コピー完了

記事TOP

[PR]HR Techクラウドの活用で人事・労務の働き方改革を推進 - 「ミスのない給与計算」を実現する

公開日:
社会的な人手不足に陥っている根本的な原因は、労働人口の減少だと言われている。加えて働き方改革が叫ばれる昨今、業務のムダを見直して従業員一人ひとりの生産性を向上させることも重要だろう。HR Techクラウドの活用とアウトソーシングにより、人事労務部門の働き方はどう変わるのだろうか。

労働人口の減少と働き方改革による企業への影響

労働人口の減少に伴う人手不足は企業にとって大きな問題だ。ビジネスを支える人材が不足すれば、当然、企業が成長することは難しくなる。

さらに、働き方改革が企業の労働力低下に追い打ちをかけているという見方もある。みずほ総合研究所が2018年に行った試算によると、月平均60時間を超える時間外労働が一斉に削減されると、労働の不足分を補うために約135万人の新規雇用が必要になるという。

労働人口の減少や働き方改革により不足した労働力をカバーするためには、企業の人事・労務部門や担当者が、限られた人材資源の中で効率的な採用活動や人材育成を推進する必要がある。

こうした状況に対し、企業がとれる主な対策は次の2つとなるだろう。1つ目は生産性の向上。クラウドやAIなど最新のテクノロジーを用いて人事領域の業務支援を行う「HR Tech」サービスを活用して業務の効率化や自動化を図ることだ。

もう1つが業務のアウトソーシング。企業の人事部門には、HR Techを活用するだけのリソースがない場合も多いため、定型化できるノンコア業務として外部に委託する。そこで浮いた人材とコストを非定型で専門知識を要するコア業務にあてる方法だ。

給与計算の効率化やアウトソースが難しい理由とは

企業の人事部門にとって手間のかかる業務のひとつが給与計算だろう。給与計算には労働法や社会保険法などの知識が必要となるため、経験を持った人材を採用し、定着させていく必要がある。また、勤怠管理から給与計算のオペレーションが円滑でない場合、必要以上の工数がかかることもある。

こうした場合に有用になるのが業務のアウトソースだが、事業者の選択や事業者への引き継ぎを誤ると、ミスが多発してしまうケースも少なくない。給与計算には、各企業のルールや法改正などに適切に対応することが求められるため、アウトソース先の能力や経験、コミュニケーション不足などで、かえって工数がかかってしまうこともあり得るのだ。

こうした事態を避け、アウトソースで「ミスのない給与計算」を実現するためには、どうすればよいのだろうか。

失敗しない給与計算のアウトソース先選択のポイント

給与計算のアウトソース先を選ぶうえで重要なのが、業務プロセスまで踏み込んで適切なサポートを実現できる事業者を選ぶことだ。

給与計算は、勤怠管理や社員管理と連動したプロセスの一部となる。しかも、その進め方や内容は企業ごとに異なるため、給与計算だけを切り出してアウトソースしても、うまくいくとは限らない。したがって、多くの企業の給与計算業務を担当してきた経験豊富な事業者を選ぶことが重要になってくる。

そこで注目したいのが、エムザスのクラウド給与計算サービスだ。

エムザスは、約20年にわたって給与計算をはじめとする人事労務サービスのアウトソース業務を行ってきた。システム開発の会社であると同時に、社会保険労務士や給与計算実務能力検定1級合格者などの専門スタッフを数多く抱える、人事労務のアウトソーシング専門企業と言えるだろう。もちろん、付帯業務への対応や、業務プロセスまで踏み込んだ支援も得意としている。

そんなエムザスが提供するのが、クラウド給与計算サービスである。これは、クラウドの給与計算システムをベースに、エムザスが給与計算アウトソーシングを提供するモデルだ。これにより、給与計算をクラウドに移行し、透明性とセキュリティを高めた運用が可能となる。

エムザスのクラウド給与計算サービス、3つの特徴

エムザスが提供するクラウド給与計算サービスには、「上手い」「はやい」「やすい」という3つの特徴があるという。

まず、上手いとは「ミスのない給与計算」の実現を意味する。クラウド給与計算サービスに申し込むと、エムザスの専門家が企業の就業規則を読み込むところからスタートする。その規則をもとに、クラウド給与計算システムにルールが設定され、処理を自動化する仕組みが構築される。

続いて、エムザスの専門家は、企業の人事担当者から受け取った勤怠データなどをもとにクラウドのシステムを使って給与計算を実行する。その結果は、独自のシステムにより照合され、正確性が担保される仕組みとなっている。このため、企業側は基本的に再確認をする必要はないという。

「はやい」とは、クラウド給与計算システムの構築期間だ。Excelによる手作業あるいはオンプレで稼働している給与計算システムでも、最短約1か月でクラウドへの移行が可能となっている。もちろん、移行後は、クラウドで自動的に計算が行われるようになり、給与締日から支払日までのサイクルが短いケースの対応も可能、かつ繁忙期には休日も稼働が可能となっている。

「やすい」は、文字どおりコストの安さだ。エムザス自身が最新のテクノロジーを活用し、業務のアウトソーシングを効率化することにより処理当たりのコストを最小化。また、クラウドで処理を定型化するため、従来の人手による運用と比較してコストを大幅に削減可能だという。

もちろん、給与計算に使用される情報や計算結果などの情報はすべて暗号化される。災害時に備えたバックアップを取っているため、セキュリティ対策、BCP対策も安心感が高い。さらに、給与計算業務のクラウド化をきっかけに、社会保険などの電子申請を推進できる。その際は、エムザスの専門家による支援が受けられる点もありがたい。

給与計算業務の見直しで「働き方改革」を価値ある取り組みに

働き方改革法案は、2019年4月より順次施行されている。2020年4月からは、中小企業に対する時間外労働の上限規制適用もスタートする。企業は今後、ますます業務の非効率を見直し、生産性を高めていく必要が出てくるだろう。

ここまで紹介してきたとおり、特に人事部門の人材難に悩まされている企業は多い。こうした場合に、エムザスのクラウド給与アウトソーシングを活用すれば、人事・労務の業務工数を改善し、採用や人材育成などのコア業務に注力できる。もちろん、人事・労務の専門家集団であるエムザスであれば働き方改革法案など法改正への対応もスムーズだ。

給与計算をはじめとする人事・労務業務の見直しを検討している企業は、ぜひエムザスのクラウド給与計算サービスに注目してみてほしい。

[Sponsored by エムザス]

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上