農業
農業ロボット開発・レグミン野毛慶弘「恐れず挑戦できる環境があった」【母の日連載】
農業ロボット開発・レグミン野毛慶弘「恐れず挑戦できる環境があった」【母の日連載】
5月12日(日)は母の日。普段はなかなか言えない「感謝」を伝える日として、浸透しています。そこでBeyondでは、起業家や業界をリードする方、ユニークなキャリアをお持ちの6人に依頼し、「母への手紙」を綴っていただきました。育ってきた環境やお母さまとのエピソードは、今の自分の生き方にどのような影響を与えたのか。これまでの自分や環境を前向きに受け入れながら、今をイキイキと生きる6人の物語。連載3日目はレグミン野毛慶弘さんです。
2019.05.09 09:00
アグリテックで課題解決へ挑む、農業ベンチャーに投資家も熱視線
アグリテックで課題解決へ挑む、農業ベンチャーに投資家も熱視線
高齢化や担い手不足が深刻化する農業において、労働負担の軽減や生産性向上、安定した収益化は重要な課題だ。ロボットやドローン、AI、IoTなどの技術を活用する「スマート農業」実用化に向け、さまざまな取り組みが進んでおり、スタートアップ・ベンチャーへ投資家も注目している。
2019.04.12 08:30
JAXAら宇宙の食市場つくる「Space Food X」プロジェクト始動 - 日本のあらゆるテクノロジー結集
JAXAら宇宙の食市場つくる「Space Food X」プロジェクト始動 - 日本のあらゆるテクノロジー結集
JAXAらは、宇宙での食市場創造を目指すプロジェクト「Space Food X(スペースフードエックス)」を始動する。分野横断的に取り組むもので、初期メンバーには30以上の企業や研究機関らが参画する。月や火星で日本と同じような食事を楽しめる未来が、案外早く訪れるかもしれない。
2019.03.29 12:25
ドコモがRPA活用サービスを全国JAに提供、流通改革は日本農業を浮上させるか
ドコモがRPA活用サービスを全国JAに提供、流通改革は日本農業を浮上させるか
NTTドコモが、農業分野での改革へ名乗りをあげた。4月1日から、RPAとOCRを組み合わせた農業向けソリューションパッケージを、全国のJAに提供開始することを発表したのだ。これにより職員の予約注文作業時間を80%削減、水稲の生産資材の予約注文数20%増を実現するという。また生産者と買い手企業をマッチングするプラットフォームの実証実験もはじまっている。人材不足や高齢化など課題山積の農業は、流通革命で活気を取り戻せるのか。
2019.03.19 12:23
外国人就労拡大「3業種」で単純労働OKに、外国人労働者の推移・雇用における問題点とは
外国人就労拡大「3業種」で単純労働OKに、外国人労働者の推移・雇用における問題点とは
2018年12月、「特定技能」という新しい在留資格で外国人労働者を受け入れる出入国管理法(入管法)の改正が成立した。同年6月には2025年までに50万人超の外国人労働者の受け入れを目指すと政府発表されてから半年、迅速に実現へと踏み切った外国人就労拡大問題。本記事では、外国人労働者の推移・雇用における問題点をまとめた。
2018.12.20 10:29
広まる「スマート農業」 ドローン・自動運転・IoT・AIが一次産業の働き方を変える
広まる「スマート農業」 ドローン・自動運転・IoT・AIが一次産業の働き方を変える
食糧自給は重要だが、日本では農業従事者の減少と高齢化の問題が深刻である。解決策として検討されているのがICT技術を活用した「スマート農業」の本格的な導入だ。スマート農業では、ドローンや自動運転、IoT、AIといった先端技術を用いて作業効率や品質の向上を図る。スマート化で農作業の負担が減れば、農業の働き方改革につながり、人手不足が解消するだろう。
2018.10.22 14:28
注目フードテック企業15選 日本・海外で「食」にイノベーションを起こす企業とは
注目フードテック企業15選 日本・海外で「食」にイノベーションを起こす企業とは
フードテックとは情報通信技術(ICT)を食品や飲食業界に適用したサービス。「食」にイノベーションを起こすべく、アメリカを中心にさまざまなフードテック企業が立ち上がっています。代表的な事例としては、植物性たんぱく質を使った牛肉に代わる素材を開発しているビヨンド・ミートや、最新の科学技術を使って食材を調理する分子料理法などの領域があります。本記事ではこのようなフードテック企業の中から注目企業15社をピックアップして紹介します。
2018.10.01 18:59
HACCP(ハサップ)制度化で必要な対策は?改正食品衛生法ポイントまとめ
HACCP(ハサップ)制度化で必要な対策は?改正食品衛生法ポイントまとめ
2018年6月、15年ぶりに食品衛生法の改正が行われました。原則2年以内に対応することが求められています。食品や食事を提供する事業者だけではなく、イベントなどで限定的に提供する場合も対象となります。そこで、食中毒対策や営業許可、リコールについてなど7つの改正ポイント、また制度化されたHACCP(ハサップ)について説明します。
2018.08.30 10:30