議事録作成ツール・ソフトの関連情報

コピー完了

記事TOP

AI文字起こしツールおすすめ5選!導入するメリットや比較ポイント

最終更新日:(記事の情報は現在から57日前のものです)
文字起こしツールとは、AIを活用して会議や取材、商談などの会話をテキストデータに自動変換するツールです。文字起こしツールの概要や選び方、おすすめサービスを紹介します。会議の記録を残す作業を効率的に行いたい方は、ぜひ参考にしてください。

【厳選】おすすめ議事録作成ツールをまとめてチェック!
議事録作成ツールの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ議事録作成ツールの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ議事録作成ツールを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

文字起こしツールとは

文字起こしツールとは、AIの音声認識機能で音声を自動で文字情報に変換できるツールです。文字起こしツールが普及する前は、録音音声やリアルタイムの会話を手動で書き起こす方法が主流でした。

近年はテクノロジーの進化に伴い、さまざまな機能を搭載する文字起こしツールが開発されています。音声を自動で書き起こす以外にも、議事録編集や自動翻訳などの機能がついて、幅広い場面で活躍します。

活用シーン

主な活用シーンは、次のとおりです。

  • 社内会議・商談
  • 取材や採用面接
  • 複数の言語圏の人物が集う場面

主に社内ミーティングや取引先との商談、社内外問わず文字起こしツールが活用されています。誰の発言かをAIが識別して分類する「話者識別機能」が搭載されているツールもあり、手間をかけずに詳細な記録が可能です。

取材や採用面接など記録が必要だけれどもメモを取りにくい場面でも、文字起こしツールが役立ちます。また、リアルタイムで文字起こし翻訳ができるサービスもあり、複数の言語圏の人物が集う場面で活躍します。

文字起こしツールを導入するメリット

文字起こしツールの活用によるメリットを紹介します。

会話の内容に集中できる

文字起こしツールを使うことで、会議やインタビューの間でも会話の内容に集中できます。その場でメモを残しておこうとすると、書くことに意識が向いて会話に集中できないでしょう。

文字起こしツールをセットしておけば、会議やインタビュー中には話の内容に意識を集中でき、有意義な議論を繰り広げたり、質問したりできます。

議事録を簡単に作成できる

文字起こしツールの活用で、議事録作成にかかる時間を短縮できる点もメリットです。サービスによっては、単に音声をテキストデータにするだけでなく、話者を自動識別して発言を割り振る機能や、重要事項にマーカーを引く・見出しを付ける機能など、議事録の作成・編集に役立つ機能を備えています。

多少の編集は必要でも、リアルタイムで議事録が自動的に作成されることで、作成にかける時間を大幅に削減可能です。

会議の内容を素早く共有できる

文字起こしツールを活用すると、会議の内容を素早く共有できる点がメリットです。会議に参加していないメンバーに会議の内容を共有する際、話した内容を口頭で伝えることは内容に漏れがあることもあり、伝え方によっては認識にずれが生じる場合もあるでしょう。

文字起こしツールでテキスト化した内容を共有すれば、迅速に齟齬のない内容を共有できます。

文字起こしツールの比較ポイント

文字起こしツールを選ぶ際には、ポイントを押さえることが大切です。文字起こしツールを比較検討する際にチェックしたいポイントを解説します。

精度の高さ

文字起こしツールの重要なポイントは、精度の高さです。精度の高い音声認識エンジンを搭載したツールを選べば、聞き取りにくい言葉や固有名詞、ノイズの入った音声などもテキスト化できます。

精度が悪い場合、文字起こししたものを修正する作業が必要になります。どのツールでも会話内容を完璧に反映させることは困難ですが、精度の良いものを選べば修正や調整作業が少なくて済みます。

さらに、固有名詞や専門用語を登録できる「用語登録機能」や、無駄な音声を削除する「不要誤除去機能」などが備わっていれば、より精度の高い文字起こしが可能です。

ファイル形式やデータ容量・再生時間

文字起こしできるファイル形式やデータ容量、再生時間の長さはツールによって異なります。どのような機能が必要かを正確に知るために、利用状況を明確にしておくことが大切です。

たとえば、大人数の会議を文字起こしする場合には、話者を識別する機能があると便利でしょう。Web会議を利用する場合は、ZoomやMicrosoft TeamsなどのWeb会議ツールと連携できるかを確認しましょう。

料金プラン

文字起こしツールには、無料版と有料版があります。無料版は必要最小限の機能が搭載され、テキスト化できる音声の長さやデータ容量は限られていることが多いです。

文字起こしをする頻度やデータの長さ、ユーザー数などを考え、必要なツールを選んでください。有料版の場合、お試し期間が用意されているツールもあります。まずは自社に適切な機能を搭載しているツールを選び、トライアルで試してみるとよいでしょう。

セキュリティ対策

文字起こしツールは企業の会議やミーティングなど、重要な場面で使用することが多いでしょう。その場合、文字起こしをした内容が外部に漏れると、企業に損害を与えかねません。そのため、セキュリティ対策が万全かの確認も大切です。

アクセスにパスワードを入力したり、権限を付与したりするユーザー認証機能や、通信データを暗号化する技術など、セキュリティに関わる機能が搭載されているものを選びましょう。

運営会社のセキュリティ体制の確認も大切です。ISMSといったセキュリティに関する認証取得状況をチェックすると良いでしょう。

おすすめの文字起こしツール5選

ACES Meet - 株式会社ACES

ACES Meet
ACES Meet
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • ワンクリックで商談内容を共有
  • トップセールスの商談を定量的に分析して可視化
  • 商談だけに集中できる環境を作る

