コピー完了

記事TOP

スカウトメールとは?効果の出るメール作成のポイントを解説!【作成例あり】

最終更新日:
スカウトメールを成功させるポイントや、実際に効果のあった文面もなどを解説します。スカウトメールを実践する際におすすめのサービスも4つご紹介!

スカウトメールとは

一般的な就職活動では、求職者が企業に対して応募書類を送ることによって、「自分はこういう人間ですよ、こういった面で会社の役に立ちます」といったことをアピールし、それを企業の採用担当者が見て、書類選考を行うという流れをとります。

それに対しスカウトメールでは、求職者が最初に自分の経歴や強み・経験(プロフィール)を求人サイトや人材紹介サービスで公開、登録します。

その情報を採用担当者が見て、自社の求人像にマッチングしている求職者に対して、自社の求人に応募しませんか?と招待するための手法です。

企業の人事担当者の皆様のために、効果的なスカウトメールの作成方法やポイントなどを以下の項目で紹介していきたいと思います。

また、お仕事探しの方向けの「人気の転職サイトランキング」は以下の記事で詳しく紹介しています。転職活動を予定している方は参考にしてみて下さい。

スカウトメールでできること

スカウトメールは、求職者が求人サイトや人材紹介サービスで公開した経歴や強み・経験(プロフィール)を見て、興味を持った企業側が求職者へアプローチしていくというのが大きな流れです。

「この求職者ならばいきなり最終面接を行っても良い!」というような猛烈なアタックもある一方で、「このスカウトメールに興味を持ったら選考に参加してね!」という軽いアプローチもあります。

この軽いアプローチとは、求人サイトや人材紹介サービスの担当者や自動送信で送られるものを指します。

最初に求職者が登録した職務経歴や希望条件などの中で、企業が求める条件にマッチする人材をもとにスカウトメールが送られるというケースです。

たとえば、30代・管理職経験あり・東京都希望・年収450万以上などという条件で、マッチングした求職者にスカウトメールが送られる、というものです。

採用担当者としては、スカウトを求人サイトや人材紹介サービスの担当者に任せることで手間がかからないというメリットがあります。

その一方で、本当に自社に必要な人材を求めるのであれば、手間をかけてでもスカウトの段階で厳選することもとても大切となります。

スカウトメールの種類

採用担当者から見たスカウトメールの種類としては、以下の3種類があります。

  • 条件が合えば勝手に求職者に送るもの(自動送信メール)
  • 「選考にかけてみたいから」と送っているもの
  • 「この人にぜひ会ってみたい!」と送っているもの

それぞれについて解説していきます。

自動送信メール

自動送信メールは、条件が合えば勝手に求職者に送られるスカウトメールのことを指します。まったく手間がかからなず、母集団形成に役に立ちます。

手がかからない一方、一般的な求人とほとんど変わらず、本当に自社が求める人材が応募してくるかどうかについては、まさに神のみぞ知るといえます。

「選考にかけてみたいから」と送っているもの

「選考にかけてみたいから」と送っているものについては、もしかしたらうちの会社に合うかもしれないから、選考に応募してくれたら良いなあ!というレベルのものです。
こちらも固定化された採用情報のみを記載してしまうと、選考に進んで欲しい意向がうまく伝わりません。

「この人にぜひ会ってみたい!」と送っているもの

文字通り、「この人にぜひ会ってみたい!」と送っているものを指します。

「この会社に応募しよう!」「この会社なら、自分の今後の人生をかけることが出来る」と思わせるようなメールを送る必要があります。

この3種類のスカウトをうまく使いこなすことが、スカウト求人を行う採用担当者には求められています。

求職者カテゴリー別テンプレート

求職者のカテゴリー別毎に、それぞれの良いオファーのテンプレートを見ていきましょう。

新卒・未経験者向けのテンプレート

どのような人物像を求めているのか、そして新卒・未経験者はどのように育て、その会社でどのように成長してほしいのかをしっかりと語る必要があります。教育制度や入社後をイメージさせることが大切です。

(2)中途・実務経験者向けテンプレート
採用に際して、どういうスキル・経験を求めているのかを記載しましょう。
そして、その経験やスキルを活かす素地が整っていることを併せてアピールします。

(3)マネジメント経験者向けのテンプレート
現在どのような部署やチームでマネジメント人材が不足しているのか、その部署ではどのような経験・知識が必要とされているかを明確化しましょう。
求職者にそのポジションを担ってほしい意向を伝えましょう。

