コピー完了

記事TOP

無料で使えるおすすめの社内SNS!注意点と選ぶときのポイント

最終更新日:(記事の情報は現在から64日前のものです)
この記事では、無料で使えるおすすめの社内SNSを紹介しています。無料ツールを使う際の注意点や選ぶときのポイントなどを分かりやすく解説しています。 導入する社内SNSを探している方は是非参考にしてみてください。

【厳選】おすすめ社内SNSをまとめてチェック!
【比較表付き】おすすめサービスを資料で比較

社内SNSの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。従業員同士のコミュニケーションを円滑にし、タスク管理や資料管理なども可能にするなど、さまざまな機能が各サービス展開されています。サービス比較・検討にぜひご活用ください。

社内SNSとは

社内SNSとは、社内でのコミュニケーションを促進するツールです。 チャットやタイムラインなどの機能がついており、情報共有や意見交換などのコミュニケーションの業務を効率化する機能があります

社内の情報伝達がスムーズになることで、業務の進捗や問題点の可視化や、部署や役職を超えたコミュニケーションが取りやすくなり、組織の一体感や協力性の向上などが期待できます。

社内SNSとは?ルール・導入目的・事例 - コミュニケーションツール以外の使い方も
社内SNSはメールに比べて気軽にやりとりができるツールです。しかし、導入目的やルールをしっかりと共有できていなけれ...
詳細を見る

社内SNSを選ぶときのポイント

無料の社内SNSを選定する際は、いくつかの基準が存在します。代表的な基準について解説します。

必要な機能が揃っているか確認する

社内SNSには機能が豊富なものが多いですが、無料プランを検討している場合は、無料で利用できる機能の範囲を確認しておきましょう。

有料プランへの切り替えを前提としている場合にも、導入の目的を明確にし、自社に必要な機能がすべて揃っているか確認しておきましょう。

セキュリティ対策がされているか確認する

社内SNSでは個人情報や企業情報をはじめ、あらゆる情報を扱います。不正アクセスや漏えいなどを防ぐためにセキュリティ対策が万全かどうかを確認しておく必要があります。

パスワード管理や2段階認証、アクセス制限などのセキュリティ機能が備わっているかどうかを確かめおくと安心です。

操作性に優れているかを確認する

社内SNSは導入後は日常的に使うツールとなるため、定着を図るためにも使いやすさや操作性の高さは重要なポイントです。

社内SNSツールでは、 無料トライアルやデモ版などが用意されていることが多いため、実際に試してみることをおすすめします。

社内SNSの比較表

【特典比較表つき】『社内SNSの資料7選』 はこちら⇒無料ダウンロード

サービス名Chatwork
Chatwork
Microsoft 365 (旧称 Office 365)
Microsoft 365 (旧称 Office 365)
LINE WORKS
LINE WORKS
RECOG
RECOG
Talknote
Talknote
WowTalk
WowTalk
Viva Engage
Viva Engage
Chatter
Chatter
ChatLuck
ChatLuck
 Webex Teams
Webex Teams
Lark(ラーク)
Lark(ラーク)
direct
direct
TUNAG
TUNAG
Zoho Connect
Zoho Connect
Chat&Messenger
Chat&Messenger
WowTalk for ビジネスプラス
WowTalk for ビジネスプラス
Beat Shuffle
Beat Shuffle
Idobata
Idobata
社内報アプリ
社内報アプリ
Tocaro
Tocaro
nanoty
nanoty
LumApps
LumApps
TAGS
TAGS
Co:TEAM(コチーム)
Co:TEAM(コチーム)
ディスカバリーズ エンゲージ
ディスカバリーズ エンゲージ
houren.so
houren.so
SMART Message
SMART Message
Linkit
Linkit
ホウ・レン・ソウ
ホウ・レン・ソウ
ZONE
ZONE
Happeo
Happeo
ユーザーレビュー
4.1
4.27
4.2
4.59
4.04
4.22
4.1
3.75
4.0
4.17
4.14
4.33
4.12
4.19
4.0
4.0
4.13
3.57
4.67
4.0
4.67
4.33
4.0
4.5
4.0
4.0
3.0
4.0
0.0
0.0
0.0
初期費用
0円(税抜)〜
0円(税込)〜
0円(税込)〜
80,000円(税抜)〜
0円(税抜)〜
20,000円(税抜)〜
0円(税抜)〜
0円(税抜)〜
0円(税抜)〜
0円(税抜)〜
月額費用
840円(税抜)〜
540円(税抜)〜
9,000円(税抜)〜
1,500円(税抜)〜
1,700円(税抜)〜
6,000円(税抜)〜
20,000円(税抜)〜
1,200円(税抜)〜
3,000円(税抜)〜
1,375円(税込)〜
12,000円(税抜)〜
4,000円(税抜)〜
12,000円(税抜)〜
5,400円(税抜)〜
2,500円(税抜)〜
1,870円(税込)〜
560円(税抜)〜
月額従量課金
120円(税抜)〜
無料プラン
無料トライアル
iOSアプリのURL
AndroidアプリのURL
予約投稿
連携にて可
投稿のピン留め・掲示板機能
サンクスカード
タイムライン
タグ
ブックマーク
シェア・引用機能
スレッド返信
個人チャット(DM)
グループチャット
メンション
スタンプ
Bitmojiアカウントサインアップにて可
未読・既読
いいね機能
絵文字のリアクション
ファイル共有
タスク管理
スケジュール管理
検索
プロフィール
社内Wiki・Q&A
音声通話
ビデオ通話
画面共有
社外ユーザーの招待
オンライン状況の確認

