コピー完了

記事TOP

オンライン面接ツール比較7選 | 無料システム・オンラインのメリット・注意点

最終更新日:
採用面接に導入する企業が増えている「オンライン面接ツール」や「Web面接システム」。応募者の負担を減らしつつ、企業側もコスト削減が見込めます。オンライン面接におすすめのシステム、導入時に考慮したい注意点やメリットなどを解説します。オンライン面接の導入を考えている企業の方はぜひ参考にしてください。

採用面接で「オンライン面接」の導入が進み、わざわざオフィスを訪問しなくても採用面接が受けられるケースが増えています。Webで完結できるため移動費や時間を節約でき応募者増が期待できるほか、企業側もコストをカットしつつよりよい人材の獲得につなげられるメリットがあります。

オンライン面接におすすめのツールや、導入のポイント、Webで面接を行うメリットについて解説します。

オンライン面接・Web面接とは

オンライン面接、Web面接とは、PC(パソコン)やスマートフォン、タブレットなどを利用し、オンラインで行う採用面接のことです。Skypeなどのビデオ通話サービスが普及したことで、企業でも導入されるようになりました。

管理機能が充実したWeb面接用のクラウドサービスが提供されているほか、社内ミーティングや商談で使えるWeb会議システムも利用されています。

オンライン面接ツール比較7選

おすすめのオンライン面接ツールを紹介します。

ビデオ通話ができるツールといえばSkypeが知られていますが、Skypeは互いにアカウントを取得しなければならず、セキュリティの不安もあります。オンライン面接用のツールは、セキュリティを担保したうえでログ取得や動画保存ができたり、採用管理の機能を備えていたりと、無料サービスにはないメリットがあります。

注目のオンライン面接ツール資料まとめ

【厳選】おすすめオンライン面接ツールをまとめてチェック!

オンライン面接ツールの各サービス資料を厳選。無料でダウンロード可能です。各サービスの導入実績や特徴、よくある質問などまとめているので、ぜひ参考にしてください。サービス一覧はこちら

BioGraph(バイオグラフ) - 株式会社マージナル

BioGraph - 株式会社マージナル 画像出典:BioGraph公式サイト

  • 応募者は登録やアプリも不要で面接実施率UP
  • 録画選考機能でスクリーニングの精度向上
  • 求人情報サービス「Workin.jp(ワーキン)」と連携

BioGraphは、ライブ面接や録画選考などの機能を用いてWeb面接をより効果的にするWeb面接専用システムです。

場所や時間の制約から解放されるライブ面接を効率化するためのスケジュール管理などWEB面接に特化したさまざまな機能が用意されています。機能には、企業の質問に対して応募者が回答を録画データとして提出する録画選考の機能も活用できます。

応募者は、利用登録なく専用の面接ルームのURLへアクセスするだけで利用可能です。また、求人情報サービス「Workin.jp(ワーキン)」に掲載すると、掲載期間に合わせてWeb面接機能が利用できるので、短い期間でも募集から面接までを効率的に実施できます。

料金プラン

無料トライアル:◯

【ミニマムプラン】

  • 初期費用:10,000円
  • 利用価格:月額10,000円

【スタンダードプラン】

  • 初期費用:30,000円
  • 利用価格:月額30,000円

【プラチナプラン】

  • 初期費用:50,000円
  • 利用価格:月額50,000円

playse(プレイス) WEB面接 - 株式会社manebi

playse WEB面接 - 株式会社manebi 画像出典:playse公式サイト

  • 新機能「Web説明会」でエントリー誘導
  • 評価基準を均一化し選考を確実に
  • e-ラーニング 「派遣のミカタ」と接続可能

playse WEB面接は、ヒアリングシート、評価シートなどの機能でWeb面接を効率化するクラウドサービスです。

説明会動画を見た後すぐエントリーできるよう、大手求人サイトのエントリーフォームへ誘導するボタンを設置できる新機能を追加しました。また同社のeラーニングサービス「派遣のミカタ」と接続できるため、入社後の研修までシームレスに接続でき、人材育成コスト削減も期待できます。

料金プラン

【スタータープラン】

  • 初期費用:無料
  • 利用価格:月額14,800円

【ベーシックプラン】

  • 初期費用:50,000円
  • 利用価格:月額19,800円

どこでも面接 - スピンシェル株式会社

どこでも面接 - スピンシェル株式会社 画像出典:どこでも面接公式サイト

  • 応募者にすばやくアプローチが可能
  • 遠方に住む優秀な人材にも対応
  • 応募者の負担を軽減

どこでも面接は、人材へのすばやいアプローチで、求職者のエンゲージメントの最大化を期待できるWeb面接システムです。面接担当者一人ひとりが直接スケジュールを登録でき、応募者のカレンダーへ自動反映。

