コピー完了

記事TOP

医療業界におすすめの営業代行会社4選!導入メリット・選び方

最終更新日:(記事の情報は現在から24日前のものです)
医療業界は、高度な専門性と責任感から、営業活動にも大きな労力と時間が必要です。医療従事者は、本来の業務に集中しなければならず、十分な営業活動が難しいことが現状です。本記事では、医療業界におすすめの営業代行会社や導入メリットなどを詳しく解説します。

【厳選】おすすめ営業代行・アウトソーシングサービスをまとめてチェック!
\特典【完全版】機能・価格比較表/

営業代行・アウトソーシングサービスの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。営業代行・アウトソーシングサービスの比較にお役立てください。

医療業界における営業業務とは

医療業界における営業業務は、大きく分けて次の2つが挙げられます。

  • 医療機関において集患を目的とした営業
  • メーカーや製薬会社が医療機関へ行う営業

医療機関における集患を目的とした営業

医療機関が集患のために行う営業とは、クリニックや病院への患者を増やすための施策やプロモーション行うことです。病院、クリニックの知名度や信頼度を高めて集患を図る必要があります。

たとえば、地域住民に向けた説明会やセミナーの実施、健康相談の開催で、地域住民から信頼される存在になることや、医療機関のホームページやSNS運用、Web広告運用において、来院を検討している方に向けて、自院の魅力をアピールしたり、安心感を与えたりできるでしょう。

メーカーや製薬会社が医療機関へ行う営業

メーカーや製薬会社が医療機関へ行う営業とは、たとえば、製薬会社の場合、新しい治療薬や治療法の提案を医療機関に向けて行う営業活動や、病院へ医療機器の販売をする訪問営業などが挙げられます。

専門的な商材を扱うため、ある程度の経験や知識が必要となります。

医療業界で営業代行を活用するメリット

医療業界における営業代行の活用メリットには次のようなことが期待できます。

  • 業務の生産性の向上
  • 新たな患者・顧客の獲得
  • 最新の業界動向の把握

業務の生産性を向上

営業代行会社は、専門知識と経験を持つ担当者が、効率的に営業活動を行います。そのため、医療従事者は、本来の業務に集中できたり重要な業務を優先できたりすることで、業務全体の生産性の向上につながります。

新たな患者・顧客の獲得

営業代行会社は、医療業界に特化したノウハウを持ち、ターゲットに合わせた効果的な営業活動を行います。

医療機関は新規患者の獲得、知名度の向上、メーカーや製薬会社はより多くの医療機関へアプローチが可能です。ターゲット層やニーズに合わせた戦略や提案を行うことで、効果的に多くの顧客獲得へつながります。

医療機関とメーカーや製薬会社は、それぞれアプローチ先は異なるものの、営業代行を活用することで、どちらも患者・取引先の増加や市場規模の拡大が期待できます。

最新の業界動向の把握

営業代行会社は、競合調査や業界調査を綿密に行い、営業戦略を立てます。そのため、医療業界の最新情報を常に把握しているといえるでしょう。自身が営業活動をしなくても、営業担当者から最新の情報を共有してもらえることは、営業代行を活用することのメリットの一つです。

医療業界における営業代行を選ぶポイント

医療業界の企業が営業代行を検討する際は次のことに気をつけて選んでください。

医療業界に特化しているか

医療業界における営業業務には専門性が求められます。厳しい法規制や業界独特の知識が必要となるため、医療業界での営業経験が豊富な代行会社を選ぶ必要があります。

医療機関における集患のための営業代行会社を探している場合には、コンサルティングやマーケティングの実績がどれくらいあるのかについても確認するとよいでしょう。

また、メーカーや製薬会社での営業代行会社を探している場合は、これまでの実績や求める知識や専門性の水準に達しているかなども確認しておくと安心です。

料金プランや形態が予算に合うか

営業代行会社の料金プランや形態が予算に合うかどうかを確認することも重要です。営業代行会社の多くは、「固定報酬型」「成果報酬型」、月額固定型+成果報酬型の「複合型」の3タイプに分けられます。

