コピー完了

記事TOP

DWH(データウェアハウス)とは | DB、BI、データマートとの違い

最終更新日時:
記事の情報は2022-01-05時点のものです。
DWHとは、データベースから抽出し成型したデータを保存するための場所です。DWHの意味をはじめ、DBやデータマート、データレイク、BIとの違いについて解説します。

DWH(データウェアハウス)とは

DWH(データウェアハウス)とは、各所に散らばっているDB(データベース)から必要なデータを収集し分析しやすい形にまとめたデータ群を意味します。BIツールを利用する際には、DWHのデータを使うことでDBと直接接続するより、扱いやすい状態で分析可能です。

企業によっては、DBとDWHの間に暫定的にデータを集約するためのデータレイクを導入するケースもあります。DWHを取り囲む分析の一連の流れは次のとおりです。

DBからデータレイク、DWH、BIツールまでの全体図

DWHとDB(データベース)との違い

DWHとDBの違いは、上図のように保存されているデータが異なります。DBは、ERPや基幹システムに蓄積されている生のデータです。それに対しDWHは、ETLにて分析に必要なデータが成型された状態で格納されています。

たとえば、AWSのDBには生データが保存されていてるものの整形がされておらずこのままではデータ分析が困難です。そこでAmazon RedshiftにてDWHを活用してデータ分析します。

ビッグデータとは?種類や用途 - 初心者へわかりやすく解説
ビッグデータとは、事業や個人が扱う巨大ないし複雑なデータのことです。ビッグデータの定義や種類、分析手法などを初心者...
詳細を見る

DWHとデータレイクの違い

DWHとデータレイクの違いも、保存されているデータが異なります。データレイクは各方面に分散していたデータを一か所にとりまとめたものです。他方DWHは、データレイクのデータを分析時に扱いやすいよう整えたものです。

DWHとデータマートの違い

DWHとデータマートの違いは、必要なデータとして切り出されているか否かにあります。DWHはDBやデータレイクから整えたデータを蓄積しています。一方データマートは、DWHに蓄えられたデータをさらに使いやすいよう個別事象にあわせてカスタマイズして保存しています。

DWHとデータマートの関係性

DWHとBIの違い

DWHとBIの違いは、データを貯めるの分析するものという点です。DWHはDBやデータマートのようにデータを蓄積しておくためのものです。それに対しBIは、DWHなどに貯められたデータを分析するためのツールです。

より詳しいDWHとBIの違いについては次の記事をチェックしてください。

DWH(データウェアハウス)とBI(ビジネスインテリジェンス)の違い
DWH(データウェアハウス)とBI(ビジネスインテリジェンス)の違いを解説します。データを蓄積するためのDWH、デ...
詳細を見る

DWHとETLの違い

ETLとは「Extract(抽出)」「Transform(変換)」「Load(書き出し)」の頭文字を取った略語でデータレイクやDWHにデータを整形して格納する作業を指します。よってDWHはETLは異なる概念ですが、DWHを活用する際はETLが必要になります。

DWHのメリット

値がわかりやすい

DWHのメリットの一つに、蓄積されているデータの中身を理解しやすい点があげられます。DWHにはETLの完了したデータがたまっていくため、必要なデータが必要な形にてまとまっています。0と1で判別がつかなかったり2021/11/11 21:44:05:102のように不必要に冗長なデータがない点が強みです。

データを集約できる

DWHは、Extractする段階でデータを集約しているのがメリットです。こちらにおいてもETLにおいて処理していることがプラスに働いています。多方面に存在しているDBをDWHへまとめることで分析をする際にデータの在り処を探さずに済みます。

用途を制限されづらい

DWHは、データマートと異なり分析の用途を制限されづらい点が強みです。DWHは必要なデータを最小公倍数の要領で集めるため、分析に用いるデータが抜け落ちるのを避けられます。反対に、データマートには分析にフォーカスして目的以外のデータを削ぎ落としてしまう欠点が存在します。

DWHでデータ分析を促進しよう

DWHは過去のデータを順次記録していくので、時系列で保存できるという特徴があります。そのため基幹系業務システムなどでは見落としがちな、重要なデータを見つけられる可能性があります。

そんなDWHを活用し、自社のビジネスに活用していきましょう。DWHの実際に使用されているシステムは次の記事で紹介しています。

DWHシステム9選おすすめ比較!ビッグデータを有効活用する注目製品
DWH(データウェアハウス)というシステムをご存じですか? データの活用は、企業の競争力に直結します。DWHの意味...
詳細を見る

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
累計掲載実績700社超
BOXIL会員数130,000人超
編集部のおすすめ記事
DWH(データウェアハウス)の最近更新された記事