予約完了後は案内メールが自動送付されるので、日程調整の手間を大幅に削減できます。遠方在住のため応募を断念していた優秀な人材へもアプローチできるので、地方や海外といった遠隔地にも目を向けられます。移動時間をなく時間を有効活用できるため、選考辞退やドタキャンのリスクも軽減します。

料金プラン

【ライトプラン】

  • 初期費用:48,000円
  • 利用価格:月額無料

【スタンダードプラン】

  • 初期費用:98,000円
  • 利用価格:月額無料

【プレミアムプラン】

  • 初期費用:198,000円
  • 利用価格:月額無料

Web面接に特化したCloud型採用システム「インタビューメーカー」 - 株式会社スタジアム

Web面接に特化したCloud型採用システム「インタビューメーカー」 - 株式会社スタジアム 画像出典:インタビューメーカー公式サイト

  • 録画面接で選考工数の削減
  • 手軽な面接で見極め精度を高める
  • 面接工数削減でコストカット

インタビューメーカーは、採用管理やデータ分析を含め、多くの機能をクラウド環境で実現するWeb面接システムです。

求職者は24時間いつでも動画を投稿でき、Web上で選考が行えるので、短期間で大量の選考を実現。書類よりも密度の高い選考が期待できます。自社専用のエントリーシート、履歴書、事前ヒアリングシートなどの作成、閲覧、出力が可能。クラウドに蓄積されたデータを活用した効率的な採用管理が実現します。

システムから応募者・内定者へのメールもでき、過去の採用活動データの分析・レポートも可能など、多様な機能を備えています。

料金プラン

無料プラン:◯
※申込みから30日間

【ベーシックプラン】

  • 初期費用:39,800円
  • 利用価格:月額29,800円

HARUTAKA


  • 質問項目をフリーワードで自由に設定
  • 応募者の一覧管理が可能
  • 録画動画面接機能で時間の都合も解決

HARUTAKAは、採用にかかっていたさまざまな課題を解決し、効率的な面接を可能にする動画面接ツールです。応募者に対する質問項目をフリーワードで自由に設定・登録でき、必要に応じてチャットでもやり取り可能。

録画動画面接機能により、応募者の都合の良い時間に撮影した面接動画をクラウド上に蓄積できるため、面接をする側はもちろん、受ける側にとっても時間の調整がつけやすくなるのが特徴です。

料金プラン

要問い合わせ

FaceHub(フェイスハブ)

FaceHub

  • 対面×オンラインでビジネス上のコミュニケーションを効率化
  • インストール・アカウント不要
  • 初めてでも簡単に使えるUI

FaceHubは、ビジネス上のコミュニケーションを対面×オンラインで効率的かつ緊密なものにするための業務効率化ツールです。もちろんオンライン面接にも活用でき、インストール・アカウント不要でビデオ通話用のURLさえあれば、簡単に面接環境を整えられます。

Webブラウザ、スマートフォン、タブレット、そしてスマートグラスにも対応しており、面接だけでなくビジネスのさまざまな場面で活用できるでしょう。

料金プラン

要問い合わせ

V-CUBE(ブイキューブ)

V-CUBE

  • 案内メールから2クリックでWeb面接に参加可能
  • 専用アプリ不要でブラウザからも使える
  • スマートフォンやタブレットからでも快適な面接を実現

V-CUBEは、スマートフォンやタブレットからでも時間や場所に関係なくオンライン面接を受けられるツールです。専用のアプリケーションをインストールする必要はなく、Webブラウザから2クリックで面接に参加できるため、効率的で無駄のない面接が可能に。

モバイル端末に最適化されており、応募者は仕事のスキマ時間を利用して面接へ参加できます。ASP/SaaS情報開示制度に認定されているので、情報セキュリティ面も安心です。

料金プラン

要問い合わせ

無料でオンライン面接ができるシステム

オンライン面接専用のシステムは無料プランが限られています。無料が必須条件という方に向けて、無料で使用できるWeb会議システムを紹介します。管理機能は制限されますがライブ面接機能はカバーしています。

Whereby(旧:appear.in)