一覧で料金・機能を比較したい方にはBOXILが作成した比較表がおすすめです。各社サービスを一覧で比較したい方は、下のリンクよりダウンロードしてください。

【特典比較表つき】『社内SNSの資料7選』 はこちら⇒無料ダウンロード

※ダウンロード可能な資料数は、BOXILでの掲載状況によって増減する場合があります。

無料で使えるおすすめの社内SNS

社内SNSの中で無料で使えるおすすめのツールを紹介します。無料の範囲でできることや機能制限などを解説しているので、社内SNS選びの参考にしてみてください。

Lark(ラーク) - Lark Japan株式会社

Lark(ラーク)
Lark(ラーク)
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

Lark(ラーク)は、業務に必要なツールやコミュニケーションツールを一体化した社内SNSです。音声通話やビデオ会議やクラウドストレージ、ドキュメントの共同編集などを行えます。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
メールの送信 利用できません
ワークフローの作成 利用できません
アプリの統合 利用できません
管理者機能 利用できません
セキュリティ機能 利用できません
共有ストレージ 100GBまで
ビデオ会議 60分/回まで

Slack - 株式会社セールスフォース・ジャパン

Slack
Slack
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

Slackは、チャット、ビデオ会議、ファイル共有、アプリ連携などの機能がある社内SNSです。 無料プランでもチーム内のメッセージ送受信やビデオ会議やアプリ連携が可能です。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
メッセージの履歴 90日分の履歴
音声とビデオによる通話 1対1のハドルミーティングのみ
アプリ連携 10件まで
社外連携 1対1のメッセージのみ

Chatwork - Chatwork株式会社

Chatwork
Chatwork
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

Chatworkは、チャット、タスク管理、ビデオ会議、ファイル共有などの機能がある社内SNSです。 チーム内のメッセージ送受信、ビデオ会議、ファイル送信、タスクの作成と期限設定などを無料プランでも行えます。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
ユーザー数の上限 100人まで
ストレージ 5GB/1組織
メッセージの履歴 直近40日以内に投稿された最新5,000件まで閲覧可能
メッセージの検索 最大200件まで表示
ビデオ通話/音声通話 1対1のみ
2段階認証 アプリ認証
サポート 利用できません

Microsoft Teams - 日本マイクロソフト株式会社

Microsoft Teams
Microsoft Teams
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

Microsoft Teamsは、チャット、ビデオ会議、ドキュメント管理やアプリ連携などの機能を利用できる社内SNSです。無料プランでも、チーム内のメッセージ送受信やビデオ会議、Office Onlineの利用、アプリ連携などを利用できます。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
通話やビデオ会議 最長60分、参加者最大100人
ファイルストレージ 5GB
Microsoft 365のアプリとサービス 利用できません

LINE WORKS - ワークスモバイルジャパン株式会社

LINE WORKS
LINE WORKS
BOXIL SaaS AWARD Spring 2024 Good Service
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

無料で利用できる機能と制限

LINE WORKSは、トークやチャット、メール、ビデオ会議、カレンダー、掲示板など豊富な機能を備えた社内SNSです。

LINEと似た操作感で使い勝手が良い点も魅力です。チーム内のメッセージ送受信、ビデオ会議、メールの送受信、カレンダーの共有、ドキュメントの共同編集などを無料で利用できます。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
ユーザー数 30人まで
ストレージ 5GB
音声通話・ビデオ通話・画面共有 4人まで、最大60分
管理者機能 制限あり
カスタマーサポート 利用できません
SLA保証 利用できません

