チームワークと個人のタスク、どちらも 1 つのプラットフォームで

Slack

スラック
更新日 2021-06-07
匿名のユーザー
ユーザー
IT/通信/インターネット系
利用状況:利用中
/
利用アカウント数:31件〜50件
投稿日:2020/09/10
4/5
在籍確認
投稿経路キャンペーンボクシルが口コミ投稿に謝礼をお渡ししています
とにかく速くコミュニケーションができる。他のどのツールよりも、速さでSlackに勝るものは無い。 スレッド名を付けられない点や、Workspaceが増えてくると運用が難しくなってくる点が課題か。
サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください
デザイン・開発など複数チーム間のやり取りをまとめることで、ディレクター側の稼働を軽減できた。 コロナ禍の在宅勤務においては多拠点間のやり取りのハブとなり、物理的距離を埋める役割を担った。
このサービスの良いポイントはなんですか?
速い。即レスが基本の働き方を実践できる。
JIRA等と連携し、通知を一元化できる。
スレッド形式で並行したやり取りを実現できる。
このサービスの改善点はなんですか?
スレッドタイトルを付けられないため、何について話しているかがぶれやすい。
Microsoft Teamsと違い「チーム」の階層が無いため、大きな組織では運用に工夫が必要。
インテグレーションやコマンドは分かりやすいとは言えず、一定のラーニングコストが必要。
どのサービスと連携して使用していますか?
サービスの5段階評価
使いやすさ
お役立ち度
カスタマイズ性
機能満足度
サービスの安定性

同じカテゴリのサービスと比較

Slackと気になるサービスの2社比較や、複数のサービスを選択して比較・資料請求できます
すべて選択(6件)