コピー完了

記事TOP

採用コストの計算方法 - 中途・新卒1人あたり平均は?採用管理システム導入で削減

最終更新日時:
人材不足が続くなか採用コストも上昇傾向にあります。採用コストの指標には1人あたりの採用コスト「採用単価」を用います。現状を把握するために採用コストを計算し、削減に向けた見直しを進めましょう。採用コストの計算方法や平均金額、見直しのポイントと、採用コスト削減に役立つ採用管理システムを紹介します。

採用コストとは

採用コストとは「人材を採用するのにかかる経費」のことです。新卒なのか中途なのか、または一般職か専門職かなど、どのような人材を採用するかによって採用コストは大きく変わってきます。

一人あたりの採用コスト「採用単価」は、「採用コストの総額」÷「採用人数」で得られます。

優秀な人材を採用して確保するために採用コストは必要不可欠ですが、より効率的な投資とするためには、採用プロセスに無駄なコストが潜んでいないか見極めなければなりません。まず採用形態ごとの採用コストを把握し、内訳に応じて整理する必要があります。

採用コストの内訳

採用コストの内訳をみると、掲載費など外部へ支払う「外部コスト」と採用業務にかかる「内部コスト」に大別できます。主に含まれる項目は次の表のとおりです。

【外部コストの例】 【内部コストの例】
・求人広告費
・説明会やセミナーの会場費
・会社案内などの制作費
・エージェントへの成功報酬
・担当者の人件費
・応募者の交通費
・紹介社員へのインセンティブ

また、新卒なのか中途なのか、一般職か専門職かなど、どのような人材を採用するかによってこの数字は大きく変わってきます。

採用コストの計算方法と平均

採用コストは実際、求める人材のクラスや必要となるプロセスによって変動します。採用コストの計算方法とともに、調査結果などを用いながら、標準的な中途採用・新卒採用の平均採用コストを見ていきます。

採用コストの計算方法

1人あたりの採用コスト「採用単価」の計算方法は、「採用コストの総額」÷「採用人数」。必要に応じて、中途や新卒、アルバイトなどにわけて計算します。

採用コストの総額は、外部コスト+内部コストで算出します。

外部コストは実際にかかった金額が明確であり、リスト化してその合計を求めることによって計算できます。反面、内部コストは主に人件費がネックとなり金額を明確にすることが困難。

特に「誰が誰の面接を何分実施したか」などの詳細がわからない場合は、算出に時間がかかるかもしれません。採用プロセスに費やした時間を担当者ごとに明らかにし、時給換算などでコストを明確化するなどの工夫が必要です。

中途1人あたりの平均採用コスト

中途採用と新卒採用はプロセスが大きく異なるため、採用コストにも差があります。

まず中途採用を外部コストの面から見ると、複数人を対象とした研修や説明会は行われないことが多いため、必然的に求人広告費やエージェント利用料の割合が高くなります。

マイナビが公表した「中途採用状況調査」(2019年3月)によると、2018年の中途採用費用実績値のうち、求人広告費用の平均は1社あたり284.7万円。1人あたりの採用単価では、営業職で平均56.8万円、ITエンジニアだと平均79.7万円でした。なお、人材紹介にかけた費用は平均489.3万円と求人広告を上回っています。

またリクルートの「就職白書2019」(2019年5月)では、中途採用の2018年度1人あたり平均採用コスト(採用単価)は84.8万円。従業員規模別では300人未満が最も低く63.6万円、1,000〜4,999人が最も高く108.5万円でした。

従業員規模 平均中途採用単価
300人未満 63.6万円
300〜999人 83.0万円
1,000〜4,999人 108.5万円
5,000人以上 78.5万円

※従業員規模別の平均中途採用コスト(出典:リクルート 就職みらい研究所「就職白書2019」)

新卒1人あたりの平均採用コスト

新卒採用の場合は、内定後のフォローアップセミナーや研修などが行われることも多く、これを採用コストに含めるかどうかによっても変化してきます。

リクルートの「就職白書2019」(2019年5月)によると、2018年度の新卒採用にかかった平均採用コストは1人あたり72.6万円でした。従業員規模別で見ると、大手ほど1人あたりにかかる費用が低く、スケールメリットに加え、新卒採用プロセスが仕組み化されていることが伺えます。

従業員規模 平均新卒採用単価
300人未満 65.2万円
300〜999人 80.2万円
1,000〜4,999人 72.9万円
5,000人以上 59.9万円

※従業員規模別の平均新卒採用コスト(出典:リクルート 就職みらい研究所「就職白書2019」)

