CDPツールの関連情報

コピー完了

記事TOP

CDPツールの費用相場と料金比較・おすすめソフト

最終更新日:(記事の情報は現在から147日前のものです)
CDPツールの費用相場について紹介します。料金比較やおすすめのソフトなどわかりやすく解説。導入するCDPツールを探している方はぜひ参考にしてください。

クラウド型CDPツールの費用相場

クラウド型のCDPツールの費用相場は初期費用が0円~5万円、月額利用料は数十万円〜数百万円程度です。

内訳 費用相場
初期費用 0〜5万円程度
月額利用料 数十万円〜数百万円程度

CDPツールを導入する際には月額利用料が発生し、料金はプランやユーザー数などによって異なります。費用相場はシステムやサービスによっても異なるので、導入前には必ず見積もりを取るようにしましょう。

CDPツールの費用・料金比較表

【特典比較表つき】『CDPツールの資料2選』 はこちら⇒無料ダウンロード

[fixed-sentence-comparison_text-cdp-tool

費用対効果が高いCDPツール13選

CDPツールの中でも費用対効果が高いおすすめのツールを紹介します。各ツールの特徴や詳しい料金プランなどを解説しているのでCDPツール選びの参考にしてみてください。

なお、特に断りがない限り、料金は税抜価格です。

AIMSTAR - 株式会社GROWTH VERSE(旧スプリームシステム)

AIMSTAR
AIMSTAR
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

利用できる機能

AIMSTARはBtoC企業向けのEngagement Data Platform(EDP)で、CDP・分析・MA機能を統合しています。顧客の行動データを活かし、AIによる最適なOne to Oneメッセージを実現しています。データ統合、分析、施策実行までをカバーするAll in Oneソリューションです。大手企業を含むさまざまなBtoC事業者に採用実績があります。興味や関心を捉え、顧客に適した情報提供でエンゲージメント向上・LTV最大化をサポートしています。

AIMSTARの料金プラン・価格

要問い合わせ

カスタマーリングス - 株式会社プラスアルファ・コンサルティング

カスタマーリングス
カスタマーリングス
BOXIL SaaS AWARD Summer 2024 Good Service
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

利用できる機能

カスタマーリングスはCRM/MAツールで、顧客データ統合、分析、メール、LINE、アンケートなどのアクションが可能です。業務効率化とともにLTV向上を促進し、顧客理解を深める機能や施策改善まで意識した機能が充実しています。

カスタマーリングスの料金プラン・価格

要問い合わせ

Mobile Marketing Cloud(MMC) - CM.com Japan株式会社

利用できる機能

Mobile Marketing Cloud (MMC)は、CSV/Excel形式の既存の顧客リストをアップロードし、データを統合・収集・分析できます。CDPでセグメントした顧客データをEメール・SMSでのターゲット配信が一元化され、配信結果と顧客データを総合的に管理できます。MMCを活用することで、長期的なマーケティング活動を一括で実行できます。

Mobile Marketing Cloud(MMC)の料金プラン・価格

要問い合わせ

利用できる機能

Treasure Data CDPは、顧客データの統合と活用を支援するクラウド型CDPです。データ収集・統合、分析、セグメント化、エンゲージメント向上、データ活用支援などの機能を提供します。豊富なデータソースに対応し、柔軟なデータ連携、高度な分析機能とセキュリティが特徴です。さまざまなデータを柔軟に収集し、顧客の理解と顧客体験の最適化に役立てられます。

Treasure Data CDPの料金プラン・価格

要問い合わせ

Rtoaster insight+

利用できる機能

Rtoaster insight+はデータ統合、分析、セグメント化、レコメンドエンジンなどが特徴のCDPツールです。顧客のデータを個人単位で統合し、データを自由に抽出できます。マーケティング施策を強化したい企業、デジタルマーケターにおすすめのツールです。

Rtoaster insight+の料金プラン・価格

要問い合わせ

利用できる機能

Tealiumはデータを連携させることで、企業と顧客をつなげるCDPです。顧客データをリアルタイムで収集・処理し、すぐに活用できます。顧客にとって「心地よいおもてなし」を提供することで他社との差別化を図りたい企業におすすめです。

Tealiumの料金プラン・価格

要問い合わせ

Sitecore CDP

利用できる機能

Sitecore CDPは、顧客データを統合し、顧客体験をパーソナライズすることに特化しています。データ収集、エンゲージメント向上、パーソナライゼーション、セグメント化などの機能があり、高度な分析や拡張性、高いセキュリティを提供しています。

