ホームページ健康診断 - セキュリティ対策の第一歩の位置づけの脆弱性診断

ホームページ健康診断 - セキュリティ対策の第一歩の位置づけの脆弱性診断

まだ評価はありません
最終更新日 2020-06-09

ホームページ健康診断は企業さま向けホームページの脆弱性診断サービスです。経験豊富な熟練のセキュリティエンジニアが、セキュリティの問題を診断、レポートでご確認いただけます。ご希望とあらば対策の実施もサポートいたします。

サービス資料
4ページ目以降を閲覧するには...
同じカテゴリのサービス
セキュリティ診断サービスの資料12件分を同時に請求できます

画面サンプル

導入実績 | このサービスを使っている企業

大手コンサルティング会社、東証一部企業、学校法人など

説明

ホームページ健康診断は、セキュリティ対策の第一歩という位置づけで、対象となるホームページの脆弱性を認識していただくための診断となります。診断結果は、セキュリティ対策方針の検討材料としてのご活用を想定しています。 WEB上の被害の兆候などサーバ外の調査も行います。サーバ内を対象にした診断方法については、診断技術者がホームページ内の攻撃に利用されやすいページなどを選択し、簡易診断を行います。

レポートには検出された脆弱性のみを記載するため、記載する項目がホームページによって異なる場合があります。 また網羅性を保証するものではありません。「指摘なし=脆弱性なし」ではなく、脆弱性の組み合わせによってはリスクが発生する可能性があります。

リスクの度合いを表現するため、以下の評価基準にて採点して、脆弱性報告に記載しています。

いうまでもなく、被害に遭ってからでは損害が大きく、永遠に残る問題も発生します。ログを見ればどこのホームページも攻撃を受けていることがわかります。有名になればなるほど攻撃量が増え、委託業者や担当者が想像もつかない攻撃手法が日々考え出されています。過去の被害調査では委託業者や担当者のミスが起因することが多く見られます。

≪原因の例≫
・要件にないため存在しないセキュリティ、新たに登場してきた攻撃を防御する機能がない。
・委託業者や担当者の気づかないミス。

≪一次被害の例≫
・情報漏えい、改ざん、営業妨害が行われる。乗っ取りにより他への攻撃に利用される。
・急な対応にかかる超割り増し調査・構築費、損害賠償を支払う。
・ブラックリストに登録され、セキュリティソフトや検索エンジンで警告表示される。

≪二次被害の例≫
・流出した情報、改ざんされたページの情報、などネットから消されない事実として残る。
・何年たっても風評被害が再発する。風評被害を抑えるためのラーニングコストがかかり続ける。

ホームページの稼働に影響は与えない範囲で、攻撃者と同じように攻撃の前段階の作業を行います。さらに、SEOで集客効果を下げる等のサーバ外の攻撃、その耐性も調査します。

3つのポイント

1.
短納期にて診断、報告レポートをご提供

ホームページトップのURLの情報のみ頂いて、攻撃者の観点で本番環境を前提に運営に影響ないように調査を行います。診断実施日から通常5営業日程で報告レポートを提出、定期プランも用意しており、定期的に報告レポートを送付します。

2.
一般的な診断よりも低価格にてご提供

どこの範囲に問題があるかどうか認識することに重点を置いており、一般的な診断とは異なり、工数のかかる類似問題を網羅的にチェックする作業を省いて行います。

3.
一般的な診断より広い調査範囲

一般的な診断はサーバ内のアプリケーションのチェックに限定した診断になりますが、ホームページ健康診断ではサーバ外も重点を置いて問題を検出します。

資料

ホームページ健康診断
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上

特長

機能・仕様
推奨社員数5人~5000人
無料トライアル利用不可
無料プラン利用不可
モバイルスマホブラウザ
日本語対応利用可能
連携サービス

よくある質問

Q

診断ではどのようなセキュリティの問題点が分かるのですか?

A

おもに以下のような点を、目視とツールで診断いたします。
・公開されていると悪用につながるデータの露出有無
・すでにサイバー攻撃を受けていないか、ブラックリストへの掲載有無

Q

診断で判明した脆弱性に関して自社でも対処できますか?

A

診断結果には対処方法を掲載しておりますので、セキュリティの知識があるWebデザイナー・エンジニアの方なら対処できる可能性があります。
難しいようであれば、別途オプションとして弊社での対応も可能です。

Q

診断結果はどういった形で連絡いただけますか?

A

診断結果のレポートは、PDF形式にてご指定のメールアドレスにお送りいたします。
ご希望であれば別途オプションとして、報告会の実施も可能でございます。

口コミ

5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
まだ口コミはありません。

会社概要

会社名株式会社ロードマップ
代表者名石川 真実
資本金1000万円
従業員規模2~10人
所在地東京都豊島区南池袋2-12-1 佐伯池袋ビル2階
設立年月2012年8月

その他のセキュリティ診断サービスのサービス

e-mining(イーマイニング)
まだ評価はありません
e-mining(イーマイニング)は、24時間自動でWEB巡回するモニタリングツールです。
WEBサイトの改ざんを検出して自動的に修正するリモート監視サービスです。改ざんと更新を明確に見分け、改ざんされたファイルを修正し、フィッシングサイトを設置されたら削除し、消去されたら追加という作業を自動的に実行します。
セキュリティ脆弱性診断サービスは、常に最新の知識や技術を取り入れてさまざまな診断を行う、セキュリティ診断サービスです。
SiteLock(サイトロック)
まだ評価はありません
Webサイトの安全確認を3ステップでできるWebセキュリティサービス。WordPressなどのアプリの脆弱性診断、改ざん監視、マルウェア検知・駆除などオールインワンで提供しています。
CloudSmartGate(クラウドスマートゲート)はスマホやタブレットなどのスマートデバイスから安全に社内ネットワークにアクセスできる環境を構築するクラウド統合認証基盤です。
資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
見込み客獲得や認知度向上をしたいサービスをお持ちの方は是非サービスをご掲載ください。
無料でのサービス掲載及び、有料でご利用頂ける各種サービスをご用意しております(掲載には審査が必要です)。