>>>【お仕事探しの方】人気転職エージェントTOP3をチェックする

成功するスカウトメール作成のポイント

スカウトメールを作成するにあって大切にしたいポイントをご紹介します。

「特別なあなた」を演出する

求職者の立場に立って、「企業としてぜひ応募してほしい」というオファーに値した「特別なあなた」であることがきちんと伝わることが重要です。

いかに企業として応募してほしい人材であるのかをきちんと求職者に伝わるように、丁寧な言葉で伝えるましょう。

求職者がスカウトメールを見た時に、テンプレの使い回しだと求職者が感じれば、この企業は自分自身を必要としていないと思い、応募につながる可能性は下がってしまいます。
スカウトメールは、一人一人に手紙を書くようなつもりでその人に向け、なぜ応募してほしいのか、応募して一緒に働きたいのかが伝わるように熱意を持って作成すべきです。

応募に際しての不安を解消する

募集する職種が専門的な分野であったり、求職者にとって未経験の分野になる場合は、特に注意が必要です。
未経験者でも歓迎している意向や、研修やフォロー体制の充実などをスカウトメールに記載しましょう。
よくある質問や想定される不安を解消するような文言を入れることがポイントです。

タイトルに工夫を

こだわるべきポイントの1つ目は、「件名だけでも求職者に伝わるメール」です。
人気の曲には印象的なフレーズやサビの部分があったり、CMでコピーライターが印象なコピーを生み出すように、求職者が「このメールは!?」と感じるような件名を作ることが重要です。

差別化を図るために、求職者のプロフィールの内容をメール件名に盛り込むことで、その人の経歴を読んでいること、テンプレメールではないことを伝えることが出来ます。
たとえば、営業経験10年の営業マンには「営業経験10年の○○様の経験を当社でぜひ活かしてください」と送ることで、プロフィールを読み、オファーに値した「特別なあなた」であることを伝えることが出来ます。

逆に悪い例では「○○様の経験を当社でぜひ活かしてください」という先の件名の「営業経験10年の」を除いたものです。これだけでは氏名の部位を入れ替えれば誰にでも流用可能となり、採用したいという熱意は求職者に伝わりません。

成果の出ないスカウト例

それでは、成果の出ないスカウトメールとは、どのような内容なのでしょうか。

当たり障りのない万人に送られているメール

「特別なあなた」と対照的に、万人に無作為的に送られているスカウトメールでは、求職者に熱意が伝わることはありません。

本来良い人材を採用するための手段であるスカウトメールが、「スカウトメールを何通送るのか」という目標となってしまっているケースがよく見かけられます。

自動配信で無作為的に送信したスカウトメールの場合、応募してきた求職者が自社の求人像とのマッチしているのか確認する作業は膨大化される可能性も上がります。
スカウトする時点で、マッチング作業行うことで業務の効率化がはかれる場合も多数あります。

>>>【お仕事探しの方】人気転職エージェントTOP3をチェックする

スカウトメールを有効に活用できるおすすめのサービス

スカウトメールの効果的な書き方を理解した上で、下記おすすめサービスにて実際にスカウトメールを送ってみませんか?

コストを抑えて効率良く採用活動をし、会社を力強く成長させましょう!

paiza 転職 - paiza株式会社

paiza 転職 - paiza株式会社 画像出典:paiza 転職公式サイト

  • 総戦力エンジニアが多数登録
  • 独自のコーディングテストでランクを可視化
  • 3種類のスカウトサービスでアプローチ

paiza 転職は、プログラミング力でスクリーニングができるIT/WEBエンジニアに特化した完全報酬型の中途採用サービスです。
即戦力エンジニアの登録数は190,000名、平均年齢は28歳。技術力の高い若手エンジニアに対していち早くアプローチができます。ユーザーにつなぐのは独自のコーディングテストを突破したエンジニアのみで、テストの結果から6段階にランク分けをして、必要なレベルを求人票で設定が可能。また用途に合わせた3種類のスカウトメールが無料で活用できるのも「paiza 転職」の魅力の1つです。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

LINEキャリア


  • エン転職から自動でLINEキャリアに掲載
  • 若手・地方エリアの採用強化
  • 個人の興味に合う求人を表示

LINEキャリアは、転職情報サイト「エン転職」による多彩な求人情報と、LINEが擁する豊富なユーザー基盤を融合した転職情報サービスです。若い世代の90%が使用しているとされるLINEのデータベースで全国の求職者に情報を届けるため、若手採用の強化だけでなく、地方エリアの採用強化が可能です。また、エン転職の新着順表示、LINE独自のマッチ度順表示を融合することで、よりターゲットに近い人材からの応募が期待できます。