Sitecore CDPの料金プラン・価格

要問い合わせ

利用できる機能

goline CDPは顧客データの管理と活用のための統合的なプラットフォームです。データを収集・統合し、顧客プロファイルやセグメントを作成します。AIと予測分析、リアルタイムでのレポーティングに優れ、マーケティングとカスタマーエンゲージメントを向上させます。

goline CDPの料金プラン・価格

要問い合わせ

KARTE Datahub

利用できる機能

KARTE Datahubは顧客の基本情報やオンライン・オフラインの行動データを統合し、よりよい顧客体験を提供するためのプラットフォームです。これらのデータを統合することで顧客一人ひとりの解像度が高くなり、より深い顧客理解が可能になります。

KARTE Datahubの料金プラン・価格

要問い合わせ

Adobe Experience Platform

利用できる機能

Adobe Experience PlatformはAdobeが提供するCDPで、包括的な顧客体験エコシステムを構築します。顧客体験アプリケーションの接続・連携させ、よりよい顧客体験の提供に寄与します。BtoBとBtoCのあらゆるシステムからデータを収集し、リアルタイムにプロファイルすることで、顧客インサイトを導き出します。

Adobe Experience Platformの料金プラン・価格

要問い合わせ

b→dash - 株式会社データX

b→dash
b→dash
BOXIL SaaSセクション | BOXIL SaaS AWARD 2024
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

利用できる機能

b→dashは、ノーコードなデータマーケティングツールです。顧客データや売上データなどを一元的に集約し、ノーコードでCDPの構築が可能です。MA、BI、Web接客、アプリPush、レコメンドなど、さまざまな機能をオールインワンで提供しています。オンボーディングプログラムにより短期間での導入が可能で、施策や分析の実現が効率的です。

b→dashの料金プラン・価格

要問い合わせ

Flipdesk Data Union

利用できる機能

Flipdesk Data Unionは顧客一人ひとりの状況に合わせてコミュニケーションを提供し、Webサイトの顧客体験を向上させます。顧客それぞれに最適化されたWeb接客や情報を提供し、顧客満足度と売上を最大化します。アパレルや小売など、さまざまな業界で活用されるサービスです。

Flipdesk Data Unionの料金プラン・価格

初期費用 月額料金
50,000円 50,000円

INTEGRAL-CORE

利用できる機能

INTEGRAL-COREは深い顧客理解と自由自在なコミュニケーションを実現するためのCDPです。位置情報やDMへの反応、問い合わせ履歴などのデータから顧客を正しく分析し、一貫性のある顧客体験を提供することで、事業成長を目指します。

INTEGRAL-COREの料金プラン・価格

要問い合わせ

CDPツール導入時の注意点

費用・料金だけでなく、次のポイントにも注意して導入するサービスを選びましょう。

データ品質と一貫性の確保

CDPツールは、顧客データを統合し、それらのデータを活用してマーケティングや顧客対応を改善するためのプラットフォームです。しかし、導入する際にはデータ品質の問題に注意する必要があります。

異なるデータソースからのデータを統合する場合、データの正確性や一貫性が保証されているかを確認する必要があります。また、重複したデータや欠落したデータがないかを確認し、データ品質の向上に努めることが重要です。データ品質の低下は、正確な分析や意思決定を妨げる可能性があります。

データプライバシーと法令順守

CDPツールを導入する際には、顧客データの取り扱いに関する法的規制やプライバシーに関する規範に十分な配慮が必要です。とくに、個人情報保護法(GDPR)、カリフォルニア消費者プライバシー法(CCPA)、その他の地域や業界固有の法規制に準拠することが求められます。

CDPツールを利用する際には、顧客データの収集や保管、処理、共有に関するルールとポリシーを明確に定め、適切なセキュリティ対策を実施することが不可欠です。また、顧客に対する透明性と選択肢の提供を重視し、プライバシーに配慮したデータ取り扱いを行うことが重要です。

費用対効果の高いCDPツールを導入しよう

CDPツールの費用は、提供形態や機能、利用者数などによって大きく変わります。一般的には、クラウド型の場合は月額料金制、オンプレミス型やパッケージ型の場合は初期費用と年間保守費用が発生します。費用だけでなく、機能の選定や既存システムとの連携、サポート体制の充実度なども注意するべきポイントです。費用対効果の高いCDPツールを導入するためには、自社のニーズや予算に合わせて、複数のシステムを比較検討することが大切です。

【厳選】おすすめCDPツールをまとめてチェック!
CDPツールの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめCDPツールの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。資料請求特典の比較表では、価格や細かい機能、連携サービスなど、代表的なCDPツールを含むサービスを徹底比較しています。ぜひCDPツールを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

CDPツール選び方ガイド_20231206.pptx.pdf
CDPツール
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
CDPツールの最近更新された記事