コピー完了

記事TOP

アウトソーシングとは | 派遣との違い・メリット・デメリット・導入すべき業務領域

最終更新日:
アウトソーシングとは、経理・総務をはじめとした企業の業務を外部の専門業者に委託することです。派遣やBPOとの意味の違い、アウトソーシングすることのメリット・デメリットまで解説していきます。

アウトソーシングとは

アウトソーシングとは、簡単に言えば企業が担う業務を外部の専門業者に委託することです。外部(Out)から調達(Sourcing)という意味が転じて、人材やサービスを委託するという現在で一般的に使われている意味となりました。

アウトソーシングでは、事務処理に代表される経理・総務業務を委託することが一般的でした。しかし近年、人事情シス部門営業などの専門性の高い知識を要する業務を委託するように変化しています。

アウトソーサーとアウトソーシーの意味
外部委託先をアウトソーシング先と呼ぶことが多く、他にもアウトソーサーと呼ばれることもあります。しかし元の意味だとアウトソーサーは委託企業、アウトソーシーは受託企業を指すため、混乱を避けるのであれば「アウトソーシング先」や「受託先」といった単語を使うといいでしょう

派遣との違いとは?

アウトソーシングは「業務・成果物の提供」サービスであるのに対し、派遣は「人材の提供」サービスという点が異なっています。

受け入れ会社が派遣業者と「労働派遣契約」を結び、派遣社員を受け入れ、社員の管理下で事務を行うのが派遣の特徴です。

社員が派遣社員に対し、仕事の仕方や成果に至る手順などを説明したうえで、進捗を派遣社員自身が管理できます。

BPOとの違いとは?

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)とはアウトソーシングの一種であり、企業が担う業務の一部を専門業者に外部委託することを指します。BPOはアウトソーシングよりも委託業務範囲が広く、基幹部分の業務も含むすべての業務を外部委託可能な新しいアウトソーシングの形態です。

一方でアウトソーシングは、基幹業務以外は専門業者に外部委託する形態をとります。

BPOが有効活用できる部門や、メリットについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

アウトソーシングのメリット

アウトソーシングは、人材不足に対する有効な経営戦略として位置付けられており、今後も拡大していく見込みです。主なメリットをコスト削減や業務効率化の観点から3つ解説します。

コスト削減できる

アウトソーシングにより、必要なときに必要なだけ設備と人員を活用できるようになる点がメリットです。

なぜなら固定費化するコストがアウトソーシングによって変動費化し、コストダウンにつながるからです。たとえば、人材の採用コスト(媒体掲載費用、面接の人的コスト)や教育コスト、退職金、福利厚生などの費用が不要となります。

契約期間内の一時的な費用のみで、社員を増やさずに業務遂行の維持、拡大が柔軟に可能です。

業務効率化が見込める

自社内でノンコア事業を行うよりも外部委託をしたほうが、業務効率化や、業務品質が向上といったメリットが得られることも少なくありません。アウトソーシングサービスを提供する企業の多くは、十分な知識や専門性をもった人員を揃えています。

また、納期どおりに安定した品質で納品されるため、経営戦略どおりに進めやすくなり、組織のスリム化にもつながります。

このようにアウトソーシングは企業の再構築化にも適した経営戦略と言えます。

外部の専門知識を活用できる

企業は日々激しく変動する顧客ニーズを迅速に把握し、柔軟に対応しなければなりません。

そのため、ルーティーン業務だけではなく、専門性が高くさまざまな手法が絶えず進化しているような分野の専門業務は外部の専門知識を活用するべきかもしれません。

また、新しい事業を展開する際は、経験の少ない自社の従業員で新しい部署を立ち上げるよりも、高度な技術やノウハウを持った専門家に委託する方が品質を保持しつつ開発に取り組める点は大きなメリットでしょう。

アウトソーシングのデメリット

経営の効率化に役立つアウトソーシングですが、少なからずデメリットも存在します。アウトソーシングのデメリットを3点、情報漏えいや社内での教育の観点から解説します。

情報漏えいの可能性がある

アウトソーシングは社内の業務をそのまま外部へ委託するので、顧客や社員の個人情報など、重要な社内のデータを提供しなければなりません。

専門的なアウトソーシング企業は個人情報の保護にも当然細心の注意を払っているため外部に流出する可能性は低いですが、情報の取り扱い方法が自社と違う可能性があります。その点については事前に綿密な擦り合わせが必要となるでしょう。

社内にノウハウが蓄積されない

外部の業者に任せっきりにしていると、ノウハウを社内に蓄積することが難しくなります。ノウハウの蓄積の必要がない業務であっても、社内のことはある程度理解し、把握しておくほうがよいでしょう。