スタンバイカンパニー

  • 簡単に求人サイトの制作ができる
  • 制作したサイトは、スタンバイに掲載可
  • スカウト返信後、チャット機能でフォローできる

スタンバイカンパニーは、かんたんに求人ページを作成でき、日本最大級の求人検索エンジン「スタンバイ」に掲載することや、そのまま企業の採用ページとしても利用できるサービスです。
作成した求人の勤務地や職種、業種から仕事を探している人を検索。
仕事内容に合う人を選んで、かんたんにスカウトを送ることができます。
また、スカウトの返事がきたあとは、チャットでのやり取りや、アプリ上でのビデオ通話で面接も可能です。

engage(エンゲージ)

  • en(エン)転職会員に毎週10名上限でスカウトメールが送れる
  • 制作したサイトは、indeed(インディード)に掲載可
  • レスポンシブ対応

en(エン)の採用ノウハウを活かしたテンプレートを多数用意。
写真やテキストを準備するだけで、貴社らしい自社採用ホームページを作成できます。 上限はあるものの500万人いるen(エン)転職会員にスカウトメールが送ることができます。

スカウトメールとは?効果的なスカウトメールを作成するポイントまとめ

スカウトメールは採用担当者にとって、能動的に採用活動を行うことのできる大切な手段です。
スカウトメールを送る際には、応募者の人数を集めたいだけなのか、少数でも本当に自社が求める人材をスカウトしたいのか目的を明確化させましょう。

この記事が良い人材との出会いに、少しでも寄与できたら嬉しいです!

【お仕事探しの方向け】人気転職エージェントTOP3

就職・転職を考えている方向けにおすすめの転職エージェントを紹介します。

1位:リクルートエージェント

ポイント1:転職成功の実績No.1。累計32万人の転職成功

累計32万人の転職成功実績があり、年間2万3000名以上の転職支援を行っています。

ポイント2:非公開求人件数約10万件で業界トップクラス

リクルートエージェントの登録者限定の非公開求人が約10万件と豊富。求人数が多いので希望の求人に出会える確率もアップします。

ポイント3:土日祝日・平日20時以降でも転職相談ができる

「仕事が忙しくて相談する時間が取れない」というアナタも安心。土日・祝日や平日20時以降でも転職相談に乗ってもらえます。

\登録&利用も無料。実績No.1の転職エージェント/

※実績No.1=転職市場定点調査による日本の有料職業紹介事業者の中で転職を実現した実績(2015年10月1日時点)

※累計32万人の成功実績=1977年のリクルートエージェント創業以来、累計転職成功実績約32万5,689名(2014年3月末時点)

2位:ビズリーチ

ポイント1:年収600万円以上に支持される転職サービスNo.1

年収600万円以上の転職経験者・検討している413名のアンケート結果で1番支持されている転職サービスです。年収600万円未満でも登録可能となります。

ポイント2:登録ヘッドハンター数が2,000人以上

2,000人という圧倒的な数のヘッドハンターが求職者へ希望求人を紹介してくれます。

ポイント3:テレビCMも公開

「ビズリーチ!」のキャッチーなテレビCMで近年知名度が急上昇中。

\登録&利用無料。年収600万円以上の人の支持率No.1/

※年収600万円以上の方の支持No.1=シード・プランニング社による「転職サイト利用動向調査」より(2016年8月、9月に調査実施)

ビズリーチのサービス詳細や、利用者の評判はこちらの記事で詳しく解説しています。

3位:doda(デューダ)

ポイント1:転職者満足度No.1の実績

担当のキャリアアドバイザーのサポート力が高く「登録者に寄り添う親身なサポート」に定評があります。

ポイント2:10万件以上の求人からマッチした求人を紹介

「完全週休二日制」「年収500万円以上」「残業時間20時間未満」など希望にマッチするピンポイントな求人を紹介してくれます。

ポイント3:自分のペースで転職活動ができる

dodaは転職サイトと、転職エージェントの両方サービスがあります。

その他、適正年収を教えてくれる「年収査定」や、どんな働き方が向いているのかの「キャリアタイプ診断」も受けれるので、アナタのペースで転職活動を進めることが可能です。

\登録&利用無料!満足度No.1の転職エージェント/

※転職者満足度No.1の実績=電通バズリサーチ調べ。インターネット上での人材紹介に関するポジティブな口コミ数

dodaの転職サービス一覧や、それぞれの特徴はこちらの記事で詳しく解説しています。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

中途採用サイト(ダイレクトリクルーティング)
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
株式会社ビズリーチ、株式会社リブ、Sansan株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
この記事とあわせて読まれている記事