中国

独身の日(W11/双11)の由来・アリババの2018年売上・越境EC動向まとめ
独身の日(W11/双11)の由来・アリババの2018年売上・越境EC動向まとめ
独身の日(W11/双11/ダブルイレブン)は中国最大のネットセールの日。アリババがその取引額が過去最高の約3.5兆円を記録したことが分かりました。アリババグループの天猫(Tモール)がネットショッピングの日としてセールを始め、京東(ジンドン)などのECサイトも追随。独身者に限らず多くの人がネットで買い物をする一大イベントとなっています。日本の小売業界にも影響を及ぼすようになった独身の日とは何か、由来や売上規模の推移などについて説明します。
2020.06.24 19:34
エンタープライズでも存在感示すファーウェイ、クラウド拡充でグローバル市場狙う
エンタープライズでも存在感示すファーウェイ、クラウド拡充でグローバル市場狙う
米中貿易摩擦に関するニュースでよく名前が登場するファーウェイ。世界スマートフォン市場でアップルを抜いて2位になったが、サーバーやストレージ機器など企業向け製品の分野でも上位に食い込んでいる。特に5Gインフラ分野では無視できない存在だ。現在は、クラウドサービスを拡大させ、グローバル市場を狙っている。
2019.09.30 11:30
ホンダは中国アリババを採用 - スマスピと異なる車載音声アシスタント市場
ホンダは中国アリババを採用 - スマスピと異なる車載音声アシスタント市場
ホンダが、中国で販売するコネクテッドカーに「Tmall Genie Auto」というアリババの開発した音声アシスタントを搭載する。BMWやボルボ、アウディ、ルノーもTmall Genieの採用を決めた。スマートスピーカー市場ではアマゾンとグーグルが圧倒的に強いものの、自動車に載せる音声アシスタントでは聞き慣れない名前を耳にする。グローバルの市場はどうなっているのだろうか。
2019.07.01 16:30
2018年特許出願アジア急増、欧米抜く - ファーウェイ2年連続首位
2018年特許出願アジア急増、欧米抜く - ファーウェイ2年連続首位
世界知的所有権機関(WIPO)によると、2018年の特許出願数でアジア勢が初めて過半数を占め、欧米を引き離した。国別に見ても中国、インド、韓国といったアジア勢の躍進が目立ち、2年以内には中国が米国を抜いて1位に躍り出る可能性がある。企業別ではファーウェイが2年連続で首位、三菱電機が2位だった。
2019.03.25 07:10
AI特許出願トップ5に東芝、NEC - 教育機関は中国独り勝ち
AI特許出願トップ5に東芝、NEC - 教育機関は中国独り勝ち
世界知的所有権機関(WIPO)が初めてAI関連の特許出願数などを調査した。日本企業は出願件数が多く、世界トップ5に東芝とNECが、トップ30をみると計12組織が入っている。大学など教育機関の多さは中国が「独り勝ち」状態だった。また分野別にみると、ライドシェア向けのマシンラーニング技術、音声認識にも利用されるディープラーニング技術の増加率が高いという。
2019.02.12 06:30
バイドゥ「中国人の越境EC利用実態」レポート発表
バイドゥ「中国人の越境EC利用実態」レポート発表
百度(バイドゥ)は1月29日、北京市、上海市など中国在住の中国人2,000人を対象とした越境ECサイトの利用に関するアンケート調査の結果を発表した。それによると、越境EC利用のきっかけは「周囲のすすめ」がトップであるものの、海外旅行がきっかけという人も約2割だった。日本商品購入率が高い居住エリアは、北京・上海・天津であることも分かった。全調査結果は「中国人越境EC利用実態」レポートとして販売するという。
2019.02.07 06:15
アリババ、米国ECを揺るがす - ブラックフライデー・サイバーマンデーを追う独身の日
アリババ、米国ECを揺るがす - ブラックフライデー・サイバーマンデーを追う独身の日
米国では感謝祭からクリスマスにかけてホリデーシーズンを迎え、商品購入が急増する。感謝祭の翌日「ブラックフライデー」、同翌月曜日「サイバーマンデー」はとりわけ盛り上がり、ネット通販が主流になりつつある昨今はサイバーマンデーの支出額がブラックフライデーを上回るほどだ。ここに、11月11日の中国発祥「独身の日」が影響を及ぼし始めている。アマゾンをはじめ米国のECサイトは岐路に立たされているかもしれない。
2018.11.30 06:30
中国スマホ「ワンプラス」とは?高級Androidが売れる3つの理由
中国スマホ「ワンプラス」とは?高級Androidが売れる3つの理由
OnePlus(ワンプラス)は、中国の広東省に本社を置く、OPPO傘下のスマートフォンメーカーだ。創業4年で32か国に展開し、14億ドルを稼ぐまでに成長した。コストを抑えつつ、優れたアンドロイド・スマホを開発してブルーオーシャンを切り開いている同社。その人気の秘密をブランド戦略、マーケティング手法、オペレーションの観点から分析してみよう。
2018.07.28 09:00
世界最大級のシェアサイクル「ofo(オフォ)」和歌山市でサービス提供開始
世界最大級のシェアサイクル「ofo(オフォ)」和歌山市でサービス提供開始
オフォの日本法人であるOFO JAPANは3月13日、シェアサイクル事業「ofo(オフォ)」を日本で初めて展開することを発表した。サービスは和歌山県和歌山市と連携して行われ、3月28日(水)から開始される。同市で民間事業者によるシェアサイクルが行われるのは初めてのことであり、ofoによる日本初の事業となる。
2018.03.20 06:30
中国の信用スコア「芝麻信用(ジーマ信用・セサミクレジット)」が普及したワケ
中国の信用スコア「芝麻信用(ジーマ信用・セサミクレジット)」が普及したワケ
中国における信用スコアの普及が話題となっている。従来、金融業界で利用されてきたクレジットスコアは、あくまでもクローズドな情報であったが、現在の中国における信用スコア「芝麻信用(ジーマ信用、セサミ・クレジット)」はよりオープンに利用され、一般人の生活や行動様式を変えつつあるという。
2018.02.06 12:30
BATH(バイドゥ・アリババ・テンセント・ファーウェイ)によるハイテク都市深センの人材エコシステムとは
BATH(バイドゥ・アリババ・テンセント・ファーウェイ)によるハイテク都市深センの人材エコシステムとは
アジアのシリコンバレーともいわれる深センは中国の経済特区に指定されて以降、世界に類をみないスピードでハイテク都市へと変貌を遂げた。しかもその勢いは増すばかりだ。今回は、その爆速成長を支えるBATH(バイドゥ・アリババ・テンセント・ファーウェイ)から派生する「BATH系人材エコシステム」について解説する。
2018.01.09 02:30