DWH(データウェアハウス)の関連情報

コピー完了

記事TOP

DWH(データウェアハウス)とは | DB、BI、データマートとの違い

最終更新日時:
記事の情報は2022-01-05時点のものです。
DWHとは、データベースから抽出し成型したデータを保存するための場所です。DWHの意味をはじめ、DBやデータマート、データレイク、BIとの違いについて解説します。

DWH(データウェアハウス)とは

DWH(データウェアハウス)とは、各所に散らばっているDB(データベース)から必要なデータを収集し分析しやすい形にまとめたデータ群を意味します。BIツールを利用する際には、DWHのデータを使うことでDBと直接接続するより、扱いやすい状態で分析可能です。

企業によっては、DBとDWHの間に暫定的にデータを集約するためのデータレイクを導入するケースもあります。DWHを取り囲む分析の一連の流れは次のとおりです。

DBからデータレイク、DWH、BIツールまでの全体図

DWHとDB(データベース)との違い

DWHとDBの違いは、上図のように保存されているデータが異なります。DBは、ERPや基幹システムに蓄積されている生のデータです。それに対しDWHは、ETLにて分析に必要なデータが成型された状態で格納されています。

たとえば、AWSのDBには生データが保存されていてるものの整形がされておらずこのままではデータ分析が困難です。そこでAmazon RedshiftにてDWHを活用してデータ分析します。

ビッグデータとは?種類や用途 - 初心者へわかりやすく解説
ビッグデータとは、事業や個人が扱う巨大ないし複雑なデータのことです。ビッグデータの定義や種類、分析手法などを初心者...
詳細を見る

DWHとデータレイクの違い

DWHとデータレイクの違いも、保存されているデータが異なります。データレイクは各方面に分散していたデータを一か所にとりまとめたものです。他方DWHは、データレイクのデータを分析時に扱いやすいよう整えたものです。

DWHとデータマートの違い

DWHとデータマートの違いは、必要なデータとして切り出されているか否かにあります。DWHはDBやデータレイクから整えたデータを蓄積しています。一方データマートは、DWHに蓄えられたデータをさらに使いやすいよう個別事象にあわせてカスタマイズして保存しています。

DWHとデータマートの関係性

DWHとBIの違い

DWHとBIの違いは、データを貯めるの分析するものという点です。DWHはDBやデータマートのようにデータを蓄積しておくためのものです。それに対しBIは、DWHなどに貯められたデータを分析するためのツールです。

より詳しいDWHとBIの違いについては次の記事をチェックしてください。

DWH(データウェアハウス)とBI(ビジネスインテリジェンス)の違い
DWH(データウェアハウス)とBI(ビジネスインテリジェンス)の違いを解説します。データを蓄積するためのDWH、デ...
詳細を見る

DWHとETLの違い

ETLとは「Extract(抽出)」「Transform(変換)」「Load(書き出し)」の頭文字を取った略語でデータレイクやDWHにデータを整形して格納する作業を指します。よってDWHはETLは異なる概念ですが、DWHを活用する際はETLが必要になります。

DWHのメリット

値がわかりやすい

DWHのメリットの一つに、蓄積されているデータの中身を理解しやすい点があげられます。DWHにはETLの完了したデータがたまっていくため、必要なデータが必要な形にてまとまっています。0と1で判別がつかなかったり2021/11/11 21:44:05:102のように不必要に冗長なデータがない点が強みです。

データを集約できる

DWHは、Extractする段階でデータを集約しているのがメリットです。こちらにおいてもETLにおいて処理していることがプラスに働いています。多方面に存在しているDBをDWHへまとめることで分析をする際にデータの在り処を探さずに済みます。

用途を制限されづらい

DWHは、データマートと異なり分析の用途を制限されづらい点が強みです。DWHは必要なデータを最小公倍数の要領で集めるため、分析に用いるデータが抜け落ちるのを避けられます。反対に、データマートには分析にフォーカスして目的以外のデータを削ぎ落としてしまう欠点が存在します。

DWHでデータ分析を促進しよう

DWHは過去のデータを順次記録していくので、時系列で保存できるという特徴があります。そのため基幹系業務システムなどでは見落としがちな、重要なデータを見つけられる可能性があります。

そんなDWHを活用し、自社のビジネスに活用していきましょう。DWHの実際に使用されているシステムは次の記事で紹介しています。

DWHシステム比較7選 - おすすめ | 選び方も解説
DWH(データウェアハウス)とは、DB(データベース)のデータを取りまとめBIツールで分析しやすいよう貯めておくた...
詳細を見る

BOXILとは

BOXIL(ボクシル)は企業のDXを支援する法人向けプラットフォームです。SaaS比較サイト「BOXIL SaaS」、ビジネスメディア「BOXIL Magazine」、YouTubeチャンネル「BOXIL CHANNEL」、Q&Aサイト「BOXIL SaaS質問箱」を通じて、ビジネスに役立つ情報を発信しています。

BOXIL会員(無料)になると次の特典が受け取れます。

  • BOXIL Magazineの会員限定記事が読み放題!
  • 「SaaS業界レポート」や「選び方ガイド」がダウンロードできる!
  • 約800種類のビジネステンプレートが自由に使える!

BOXIL SaaSでは、SaaSやクラウドサービスの口コミを募集しています。あなたの体験が、サービス品質向上や、これから導入検討する企業の参考情報として役立ちます。

BOXIL SaaS質問箱は、SaaS選定や業務課題に関する質問に、SaaSベンダーやITコンサルタントなどの専門家が回答するQ&Aサイトです。質問はすべて匿名、完全無料で利用いただけます。

BOXIL SaaSへ掲載しませんか?

  • リード獲得に強い法人向けSaaS比較・検索サイトNo.1
  • リードの従量課金で、安定的に新規顧客との接点を提供
  • 累計800社以上の掲載実績があり、初めての比較サイト掲載でも安心

※ 日本マーケティングリサーチ機構調べ、調査概要:2021年5月期 ブランドのWEB比較印象調査

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
DWH(データウェアハウス)の最近更新された記事