コピー完了

記事TOP

BOXIL SaaS AWARD 2021 プロダクト開発賞 - HRMOS導入事例

記事の情報は2021-03-04時点のものです。
「BOXIL SaaS AWARD」とは、毎年3月4日をSaaSの日(サースの日)として開催しているSaaSマーケティングプラットフォーム「BOXIL」主催のSaaSの表彰イベントです。「BOXIL SaaS AWARD 2021」でプロダクト開発賞を受賞したHRMOSの活用事例を紹介します。

受賞サービス

サービス名:人材活用プラットフォーム「HRMOS」
受賞企業:株式会社ビズリーチ
採用から入社後の活躍までの情報を一元化・可視化することで、エビデンスに基づいた人財活用を可能にするサービスです。客観的な判断に基づく「採用・評価・育成・配置」が可能になることにより企業や組織の継続的な成長を実現します。

サービス詳細はこちら
クチコミ確認はこちら

イチオシ機能名

  • HRMOS 組織診断サーベイ

プロダクト開発背景

2020年8月に、HRMOSで「組織診断サーベイ」機能をリリース。本機能には、特許出願中の技術を搭載。本技術により、データ分析のスキルを持つ専門人材がいなくても、各部署や従業員への適切なフィードバックとアクションにつなげることができる。また、従業員データベースとの連携により、より深い分析ができることが特長である。

プロダクト開発orイチオシ機能開発ストーリー

優先順位が高い組織課題がひと目で分かり、具体的アクションを促す

従業員エンゲージメントと組織パフォーマンスに関わる10カテゴリー、74問の調査設問項目が予め設定。従業員エンゲージメントに関する項目では、従業員が自社に対して抱いている満足度を測る指標であるeNPS℠を用い、各項目がeNPS℠にどの程度影響するかを相関グラフで可視化。

この相関グラフでは、eNPS℠との相関係数が高い項目のなかからHRMOS独自のロジックで優先的に対応すべき組織の課題項目を強調表示する。(※特許出願中)

従業員データベースとの連携で、属性データに関連づけたレポートを提供

本機能は、HRMOSが提供する従業員データベースと連携し、従業員の属性データと調査結果を関連づけたレポートを提供。(※従業員データベースとのデータ連携方法は特許出願中)これにより、異動や部署の新設・変更等に対応した正確なレポートの作成と、時系列での分析が可能に。あらかじめ従業員のデータと連携しているため調査の実施や集計・分析時の工数を大幅に削減する。

プロダクト開発orイチオシ機能についてのユーザー反応

ビズリーチ社を含むVisionalグループが導入。2020年はVisionalグループにおいて、以下3点の組織変化への対応が必要だった

  • 3年前と比較し1.5倍の1000名強の組織へ拡大
  • グループ経営体制への移行
  • COVID-19の世界的流行下における勤務スタイルの変化

そのようななか、HRMOSの本機能などを活用し、在宅中のコンディションチェックを実施。 HRMOSの従業員データベースにデータを一元化したことにより、組織が変化・拡大するなかでも、ピープルアナリティクス室は、分析のためのデータ基盤構築につなげている。

この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
ニュース・特集の最近更新された記事
年末調整へ相談増 気鋭の社労士が本音で語る、人事労務のクラウド導入を成功させるコツ
野村不動産、コロナ禍でマンション成約率を上げた営業DXとは?リクルート「コレカラ会議」
デロイトトーマツが2700社の有価証券報告書を分析、DXの記載率トップの業界は?
経営者はDXに何を求めているのか デロイトトーマツ、2700社の有価証券報告書から分かったこと
日米5000万DLのスマートニュース 大型資金調達が成功した理由とは?/前編【BOXIL EXPO】
日米5000万DLのスマートニュース 大型資金調達が成功した理由とは? /後編【BOXIL EXPO】
「カインズ」の小売業DXはなぜ成功したのか プロ経営者が描くデジタル戦略2つの肝【BOXIL EXPO】
2020年9月、ボクシルで資料ダウンロード数が最も増加したカテゴリは?【BOXILマンスリーレポート】
【導入事例50件を分析】人事管理システムの導入目的と決め手となった理由とは? 意外な盲点も 
【導入事例】入社直後でも月400件の経理処理がスムーズ ユーザベースの経費精算システムの使い方