とはいえ、いわゆる“就活ルール”が廃止される2021年度入社以降、新卒採用は大きく変わっていくでしょう。通年採用を導入するとなれば、中途採用同様に常時募集をかけ都度対応する、という体制が必要。また優秀な学生と早期に関係性を築くために、インターンシップやダイレクトリクルーティングの活用を検討した方がよいかもしれません。

採用コストを削減する5つのポイント

中途にせよ新卒にせよ、アルバイトも含めて採用コストは上昇傾向にあります。必要な投資ではありますが、1社あたりの平均からみてもけっして少ない負担ではありません。

重要なことは「投資した採用コストに見合う成果を得られたか」。投資効果を最大化するために重要な採用コスト削減につながる5つのポイントを解説します。

1.人材ミスマッチを防止する

入社に至ったとしても、「入社前の期待と現実が違っていた」というミスマッチが理由で、すぐに辞めてしまうパターンがあります。また、実は求める能力と合わなかったという現場でのミスマッチも生じえます。入社後すぐの離職は、かけた採用コストすべてが無駄になったと言っても過言ではありません。

これを回避するためには、求めるスキル、経験、人物像などを具体的に明文化し担当者全員と意思疎通を図ったうえで、面談や面接のなかで応募者にも伝えなければなりません。

また中途採用では、配属予定チームの担当者を交えた面談や会食を通じて広く見解を募ったり、カルチャーマッチする人材を集めるためリファラル(社員紹介)採用を導入したりして、ミスマッチを防ぐ取り組み事例もあります。

2.求人広告媒体を見直す

どの媒体でいつ掲載した広告が有効だったか、広告費に見合った募集数があったのか、応募者の質はどうだったのかなどを分析していけば、おのずと自社にマッチした求人媒体が見えてきます。これを次回の募集時に活かすというPDCAサイクルを回しながら、無駄を省いていくことが採用コスト削減につながります。

特に近年は、ターゲットや目的に応じて求人媒体が細分化する傾向にあり、見極めが重要となります。

3.リファラル採用を活用する

従業員による紹介を活用するのがリファラル(社員紹介)という採用手法です。自社従業員を通じて企業の風土面の理解度が進んでいることが多く、離職率が低いことから、中途採用を中心に導入する企業が増えています。

紹介してくれた従業員へインセンティブを用意するのが一般的ですが、求人広告費などの外部コスト、面接の人件費といった内部コスト双方を削減できるため、結果として採用コストの圧縮につながります。ただし大量採用には向かない点に注意が必要です。

4.ダイレクトリクルーティングを導入する

ダイレクトリクルーティングは「攻めの採用手法」とも呼ばれ、企業が積極的に広報者を探しアプローチしていくものです。採用担当者の負担増加やノウハウ蓄積など運用の難しさもありますが、基本的にデータベース使用料のみの負担で済むため、外部コストを抑えられます。

ダイレクトリクルーティングサービスは中途採用向けが主流。しかし新卒採用でも専門性の高い人材を求めている場合などに有効です。

5.内部コストを最適化する

求人広告費など外部コストと比べて内部コストは定量化が困難です。しかし、可視化しプロセスを見直すことで削減できる可能性があります。

たとえば、面談や一次面接を電話やWeb面接に切り替えると、応募者の交通費や担当者の工数削減につながります。スキルシートなどを活用して設問内容を工夫し、面接回数を減らすのも有効です。

コスト削減に採用管理システム導入が効果的

採用管理システムとは

採用管理システム(ATS)とは、募集・応募・面接・選考・入社にいたるまでの採用プロセスを一元管理し、情報管理の効率化と迅速化によって、生産性向上とコスト削減を実現するものです。

採用管理システムは内部コスト削減につながるほか、求人媒体管理の最適化により外部コストも削減できる可能性があります。具体的には、次のようなプロセスを最適化できます。

採用プロセスを最適化

応募の段階で雇用形態による分別が可能など、採用管理システムではプロセスの各段階を最適化することによって、属人化しがちな採用業務を可視化し、スムーズに進行できます。

魅力的な求人ページで母集団形成

自社サイトでの求人広告を魅力的なものにして母集団形成を行うことに役立ちます。コスト削減を狙えるほか、他の広告媒体と連携可能な場合も多く、効果的な募集活動が可能です。