Whereby

WherebyはWebブラウザ上で駆動する、無料のビデオチャットサービスです。ビデオ通話と平行してチャットを使った会話も行えます。URLを参加者に送るだけで開始でき、4人まで無料で参加できるため、使い勝手の良いサービスです。

Skype(スカイプ)

Skype(スカイプ)

ビデオ通話ツールといえばSkypeが知られています。世界中で多くの人が使用しているツールのひとつで、TV会議、チャット、音声通話などあらゆる機能に対応しています。

互いにアカウントが必要ですが、ユーザーが多いほか知名度が高い点がメリットです。

Google ハングアウト

Google ハングアウト

Googleハングアウトは、Googleが提供しているTV会議専用のツールです。パソコンだけでなく、その他の端末でも利用できるため多くの人が利用しています。一度に接続できる人数は10人と会議では申し分ない人数に対応しています。また、TV会議中でも資料を送ったりチャットができたり、といろいろな操作ができます。

オンライン面接ツールの選び方

オンライン面接(Web面接)用のサービスを選定する際には次のような観点が必要です。

必要な機能要件を決める

Web面接を行うには、ビデオ通話ができるサービスと、安定したインターネット回線が必須です。特に回線の安定性は重要です。社内で使用する際は有線ネットワークの使用がおすすめです。

加えて、利用シーンに応じた機能要件を整理しておく必要があります。

  • ブラウザ型か、アプリインストール型か
  • 録画機能が必要か
  • 日程調整・カレンダー連携機能は使いやすいか
  • 評価機能・評価欄が使いやすいか
  • 応募者管理機能で必要な項目がカバーできているか

Web面接システムを利用するメリットは、応募者情報や選考ステータスも一元管理できる採用管理機能の充実にあります。必要な機能を確認したうえで検討しましょう。

必要に応じてカメラ・マイクを用意する

Web面接システムの多くは、PCやスマートフォンに内臓されているマイクやカメラを使用します。しかし、お互いの意思疎通が重要となるWeb面接では、音声や映像のクオリティも重視されるため、別途、カメラやマイクも用意するのがベターです。マイクはヘッドセットだと両手が空いて便利ですね。

オンライン面接ツール導入時の注意点

オンライン面接はカメラを使ったIP電話システムを使って行われることがほとんどです。実際に相手の顔を見ながら進められるので、電話面接よりも企業が求める人材を採用しやすくなるというメリットがあります。

以下では、オンライン面接に必要なシステムや面接を受ける際のポイントや注意点などを解説します。

必要な機器とシステムを準備

オンライン面接はカメラを使ったIP電話のシステムを使うのが一般的です。そのため、PCとビデオ通話ができるシステム、必要に応じてカメラやマイクが必要となります。面接を実施する前にきちんと使えるかどうか確認しておきましょう

特にヘッドホンとマイクが一体となったヘッドセットを使用する場合、プラグの規格によってはヘッドセット用の変換アダプタが必要なことがあります。うまく動作しないこともあります。

さらにWi-fiやネットワークの安定性もポイント。通話品質を担保するために、オフィスであれば有線環境を利用する方が安定します。

面接を行う場所を確保

面接する側は会議室などの個室を用意し、他の会議の声などが聞こえないように配慮すべきです。

通信環境が不安定な環境だと通話が途切れてしまう可能性があるため、通信環境が安定している場所を選ぶようにしましょう。

応募者側へも極力注意点として伝えておき、周りの環境を整えておいてもらいましょう。場所は自室でも構いませんが、周りの様子や音は意外とよく伝わります。できるだけ静かな環境を整えることと、必ず周囲を片付けておいてもらうようにしましょう。

相手に失礼のない服装と態度で

オンライン面接では相手が目の前にいないため、面接官と実際に顔を合わせる従来型の面接よりも気が緩んでしまいがちです。

しかし、カメラ越しに相手の服装や態度も意外とよく見えるものなので、面接を受ける側はもちろん、面接を実施する側も会社の印象が悪くならないように、失礼のない服装や態度で臨むようにしましょう。

オンライン面接ツールを導入するメリット

オンライン面接ツールを導入する具体的なメリットについて、企業側と応募者側のわけて説明します。

企業のメリット

Web面接にすると採用プロセスが効率化するだけでなく、応募者の負担が軽減されることで採用の間口が広がるといったメリットも期待できます。

Web面接にすると採用プロセスが効率化するだけでなく、応募者の負担が軽減されることで採用の間口が広がるといったメリットも期待できます。

  • スケジュールの自由度が大きくなり採用活動の効率化を期待できる
  • 応募者が会社に出向く必要がないため、海外を含めた広範な人材が候補者となり、採用の間口を拡大できる
  • 必要に応じて面接のようすをビデオ録画できる
  • 応募者がより自然な環境に置かれるため、素顔に近い状態を見ることができる

