可能かといったポイントがひと目で分かるようになっています。ぜひご活用下さい。

また、ボクシルでは社内コミュニケーションツールのサービス資料を一括でダウンロードすることも出来ます!気になられた方は以下のリンクよりどうぞ!

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
社内コミュニケーションツールの一括資料無料DL

ボクシルでは、気になったサービスの機能比較を一覧で行うことができます。

社内コミュニケーションツールの機能比較表

サービスによって付随する機能がだいぶ分散しているイメージを受けます。どれが自社にあったものなのか、選ぶ際により慎重になる必要がありますね。

タスク管理 社外コミュニケーション メール連携 ファイル添付 既読・未読
ChatWork ×
tocaro - - -
Oneteam - -
ZONE - -
direct × × ×
WowTalk × ×
airy × × × ×
kintone ×
Beat Shuffle × × ×
Talknote ×
Wantedly Chat × × ×
SMART Message × × ×
Slack × × ×
Chatter × × ×
Yammer × × ×
gamba! × ×
NotePM - -
Qiita:Team × × - ×
サイボウズLive × × × ×

社内コミュニケーションツールの価格比較表

一ユーザあたりの利用料が比較的安いものが多く、無料で始められるサービスもいくつかありますので、まずは導入して使ってみるというのもいいかもしれません。その際はぜひこの比較表を参考にしてください!

初期費用 利用料 月額/ユーザー 無料お試し期間あり 無料プランあり
ChatWork 0円 - 0円 -
tocaro - - 800円(税別)~
Oneteam - - 430円~ -
ZONE - - 560円~ -
direct - 6,000円~ - -
WowTalk 0円 月額300円(税別)~ 300円(税別)~ ×
airy 25,000円(税別)~ - 625円(税別)~ -
kintone 0円 - 780円(税別)~ -
Beat Shuffle - - - - -
Talknote 0円 - 480円(税別)~
Wantedly Chat 0円 - 0円
SMART Message 0円 月額0円 300円(税別)~ -
Slack 0円 - 0円 ×
Chatter 0円 - 0円 -
Yammer 0円 - 0円
gamba! 0円 - 480円(税別)~ ×
NotePM 0円 月額1,000円 - -
Qiita:Team - 月額1,490円~ - -
サイボウズLive 0円 月額0円 0円 × ×

ボクシルとは

ボクシルでは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのか分からない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのか分からない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

また、マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得することができます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

Article whitepaper bgS3 0
社内SNS
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
ChatWork株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
Article like finger
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
新着情報やお得な情報をメールでお届けします!
{{ message }}
ご登録ありがとうございました!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間100万PV
掲載社数1,000
商談発生10,000件以上
- PR -
- PR -
あなたにオススメの記事
編集部からのオススメ