一元管理でフロー全体をスピードアップ

応募状況や面接希望日のマッチング、面接結果にいたるまで、採用管理システムでは一元管理を行うことによって進捗状況を可視化できます。

これによって募集から採用までをスピーディーに行え、応募者を他社に取られてしまうなどを避けられます。

プロセス分析によるPDCAサイクル化

求人広告媒体や内部コストの見直しには、さまざまなデータを収集して分析する必要がありますが、採用管理システムは費用対効果を可視化する分析機能も搭載しています。

これによって次回以降の採用活動に活かしていくというPDCAサイクルが可能となり、継続的な改善につなげられます。

次の記事では、3サービス6企業の採用管理システム導入事例を紹介しているので、あわせてご覧ください。

採用コスト削減に役立つ採用管理システム13選

採用コスト削減に役立つ、ボクシルマガジンおすすめの採用管理システム10サービスを紹介します。

企業が継続的な成長を続けるため、優秀な人材を採用して確保する採用コストは必要なものですが、その中身を把握して分析することにより、より効果的に投資できるでしょう。

ジョブカン採用管理 - 株式会社Donuts

ジョブカン採用管理

特徴 | 「いい人を採る」ことに集中できる採用管理システム

  • レポート機能が豊富で応募経路ごとの通過率などをしっかり分析できる
  • Indeedフィード対応、大手求人媒体からも応募者データを自動取り込み
  • ジョブカン労務管理連携で入社手続きもスムーズ

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
無料 8,500円〜 30日間

>>ジョブカン採用管理の価格・評判・口コミはこちら

HR PRIME(エイチアール プライム) - Micoworks株式会社

HR PRIME - Micoworks株式会社 画像出典:HR PRIME公式サイト

特徴 | LINEを用いてコミュニケーションと採用管理を一元化

  • LINEを活用して採用活動の効率化を実現
  • 歩留まり率を向上させる充実した機能を搭載
  • コミュニケーションと管理のコストを削減

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化
- - -

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
要問い合わせ 要問い合わせ -

>>HR PRIMEの価格・評判・口コミはこちら

RPM(アールピーエム)- 株式会社ゼクウ

RPM- 株式会社ゼクウ 画像出典:RPM公式サイト

特徴 | 各種求人媒体と連携し、採用活動を効率化

  • 連携媒体からの応募者情報を一元管理
  • エージェントとの共同利用で応募者に迅速に対応
  • 応募者の絞り込み機能で、優秀な人材を逃さない

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
要問い合わせ 要問い合わせ 30日間

>>RPMの価格・評判・口コミはこちら

Concier&TECH(コンシェル&テック) - キャリア アセット マネジ株式会社

Concier&TECH - キャリア アセット マネジ株式会社 画像出典:Concier&TECH公式サイト

特徴 | 応募者の状態に合わせたアプローチで、採用数を向上させる

  • 応募者に直接働きかけて採用数をアップ
  • 離脱率の改善で、媒体費用を削減
  • システムが応募者を区分し、状態に合わせてアプローチ

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化
- - -

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
98,000円(初月のみ・PR動画制作込) 正社員(無期雇用):採用数×20,000円
契約・アルバイト(有期雇用):採用数×7,000円
-

※PR動画追加制作:作成本数×50,000円
※利用料:応募数×200円

採用一括かんりくん - 株式会社Roots

採用一括かんりくん - 株式会社Roots 画像出典:採用一括かんりくん公式サイト

特徴 | 人材紹介事業を手がけるRootsが提供

  • LINE連携でコミュニケーション量UP
  • 各企業に沿った選べるオプション機能
  • 瞬時のデータ活用で採用業務を最適化

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
都度お問い合わせ 都度お問い合わせ 有り

>>採用一括かんりくんの価格・評判・口コミはこちら

HRMOS(ハーモス)採用 - 株式会社ビズリーチ

HRMOS採用(ハーモス採用)

特徴 | スピードと効率で採用を強くする

  • エイベックスやユニリーバなど有名企業への導入実績を持つ
  • データ化で課題を特定、戦略的な採用活動が可能に
  • セミナーや最適な運用方法提案などで導入後も手厚いサポート

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化
- -

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
都度お問い合わせ 都度お問い合わせ 無し

>>HRMOS採用(ハーモス)の価格・評判・口コミはこちら

JobSuite CAREER - 株式会社ステラス

JobSuite CAREER - 株式会社ステラス 画像出典:JobSuite CAREER公式サイト

特徴 | 機能・使いやすさ・安全性・サポート・実績のバランス力

  • 中途採用の実務にこだわり契約継続率95%以上(2019年3月時点)
  • 500社以上への導入実績を持つ
  • プライバシーマークなど4つの公的認証を取得、品質と安全にこだわり