固定報酬型は毎月、営業成果にかかわらず決まった費用が発生しますが、営業代行費用の予算や期間を明確に設定できるほか、営業担当者が安定した状態で営業活動を行えるメリットがあります。

一方、成果報酬型は、営業成果に合わせた報酬を支払います。成果に応じての支払いとなるため、コストを抑えながら効率よく依頼できる点や、営業担当者が責任を持って活動しやすいことがメリットです。ただし、費用が高めの傾向にあり、成果が月によって異なると予算を組みづらいこともあります。

営業代行の費用相場と料金比較・おすすめサービス!料金体系・契約形態ごとの相場
営業代行会社とは、自社の営業活動を外部に委託することで、営業力の強化やコスト削減を目指すサービスです。営業代行会社...
詳細を見る

営業実績が豊富か

営業の成功確率を高めるためには、営業実績が豊富な営業代行会社を選ぶ必要があるでしょう。

未経験の業種よりも、知見や営業ノウハウ、戦略の立て方をわかっている担当者がいるほうが安心して任せられます。必ず、導入実績や過去事例を確認し、医療業界での実績があるかを確認してください。

提案内容の精度は高いか

営業担当者がどのような戦略を立てどのような営業を予定しているのか、また市場リサーチからどのような戦略が効果的なのかなどの提案をしてもらえる営業代行会社を選ぶことをおすすめします。

さらに、提案の精度が高い会社やこまめに報告をもらえる会社であるとより信頼して任せられるでしょう。

医療業界におすすめの営業代行会社

医療業界におすすめの営業代行会社を紹介します。どれも医療業界での営業代行実績がある会社のため、導入の検討をしている場合はぜひ参考にしてください。

株式会社エグゼメディカル

株式会社エグゼメディカルは、医療業界に特化した営業代行サービスを提供しています。医療業界に特したテレアポ代行やリードナーチャリングリテンション、市場調査、営業コンサルティングなど幅広く対応しています。

事業のライフサイクルに合わせた提案が可能で、豊富な経験や蓄積されたノウハウから最適な提案を行ってくれます。

メディカルホットライン株式会社

メディカルホットライン株式会社は、医療業界の営業代行サービスにおいて、豊富な実績を持つ営業代行会社です。

医療と介護をつなぐコンサルティングを行う企業で、医療機関の経営、人材や業務の効率化など幅広いサポートに対応しており、その一環として営業代行サービスを行っています。

医療や介護業務を中心とした企業におすすめのサービスです。

Mother - 株式会社メディケアプロモーション

Motherは、医療業界向けの営業代行を提供するサービスです。介護・障がい福祉・在宅医療の分野に特化しており、全国に在籍する認定スタッフにより、日本中どこの企業でもサポートが可能です。

独自の営業ノウハウを活かした営業活動やパンフレット作成にも対応しています。

有限会社ビジネススクウェア

有限会社ビジネススクウェアは、医療機関向け経営コンサルティングやWebサイト制作の代行を行う会社です。

厳しい医療経営環境で生き残っていくための中長期的な経営戦略や経営の効率化、コスト削減などの提案も行っています。

医療業界に強い営業代行の活用で生産性の向上を図ろう

医療業界向けの営業代行会社に依頼することで、生産性の向上やさらなる顧客や患者の獲得が期待できます。

営業代行会社は多くありますが、それぞれ強みや料金形態、特徴などが異なります。自社の導入目的に合う営業代行会社を選ぶためには、比較検討して選んでください。

\料金や機能を資料で比較する!/

営業代行サービス選び方ガイド_20240410.pptx (2).pdf
営業代行
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
貴社のサービスを
BOXIL SaaSに掲載しませんか?
累計掲載実績1,200社超
BOXIL会員数200,000人超
※ 2024年3月時点
営業代行の最近更新された記事