働き方改革 企業事例
オフィスのフリーアドレスとは | メリット/デメリット・導入失敗・成功企業の働き方改革事例
オフィスのフリーアドレスとは | メリット/デメリット・導入失敗・成功企業の働き方改革事例
フリーアドレスとは、オフィスに社員の固定席を作らずに自由な席で仕事を行える仕組みのことです。机を固定しないことにより、コスト削減やコミュニケーションの活性化、セキュリティの向上が期待できます。今再び注目されているフリーアドレスについて解説します。
2019.12.16 10:29
1位は消費者金融「有給休暇取得率」業界別ランキング発表
1位は消費者金融「有給休暇取得率」業界別ランキング発表
12月13日、2018年「Vorkers有休消化率レポート」が発表された。これによると、有給休暇取得業界別ランキング1位は「消費者金融、事業者金融」で76.7%だった。平均の51%と比べても大きく開きがあるが、注視すべきは、最下位「フードサービス・飲食」の24.1%との格差ではないだろうか。
2018.12.27 06:00
生産性とは | 意味と定義 - 計算式・日本の現状・向上のための方法
生産性とは | 意味と定義 - 計算式・日本の現状・向上のための方法
生産性とは、インプットに対してどれだけアウトプットが得られたかをあらわします。その中でも一般的なのは労働の観点から考えた「労働生産性」です。日本は低いと言われている労働生産性に注目して、業務効率化との違いや、日本の生産性の推移、生産性向上の方法について解説していきます。
2018.09.21 10:00
地銀も在宅勤務制度導入へ、メリット・デメリット・事例について徹底解説
地銀も在宅勤務制度導入へ、メリット・デメリット・事例について徹底解説
テレワークの一種である在宅勤務は自宅で仕事ができるので、仕事と家庭の両立を目指す方に合っている働き方です。 大手企業を中心に在宅勤務制度が導入され始めていますが、まだ手探りで制度を進めている会社も多く、職種によって利用率も違います 。社員と企業の視点から在宅勤務のメリットとデメリットを説明し、大企業で導入されている例を紹介します。
2018.08.23 08:00
猛暑でも生産性を落とさない「夏にオススメの働き方」7選
猛暑でも生産性を落とさない「夏にオススメの働き方」7選
夏の時期、通勤だけでぐったりという方も多いのではないでしょうか?記録的な暑さが続いていますが、この暑さどうやら9月まで継続する可能性が高いようです。今回は、暑くても高いパフォーマンスを維持できる働き方の施策をご紹介します。さてあなたの会社では、いまいくつの施策を導入できているでしょうか?
2018.08.16 06:20
ワークシェアリングとは?目的・メリット・事例 - 多様化する働き方に向き合うために
ワークシェアリングとは?目的・メリット・事例 - 多様化する働き方に向き合うために
働き方改革の一環として推奨されているワークシェアリングについて、概要から導入するメリットやデメリット、そして国内・海外企業の導入事例を紹介。多様化する現代の働き方に向き合うため、業務のシェアリングを検討している方はぜひ参考にしてください。
2018.07.26 15:30
時差ビズ(時差biz)とは?時差出勤の狙いと通勤ストレス緩和効果・企業事例まとめ
時差ビズ(時差biz)とは?時差出勤の狙いと通勤ストレス緩和効果・企業事例まとめ
時差ビズとは、東京都が推進している、通勤ラッシュ緩和を目的とした時差出勤促進キャンペーンです。時差出勤のメリットは主に満員電車の混雑緩和です。東京オリンピックの混雑緩和も時差Bizの狙いに含まれています。 2017年に続き、2018年も実施している時差Bizの効果と反響、時差出勤とフレックスタイムの違い、メリット・デメリットなどを解説しつつ、時差出勤制度導入時の注意点や導入事例も紹介します。
2018.07.26 13:19
マイクロソフトホロレンズで建設業界の働き方改革が爆速で進むワケ
マイクロソフトホロレンズで建設業界の働き方改革が爆速で進むワケ
建設業界におけるxRの活用が急速に進んでいる。xRとはAR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実または混合現実)の総称で、様々な産業で利活用方法が模索されている。今回は、マイクロソフトと協業してホロレンズを活用し日本の建設業界では初めて、建設現場へのMR(複合現実)導入に踏み切った小柳建設社長 小柳卓蔵氏にお話を伺った。
2018.07.10 05:10
at will work主催「Work Story Award」受賞チームの「働き方改革」ストーリー
at will work主催「Work Story Award」受賞チームの「働き方改革」ストーリー
先ごろ、虎ノ門ヒルズフォーラムにて、at Will Workの主催による「Work Story Award」が開催された。本イベントは「“働き方”を選択できる社会へ」をミッションに、昨年5月に設立されたat Will Workの事業のひとつとして催されたものだ。ここでは今回のWork Story Awardの趣旨や狙い、さらにアワードに選ばれた20部門から、特に編集部が注目した企業の取り組みについて、概要を紹介していこう。
2018.01.30 12:00
介護業界の人手不足を解決に導く処方箋|高齢化社会はロボットが救う
介護業界の人手不足を解決に導く処方箋|高齢化社会はロボットが救う
「過剰サービス」が横行し離職率40%で人手不足は恒常化、倒産寸前まで陥ったという介護施設エーデル土山ではロボットの積極的な導入をはじめとする働き方改革を行うことで収益は過去最高水準にV字回復。介護業界は慢性的な人手不足だが、高齢化が進むいまロボットの活用も含め何に取り組むべきを具体的にまとめた。
2017.12.25 11:30
介護施設で職員の離職率を低下させる「働き方改革」の極意
介護施設で職員の離職率を低下させる「働き方改革」の極意
介護といえばキツそうなイメージを持つ人が多い。しかし働き方改革を断行し離職率が低下、いまでは「ここで働きたい」と入職待機者が続出する介護施設がある。滋賀県にあるエーデル土山だ。職員の奉仕の精神依存しない、現実を見据えた「働き方改革」を断行した背景について語っていただいた。
2017.12.17 08:30
 ドイツの働き方に学ぶ「インダストリー4.0」が生産性向上と経済成長を後押し
ドイツの働き方に学ぶ「インダストリー4.0」が生産性向上と経済成長を後押し
ドイツでは年間休日150日、労働生産性は日本の1.5倍だ。しかも実質GDP成長率は日本のほぼ倍。国策「インダストリー4.0」によって生産性の向上と経済成長を両立させるドイツの働き方、ボッシュやKOMSAなどドイツのリーディングカンパニー独自の働き方から、日本における働き方改革のヒントを探る。
2017.10.19 19:07