ノウハウの蓄積を行うためにもアウトソーシング先の企業とのミーティングを頻繁に行うことや、詳細な報告を受けることが必要になってくるでしょう。


アウトソーシングする場合にも、社内でしっかりノウハウを共有・蓄積することが重要です。ナレッジマネジメントツールを導入し、知識を組織で共有することで企業としての成長につながります。

業務指示が煩雑化する

アウトソーシングでは、自社のこれまでのやり方に関係なくアウトソース先で標準化された手順に沿って業務が行われます。そのため、自社特有の業務が標準的な手順から外れる場合は、対応が難しくなるのが一般的です。

対応可能だったとしてもその分コストがかさみ、結局は自社で行った方が経済的な場合もあります。他社にはあまり見られない自社特有の作業が多い業務の場合はアウトソーシングが難しい可能性があるのは念頭においておきましょう。

アウトソーシングが適している業務とは?

アウトソーシング業務といえば、事務や受付などのパート・アルバイトでも行えるものがほとんどでしたが、前述のとおりIT技術の発達により高度な専門領域を外部に委託するようになってきました。

そこで、アウトソーシングに適している業務領域を紹介しておきます。

営業領域

近年では、企業のコア業務ともいえる、営業活動をアウトソーシングする営業代行サービスも提供されるようになりました。

営業代行サービスの場合は単に売ることのみを目的としたものではなく、営業活動に関する一連の業務の一部、またはすべて代行するものです。営業人材をを採用して教育する時間がない場合や、どのように営業活動をしたら良いかわからない場合に利用する企業が多いです。

人事・労務領域

人事・労務部門は、人事制度の策定、教育研修の企画立案、採用に関わる面接業務など企業の将来を左右する重要な業務があります。そのため、毎月の人件費・給与計算などのルーチン業務は外注しやすく、外部委託することで重要な業務に集中できます。

最近は売り手市場になっており、企業が人材獲得は難しくなっているため、新しい採用手法として採用代行サービスを取り入れる企業も出てきました。

経理・事務・法務領域

経理や事務作業の大半は、近年のIT発展に伴って機械的に処理できるようになりました。

しかし、システムに情報を入力する作業は人手を借りざるを得ない領域も存在し、処理すべき情報が膨大な量になることもあります。コア事業に専念するためにも経理や総務、法務業務はアウトソーシングすることで、業務の効率化を実現できます。

情報システム領域

近年はクラウド環境の利用のみならず、「インターネットに関する新しい技術やサービスを積極的に取り込むことが企業戦略にも必要だ」と考える企業が増えています。

一方で慢性的な人材不足やセキュリティの複雑化により、コンプライアンス、IT機器やソフトウェアの安定的運用において課題を抱えるケースが非常に多くなっています。

そこで、自社のIT業務や情報システム業務を専門の業者にアウトソーシングすることにより、IT分野の運用コストを削減する企業も増加しています。

アウトソーシングの種類

アウトソーシングにはクラウドソーシングやマルチソーシングといった種類があります。アウトソーシングを検討する前に、ぜひ覚えておきましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーソングとは、時間や場所にとらわれない働き方を希望する個人と、企業をマッチングするアウトソーシングの形式です。

インターネットを通じて個人の委託先を探し、業務を依頼するやり方です。個人に依頼するため、業務レベルや納期などは異なります。

マルチソーシング

マルチソーシングとは、異なる分野の業務を複数の企業に依頼するアウトソーシングの形式です。専門性の高い企業に各業務をアウトソース化することで、高いクオリティを保持できるのが特徴です。

また、委託先が分散することで細かなコスト計算もできるようになり、よりコスト管理や削減にもつながります。

オフショア アウトソーシング

オフショア アウトソーシングとは、受託先が海外に存在するアウトソーシングの形態です。海外の方が人件費はかからないといった点からコスト削減につながります。

IT分野では「オフショア開発」といって、アプリケーションやソフトウェアの開発を委託することが多いです。

コ・ソーシング

コ・ソーシングとは、委託企業と受託企業が対等な立場になり、共同で業務を行って利益が出た場合、それを分け合うような契約形態を指します。

自社も業務を行うため、通常のアウトソーシングで起こりがちな「ノウハウが社内に蓄積されない」といった事態を防げます。

業務領域ごとのおすすめアウトソーシングサービス

最後に、上記で紹介した各業種ごとのおすすめサービスを紹介していきます。

営業領域のアウトソーシングサービス

営業領域では、営業代行・営業代行アウトソーシングというサービスがあります。テレアポ代行、訪問し契約までを行う営業代行の2つに大きくわかれており、人材不足に対応する手段として注目を浴びています。