ACES Meetは、商談内容を文字起こし・要約・解析するための文字起こしツールです。ChatGPTを搭載し、商談とIP電話の文字起こしに対応します。AIにより自動で作られた架電・商談のテキストをワンクリックで共有でき、SFA(営業支援システム)との連携も可能です。トップセールスの商談を分析し、トークの内容や話す速さ、表情を可視化できるため、人材育成にも役立ちます。

Rimo Voice - Rimo合同会社

Rimo Voice
Rimo Voice
5
(0)
4
(0)
3
(0)
2
(0)
1
(0)
ボクシルSaaSのデータを元に表示しています
提供企業様でご不明点がある方はこちら

  • 1時間の音声データを約5分で文字起こし
  • 音声データとテキストがシンクする機能付き
  • ChatGPTで文字起こしの要約を生成

Rimo Voiceは、日本語に特化した自然言語処理技術で音声を文字に変換する文字起こしツールです。打ち合わせやオンラインイベントなど、さまざまな場面で手軽に利用できます。雑音や意味のない発声を自動除去し、精度の高い文字起こしを実現します。また、YouTube用字幕データの書き出しも可能です。音声データとテキストがシンクしているため、文字を選択することでピンポイントに該当部分の音声を聞き返すこともできます。

Notta - Notta株式会社

  • 高精度の音声認識とAI要約機能を搭載
  • 多様な文字起こし方法に対応
  • 情報の共同管理や編集を行えるワークスペースを作れる

Nottaは、高精度の音声認識とAI要約機能を使い、文字起こし・要約できる文字起こしツールです。重要な部分にタグを付けたり、メモを取ったりすることもでき、気になる部分はすぐに再生して実際の音声とテキストを確認可能です。カスタム単語登録の機能では、専門用語や頻繁に使用する会社名・人名を辞書登録することで、文字起こしの精度を向上させます。

Texter

  • Whisper(OpenAI)による高精度な文字起こし
  • 画像・動画からテキスト変換が可能
  • 他のアプリとSNS共有できる

Texterは、AI音声認識技術・Whisper(OpenAI)を使用した文字起こしアプリです。画像、録音音声、動画の文字起こしができます。無制限の録音と音声認識で、長時間の書き起こしや句読点・疑問符への変換もサポートします。iPadでのマルチタスク対応で、他のアプリを使用しながらTexterを使用可能です。リアルタイム翻訳機能も備えています。

CLOVA Note β

  • 録音中にパソコンでメモ機能を活用
  • 大事な会話の瞬間をあらかじめブックマーク可能
  • 参加者の声を区別して、必要な情報を検索

CLOVA Note βはLINEが提供する、AI技術で手軽に音声を文字に変換できる無料の文字起こしツールです。AIが話者の声を区別して、会話を分けて表示します。マルチデバイス対応で、同一IDでログインすればアプリ版とパソコン版は自動的に連携されます。スマートフォンで作成したノートをパソコンから閲覧したり、編集・メモを追加したりできます。

文字起こしツールで手軽に議事録を作成しよう

AI技術を活用した文字起こしツールは機能が進化しており、音声を自動で書き起こして議事録の作成や編集が可能です。文字起こしツールを使うことで、会話に集中しつつ、会議の内容を迅速にテキストで共有できるメリットがあります。

文字起こしツールを選ぶ際には、精度や料金プラン、セキュリティ対策などを比較検討し、自社に適したものを選ぶようにしましょう。

議事録作成ツールは次の記事でも詳しく紹介しています。

【比較表あり】議事録作成ツールおすすめ13選!Web会議に役立つAI音声認識で自動テキスト化
議事録作成ツールを導入する際は、音声を自動で文字起こしするAI音声認識機能付きのサービスがおすすめです。BOXIL...
詳細を見る
【厳選】おすすめ議事録作成ツールをまとめてチェック!
議事録作成ツールの比較表
\特典【完全版】機能・価格比較表/

おすすめ議事録作成ツールの資料を厳選。各サービスの料金プランや機能、特徴がまとまった資料を無料で資料請求可能です。ぜひ議事録作成ツールを比較する際や稟議を作成する際にご利用ください。

議事録作成ツール・ソフト選び方ガイド_20240402.pptx.pdf
議事録作成ツール・ソフト
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
議事録作成ツール・ソフトの最近更新された記事
無料で使えるおすすめの議事録作成ツール・ソフト2選!ツールの特徴と選ぶ際のポイントを解説!
【比較表あり】議事録作成ツールおすすめ13選!Web会議に役立つAI音声認識で自動テキスト化
議事録作成ツールのシェア・市場規模を解説!一番選ばれている人気サービスは?
Zoomに連携できる議事録作成ツール6選!導入メリット・選び方
テキスト化できる「音声認識ツール」おすすめ6選!導入メリットや選び方
中小企業向け「議事録作成ツール」おすすめ7選!選定のポイントと導入のメリット
法人向け議事録作成ツールの費用相場と料金比較・おすすめソフト
英語対応のおすすめ議事録作成ツール5選!英語以外の対応言語も紹介
議事録作成ツールとは?AIで自動作成するメリットや機能・比較ポイントを解説
議事録の無料テンプレート・フォーマット【Word】書き方・効率化ツール