雑節

「二百十日」の意味・由来と読み方、台風や防災との関係も解説
「二百十日」の意味・由来と読み方、台風や防災との関係も解説
雑節の一つで、立春を起算日として210日目のことを指す「二百十日」。天気予報でもあまり聞かない言葉なので、初めて聞いたという方も多いと思います。しかし二百十日は、日本特有の気象である台風と関わりの深い言葉として、とても重要視されてきた季節用語もあるのです。今回はそんな二百十日について詳しく解説します。
2020.05.20 15:24
土用に旅行はNG?避けるべきorした方がよいこと・2020年土用の丑の日はいつ
土用に旅行はNG?避けるべきorした方がよいこと・2020年土用の丑の日はいつ
「土用」と聞くと「土用の丑の日」を思い浮かべる方は多いと思います。しかし土用は旅行や土いじりは避けた方がよいとされる時期と知っている方は少ないのではないでしょうか。この記事では土用の意味や由来、土用にした方がよいことや避けた方がよいこと、2019年の土用の丑の日はいつなのか、などについて詳しく解説していきます。
2020.05.18 13:53
八十八夜2020年はいつ?意味・由来・お茶との関係・各地の行事
八十八夜2020年はいつ?意味・由来・お茶との関係・各地の行事
「夏も近づく八十八夜~」という歌を聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか。この歌の中で歌われる八十八夜(はちじゅうはちや)とは立春を起算日として88日目のことを指し、農作業、特にお茶摘みに重要な日とされてきました。この記事では八十八夜の意味や由来、お茶との関係、2019年の八十八夜がいつなのかについて詳しく解説していきます。
2020.05.18 13:51
入梅の意味・由来・暦との関係 | 梅雨入りとどう違う?
入梅の意味・由来・暦との関係 | 梅雨入りとどう違う?
「梅雨」と似た言葉として、入梅という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 でも入梅と梅雨がどのように違うのか、 意外と知らなかったという方も多いと思います。そもそも梅という言葉をなぜ使うのかなど、ちょっと不思議な点も多いですよね。今回はそんな入梅について、意味や由来などを中心に詳しく解説していきます。
2018.10.24 11:28