BALES

  • 電話・メールを駆使してリードに最適なアプローチ
  • 休眠顧客を掘り起こし売上に直結する商談機会を創出
  • 体制構築〜データの分析までトータル支援が可能

BALES(ベイルズ)は、ターゲットリストの精査・顧客アプローチ・リード育成・アポイントの獲得といった、営業・マーケティング領域に必要な業務をトータルで支援する代行サービスです。

「メールを送っているが、返信率が高くない」「名刺交換、保留中の企業をはじめ見込み顧客はあるが、営業がアプローチできてない」「人手が少なく効率的にアポイントを獲得したい」といった営業・マーケティング領域の悩みを相談・ヒアリングしながら、課題に合わせてオリジナルプランを用意しています。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
BALESの資料を無料DL

APOLLO SALES - 株式会社Onion

APOLLO SALES - 株式会社Onion 画像出典:APOLLO SALES公式サイト

  • 簡単に営業リストを作成
  • 営業リストに自動でアプローチ
  • データベースは日々自動でアップデート

APOLLO SALESは、見込み顧客を抽出し、自動でアプローチを行いアポイントを獲得する営業代行サービスです。アタックしたい企業の条件を指定すると、インターネット上の企業情報を収集して営業リストを作成し、メールやお問い合わせフォームから自動でアプローチを行ってくれます。アプローチ先となる企業のデータベースは日々アップデートされるため、常に最新の情報をもとに営業活動を行えます。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
APOLLO SALESの資料を無料DL

人事・労務領域のアウトソーシングサービス

人事・労務領域のアウトソーシングサービスには採用代行サービスがあります。

ネオキャリア

  • 応募者の取りこぼし改善
  • 土日祝・夜も電話対応
  • 自社BPOセンター活用で低コストを実現

ネオキャリアは低コストで利用可能な採用代行サービスです。

Web応募が一般的になった現在、やりとりに時間を空けると応募者との連絡がつかなくなるケースが急増していますが、アウトソースすることでやりとりのスピードを上げられるため応募者の取りこぼし改善が期待できます。

土日、祝日や夜間帯まで電話対応可能な点も大きなメリットとなります。

資料請求後にサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
利用規約とご案内の連絡に同意の上
ネオキャリアの資料を無料DL

経理・事務・法務領域のアウトソーシングサービス

ROBOT PAYMENT

  • 企業のお金まわりの業務をロボット準拠化
  • サポート担当スタッフが導入、運用までをサポート -グローバルセキュリティ基準にしたシステム・管理体制

ROBOT PAYMENTでは、長年培ってきた決済サービスの知見を活かし、企業のお金まわりをロボット化する新しいソリューションを開発しています。 また、企業のお金まわりのオートメーション化を行う「フィナンシャル ロボット」を導入すること今までよりさらに高いパフォーマンスを得られます。

ROCOCO ITアウトソーシング

  • 長年の経験に基づく対応力
  • 技術力の高い人材を派遣
  • IT運用に関する課題に柔軟に対応

ROCOCO ITアウトソーシングは、アプリケーションの開発・提案やシステム開発を手がけるロココが提供するITアウトソーシングサービスです。

「エンジニア常駐サービス」「テクニカルヘルプデスクサービス」「キッティングサービス」の3つの体系があり、顧客のIT運用に関する課題に柔軟に対応できる体制が整えられています。企業のIT業務をトータルに支えてきた実績を活かし、戦略の企画・立案からコールセンター、BPOまで幅広く対応してくれます。

アウトソーシングの有効活用でコア業務に集中を

労働人口の減少や企業のグローバル化、不確実性が増している日本の経済状況下ではアウトソーシングの需要は今後も拡大すると予想されます。

希望する人材が確保できないといった状況も訪れるかもしれません。自社の経営資源を有効活用するうえでも、メリットやデメリットを鑑みて、アウトソーシングを積極的に活用されてみてはいかがでしょうか。

また最近では家事のアウトソーシングサービスも登場しており、今後アウトソーシングができる分野は拡大していくと考えられます。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

営業代行
選び方ガイド
資料請求後に下記のサービス提供会社、弊社よりご案内を差し上げる場合があります。
ランサーズ株式会社
利用規約とご案内の連絡に同意の上
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
月間1000万PV
掲載社数3,000
商談発生60,000件以上
編集部のおすすめ記事
営業代行の最近更新された記事