Stock

無料で利用できる機能と制限

Stockは、ノート、メッセージ、タスク機能が利用でき、社内のあらゆる情報をストックできる社内SNSです。社内情報の管理や、メンバー間でメッセージのやりとり、タスク管理が可能です。ノートやタスク機能は、インターネットに接続していない状態でも使用できます。

無料プランでは次の機能に制限がかかる、または利用できません。

機能 制限
ストック 累計20ノートまで
ストレージ 1GB /1チーム
バックアップデータ保持 利用できません
誤削除防止機能 利用できません
フォルダの権限 閲覧のみ
セキュリティ 利用できません
データエクスポート 利用できません


【比較表あり】社内SNS比較!おすすめサービスの料金・機能・口コミ【無料あり】
社内SNSは、社内外のコミュニケーションや情報交換を効率化するツールです。メールに比べて手間なく連絡できるため、生...
詳細を見る

無料と有料の違いは?無料サービスを使う際の注意点

無料の社内SNSを使う際の注意しておくべき機能の制限をまとめました。

機能の制限

無料の社内SNSでは、ビデオ会議やファイル共有、アプリ連携などの機能に制限がかかることが多いです。たとえば、ビデオ会議の人数や時間、ファイルの容量や種類、連携できるアプリの数などが限られている場合があります。

人数制限や容量の制限はチームでの作業や業務の効率化に影響することもあるため、無料サービスを選ぶ際は、制限によって業務に支障が出ないかを確認しておきましょう。

データの保存期間

無料の社内SNSでは、メッセージやノート、ファイルなどのデータの保存期間に制限がが設けられている場合があります。たとえば、メッセージの履歴は最新の90日分までしか見られない、ファイルは削除されたら復元できない、閲覧履歴が確認できないなどが挙げられます。

無料サービスを使う際は、定期的にバックアップを取る、別の場所へ保存するなどの対策をする必要があります。

セキュリティレベル

無料で使える社内SNSでは、有料サービスや有料プランと比べてセキュリティのレベルが低いことがあります。パスワードの強度や有効期限、2段階認証、データの暗号化、アクセス権限の管理などの機能が利用できない、もしくは、有料オプションの場合があります。

チームの情報やプライバシーを守るための重要な項目のため、無料サービスを使う際はセキュリティのリスクを十分に理解しておく必要があります。

有料サービスを検討するべきケース

状況やサービスに求めていることによっては、無料サービスでは叶えられないケースが存在します。そこで、有料サービスを検討したほうがよいケースを紹介します。

チームの規模が大きい場合

チームの規模が大きい場合は、コミュニケーションや情報共有の量も増えるため、無料の社内SNSだと機能や制限の面で不便を感じることが多いことが考えられます。

ビデオ会議の人数や時間が足りない、ストレージの容量が制限される、連携できるアプリの数が少ないなどの懸念があるため、そのような場合は有料サービスに切り替えて、必要な機能を利用することが望ましいです。

社外とのコミュニケーションが多い場合

社外の取引先やパートナーとのコミュニケーションが多い場合は、社内SNSのセキュリティ対策がより大切になります。

無料の社内SNSは、セキュリティレベルが低いことが多く、社外とのコミュニケーションには不向きです。社外とのやりとりが多い場合には有料サービスに切り替えて、セキュリティを強化する必要があります。

ナレッジマネジメントの強化を考えている場合

社員が持つ知識やノウハウを組織として蓄積・活用することをメインに考えている場合は、有料プランを検討した方がスムーズです。

無料の社内SNSでは、データの保存期間や編集履歴などの制限を設けている場合が多く、過去の情報にアクセスできない、削除したデータを復元できない、編集履歴を確認できないなどの問題が生じるケースが考えられます。

ナレッジマネジメントの強化を考える場合には、有料サービスに切り替えて効率よく運用するほうが業務の効率化や品質の向上につながります。

サービスを比較しましょう

自社に合うサービスを選ぶには、各サービスの内容を比較することが重要です。気になるサービスの資料をダウンロードして自社に合うのか検討してみましょう。

\料金や機能を資料で比較する!/

社内SNS選び方ガイド_20231108.pptx.pdf
社内SNS
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
社内SNSの最近更新された記事