さらに、テレワークに対応するため導入を検討する企業が増えています。

コスト面や時間、場所などに注目して企業側のメリットを詳しく説明します。

面接コストをカットできる

面接を受けに来た応募者を誘導する人員や面接場を準備する時間、場合によっては担当者がオフィスに行く時間もカットできます。来客対応も不要。

前述のとおりオンライン面接は静かな場所とPC(あるいはスマートフォン)、ビデオ通話ができるツールがあれば実施可能です。実際にオンライン面接を行っている企業は、担当者が1人ですべて行っているケースが多いようです。

選考期間を短縮できる

場所と時間を選ばず面接ができるため、面接のセッティングがしやすく、選考にかける期間も短縮できます。

応募書類の確認などもすべてオンライン上で完結できるため、採用希望者から送ってもらった使用をPC上で確認しながら効率的に面接を進められるのもメリットです。

応募から面接、そして採用・不採用の連絡までがすべてPC上で行えるので、応募書類を印刷して整理する手間も省略。内定までのスピードがあがった、という声もあります。

より多くの人と面接できる

オンライン面接では移動時間や交通費など移動にかかる費用を必要としないため、遠方の人でも簡単に面接に参加でき、結果としてより多くの応募者を面接できます。また、面接の効率化により多くの応募者と面接する時間が確保できます。

一般的に、面接できる応募者が多ければ多いほど優秀な人材と出会う機会が増えるため、企業の望む理想的な人材に出会える確率が高められます。

普段の姿を見られる

多くの場合、応募者は自宅などの慣れた環境で面接を行うため、応募者の普段の姿を見られる可能性が高いです。

従来型の面接では緊張して自然な姿を見せられなかった応募者も、自宅ではリラックスした状態で面接に臨めるため、その人の普段の振る舞いや仕事に対する姿勢なども知れるでしょう。

応募者のメリット

面接会場に出向く必要がないWeb面接は、応募者にとっても大きなメリットがあります

  • 面接に出向くための移動時間、交通費・宿泊費などのコストをカットできる
  • 面接時間を調整しやすい
  • 面接会場という緊張感を伴う場所でストレスを感じることなく、普段の実力を発揮しやすい

オンライン面接ツール導入で採用を最適化

多くの企業が導入しはじめているオンライン面接ツールの概要と、導入のメリットについて解説しました。

面接会場を確保し人員を派遣するには相応の時間とコストがかかってしまいますが、オンライン面接ならば面接官一人でも多人数の面接が可能になります。面接を受ける側も、採用されるかどうかわからない面接に時間と交通費を掛ける必要がなくなるため、双方にメリットがあるのです。

今後ますます採用プロセスにオンライン面接を取り入れる企業が増えることが予想されますから、ぜひこの機会に便利なオンライン面接ツールの導入を検討してみましょう。

関連記事

ボクシルとは

ボクシルとは、「コスト削減」「売上向上」につながる法人向けクラウドサービスを中心に、さまざまなサービスを掲載する日本最大級の法人向けサービス口コミ・比較サイトです。

「何かサービスを導入したいけど、どんなサービスがあるのかわからない。」
「同じようなサービスがあり、どのサービスが優れているのかわからない。」

そんな悩みを解消するのがボクシルです。

マーケティングに問題を抱えている法人企業は、ボクシルを活用することで効率的に見込み顧客を獲得できます!また、リード獲得支援だけでなくタイアップ記事広告の作成などさまざまなニーズにお答えします。

ボクシルボクシルマガジンの2軸を利用することで、掲載企業はリードジェネレーションやリードナーチャリングにおける手間を一挙に解消し、低コスト高効率最小限のリスクでリード獲得ができるようになります。ぜひご登録ください。

また、ボクシルでは掲載しているクラウドサービスの口コミを募集しています。使ったことのあるサービスの口コミを投稿することで、ITサービスの品質向上、利用者の導入判断基準の明確化につながります。ぜひ口コミを投稿してみてください。

Web面接システム
選び方ガイド
この記事が良かったら、いいね!をしてください!最新情報をお届けします!
御社のサービスを
ボクシルに掲載しませんか?
掲載社数3,000
月間発生リード数30,000件以上
Web面接システムの最近更新された記事