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化
-

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
都度お問い合わせ 50,000円〜 有り

>>JobSuite CAREERの価格・評判・口コミはこちら

JobSuite FRESHERS - 株式会社ステラス

JobSuite FRESHERS - 株式会社ステラス 画像出典:JobSuite FRESHERS公式サイト

特徴│シンプルな機能でコミュニケーションを活性化

  • LINE連携やメッセージ送受信でコミュニケーションの活性化
  • アンケートの提出や説明会、面接の予約はすべてWeb上で可能
  • 採用活動のプロセスごとに機能をカスタマイズ

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化
-(JobSuite STUDIOにて可能) - -(JobSuite ADVERTISINGにて広告を配信可能)

※JobSuiteの他サービスにて、各種機能を提供

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
150,000円 50,000円〜 -

※月額プランの場合

>>JobSuite FRESHERSの価格・評判・口コミはこちら

Catch bowl - 株式会社カケハシ スカイソリューションズ

Catch bowl

特徴 | LINEを活用した応募者に合わせたシステム

  • 3,000社以上の採用コンサル実績を持つ企業がサポート
  • 応募者とLINEでやり取り可能、辞退理由のアンケート機能で課題抽出も
  • 自社開発の採用サイト作成ツールと連携し応募者管理がスムーズ

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化
- -

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円〜 50,000円〜 14日間

>>Catch bowlの価格・評判・口コミはこちら

MyRefer - 株式会社MyRefer

MyRefer

特徴 | "持続可能な採用スキームを" あなたの会社に

  • 500社以上が利用するリファラル(社員紹介)採用ツール
  • 社員の活動状況を可視化、社員・求人双方を起点に分析可能
  • 退職社員からの情報を管理でき"出戻り”応募の促進も

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
都度お問い合わせ 都度お問い合わせ 無し

>>MyReferの価格・評判・口コミはこちら

HITO-Linkリクルーティング - パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

HITO-Linkリクルーティング(ヒトリンクリクルーティング)

特徴 | “管理”を楽に、“採用“を強く

  • dodaやIndeedなど30媒体以上から自動でデータ取り込み
  • HITO-LINKパフォーマンスと連携し入社後の評価、次の採用改善へ
  • インタビューメーカーや労務管理のSmartHRなど多くの外部ツールと連携

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化
- -

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
都度お問い合わせ 70,000円〜 有り

>>HITO-Linkリクルーティングの価格・評判・口コミはこちら

SONAR(ソナー) - イグナイトアイ株式会社

SONAR(ソナー)

特徴 | 採用成果につながるコア業務へシフトさせる

  • 募集チャネルごとの応募推移などを自動でグラフ化
  • 応募者のステータス変更にあわせたメール送信など、自動実行でミスを軽減
  • インターンシップ期間のみなど短期利用にも対応

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
都度お問い合わせ 都度お問い合わせ 有り

>>SONARの価格・評判・口コミはこちら

Zoho Recruit - ゾーホージャパン株式会社

Zohoリクルート

特徴 | さまざまな採用ニーズに全面的に対応するよう設計

  • Zoho CRM、Zoho ピープル、G Suiteなど、多くのサービスと連携
  • カスタマイズ制が高く、アクセス制限機能などでより適切な情報管理を実現
  • 事前スクリーニングを作成に面接前にスキルを測定

<機能>

採用ページ作り SEO対策 採用フロー・選考進捗の可視化 応募~面接までの自動化 複数の広告管理を一括化
-

<価格>

初期費用 月額費用 無料お試し期間
0円〜 0円〜 有り

>>Zoho Recruitの価格・評判・口コミはこちら


より多くのサービスを見たい方は、次の記事をご覧ください。40以上の採用管理システムについて目的ごとに紹介しています。

採用管理システムをまとめて比較

ボクシルでは、実際にサービスを利用した人の評価や口コミをまとめて比較できます。気になったサービスを選んで比較してみてください。

採用管理システム比較表

複数サービスをまとめて比較したい方は、下記の一括ダウンロードご利用がおすすめです。

少子高齢化が進み、労働人口の減少が危惧されている状況で、優秀な人材を確保することは企業にとって至上命題です。

しかし、現状を反映した求人広告費や採用コストは上昇しており、コストをかけただけのリターンが得られない可能性も大きくなっています。

こういった状況を打破するには、採用プロセス全体を一元管理し、最適化することによって、生産性向上とコスト削減が期待できる、採用管理システムの導入が最適だといえるでしょう。

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

採用管理システム(ATS)
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
採用管理システム(ATS)の最近更新された記事